元日本代表MF清武弘嗣、C大阪と新契約締結 DF舩木翔も更新2019.01.12 19:05 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
セレッソ大阪は12日、元日本代表MF清武弘嗣(29)とDF舩木翔(20)の契約更新合意を発表した。大分県出身の清武は2008年に大分トリニータでプロデビュー。セレッソ大阪、ニュルンベルク(ドイツ)、ハノーファー(同)、セビージャでプレー。2017年にC大阪復帰を果たした。2018年も前年に続いて度重なるケガに苦しんだが、明治安田生命J1リーグ20試合。4得点をマークした。

C大阪下部組織出身の船木は2016年に2種登録選手としてトップチーム入りすると、翌年に正式昇格。そのデビューイヤーに続き2018年もJ1デビューを果たせなかったものの、U-23の一員として明治安田生命J3リーグ30試合2得点の成績を収めた。
コメント
関連ニュース
thumb

J2残留争いの福岡、J実績十分のペドロ・ジュニオールを獲得!

アビスパ福岡は16日、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)に所属するブラジル人FWペドロ・ジュニオール(32)の完全移籍加入を発表した。合流日は未定。背番号は「7」に決定している。 ペドロ・ジュニオールは2003年に母国でプロデビュー後、大宮アルディージャやアルビレックス新潟、ガンバ大阪、FC東京、ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズといったJリーグ複数クラブを転々。今年2月、鹿島から元日本代表MF細貝萌が所属するブリーラムに加わり、国内リーグだけでなく、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でもプレーした。Jリーグ復帰となる福岡加入を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「アビスパ福岡に加入することができとても幸せです。残り試合でチームの力になれるよう、全力を出し切ります。サポーターの皆様もぜひシーズン最後まで一緒に戦ってください。あなたたちの力は本当に大切です! バモス! アビスパ!」 シーズン途中に監督交代を行った福岡は現在、明治安田生命J2リーグ5勝5分け12敗の19位に低迷。20日に行われる次節、17位に位置するジェフユナイテッド千葉のホームに乗り込む。 2019.07.16 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

磐田、成立学園のアタッカー確保! 吉長真優の来季加入内定

ジュビロ磐田は16日、成立学園高校に在学するFW吉長真優(17)の来シーズン加入内定を発表した。 東京都出身で東京ヴェルディJr在籍歴を持つ吉長は、FC府中を経て、成立学園高校に進学。動き出しや高いシュート精度、得点機創出に秀でたアタッカーだ。磐田入りを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ジュビロ磐田という歴史あるクラブで、プロサッカー選手としてスタートできることを大変嬉しく思います。常に向上心を持って成長し、ファン・サポーターの皆様に愛されるような選手になりたいです。応援よろしくお願いします」 2019.07.16 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

J1最下位の鳥栖、今季加入のニノ・ガロヴィッチが退団…ベラルーシの古巣にレンタル

サガン鳥栖は16日、クロアチア人DFニノ・ガロヴィッチ(27)がディナモ・ミンスク(ベラルーシ)に期限付き移籍することを発表した。 ニノ・ガロヴィッチは今シーズン、ディナモ・ミンスクから鳥栖に加入。だが、定位置確保に至らず、明治安田生命J1リーグ3試合、YBCルヴァンカップ3試合、天皇杯1試合の出場にとどまった。移籍を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「サガン鳥栖でサッカーができて幸せでした。またここでプレーできるように、もっと強くなるために頑張ってきます。サポーターの皆さん、サガン鳥栖ファミリーの皆さん、いつも温かいご声援ありがとうございました。私はいつもサガン鳥栖の勝利を祈っています」 鳥栖は現在、17位の松本山雅FCや16位のジュビロ磐田と勝ち点で並ぶJ1リーグ5勝2分け12敗の最下位。20日に行われる次節、暫定4位に位置する鹿島アントラーズのホームに乗り込む。 2019.07.16 10:45 Tue
twitterfacebook
thumb

長崎、鳥栖から助っ人レンタル! ビクトル・イバルボが電撃加入

V・ファーレン長崎は16日、サガン鳥栖に所属する元コロンビア代表FWビクトル・イバルボ(29)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「32」に決定。期間は2019年12月31日までとなり、同期間中、鳥栖との全公式戦に出場できない。 コロンビア代表歴を持つビクトル・イバルボは、2017年3月にレンタルで鳥栖入り後、同年7月に完全移籍加入。だが、全治7カ月の重傷を負って以降、コンディションが整わず、今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ3試合、YBCルヴァンカップ2試合、天皇杯1試合1ゴールの成績を残すにとどまっている。本日16日から新チームに合流する同選手は移籍を受け、両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「V・ファーレン長崎のサポーターのみなさん、ビクトル イバルボです。V・ファーレン長崎に加入できて、とても嬉しく思います。J1昇格のためにベストを尽くしますので、ご声援よろしくお願いします」 ◆サガン鳥栖 「先日の天皇杯、チームメートとサッカーができてとても嬉しかったですし、私たちのスタジアムでまたゴールを決めることができて、本当に幸せでした。サポーターの皆さん、本当にありがとうございました!」 「今まで長かったリハビリの時も、私にとってあなたたちの応援はとても素晴らしいものでした。今から新しいチャレンジをしてきます。またトップのコンディションに戻るために、いつもサガン鳥栖への思いを忘れずに頑張ってきます」 1年でのJ1復帰を目指す長崎は現在、J2リーグ9勝4分け9敗の10位。20日に行われる次節、6位のヴァンフォーレ甲府をホームに迎え撃つ。 2019.07.16 10:30 Tue
twitterfacebook
thumb

“川崎Fの逸材”U-20日本代表FW宮代大聖が武者修行! 山口にレンタル

レノファ山口FCは16日、川崎フロンターレに所属するU-20日本代表FW宮代大聖(19)の期限付き移籍加入を発表した。背番号は「38」に決定。移籍期間は2020年1月31日までとなり、同期間中、川崎Fとの全公式戦に出場できない。 川崎F下部組織出身の宮代は、2018年にトップチームとプロ契約を結び、クラブ史上初の高校生Jリーガーに。今年5月にポーランドで行われたU-20ワールドカップ(W杯)の代表に呼ばれ、2得点を挙げる活躍を見せたが、川崎Fで出場機会に恵まれず、ここまで公式戦で出番がなかった。 本日16日から新チームに合流する宮代は移籍決定を受け、両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆レノファ山口FC 「こんにちは。はじめまして。川崎フロンターレからきました宮代大聖です。J1昇格に向けてチームの勝利に少しでも貢献できように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆川崎フロンターレ 「この度、レノファ山口に期限付き移籍することになりました。再び戻ってきた時、等々力のピッチで成長した姿を見せれるように全力で頑張ってきます‼引き続き応援よろしくお願いします」 山口は現在、7勝5分け10敗の15位。20日に行われる次節、12位のアルビレックス新潟をホームに迎え撃つ。 2019.07.16 09:35 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース