ベストゲームの要因は取り戻した“アグレッシブさ”、カギは大迫、冨安の存在/日本代表コラム2019.01.29 21:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
初戦のトルクメニスタン代表戦から数えて6試合目。今大会の優勝候補にも挙げられ、アジアNo.1の呼び声も高かったイラン代表と決勝進出を懸けて戦った日本は、今大会最高の試合を見せた。ここまでの5試合を全て1点差で勝ち上がって来た日本は、無失点で勝ち上がって来たイランに対し0-3と快勝。90分間を通して、試合にイニシアチブを握っていた。

苦戦続きだった日本が、最強の敵と言われたイランを相手に好ゲームを披露できた要因はどこにあるのか。

◆あまりにも大きかった大迫勇也の存在
Getty Images
1つは、イラン戦でスタメンに復帰したFW大迫勇也(ブレーメン)だ。ロシア・ワールドカップで「大迫半端ない」がたちまち流行した大迫だが、初戦のトルクメニスタン戦以来の先発出場を果たすと、チームは見違える動きを見せた。

最前線でボールを受ける役回りとなった大迫だが、イランの守備は大迫の落としを受けるMF南野拓実(ザルツブルク)を狙いどころとしていた。立ち上がりはそのイランの読みがあたり、ロングボールを大迫が競り勝っても、イランがセカンドボールを拾うという展開が続いた。

しかし、大迫が1トップに入ったことで、2列目の南野、MF堂安律(フローニンヘン)、MF原口元気(ハノーファー)の動きが活性化。さらには、MF柴崎岳(ヘタフェ)、MF遠藤航(シント=トロイデン)も守備だけでなく攻撃にもアグレッシブさを出していった。

加えて、DF長友佑都(ガラタサライ)、DF酒井宏樹(マルセイユ)の両サイドバックも機を見て高い位置を取り、チーム全体がゴールに向かう推進力を取り戻した。

ベトナム戦でも指摘した通り、FW北川航也(清水エスパルス)のポジショニングや動き出しでは全体が連動できず、FW武藤嘉紀(ニューカッスル)が1トップに入っても、2列目との連携が上手くいかなかっただろう。

2ゴールという結果を残したことも去ることながら、チームを活性化させ、相乗効果をチームメイトに与えられる大迫の存在感の大きさをただただ感じさせられた。まさに「半端ない」活躍だったと言える。

◆著しく成長する冨安健洋の伸び代
Getty Images
そして、大迫以上に「半端ない」活躍を見せたと言っても良いのが、DF冨安健洋(シント=トロイデン)だ。

ラウンド16のサウジアラビア代表戦では日本代表初ゴールも記録している20歳のセンターバック。今大会初戦のトルクメニスタン戦はボランチでの出場となり、良いパフォーマンスを出せたとは言えないものの、センターバックに入ってからは安定したパフォーマンスを披露した。

とりわけ、イラン戦では1トップのFWサルダール・アズムーンのマークを担当。ロングボールを蹴り込むイランを相手に、アズムーンとの競り合いではほぼ勝利。ロングスローやアーリークロス、セットプレーからのクロスなど、イランのハイボールにもしっかりと対応した。

冨安は修正力と吸収力に優れた選手であり、2017年のU-20ワールドカップでも、大会中に大きな成長を遂げていたが、今大会も試合を重ねるごとに安定感が増していっている印象だ。

特に判断力に優れており、アズムーンのマークに関しても動き出すタイミングや体を寄せるタイミング、ボールの落下点を含め、ほぼ完璧な対応。時間が経過するごとにアズムーンが苛立ちを隠せなかったことは、冨安の対応が素晴らしかったことの表れでもある。

長年日本代表のセンターバックを支えて来たDF吉田麻也(サウサンプトン)も試合後には冨安の対応を褒めるシーンも。大会を通じて隣で成長する冨安は、吉田のコンビ最右翼。決勝でもしっかりとゴールに鍵をかけてもらいたい。

◆取り戻したアグレッシブさ、決勝でも出せるか
Getty Images
そして、前述の2人の活躍が大きく引き出したものが、アグレッシブさだ。

イランが日本を相手にしっかりと攻め込んで来たことも影響しているが、攻守に渡って最も良い入りをし、恐れることなく自信を持って、アグレッシブにプレーしていた。

森保監督はこれまでの試合と比べ「基本的にはあまり変わっていない」としながらも、「選手たちが戦う姿勢を持って試合の入りからアグレッシブにプレーしてくれた」と語った。

セカンドボールを拾えないという苦しい展開もあったが、イランのアンカーの脇を使う姿勢、そして、サイドバックがしっかりと攻撃に参加するという姿は、イラン戦がベストパフォーマンスだった。

最終ラインで冨安、吉田がしっかりとイランの攻撃を跳ね返したこと、そして大迫が前線に入ったことで、リスクを犯した攻撃とコンビネーションが生まれたことが、アグレッシブさを取り戻せた要因だろう。カタール、UAEのどちらが決勝に勝ち上がって来ても、イラン戦のようなパフォーマンスが期待される。

◆コンディション調整に成功した森保ジャパン
Getty Images
大迫、冨安以外にも、この試合の選手たちのパフォーマンスは出色の出来だった。ダメ押しゴールを記録した原口も、攻守にわたり走り切った。また、3ゴールに絡んだ南野も、ゴールこそ生まれなかったが本来の良さを出せていた。

中盤の遠藤、柴崎も守備だけでなく、縦パスや持ち出しなど、攻撃にも絡む姿勢を見せていた。

UAEに滞在して3週間が経過。このタイミングで最高のパフォーマンスを出せたのは、コーチングスタッフを含め、日本代表チームとしての成功と言って良いだろう。

グループステージは「コンディションを整える」ということを何度も口にし、「総合力」で勝ち上がると語って来た森保監督。決勝トーナメントからは選手が固定されつつある中で、しっかりとマネジメントした結果が、イラン戦にも表れていた。

負傷により後半途中で遠藤がピッチを去ったが、森保監督は決勝トーナメントに入ってからMF塩谷司(アル・アイン)をボランチで起用。試合終盤のクローザーとして起用して来た結果、スクランブル投入となったイラン戦でも落ち着いたプレーを見せていた。

大会を通してのマネジメントを考えれば、森保一監督をはじめとする日本代表チームはここまで成功していると評価できる。残すはあと1試合。ここまで積み上げた自信を、確実なものにし、決勝で勝ち切ってこそ、このアジアカップが成功と言えるだろう。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント
関連ニュース
thumb

“本気”の相手に“チャレンジ”継続を…上田綺世が見せた可能性/日本代表コラム

東京オリンピック世代、U-22日本代表メンバーを中心に構成してコパ・アメリカに臨んでいる日本代表。初戦では大会連覇中のチリ代表と対戦し、0-4で大敗を喫した。 ピッチに並んだ11名のうち、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)の5名は代表キャップがあるものの、残りの6名は初出場とチリと比べても経験という点では大きな差があったことは明白だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆上々の立ち上がり、好機を作る</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>一方のチリは、FWアレクシス・サンチェス(マンチェスター・ユナイテッド)やMFアルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)など世界のトップクラスの選手を含む主力選手が出場。2連覇を達成しているメンバーが立ちはだかった。 それでも、日本は良い試合の入りを見せる。レアル・・マドリー入りが世界中でも話題となっている久保は、ボールを持てば得意のドリブル突破を見せ、チリにジャブを打つ。 初出場となったFW上田綺世(法政大学)も、自身の特徴である高さ、裏へ抜け出す動き、ポジショニングの良さを随所にみせ、FW前田大然(松本山雅FC)もスピードでチリ守備陣を振り切るシーンも見せた。 中盤でゲームをコントロールする柴崎を中心に、中盤の守備からショートカウンターというスタイルを出しながらも、アタッキングサードでの精度を欠いてしまった日本。中島がドリブルを仕掛けても単騎で終わり、親善試合とは大きく違う姿を体感したに違いない。 森保一監督は「この試合、選手たちには勝利を目指してチャレンジすることが大事だと伝えて送り出しました」とコメント。立ち上がりは、自分たちの良さを出すべくプレーし、実際に決定機も作っていた。全く歯が立たなかったわけではなく、“チャレンジ”という点では評価できる部分もあるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆試合巧者のチリ、一朝一夕では歯が立たず</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>立ち上がりはアグレッシブなプレーを見せていた日本だったが、時間の経過とともにその姿に陰りが見える。 28分にはサイドからの波状攻撃をチリが仕掛けると、サンチェスにヘッドを許すも力なくキャッチ。33分には中島のボールロストから一気にカウンターを仕掛けられると、ピンチを迎えるが柴崎がなんとか守った。 一度掴んだ流れをチリは手放さず、そのまま猛攻を続ける。日本はなんとか凌いでいたが、41分にCKから失点。堪え忍んでいただけに、良くない時間帯での失点は悔やまれるものとなった。 前半終了間際には柴崎のダイレクトパスから上田が決定機を迎えるも、GKとの一対一で敗れシュートが枠に飛ばず。後半も上田は決定機を2度迎えるが、全てシュートは枠に飛ばず悔しい結果となった。 後半はチリがギアを上げると、日本は防戦一方に。54分にエドゥアルド・バルガスに追加点を奪われるが、それまでの流れも常にポゼッションを許し、アグレッシブに守備を行なっていた姿はなく、取るべくして取られてしまった。 終盤にも2点を加点したチリだったが、立ち上がりの15分を過ぎてからは常に自分たちのペースでプレーを続けた。中盤でのミスや、日本に崩されるシーンもあったものの、日本の稚拙な攻撃やGKアリアスを中心とした守備陣が防ぎ、結果として0-4の大差がついた。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆可能性を感じさせた上田綺世</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>多くの選手が世界を体感した試合となったが、最も気になる存在だったのは1トップに入った上田だ。 東京オリンピック世代の代表では世界での経験も積んでおり、得点源の1人としてプレーを続けてきた。A代表デビュー戦となったが、立ち上がりから物怖じすることなく、自身の特長を出そうとプレーを続けた。 ポスト大迫勇也としての期待を寄せられる上田だが、その期待を裏切らないプレーを披露。前線からの守備、トップで起点となる動き、裏を取る動きと随所に可能性を感じさせた。 チリ戦では、前半に柴崎のダイレクトパスに抜け出しGKと一対一になるシーンが。さらに後半には、柴崎のクロスをボックス内でフリーになりダイレクトボレー、終盤には安部のグラウンダーのクロスに対してファーサイドに飛び込んで合わせようとし、三好康児(横浜F・マリノス)からの絶好のパスに抜け出したシーンも、シュートを打つタイミングを逸していた。 いずれも、ポジショニングの良さを見せたシーンであり、その動き出しを含めても高いポテンシャルを持っていることは多くの人も感じたはずだ。しかし、2つの決定機ではシュートを枠に飛ばせず、最後の1つはわずかに届かなかった。決定機を作ってもらいながら、枠に飛ばせなかったという事実は変わらない。 コパ・アメリカというハイレベルの舞台であっても、決定機でシュートを枠に飛ばせなかったという技術の面は足りなかったということが証明されてしまった。もちろん、これで上田の評価が落ちるということではなく、伸び代と捉えてどの様に取り組むかが重要だ。 「自分の中で手応えはありながらも結果を残せず、力不足を感じた試合でした」と上田は試合後に語ったが、相手の対応に上回れたシーンも多かった。特にシュートの場面では、慎重になるあまり思い切りよく打つことはできていなかっただけに、パスを受けてからシュートまでのタイミングをいかに早くするかだ。 “決定力不足”という言葉は良く耳にするが、足りていないのであれば、補う他はない。フィニッシュ以外の部分では、大いなる可能性を見せた上田だけに、今大会中にも成長の証を見せてくれることを願うばかりだ。それが、東京オリンピック、そしてこの先のプロ生活、日本代表としてのキャリアに繋がるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆中3日で迎えるウルグアイへの“チャレンジ”</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190618_43_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>日本時間21日の8時からは初戦でエクアドル代表を4-0で下したウルグアイ代表と対戦する。キリンチャレンジカップでは一度対戦し、4-3で打ち勝っている相手だが、“本気”の姿がいかに親善試合と違うかはチリ戦で身をもって体感したはずだ。 チリ戦では[4-2-3-1]のシステムを採用したが、サイド攻撃を多用するチリ相手には守り方の部分でも疑問が残る対応が多く見られた。特にサイドハーフの選手の立ち位置や、ボランチに入った中山雄太(ズヴォレ/オランダ)のポジショニングなど、改善するべき点は少なくない。それでも、成長しながら結果を残すには、十分過ぎる相手。ウルグアイ戦も目的をもって戦うことが一番重要となる。 コパ・アメリカはグループ3位のうち、上位2カ国まで次のステージへと進める。エクアドルとの第3戦が最も重要になる可能性が高いものの、強敵であるウルグアイ相手に、チリ戦で感じた“差”をしっかりと消化して、自分たちの目指すプレーができるかどうか。森保監督の言葉通り、強敵相手に“チャレンジ”できなければ、意味のない活動になってしまう。選手の入れ替えも起こる第2戦、選手たちの“チャレンジ”に期待したい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.06.18 21:30 Tue
twitterfacebook
thumb

新システムの収穫は両WB&永井謙佑の生かし方/日本代表コラム

6月シリーズと呼ばれるトリニダード・トバゴ代表戦、エルサルバドル代表戦を終え、日本代表はコパ・アメリカへと向かって行く。 編成としてはJリーグを中断させられないこと、そして日本は招待国となるため招集に拘束力がないことから、若手主体のメンバーを招集。ほとんどがA代表未経験者となっている。 9月に始まるカタール・ワールドカップ アジア予選を前に、最後の強化期間を終えた日本。トリニダード・トバゴ戦から取り組んできた[3-4-2-1]のシステムは、エルサルバドル戦でも継続。メンバーを入れ替えたことで、新たな戦い方の形が見えてきた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=e0ep1nsivza116abgdq23ipmt" async></script> </div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆機能した両WB</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190612_16_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>1つ目は、新たなシステムで生まれたウイングバック(WB)というポジションだ。トリニダード・トバゴ戦では、右を酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、左を長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が務めていたが、エルサルバドル戦は右を伊東純也(ヘンク/ベルギー)、左を原口元気(ハノーファー/ドイツ)が務めていた。 伊東、原口ともに普段は攻撃的なポジションを務めているため、攻撃時のポジショニングや動き出しで違いを見せていた。トリニダード・トバゴ戦で出場した酒井、長友はサイドバックとしてのプレーが長い影響で、ポジショニングと前に出て行く推進力の点で物足りなさを感じさせていただけに、両者のプレーは[3-4-2-1]というシステムを使う上での新たな形を見せることとなっただろう。 特に、伊東と原口は上下動、前からの守備という点でも及第点の活躍を見せていた。前半には相手のボール回しの拙さもあったが、伊東がスプリントしてボールを奪い、そのままボックス内に侵入。マイナスのクロスが流れ、原口がシュートを打つ場面があった。得点にこそ繋がっていないが、崩しの形としては日本の良さが出た部分でもあり、強豪国との対戦でどこまでプレーできるかを見たいところだ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆大黒柱・大迫に代わるオプション</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190612_16_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>2つ目として、1トップに入った永井謙佑(FC東京)の活躍を忘れてはならない。同僚のMF久保建英がデビューしたことでその陰に隠れる形となっているが、大迫とは違うタイプの選手を置いた効果を遺憾なく発揮した。 永井の特徴はご存知の通り、スプリント力だ。短い距離のダッシュよりも、長い距離を加速し続けられるその脚力は、エルサルバドルの脅威となった。 先制ゴールのシーンも、冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)のフィードに走力を生かしてい追いつくと、相手DFを鋭い切り返しで転ばせ、見事にゴールを奪い切った。早さだけでなく、緩急をつけることで、相手を振り切ることが可能になり、FC東京でも見せているプレーをしっかりと発揮してのゴールは圧巻だった。 また、2点目も永井の走力が生きた。左WBの原口がボールを持つと、ニアサイドに一瞬の隙をついて顔を出し、点で合わせてネットを揺らした。 これまでの森保ジャパンでは、大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)をトップに置いて起点を作り、2列目の中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)が絡んで行くというスタイルしかなく、大迫が抜けただけで機能不全を起こしていた。 しかし、永井の良さを生かすため、WBに伊東、原口を配置したことを含めても、チームとしての戦い方がハッキリし、ストロングポイントを生かせたことはポジティブな材料だ。 最前線からスプリントできる永井のおかげで、相手のパスコースを限定。そこに対し、両WBがパスカットを狙える場面が増える。また、裏への抜け出しを警戒することで最終ラインを引っ張ることができ、バイタルエリアが空く場面も多く見られた。 アジアカップでは武藤嘉紀(ニューカッスル/イングランド)、3月シリーズでは鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)とスピードに長ける選手を起用してきたが、永井ほど相手に影響を与えた結果は残せていない。大迫とは違うオプションと考えれば、永井の働きはこの先の手段を1つ増やしたことになるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆システム変更も混乱せず</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190612_16_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>また、その永井が肩を痛めたタイミングで、大迫を投入。さらに、伊東、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)を下げて、室屋成(FC東京)、山中亮輔(浦和レッズ)を入れて[4-2-3-1]へとシステムを変更した。 3バックから4バックに変更したことについては「今日はスムーズにいった」と昌子源(トゥールーズ/フランス)が試合後に語ったように、守備面でも混乱を生むことはなかった。 一方で、攻撃面では大きな違いを生み出せなくなると、森保監督は中島、そして久保を投入。中島を左に、久保をトップ下に配置するシステムへと変更。個で打開できる選手を投入したことで、流れを掴むことに成功した。 公式の大会では3枚までしかカードが切れないため、エルサルバドル戦のように手を打つことはできないが、チームとしてのオプションを確認できたという点ではプラス材料となる。アジアの厳しい予選を戦う上で、チームとしての幅を広げられたことは大きな収穫だったと言えるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆待望のデビュー、期待を裏切らない久保建英</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190612_16_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>そして、久保のデビューについて触れないわけにはいかないだろう。67分、中島とともにピッチに入った久保は、史上2番目の若さである18歳での日本代表デビューとなった。 ピッチに投入された久保は早速見せ場を作る。73分、大迫からのスルーパスを受けると、相手2人を引き連れながらドリブルを仕掛けると、タイミングを見計らって間を抜けて突破。そのまま左足でシュートを放った。これは惜しくもGKにセーブされたが、才能の片鱗を見せる。 このワンプレーで空気を変えると、日本の攻撃も活性化。久々に日本が決定機を作る展開となり、久保もドリブルやスルーパスなど、自身の強みをプレーで見せていった。 「だいたい持った瞬間に何を考えているのか、あの時はわかったので、そうだろうなと思ってたところでああいうふうにつながって良かったです」と試合後に周囲との連携に問題がないことを語った久保。トップスピードでも味方をしっかりと見て、自分のチャンスであれば仕掛ける姿が、いつも通りのプレーだった。デビュー戦でそれをやってのけるのが凄いことではあるのだが。 コパ・アメリカにも参戦する久保には、さらに大きな期待が寄せられることは間違いない。同世代の選手も多く招集されている中で、相手は大陸王者が懸かった真剣勝負。その中でどんなプレーを見せるのか、しっかりと見守りたい。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆コパ・アメリカ経由、アジア予選</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190612_16_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>大半のメンバーはここで代表活動は終了。若手では久保や中島、冨安、中山雄太(ズヴォレ/オランダ)、大迫敬介(サンフレッチェ広島)が継続して代表活動を行なっていく。 コパ・アメリカでも[3-4-2-1]のシステムを継続することが濃厚と見られ、この1週間の代表活動で得た経験は久保をはじめプラスに働くはずだ。一方で、ここから合流する選手たちも、クラブレベルや世代別の日本代表では3バックのシステムを経験しているだけに、システム上のエラーは起こりにくいと考えられる。 ベテランであるGK川島永嗣(ストラスブール/フランス)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)、先輩であるMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)から吸収できる部分も多くある一方で、この先はライバルにもなる。コパ・アメリカというチャンスをいかに活かせるかが、この先のキャリアにも繋がっていくだろう。 2020年の東京オリンピック世代として、そしてその先のカタール・ワールドカップに向けて、コパ・アメリカでの経験を個人としてもチームとしても9月のアジア予選に繋げることができるか。まずは、新鮮な顔ぶれで戦うコパ・アメリカを見守りたい。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.06.12 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

新システムのカギはWBと2シャドー、救世主はWB原口元気か/日本代表コラム

メンバー表を見たときに驚い人は少なくないのかもしれない。大きな期待を寄せられ、注目の的になっていたFW久保建英(FC東京)の名前がなかった。GK川島永嗣(ストラスブール/フランス)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)のベテラン勢と共にスタンドで試合を見守った久保。しかし、それ以上に驚かせたのは、新システムの採用だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ついに解禁された3バック</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190606_13_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>トリニダード・トバゴ代表選で森保一監督が採用したのは、[3-4-2-1]のシステム。日本代表としては久々の3バックの採用となり、いよいよ新たな準備段階に入ったことを感じさせた。 そもそも、森保監督が3バックを採用することは大きな驚きではない。サンフレッチェ広島でJリーグを制した時代には、[3-4-2-1]のシステムがお馴染み。むしろ、日本代表監督就任でこのシステムを採用しなかったことが驚かれたほどだった。 それでも、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督、西野朗監督と繋いできた日本代表にとって、いきなり3バックに変更することに抵抗があることも事実だっただろう。1月にはアジアカップも控えていたこともあり、新たな選手を慣れたシステムにハメ込むという時間だったようにも思える。 そして迎えた今シリーズ。森保監督の十八番とも言える[3-4-2-1]を採用した。しかし、結果は0-0のゴールレスドロー。結果を見れば消化不良とも言えなくはない。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆及第点の守備陣</span> 3バック解禁となったこの試合、その顔ぶれは冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、昌子源(トゥールーズ/フランス)、畠中槙之輔(横浜F・マリノス)の3名。それぞれが日本代表でプレーしていたが、初の組み合わせとなった。 冨安はクラブで3バックが採用されており、いつも通りのポジション。昌子は4バックがベースのチームだが、シーズン中に3バックも経験。畠中はチームは4バックを採用しているが、変則的なシステムのため苦にしている様子はなかった。 相手も3トップを採用して数的同数の状況だったが、しっかりと個々が対応。プレー精度の問題もあり、危険なシーンはそれほど作られなかったこともあるが、落ち着いてビルドアップも行い、無失点で抑えたことは評価して良いだろう。 また、GKを務めたのもシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)と経験が浅い選手だったが、そつなくこなしていた。後半には裏に抜け出され一対一のピンチを迎えたが、冷静な対応でゴールを許さなかった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆課題山積の攻撃陣</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190606_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>3月のシリーズでも攻撃面で課題を残した日本だったが、この試合でも決定力のなさは露呈してしまった。前半からシュートチャンスを作っていた日本だが、決定機で放つシュートは全てGKへ。後半も猛攻を見せていたが、フィニッシュの精度がなかった。 相手GKフィリップの好セーブも何度となく見られたが、フィニッシュの形が乏しかったことも要因の一つと言えるだろう。 また、これまでのシステムでは前線が[3-1]という構成だったが、この試合は[2-1]という状況。攻撃の枚数が1枚少なかったことも攻撃が活性化しなかった要因とも言える。トップの大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)に対し、中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)の関わり方も良いとは言えなかった。 2人ともにボックス付近からの積極的なシュートは見せたものの、この展開は3月シリーズやアジアカップでも見られたもの。ユニットで崩しきる形ではなく、個で仕掛ける強引なシュートが増えるときは、このチームの力が最大限に発揮されるシーンではない。新システム採用という点を踏まえればこれからとも言えるが、このチームが一貫して抱える問題はまだ解消されていない。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆WBの難しさ、原口元気が救世主か</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190606_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>そして、それ以上に課題となったのがウイングバック(WB)の働きだ。[3-4-2-1]のシステムにおいて、大きなカギを握るのが両ウイングバックとなる。 この試合では右に酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、左に長友佑都(ガラタサライ/トルコ)が入り、これまで4バックの両サイドを務めた2人がピッチに立った。 サイドバックとウイングバックの違いは、そのポジショニングの難しさにある。サイドバックは最終ラインの一角となるため、ベースポジションが後ろになるが、ウイングバックとなれば、サイドハーフとサイドバックの中間となる。攻守にわたってのプレーが求められるポジションだが、動き方だけでなく、ポジショニングがチームのバランスを決める。 酒井、長友と経験も豊富な両選手だが、その難しさを口にしている。長友は「ウイングバックというのはとにかく頭を使わないと、チーム全体が狂う」と試合後にコメント。この試合では持ち前の運動量を見せ、及第点のプレーを見せていたが、違いを見せるほどのプレーはできず、精度を上げる必要があることを感じさせた。 攻撃に出るタイミングが遅れれば、せっかくのチャンスが不意になり、早すぎればカウンターの狙い所にもされてしまうウイングバック。しかし、後半途中に投入された原口元気(ハノーファー/ドイツ)がその問題を解決してくれそうな予感を見せた。 相手が疲れてきたタイミングからの投入ではあったが、原口はウイングバックのポジションをそつなくこなした。元々ハードワークができるサイドハーフとしてプレーしてきた原口は、ハリルホジッチ監督時代には試合中にサイドバックを務めることもあった。攻撃だけでなく、守備でも貢献してきた原口にとっては、前を向いてプレーしやすいウイングバックのポジションは最も力を発揮できる場所かもしれない。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆2シャドーの適性</span><div style="text-align:center;"><img src="//image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190606_13_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>加えて、このシステムでカギを握るのが2シャドーに入るのクオリティだ。中島、堂安が先発、途中から南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、伊東純也(ヘンク/ベルギー)が入った。 中島、堂安は良い形でボールを受け、自分たちの形を試合中に見せていたが、これまでトップ下に入っていた南野が不在であったこともあり、トップの大迫との距離感があまり良くなかった。 2シャドーと2列目のワイドでは求められるプレーに差が出てくる。1トップとの距離が変わっていたが、中島、堂安ともに外で待つシーンが多く、ウイングバックとの連係が高まっていないこの試合では効果的ではないシーンも見られた。 一方で、伊東は室屋成(FC東京)との関係となったが、持ち味であるスピードを生かそうと裏をとる動きを繰り返した。南野は大迫との距離感も良く、また相手が引いたこともあり柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)の両ボランチが前にポジションを取れたこともあって、ユニットとしての崩しを見せていた。 ここの精度アップは[3-4-2-1]を推し進めていくとなれば欠かせないもの。ウイングバックと併せて、誰が適任者なのかを見つけるとともに、個々のプレーをアジャストしていく必要はあるだろう。 いずれにしても、新システムを解禁した森保監督。9月のカタール・ワールドカップ予選まではコパ・アメリカを除けば、9日のエルサルバドル代表戦(宮城)しか残されていない。予選中も色々なことを試していくだろうが、今のチームではアジアでの戦いにも不安材料は残っている。新たな策を見出したという点では、伸び代に期待するしかない。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.06.06 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

経験者でも課題克服できず、収穫は畠中槙之輔&橋本拳人が見せた可能性/日本代表コラム

コロンビア代表戦から中3日。先発した11名全員を入れ替えて臨んだキリンチャレンジカップ2019のボリビア代表戦は、1-0で勝利を収めた。 「チームの底上げ」をテーマに、準優勝に終わったアジアカップから大きくメンバーを変更した今回のキリンチャレンジカップ。コロンビア戦ではわずかな収穫と多くの課題が見つかっていたが、メンバーを入れ替えたボリビア戦でも、その収穫は実り多いものとは言えない結果となった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆ロシア・ワールドカップ組でも課題は克服できず</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>コロンビア戦から11名を変更した日本代表。経験の少ない選手が多く先発する中で、2列目の3人はワールドカップを経験している乾貴士(アラベス/スペイン)、香川真司(ベシクタシュ/トルコ)、宇佐美貴史(デュッセルドルフ/ドイツ)が並んだ。 コロンビア戦では、森保監督が就任してから初めての無得点試合となり、特に前半には決定機を迎えていながらもゴールを奪えず、最終的にはPKを与えて1点を奪われ敗戦となった。チャンスメイクまではできていた日本だが、フィニッシュの精度を欠いてしまったことが、後にツケを払うこととなった。 ボリビア戦で期待していたのは、経験ある選手たちが違いを生み出してゴールを奪うことだった。コンビネーションを含め、日本代表で何度も同じピッチに立った3人ならば…というシーンも作ったものの、この日もシュートが入らない展開に。さらに、シュート数も少なく、メンバー変更が奏功したとは言えない結果となった。 森保体制になり攻撃の中心となっている中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)の3選手は、積極性が特長であり、魅力となる。しかし、コロンビア戦では、シュート意識が強くミドルシュートを連発。一方で、崩して攻めるという部分が足りないシーンも露呈した。 結果として、ボリビア戦はこの3人のカウンターから決勝点は生まれており、ボリビア戦で先発した3名が織りなす攻撃では、結果を出せなかったことも事実だ。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆収穫はデビューした2人の可能性</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ボリビア戦での収穫といえば、個人的には日本代表デビューを果たした畠中槙之輔(横浜F・マリノス)と橋本拳人(FC東京)の可能性だ。 およそ1年半ぶりの日本代表招集となった小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)とボランチでコンビを組んだ橋本は先発フル出場。畠中は、三浦弦太(ガンバ大阪)とセンターバックでコンビを組み、フル出場している。 畠中は、この試合でも持ち味であるビルドアップ能力を発揮。ボールを持つと、効果的なパスで攻撃へのスムーズなシフトに貢献していた。守備面では立ち上がりは戸惑う場面もあったものの、時間の経過とともに冷静さを取り戻した。 とりわけ、ボリビアが引いている時間帯が続いたこともあり、相手陣内にポジション取ることも多かったが、前線との距離が詰まったこともあり、効果的な縦パスを何本も通していた。センターバックとして、攻撃時に見ている視点が異なり、最後尾からのビルドアップを目指すのであれば、大きな収穫と言えるだろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> また、橋本は持ち味である守備面で力を発揮。危機察知能力を働かせ、コンビを組む小林との補完性も高かった。危険なシーンではどこでも顔を出す一方で、寄せの強度などは改善も必要なもの。気合が入りすぎたのか、ハードに行き過ぎる部分もあったため、そのあたりの加減を知る必要はあるだろう。 さらに、自ら最後尾に降りて畠中と三浦を開かせ、3-3-3-1(3-4-2-1)のシーンを作ることも行なっていた。コロンビア戦の終盤にも柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)が見せていた動きだが、試合中の攻撃の形の変化にも対応力を見せていた。公式戦となれば、守備的な選手は重宝するはず。橋本も、今後に可能性を見せる結果となった。 左サイドバックで2試合目の出場となった安西幸輝(鹿島アントラーズ)に関しては、乾との縦の関係も効果的とは言えない状況。積極果敢に持ち味である攻撃参加はしたものの、生かしてもらえない状況でもあった。守備面では苦戦した場面もあったが、より一層後方からのビルドアっぷを武器としていくならば、安西の存在は大きなものとなる。今回招集外となった山中亮輔(浦和レッズ)などライバルは少なくなく、また安西はランニングの質を備えているだけに、より生きる道があること、代表レベルでプレーできることをクラブでアピールし続ければ、招集される可能性は高いと見ている。 また、トップに入った鎌田大地(シント=トロイデン)も慣れないポジションながら、足元でのボールさばきや、裏へ抜けるタイミングで良さを見せた。しかし、普段プレーしていないポジションだけに、動きの点で問題も。今後どのポジションで起用するのかは定かではないが、能力は高いだけに、アピールを続けてポジションを掴む必要があるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆今後の進むべき道</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190326_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 試合後の記者会見にて、森保監督が今後についてコメント。「今後のチーム作りとしてこれまで招集した選手を軸に、あとは選手の活動を通して6月は招集していきたいと思っている」と語った。 今回の2試合では、吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)や酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、長友佑都(ガラタサライ/トルコ)、大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)など、アジアカップで主軸としてプレーした選手がメンバーから外れた。これに関しては、今回の招集メンバー発表時に「能力やチームにおける役割を把握できた」と語っており、経験値を含め、1カ月の活動で目星がついたと考えられる。 一方で、これまで招集していなかったロシア・ワールドカップ組や新戦力に関しては、2試合を含めて能力、チーム内での立ち位置などを見ることができたはずだ。ここから約2カ月のパフォーマンス次第でもあるが、6月のコパ・アメリカへ向けた選手の選考はある程度方向性が見えたということだろう。 しかし、選手の底上げをベースにしながらも、アジアカップから続く課題は解決しきれなかった日本代表。以前、「誰か1人に頼るチームにはしたくない」と森保監督は口にしていたが、攻撃面で結果を残したのは今回も同じメンバーだった。その問題点は、やはり「再現性」の欠如であり、緻密に計算して動くこと、ピッチ内で判断が可能なパターンを用意することが解決策と言えるだろう。 次の活動は6月。招待国として真剣勝負であるコパ・アメリカを経験できることは大きい。どのようなチームで臨むのかは定かではないが、将来性を見越したメンバー選考と、チーム強化に繋がる大会にしなくてはいけない。本番は2022年、そしてそれに繋がる9月からのワールドカップ予選だ。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.03.27 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

「善戦」との決別へ…柴崎岳が見せた対応力と残り続ける課題/日本代表コラム

アジアカップ決勝での敗戦後、2019年最初のホームゲームとなったコロンビア代表戦は、0-1で敗戦に終わった。 今回のメンバーには、初招集となる選手が5名、さらにはMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)、DF昌子源(トゥールーズ/フランス)など、ロシア・ワールドカップ以来の招集となった選手がおり、アジアカップからメンバー変更を行って臨んだ。 森保一監督は「チームの底上げ」をテーマに、どの選手が今の代表チームにフィットするのか、また初めて見る選手の能力を見極めることを目的としていながらも、「勝つことにこだわって戦ってほしい」とも語っていた。しかし、結果は敗戦。6万3000人を超える観客が見守る中で見せたサッカーには、多くの課題と、少しの収穫があった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆アジアカップ決勝と同じ課題</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>森保監督は前日の「アジアカップと新戦力をミックスして戦う」というコメント通りのスターティングメンバーで試合に臨んだ。 1トップに初招集の鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、ボランチに山口蛍(ヴィッセル神戸)、センターバックに昌子源(トゥールーズ/フランス)と3名を新たに起用。既存の戦力との噛み合わせを考えてのメンバー選考となった。 森保体制になってから攻撃の中心となっている、2列目の中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)がこの試合でも攻撃陣を牽引。それぞれの特徴を生かしてコロンビアゴールに迫った。 アジアカップを欠場した中島は、左サイドで攻撃の起点となり、縦へのドリブル突破や中央に切れ込んでのシュートなど持ち味を発揮。右サイドの堂安も、アジアカップでは結果を残せなかったが、中島が逆サイドに入ったことで一対一の仕掛けや積極的にシュートを放つなど良さを出した。 前半だけで決定機を少なくとも3度は作った日本だったが、得点を奪い切ることができず。前半をゴールレスで終えたが、この展開は失点こそしなかったものの、アジアカップ決勝のカタール代表選と同じだった。 アタッキングサードまでの展開は高いレベルを見せているものの、フィニッシュの精度は低く、シュートが枠に飛ばないことが多い。さらに、積極的にミドルシュートを打つ姿勢は良かったものの、それを生かしたライン裏を突く攻撃があまり見られず、攻撃の手詰まり感が否めなかった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>また、特に右サイドで堂安とサイドバックの室屋成(FC東京)が良い関係を築き、オーバーラップを促していたが、クロスの精度を欠いた。この辺りは以前にも指摘したが、攻撃参加だけでなく、中の状況を考えたクロスの精度が室屋の課題だろう。もちろん、2列目の選手も、サイドバックも、トップに初めて入った鈴木と合わせなくてはいけないということもあったが、チャンスを作っているだけにゴールが欲しい前半だった。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆守備は及第点も…</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 一方の守備面は、前半は完璧に近い出来だったと言える。前線からのプレスもハマり、サイドでの勝負も負けず、中盤で奪い切ってからのショートカウンターという攻撃も見られていた。 立ち上がりに左右に振られてあわやというシーンがあったが、それ以外はコロンビアの攻撃を封殺。それだけに、前半のうちにゴールが欲しかったというのもある。 しかし、後半はハーフタイムで修正したコロンビア相手に、守備がハマらない時間帯が続いた。ボールの回し方、選手の立ち位置をコロンビアが変更したことに対し、日本は前半同様の守備を見せ、結果主導権を渡すことに。失点はハンドによるPKからだったとはいえ、やはり流れの中で変化に対応できないというもろさを見せた。 アジアカップの決勝でも同様の事態はみられ、カタールの攻撃に対応しないまま2失点。これが大きく響いての準優勝となった。さらに遡れば、ロシア・ワールドカップのベルギー代表戦も同様。相手の変化に対応できず、2失点を喫している。 日本代表にとって、この部分が最も欠けている部分であることは、これまでも何度も主張してきたが、今回の一戦でも同じ課題を露呈。早急に改善できることではないものの、2022年のカタール・ワールドカップ、それ以前の予選でも、同じ課題を残したままでは痛い目に遭う可能性はあるだろう。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆対応力を見せた柴崎岳の戦術眼</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>そんな中でも、1つ気になったポイントは、ゲームキャプテンを務めた柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)のプレーだ。 この日は山口とボランチコンビを形成した柴崎だったが、攻守のリンクマンとしてプレー。慣れ親しんだ関係性もあり、互いに相手のカバーを意識してプレーしていた。特に柴崎は、ボールを奪った後のポジショニングに優れ、味方から自分へのパスコース、自分から味方へのパスコースを確保した位置どりを見せていた。クラブでの出場機会が限られている中で、改めて柴崎の能力の高さを見せた形となった。 また、後半のビハインド時、山口に代えて小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)が入り、同点を目指して攻勢を掛ける状況となると、自らセンターバックの間に下りて、3バックの陣形に変更した。さらに、これに呼応するように小林はダイヤモンド型の中盤の底に入り、全体のバランスをとっていた。 この3バックの陣形は一時的なものであり、定かではないがベンチからの指示ではないように思う。となると、コロンビアの陣形に対してズレを生ませるための策であり、香川真司(ベシクタシュ/トルコ)や乾貴士(アラベス/スペイン)らを生かす形を作ろうとし手の行動だろう。ピッチ内での判断ができている状況であったと言える。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆「再現性」を重視し「パターン」を作れるか</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190325_9_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>以前からも指摘している通り、日本代表に足りないことは攻守における「再現性」だ。ピッチ内で、いかに同じ形を作り出して攻撃、守備を再現するか。ここがこの先の戦いにおいては、最も重要になると考えられる。 しかし、招集する期間も短く、準備する時間も少ないことは承知の上。監督が意図することを体現するだけでも難しい中で、再現性を身につけることは簡単ではない。しかし、それは代表チームだからこそ、重要であると指摘したい。 短い時間の中でも一定の「パターン」を作ることで、選手はオートマチックに動くことが可能となる。決して能力が低いわけではない代表選手なのだから、監督やコーチングスタッフが局面ごとの「パターン」を用意することが大事になるだろう。 当然相手がいるスポーツであり、その「パターン」があれば勝てるわけではない。その時こそ、ピッチ内での判断力、個人の感覚が求められる訳であり、全てが個人の感覚と判断で動いていては、準備期間が短いからこそ個に頼らざるを得なくなってしまう悪循環に陥るだろう。その点は、監督以下、コーチングスタッフも同様だ。 強豪国を相手にした試合での「善戦した」、「チャンスは多く作っていた」、「良い形はあった」という類のフレーズとはそろそろお別れにしたい。その為にも、強豪国こそ持ち合わせる「再現性」、そして「パターン」を見つけるべきではないだろうか。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2019.03.25 11:45 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース