鳥取退団のMF松本翔、四国リーグへ! 高知ユナイテッドSC加入決定2019.02.02 13:20 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
ガイナーレ鳥取は2日、MF松本翔(26)が四国リーグの高知ユナイテッドSCに加入することを発表した。横浜F・マリノス下部組織出身の松本は2011年にトップチーム昇格後、愛媛FC、レノファ山口FC、サウルコス福井(北信越フットボールリーグ1部)を経由して、2018年に鳥取入り。明治安田生命J3リーグ2試合の出場にとどまり、シーズン終了後に契約満了で退団した。移籍先決定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。

「新シーズンが始動し、皆さんJ2昇格へ向け、気持ち新たに2019年スタートしている中での、このタイミングでの発表となりますが、ご了承ください。今回、高知ユナイテッドSCに入団することが決まりました。鳥取でJリーグの舞台に再挑戦出来たことは幸せでした。改めて、去年一年間ありがとうございました。そして、最後にですが、僕のレシピを超えるルヴァンレシピを期待しています」
コメント
関連ニュース
thumb

昨季湘南退団のミキッチ、現役引退…J在籍10年、広島時代には3度のJ1制覇に貢献

湘南ベルマーレは18日、昨シーズンまで同クラブに在籍していたクロアチア人MFミキッチ(39)が現役を引退することを発表した。 母国のインテル・ザプレシッチでプロキャリアをスタートさせたミキッチは、ディナモ・ザグレブ、カイザースラウテルンなどを経て、2009年にサンフレッチェ広島に完全移籍。すぐさま主力に定着すると、鋭い仕掛けと相手の急所を突く高精度のクロスを武器に右サイドの支配者に君臨し、3度のJ1制覇(2012年、2013年、2015年)に貢献した。その後、2018年に9年在籍した広島から湘南へ。公式戦7試合に出場し、シーズン終了後に退団していた。 日本で10年間プレーしたミキッチは、J1通算227試合8得点、リーグカップ通算18試合、天皇杯通算12試合1得点、ACL通算7試合、クラブW杯通算5試合を記録。 現役を退く決断を下したミキッチは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、現役を引退する事を決意しましたので皆様に報告します。私自身はまだプレー出来ると思いオファーを待っていましたが、また日本でプレーをするという事は叶いませんでした」 「10年間日本でプレーしたことは、私にとって人生最大の喜びであり、誇りです。どんな時でも私に寄り添い、力を与えてくれたサポーターの皆さんには本当に感謝しています。そして、私と共に戦ったチームメイト、監督、スタッフのみなさん本当にありがとう!」 「サンフレッチェ広島では3回のリーグ優勝、現役最後のチーム、湘南ベルマーレでもルヴァンカップのタイトルを獲得する事ができました。私は私らしく勝者として現役生活の幕を下ろしたいと思います。また近い将来、日本の皆さんに会える事を楽しみにしてます!」 2019.04.18 16:25 Thu
twitterfacebook
thumb

昨季東京V退団のFW菅嶋弘希がポルティモネンセに完全移籍

東京ヴェルディは18日、FW菅嶋弘希(23)がポルティモネンセに完全移籍することを発表した。 東京V下部組織出身の菅嶋は、2014年にトップチーム昇格。2016年から2年間はジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍で加入し、2018年に東京Vへ復帰した。しかし、昨シーズンは公式戦3試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団していた。 ポルティモネンセへの完全移籍が決定した菅嶋は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「お久しぶりです! 昨年末からチームに合流していましたが、報告が遅くなり申しわけありません。ヴェルディでは育成時代からたくさんのチームメイト、クラブ関係者、サポーターの方々、スポンサーの方々にお世話になりました。特に今まで指導していただいた監督、コーチの皆さんにはとても感謝しています。ヴェルディでチームに貢献できませんでしたが少しでも上を目指して頑張ります。ヴェルディのJ1昇格を祈っています!」 なお、ポルティモネンセのトップチームには現在、日本代表GK権田修一が在籍。U-23チームには元FC今治のFW長島滉大、元サンフレッチェ広島ユースのMF大堀亮之介が在籍している。 2019.04.18 13:40 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ化推進の神戸、リージョ監督と契約解除 後任に前任の吉田孝行氏

ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ監督(53)の退任を電撃発表した。 神戸はリージョ監督の意向を受け、同日付けの契約解除で合意。これに伴い、ヘッドコーチのイニーゴ氏(40)および、アシスタントコーチのホルヘ氏(43)も契約解除に至った。 ジョゼップ・グアルディオラ現マンチェスター・シティ監督が崇拝するポゼッションサッカーの先駆者として有名なリージョ監督。昨年9月から神戸の監督に就任した。 指揮2年目の今シーズンはチームとして「バルセロナ化」を推し進め、ここまで明治安田生命J1リーグ3勝1分け3敗の10位。電撃退任を受け、次のようにコメントした。 「ヴィッセル神戸のスタッフ、選手、そして会長、社長、ファンの皆様ありがとうございました。神戸という街で暮らし、素晴らしい方達と仕事をし、かけがえのない経験ができました。人生では難しい決断をしないといけない事もあります。私と家族にとってはこうする事がベストだと思いました。ヴィッセル神戸は私の心の中に常にあり続けるでしょう。皆さん、今までのサポート、本当にありがとうございました」 なお、後任として、2017年8月〜昨年9月までチームを率いた吉田孝行氏(42)の監督復帰が決定。その神戸は次戦、20日に行われる明治安田生命J1リーグ第8節で浦和レッズとアウェイで対戦する。 2019.04.17 12:00 Wed
twitterfacebook
thumb

暫定9位の新潟、片渕浩一郎監督を解任…後任はアカデミーダイレクターの吉永一明氏

アルビレックス新潟は14日、片渕浩一郎監督(43)を解任し、アカデミーダイレクターを務める吉永一明氏(51)が後任として就任することを発表した。 現役時代にはサガン鳥栖や新潟でプレーした片渕氏は引退後、2003年に新潟ユースのコーチに就任。その後、ユース監督やトップチームコーチを経験すると、2016年9月には成績不振のために解任された吉田達磨監督の後任としてシーズン終了時まで、2017年5月には三浦文丈監督の解任から呂比須ワグナー監督の就任まで監督を務めた。 そして昨年8月に鈴木政一監督の後任として三度、暫定的に監督に就任すると、明治安田生命J2リーグで19位と低迷したチームの降格危機を救い、正式就任。しかし、迎えた今シーズンはここまで3勝3分け3敗で暫定9位。J1リーグ復帰を目指すチームとして満足できる結果を残すことができなかった。 解任が決定した片渕氏は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「サポーターの皆様の期待のこたえられず、申し訳ない気持ちです。なんとかクラブのためにという想いだけで続けてきましたが、結果を出せなかったことに力不足を感じています」 「今後のリーグ戦に向けて、諦めている選手は一人もいません。サポーターの皆様におかれましては、最善を尽くして戦う選手たちに、引き続き熱いご声援をお送りください」 「自分を育ててくれたクラブで監督まで任せていただいたことに、心から感謝しています。J1昇格の目標達成に突き進む選手たちの姿を、影ながら応援したいと思います」 後任を務める吉永氏は、これまでアビスパ福岡の下部組織監督や清水エスパルス、サガン鳥栖のコーチを経験。2017年から2018年にはアルビレックス新潟シンガポールの監督を務め、2019年からは新潟のアカデミーディレクターに就任していた。同氏は監督就任を受け、以下のようにコメントしている。 「このたび、アルビレックス新潟の監督に就任することとなりました。今シーズンにクラブが掲げた目標を達成すべく、全身全霊で戦ってまいります。選手たちと共に前を向いて進んでいきたいと思います。クラブを支えてくださる皆様におかれましては、引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします」 最後に、今回の監督交代について是永大輔 代表取締役社長は、以下のように説明している。 「代行時期を含めて昨年8月から約8ヶ月、難しいタイミングで監督の任に就いていただきましたが、クラブの決断で監督交代させていただきました。在任中のハードワークと情熱には心から感謝しています」 「未だ理想への途中だということは十分に理解していますが、現時点での内容と結果ではいい成績を収めることが難しいと判断しました。もちろん、全てが監督の責任ではありません。選手、スタッフ、クラブを含めた全ての責任だと思っています」 「後任の吉永監督は、選手の個性の見極めとその組み合わせが得意な方だと思っています。機運を変えるこのタイミングでの大きな仕事に期待しています。何卒ご理解をいただき、引き続きのご支援やご声援をよろしくお願いします」 2019.04.14 11:30 Sun
twitterfacebook
thumb

YS横浜、国士舘大学のFW田場ディエゴ加入を発表! 高校時代には“日藤のマラドーナ”の異名

Y.S.C.C.横浜は12日、国士舘大学からFW田場ディエゴ(22)を獲得したことを発表した。なお、選手登録は7月19日(金)に移籍ウィンドーのオープンに合わせて行われる。 日大藤沢高校時代に“日藤のマラドーナ”という異名を持ち、左足を駆使したドリブルを武器に第93回全国高校選手権でチーム初のベスト4に導いた田場。卒業後は国士舘大学に進学した。 YS横浜への加入が決定した田場は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「Y.S.C.C.に加入することになりました。田場ディエゴです。リーグが始まっているこの大切な時期に加入を認めてくれたチームには感謝したいです。地元神奈川でプレーできる喜びを噛み締めながら少しでも早くチームに馴染みチームの勝利に貢献できるよう頑張りたいです。今までずっと応援し続けてくれた両親やどんな時も支えてくださった方々のおかげで今の自分があります。感謝の気持ちを忘れず、Y.S.C.C.と共に成長していきたいと思います。よろしくお願い致します」 2019.04.13 12:45 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース