ウディネーゼ、元ブラジル代表MFサンドロを獲得 買取義務付きのレンタル2019.02.01 10:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼは1月31日、ジェノアに所属する元ブラジル代表MFサンドロ(29)の今シーズン終了に買取義務が発生するレンタル加入を発表した。

代表通算18キャップをマークするサンドロはインテルナシオナルでプロデビュー後、トッテナム、QPR、WBA、アンタルヤシュポルでプレー。2018年1月のベネヴェント加入を経て、同年夏にジェノア入りした。

その今シーズンはここまで公式戦14試合に出場して1アシストを記録。ウディネーゼはここまでセリエA4勝6分け11敗の16位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

3位マドリーと4位ヘタフェの上位対決はゴールレスドロー《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第34節のヘタフェvsレアル・マドリーが25日に行われ、0-0で終了した。ヘタフェの柴崎はベンチ入りも出場機会はなかった。 前節セビージャとの熾烈な4位争いを制したヘタフェ(勝ち点54)が、3位マドリー(勝ち点64)をホームに迎えた一戦。セビージャ戦で17試合ぶりに出場したヘタフェの柴崎は、ベンチスタートなった。 一方、リーグ戦3試合負けなしのマドリーは、ビルバオ戦からスタメンを6人変更。クロースやモドリッチ、マルセロらに代えてベイルやイスコ、バルベルデらが先発に名を連ねた。 試合は開始早々の2分にマドリーにチャンス。イスコのスルーパスに抜け出した好調ベンゼマが、ボックス右からシュートを放ったが、これはゴール左に外れた。 対するヘタフェは4分、相手バイタルエリア手前でボールを奪ったマティアス・オリベラが素早くロングシュートを放ったが、これはGKケイロル・ナバスがキャッチ。 一進一退の展開が続く中、マドリーは29分にベイルのスルーパスでベンゼマが相手DFの裏に飛び出したが、これはわずにオフサイドの判定。39分にも、カゼミロのロングパスで左サイドを抜け出したベイルがボックス左からダイレクトの折り返しを供給。ベンゼマが左足で合わせたが、これは相手GKの正面を突いた。 後半に入っても主導権を握るマドリーは50分、ボックス右を強引に突破したディアスがシュート。さらに54分には、ボックス手前のカルバハルがミドルシュートでヘタフェゴールに迫ったが、これはGKソリアがキャッチ。 1点が遠いマドリーは、71分にベイルとディアスを下げてルーカス・バスケスとアセンシを投入する2枚替えを敢行。対するヘタフェは、72分にウーゴ・ドゥロを下げてポルティージョをピッチに投入した。 すると直後にチャンスを迎えたのはヘタフェ。73分、スローインからのワンツーを受けたダミアン・スアレスがボックス右から侵入。マイナスの折り返しをモリーナが右足で合わせたが、これはGKケイロル・ナバスが弾く。さらにこぼれ球をマタが狙ったが、再びGKケイロル・ナバスのファインセーブに阻まれた。 マドリーは78分にも、バルベルデを下げてクロースを投入したが、最後までチャンスらしいチャンスが生まれず、試合は0-0のままでタイムアップ。ヘタフェはマドリーに勝ち点3を許さず、着実に1ポイントを積み上げた。 2019.04.26 06:24 Fri
twitterfacebook
thumb

サウサンプトン、プレミア最速7秒弾で先制も終盤の失点で勝ち点3を逃す…《プレミアリーグ》

吉田麻也の所属するサウサンプトンは23日、プレミアリーグ第31節延期分でワトフォードと対戦し、1-1の引き分けに終わった。吉田はフル出場している。 FAカップ準々決勝の開催により延期されていた一戦。直近に行われたニューカッスル戦で完敗を喫した16位サウサンプトン(勝ち点36)は、その試合からスタメンを2人変更。イングスとシムズに代えてロングとアームストロングを先発で起用した。 吉田は3バックの中央に配置した[3-4-2-1]で試合に臨んだサウサンプトンは、開始7秒で先制する。キックオフボールを最終ラインで受けたキャスカートに対してロングがハイプレスをかけると、フィードボールをカット。そのままボックス内に持ち上がったロングは飛び出したGKの上を越すシュートでゴールネットを揺らした。 2000年12月9日にトッテナムのDFレドリー・キングが記録した9.82秒弾を上回るロングのプレミアリーグ最速ゴールでいきなり動いた試合は、ここから一気にヒートアップ。すると2分、ワトフォードはデウロフェウのロングパスで右サイドを抜け出したヒューズのクロスをA・グレイが左足で合わせたが、このシュートはGKガンがセーブ。 ワトフォードは12分にも、デウロフェウが左45度からファーポストへ絶妙なコントロールシュートを狙ったが、これはわずかに枠の右に逸れた。 リードするサウサンプトンは24分、ドリブルでボックス右から仕掛けたレドモンドが強引な突破でゴールエリア右まで侵入しシュート。さらに39分にもロングのパスからレドモンドに決定機が訪れたが、共にシュートはGKフォスターに阻まれた。 1点を追うワトフォードは、前半終了間際の44分にロングボールでボックス右内に抜け出したデウロフェウが反転から右足を振り抜いたが、これは枠の左に外れた。 迎えた後半、1点を追うワトフォードが主導権を握るものの、A・グレイやデウロフェウを中心とした攻撃はなかなかうまくいかない。 すると78分、ここまで控えめだったサウサンプトンはセットプレーからチャンス。ボックス左横で獲得したFKをウォード=プラウズが直接狙ったが、これはGKフォスターにセーブされた。 試合も終盤に突入しこのまま終了かと思われたが、90分にスコアが動く。R・ペレイラのパスで右サイドを抜け出したフェメニアがクロスを供給。これをボックス中央のヤンマートが落とすと、最後はA・グレイがゴール右にシュートを突き刺した。 結局、試合はそのまま1-1で終了。終盤の失点で勝ち点3を逃したサウサンプトンだが、降格圏の18位カーディフと勝ち点差を「6」に広げ、残留へ一歩近づいた。 2019.04.24 06:15 Wed
twitterfacebook
thumb

塩谷と中島がマッチアップの日本人対決は中島のアル・ドゥハイルに軍配!《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループC第4節のアル・アイン(UAE)vsアル・ドゥハイル(カタール)が24日に行われ、0-2でアル・ドゥハイルが勝利した。アル・アインのDF塩谷司はフル出場、アル・ドゥハイルのMF中島翔哉は91分までプレーした。 グループ最下位のアル・アイン(2分1敗)が、2位アル・ドゥハイル(1勝1分1敗)をホームに迎えた一戦。アル・アインは、塩谷が3バックの一角で先発出場。一方のアル・ドゥハイルは、中島、ベナティア、アルモエズ・アリらが揃って出場した。 8日に行われた前回対戦をドローで終えた両者の一戦は、アウェイのアル・ドゥハイルが開始早々に動かす。3分、右サイドを駆け上がったエジミウソン・ジュニアがバイタルエリア右でパスを受けるとそのままボックス右へ侵入。切り返しで相手をかわしクロスを上げるとゴール前のアルモエズ・アリが頭でゴール右に流し込んだ。 先制を許した上海上港は、後半開始からマルクス・ベリを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイチームだった。 アル・ドゥハイルは66分、ドリブルでボックス左から侵入したアルモエズ・アリの折り返しをゴール前の中島がスルー。これを逆サイド受けたフリーのエル・アラビがワントラップから冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま0-2で終了。塩谷と中島がマッチアップした日本人対決は、アル・ドゥハイルが敵地で完勝した。 アル・アイン 0-2 アル・ドゥハイル 【アル・ドゥハイル】 アルモエズ・アリ(前3) エル・アラビ(後21) 2019.04.24 03:00 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、終盤の失点で古巣ヴォルフスブルクと痛恨のドロー《ブンデスリーガ》

長谷部誠の所属するフランクフルトは22日、ブンデスリーガ第30節でヴォルフスブルクと対戦し、1-1の引き分けに終わった。長谷部はフル出場した。 前節のアウグスブルク戦でリーグ戦12試合ぶりの黒星を喫した4位フランクフルト(勝ち点52)が、9位ヴォルフスブルク(勝ち点45)のホームに乗り込んだ一戦。 ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのベンフィカ戦に勝利し、アウェイゴール差で準決勝進出を決めたフランクフルトは、その一戦から先発を2人変更。長谷部は3バックの中央でスタメンに名を連ねた。 試合は開始早々に月曜開催に抗議の意味を込めたスーパーボールがスタンドから大量に投げ込まれ、いきなり試合が中断。約3分間の中断後、再開された試合で先にチャンスを迎えたのはヴォルフスブルク。 10分、ウィリアムのロングフィードを左のスペースで受けたゲルハルトが折り返しを供給すると、ボックス中央でフリーのヴェグホルストがダイレクトシュート。しかし、このシュートはカバーに入った長谷部がゴール前でカットした。 前線からのハイプレスで試合の流れを掴むヴォルフスブルクは、34分にもボックス左から侵入したメーメディが強烈なシュートでゴールを脅かす。さらに36分には、アーノルドがボックス内へ浮き球のパスを供給。これは相手DFのクリアに遭うもゲルハルトが再び頭で繋ぐと、ボックス内で受けたヴェグホルストがボレーシュート。しかし、これはGKトラップの好セーブに阻まれた。 再三のピンチを凌いだフランクフルトは40分、ショートコーナーの流れからローデが右クロスを供給すると、ゴール前のパシエンシアがヘディングシュートで合わせたが、これはGKペルヴァンのファインセーブに防がれた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはヴォルフスブルク。57分、メーメディの右CKをクノッヘが頭で合わせたが、ヘディングシュートはクロスバーを直撃。さらに64分にも、左CKのこぼれ球をバイタルエリア中央のアーノルドがボレーシュートで合わせたが、今度は左ポストを直撃した。 ゴールの遠いフランクフルトは、69分にヨビッチとローデを下げてレビッチとデ・グズマンを投入する2枚替えを敢行。すると78分、ダ・コスタの右クロスをボックス左手前で拾ったコスティッチがミドルシュートを放つと、相手DFにディフレクトしたボールがボックス内に走り込んだデ・グズマンの下へ。ゴール前でこれを収めたデ・グズマンは冷静にシュートをゴール左隅に流し込んだ。 均衡が破れた試合はフランクフルトリードのまま終盤に突入。このまま試合終了かと思われたが90分、ヴォルフスブルクが中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛けると右サイドを突破したクラウスの折り返しからブルックスがワンタッチで流し込み、土壇場で同点に追いついた。 結局、試合はそのまま1-1で終了。終盤の失点で勝ち点3を逃したフランクフルトは、熾烈な4位争いを繰り広げるボルシアMGとの勝ち点差を広げることができなかった。 2019.04.23 05:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ユルマズのFK弾でベシクタシュが5連勝! 香川は68分までプレー《スュペル・リグ》

香川真司の所属するベシクタシュは22日、スュペル・リグ第29節でスィヴァススポルと対戦し、2-1で勝利した。香川は68分までプレーした。 リーグ戦4連勝中の3位ベシクタシュ(勝ち点53)が、13位スィヴァススポル(勝ち点35)のホームに乗り込んだ一戦。香川がトップ下で3試合ぶりの先発となったベシクタシュは、25分に決定機。リャイッチの右CKをゴール左手前のイジマ=ミランが右足で合わせたが、このシュートは相手GKがファインセーブ。 その後は攻めあぐねる時間が続いたベシクタシュだが、31分にスコアを動かす。右CKをニアでトコズがフリックするとファーサイドに走り込んだイジマ=ミランが右足アウトサイドで合わせたが、これはクロスバーを直撃。しかし、こぼれ球をヴィダがゴールに押し込み、ベシクタシュが先制した。 先手を取ったベシクタシュだったが、前半終了間際の45分にロングカウンターからディアバテにゴールネットを揺らされ、前半は1-1で終了した。 迎えた後半、ベシクタシュはメデルを下げてウイサルを投入。さらに68分に香川を下げてヤルチンをピッチに送り出した。 主導権を握りながらも勝ち越しゴールが遠いベシクタシュだったが、試合終盤にセットプレーから均衡を破る。87分、バイタルエリア左でFKを獲得するとブラク・ユルマズの直接FKがゴール右に突き刺さり、ベシクタシュが勝ち越し。 結局、これが決勝点となり2-1でベシクタシュが勝利。5戦連発となるユルマズ芸術FK弾で勝ち越したベシクタシュは、リーグ戦5連勝で上位を追走している。 2019.04.23 04:16 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース