清水のU-19中国代表DF呉少聰が広州恒大に完全移籍「お世話になりました」2019.02.02 20:35 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
清水エスパルスは2月2日、U-19中国代表DF呉少聰(ウ・ショウ・ツォン/18)が広州恒大(中国)に完全移籍することを発表した。

呉少聰は2018年に北京控股足球倶楽部から清水に完全移籍。その後、7月に京都サンガF.C.に期限付き移籍で加入したが、公式戦での出場はなかった。

呉少聰は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆DF呉少聰
「エスパルスにはユースからお世話になりました。初めての海外ということもあり、初めは不安や困難なことが多くありましたが、チームスタッフの方々はじめ多くの方々のサポートをいただき、自分にとって本当に良い経験ができたと感謝しています。チームには貢献することができませんでしたが、また新たなチャレンジをする中で、成長し、恩返しできればと思います。これまで本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

清水、竹内涼が全治4週間…C大阪戦で負傷

清水エスパルスは23日、MF竹内涼の戦線離脱を発表した。 竹内は20日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節のセレッソ大阪戦で右ハムストリングス肉離れのケガを負い、全治4週間の見込み。今シーズンはここまでJ1リーグ7試合に出場している状況だった。 清水は現在、J1リーグ2勝2分け4敗の13位。今後、24日に行われるJリーグYBCルヴァンカップで松本山雅FCをホームに迎え撃ち、続く28日にホームでJ1リーグ第9節の浦和レッズ戦に臨む。 2019.04.23 15:55 Tue
twitterfacebook
thumb

北川の3戦連発で清水が今季初の無失点で連勝飾る! C大阪は1点遠く連敗《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の清水エスパルスvsセレッソ大阪が20日にIAIスタジアム日本平で行われ、1-0で清水が勝利した。 連勝を目指す16位・清水(勝ち点5)は、2-1で勝利してリーグ戦初白星を手にした前節のジュビロ磐田との静岡ダービーからスタメンを1人変更。中村に代えて河井を起用した。 3試合ぶりの勝利を目指す13位・C大阪(勝ち点7)は、0-1で敗れた北海道コンサドーレ札幌戦から2名変更。片山、都倉に代わり山下、ブルーノ・メンデスが先発に名を連ねた。 試合はC大阪が先にチャンスを作る。14分、敵陣中央右寄りの位置で柿谷が倒されてFKを獲得。ソウザが右足を振り抜き狙ったが、わずかにゴール右に外れた。 さらに攻めるC大阪は19分、右CKの場面で丸橋のショートコーナーから柿谷がボールを受けると、バイタルエリア右のスペースへパス。走り込んできたソウザがワンタッチでボックス内に侵攻してシュートを放つ。DFに当たりディフレクトしたボールは縦回転で枠を捉えたが、GK六反に掻き出された。 ここまで守勢だった清水は39分に反撃。北川のスルーパスに反応した鄭大世がボックス左に抜け出してシュートを放つ。しかし、GKキム・ジンヒョンの好守に遭う。 後半、C大阪に決定機。52分、左CKを獲得すると、清武がインスイングのボールを送る。ボックス左でクリアボールを拾った柿谷のシュートがゴール前で混戦になり、こぼれ球を拾ったマテイ・ヨニッチがタイミングを外してゴールを狙ったが、GK六反にキャッチされた。 その後はこう着状態が続いた中、C大阪は82分に敵陣中央でFKを獲得する。これをソウザが強烈な右足で相手ゴールを強襲するも、GK六反がセーブ。こぼれ球に反応した柿谷がボックス右からクロスを送ったが、これもGK六反に防がれた。 この直後、清水が高速カウンターを炸裂させる。GK六反が前線にフィードを送ると、敵陣中央右サイドに走り込んでいたエウシーニョが、飛び出してきたGKキム・ジンヒョンの位置を見て、ロングシュートを放つ。このボールはボックス左に流れたが、角度のないところから北川がシュートを放ち、ポスト右に当たってゴールに吸い込まれた。 試合終盤に先制した清水がこのまま逃げ切り、1-0で試合終了。ホーム初白星を飾った清水が今シーズン初の連勝を飾った。敗れたC大阪は決め手を欠き連敗で3試合未勝利となった。 2019.04.20 17:34 Sat
twitterfacebook
thumb

清水MF滝裕太がプロA契約締結「サッカー人生の新たなスタートライン」

清水エスパルスは20日、MF滝裕太(19)とのプロA契約締結を発表した。4月10日に行われたYbCルヴァンカップグループステージ第3節のガンバ大阪戦でプロA契約の締結条件を満たした。 清水下部組織出身の滝は、2018年にトップチーム昇格。今シーズンはここまで公式戦8試合出場し、3ゴールを記録している。 プロA契約を結んだ滝は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「小さい頃からお世話になっている清水エスパルスでA契約になることが出来、素直に嬉しく思います。ただ、自分の中ではまだ通過点にすぎません。ここから、サッカー人生の新たなスタートラインとして今まで以上に自覚や責任を持ち、チームのために一生懸命戦いたいと思います」 2019.04.20 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

清水に打撃…石毛秀樹が全治8カ月の重傷

清水エスパルスは17日、MF石毛秀樹の戦線離脱を報告した。 石毛は、15日に行われた練習試合のFC岐阜戦で痛めて静岡市内の病院で検査を受け、右ヒザ前十字じん帯損傷および右ヒザ内側側副じん帯損傷で全治8カ月を要する見込み。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ6試合出場を記録している状況だった。 清水は現在、Jリーグ1勝2分け4敗の16位。20日に行われる次節、セレッソ大阪をホームに迎え撃つ。 2019.04.17 15:50 Wed
twitterfacebook
thumb

平成最後の静岡ダービーを制した清水が待望の今季初勝利! 磐田はロドリゲスの2戦連発も実らず《J1》

明治安田生命J1リーグ第7節のジュビロ磐田vs清水エスパルスが14日にエコパスタジアムで行われ、アウェイの清水が1-0で勝利した。 連勝を目指す14位・磐田(勝ち点6)は、2-0で勝利してリーグ戦初白星を手にした前節の湘南ベルマーレ戦と同じスタメンを起用した。 一方、ここまで勝利のない18位・清水(勝ち点2)は、1-2で敗れた前節のFC東京戦から1名変更。石毛に代えて中村慶太を起用した。 平成最後となった静岡ダービーは、清水が先にチャンスを作る。14分、ボックス右に抜け出した鄭大世が後方にボールを落とす。これを受けた金子がボックス右手前からクロスを供給すると、ニアサイドの北川がヘディングシュートを放つが、GKカミンスキーのセーブに遭う。 対する磐田は18分、ボックス右外でボールを受けた小川大貫がマイナス方向にボールを折り返す。走り込んだ山田がボックス中央から狙ったが、ブロックされる。だが、ゴール前のアダイウトンがこぼれ球に反応したが、枠を大きく外した。 すると36分、初勝利を目指す清水に先制点が生まれる。GK六反のフィードをバイタルエリア右で鄭大世が競り勝ち、ボックス中央の北川にパスを送るが、DFにクリアされる。しかし、このクリアボールがゴール前に飛ぶと、走り込んでいた鄭大世が反応してヘディングシュート。これがゴールネットを揺らして先制に成功する。 先制に成功した清水はさらに39分、金子の右CKからファーサイドの鄭大世が折り返す。ゴール前でフリーになっていた北川がシュートを放つが、ブロックされた。続く44分には、ルーズボールを拾った北川がバイタルエリア中央でDFを一人かわし、シュートを放つも、GKカミンスキーの攻守に遭う。追加点とはならなかったが、清水ペースで前半を終えた。 後半に入っても清水が攻勢な展開は変わらない。この状況に磐田は攻撃の活性化を図るべく、森谷に代えてロドリゲスを投入する。 それでもペースを渡さない清水が追加点。58分、敵陣中央で横パスをカットした中村慶太がすぐさまスルーパス。ボックス左に走り込んできた北川が左足でシュートを打つと、GKカミンスキーに当たったがゴールに吸い込まれた。 この失点を受け磐田は、大久保に代えて荒木、山田に代えてエレンと攻撃的なカードを切り、交代枠を使い切る。 すると磐田は71分、敵陣左サイドの深い位置まで駆け上がった途中出場のエレンがクロスを送る。ゴール前でフリーになっていた途中出場のロドリゲスが打点の高いヘディングシュートを叩き込み、1点を返した。 追いつきたい磐田は終盤、イニシアチブを握り猛攻を仕掛ける。だが、ゴール前での精彩を欠き、シュートを打つことが出来ない。結局、最後までゴールを割ることができず試合が終了。2-1で勝利した清水は7戦目で待望の今季初勝利を飾った。敗れた磐田は連勝とはならなかった。 2019.04.14 17:21 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース