エバートン復帰のボラシエがアンデルレヒトに即レンタル2019.02.01 13:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンデルレヒト(ベルギー)は2月1日、DRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエ(29)がエバートンからのレンタルで加入することを発表した。期限は今シーズン終了まで。

爆発的なスピードを持つウインガーのボラシエは、2012年から2016年まで在籍したクリスタル・パレスで活躍。今シーズンは、エバートンからアストン・ビラにレンタル移籍し、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)21試合2ゴール5アシストと主力としてプレーしていた。

しかし、チームは28試合を終えたリーグ戦で13位に沈み、昇格が厳しい状況に。先日にはエバートンへの復帰が発表されていたが、すぐにベルギーの地に活躍の場を移すこととなった。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド大惨敗…“経験豊富”マティッチが責任を一身に

マンチェスター・ユナイテッドに所属するセルビア代表MFネマニャ・マティッチが大惨敗の全責任を負った。イギリス『Tirbal Football』が報じた。 ユナイテッドは21日、敵地で行われたプレミアリーグ第35節でエバートンと激突。13分に先制を許すと、トップ4争いで優位に立つどころか、終わってみれば0-4の大惨敗劇を演じた。 この試合、ユナイテッドの先発メンバーにおいて最年長選手だった30歳のマティッチ。惨敗劇後、『TV2』のインタビューで次のように語った。 「今日のチームにおいて、最も経験がある選手が僕だったが、うまくプレーできなかった。若手に対して、批判はできない。最も悪かったのは僕だ」 6位のユナイテッドは24日にホームで行われる延期分の第31節で宿敵マンチェスター・シティと激突。続く24日の第36節でトップ4争いのライバルであるチェルシーをホームに迎え撃つ。 2019.04.22 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スールシャール、大惨敗後に詫び 「ファンを失望させ、クラブを失望させた」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督がファンに詫びた。イギリス『BBC』が報じた。 トッテナムやアーセナル、チェルシーとプレミアリーグトップ4争いを演じるユナイテッド。21日に敵地で行われた第35節で、直近のトップ6との対戦でリバプールと引き分け、アーセナルやチェルシーをなぎ倒す強さをみせるエバートンと激突した。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、是が非でも勝ち切りたいユナイテッドだったが、13分に先制を許すと、終わってみれば0-4の大惨敗。同じく今節足踏みのトッテナムとアーセナルを追走するチャンスを不意にした。 スールシャール監督は試合後、次のようにコメント。ファンに対して、ただただ謝罪の言葉を残した。 「キックオフの笛から全てがうまくいかなかった」 「ファンに謝りたい。今日、いたのはただバッジをつけている者だけ。誰が頭を上げることができるだろうか。できない。あらゆる面で負けた。素晴らしいサポートをしてくれたのに、結果を出せず、詫びたい」 「我々のパフォーマンスはマンチェスター・ユナイテッドというチームに値しないものだった。不十分だ。私を筆頭に選手まで、ファンを失望させ、クラブを失望させた。この試合の出来に対する説明は難しい」 「リーグで最もハードワークするチームになってほしい。それぞれが持つ才能に問わず、誰よりも走ることをね。チーム全体を変えることはできないが、一歩ずつ進みたい。ここで成功するつもりだが、そこに加わらないであろう選手もいる」 衝撃的な惨敗劇を演じてしまったユナイテッドは現在、6位。24日の次戦、延期分の第31節が行われ、宿敵マンチェスター・シティをホームに迎え撃つ。 2019.04.22 09:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、エバートンにまさかの大量4失点…1シーズンのクラブワースト失点記録も更新《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、エバートンvsマンチェスター・ユナイテッドが21日に行われ、4-0でエバートンが勝利した。 チャンピオンズリーグでバルセロナに完敗を喫したユナイテッドは、公式戦ここ7試合で2勝5敗という成績。スールシャール監督就任直後の勢いがシーズン終盤に向かうにつれて尻すぼみしてきている印象だ。 3日後にリーグ戦延期分のマンチェスター・シティ戦を控える中で、バルセロナ戦からスタメンを3選手変更。ルカクやジオゴ・ダロト、マティッチが先発に復帰した。 6位ユナイテッド(勝ち点64)が10位のエバートン(勝ち点46)のホーム、グディソンパークに乗り込んだ一戦。まずはホームのエバートンがビッグチャンスを迎える。11分、右サイドのグイエのクロスがファーサイドのリシャルリソンに繋がると、リシャルリソンはトラップからハーフボレ―。しかし、ここはバルセロナ戦で大きなミスを犯したデ・ヘアがビッグセーブ。跳ね返りをさらに狙ったが、枠を捉えることは出来なかった。 エバートンはさらに13分、敵陣左サイドからのスローインの場面。ディーニュがロングスローでゴール前に放り込むと、キャルバート=ルーウィンが競り勝って後方へ。これをリシャルリソンが倒れ込みながらボレーシュート。今度はデ・ヘアの壁を貫いてネットを揺らした。 先制に成功したエバートンはホームの声援を背に畳みかける。28分、ユナイテッドのCKからカウンターに転じると、グイエのパスを受けたシグルドソンがボックス手前左から鋭いグラウンダーのシュートをニアに突き刺し、2点目のリードをもたらした。 リードを広げてもなお攻め込むエバートン。リシャルリソンがその後もシュートを重ね、前半だけで10本のシュートを浴びせた。 ユナイテッドは後半からヤングとマクトミネイをジョーンズとフレッジに代えて投入。一方、エバートンは先制ゴールのリシャルリソンが負傷し、51分にウィルコットと交代した。 エースを欠いたエバートンだったが56分、この嫌な雰囲気を断ち切る。左CKの場面、クロスはGKデ・ヘアにパンチングで返されるも、ディーニュがボックスの外からダイレクトで左足一閃。低弾道のシュートがゴール左下に決まった。 エバートンのゴールショーはこれで終わらない。64分、自陣左サイドからのスローイングで前線に供給すると、シグルドソンの斜めのパスを受けたウォルコットが最終ラインを突破。ボックス左から楽々と流し込んで4点目を奪った。 これでほぼ試合を決めたエバートンは76分、昨年1月に脛を骨折して長期離脱を強いられていたマッカーシーが1年3カ月ぶりに復帰を果たした。 その後、マルシャルのチャンスも逸したユナイテッドは1点も決められず0-4で惨敗。プレミアリーグにおける1シーズンの失点数がクラブワーストの「46」となるおまけ付きで大敗を喫した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=budlr5ivijix1fjw3dlq7gukt" async></script> </div> 2019.04.21 23:31 Sun
twitterfacebook
thumb

エバートンMFアンドレ・ゴメスが3試合の出場停止

イングランドサッカー協会(FA)は16日、エバートンのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスに対し、3試合の出場停止処分を科したことを発表した。 アンドレ・ゴメスは13日に行われたプレミアリーグ第34節フルアム戦(0-2でエバートンが敗戦)でフル出場。この試合の後半追加タイムに相手FWアレクサンダル・ミトロビッチに対して暴力行為を働いていたことがビデオに捉えられており、今回の処分に至った。 9位に位置するエバートンは今後、マンチェスター・ユナイテッド戦、クリスタル・パレス戦、バーンリー戦を戦うが、今季のプレミアリーグで28試合に出場していた中盤の主力を欠いて臨むことになる。 2019.04.17 02:00 Wed
twitterfacebook
thumb

香川真司にプレミア復帰の可能性! ウェストハム&エバートンが関心

ベシクタシュに所属する日本代表MF香川真司(30)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 今冬に出場機会を求め、シーズンローンでベシクタシュに活躍の場を移した香川。その新天地トルコでスュペル・リグ7試合3得点1アシストと輝きを取り戻しつつあり、先の代表ウィークでロシア・ワールドカップ(W杯)以来の日本代表招集も受けた。 ただ、2020年夏までドルトムントとの契約を残す香川を巡っては現在、今シーズン終了後の去就が錯綜。ベシクタシュが今夏の買い取りを希望しているとされたが、人員整理や経費削減を理由に完全移籍での獲得が難しいという見方も少なくない。 そうした状況の香川に対して、ウェストハムとエバートンが接触を図っており、マンチェスター・ユナイテッド時代以来となるイングランド復帰のチャンスがあるとのこと。なお、ドルトムント側もオファーが届けば、引き止めの意思はないとみられる。 香川にとって、イングランドは十分に真価を証明できずに去った苦い思い出が残る地。以前にスペイン挑戦希望を公言した香川だが、未来はどこにあるのだろうか。 2019.04.13 19:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース