甲府、MF小椋祥平の契約更新を発表! 「昨年はJ1昇格という目標を達成できなかった」2019.01.12 15:10 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
ヴァンフォーレ甲府は12日、MF小椋祥平(33)が2019シーズンの契約を更新したことを発表した。小椋は、2017年にガンバ大阪から甲府に加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグ23試合2ゴール、天皇杯2試合の出場を記録した。

小椋は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆MF小椋祥平
「ヴァンフォーレ甲府のファン、サポーターの皆様、発表が遅くなりすみません。 2019年もよろしくお願いします」

「昨年は、J1昇格という目標を達成できなかった事、そして自分自身のケガもあり、納得のいくシーズンには出来なかったです。今年は、なんとしても去年の悔しさをぶつけ、気持ちあるプレーでチームの勝利に貢献したいです」

「また、こうふ開府500年という節目の年に、ヴァンフォーレ甲府でプレー出来る事はとても光栄な事で、僕らもJ1に昇格する年にしたいと思います。選手や、クラブスタッフは当然ですが、クラブを支えていただいてるサポーターの皆様、そして山梨県全体が一体となるようなシーズンにしていきましょう」
コメント
関連ニュース
thumb

J2リーグ4位の甲府、6得点のドゥドゥが離脱…全治約4週間

ヴァンフォーレ甲府は18日、ブラジル人FWドゥドゥの戦線離脱を発表した。 ドゥドゥは8日に行われた明治安田生命J2リーグ第17節のモンテディオ山形戦で負傷。左大胸筋損傷Ⅱ度の診断を受け、全治4週間の見込みだ。アビスパ福岡から復帰した今シーズンはここまでJ2リーグ17試合6得点だった。 甲府は現在、8勝6分け4敗の4位。22日に行われる次節、3試合ぶりの勝利を目指して10位に位置するFC琉球のホームに乗り込む。 2019.06.18 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府、新潟撃破で暫定2位浮上! 首位・水戸は山口に敗れる《J2》

明治安田生命J2リーグ第16節の4試合が6月1日に各地で行われた。 デンカビッグスワンスタジアムで行われたアルビレックス新潟vsヴァンフォーレ甲府は、2-0で甲府が勝利した。 15位・新潟(勝ち点17)と4位・甲府(勝ち点26)の川中島ダービーは12分に動く。右サイドの曾根田のクロスをファーサイドのドゥドゥがヘディングで折り返すと、最後はゴール前のウタカが頭で押し込み、甲府が先制に成功する。 1点リードで試合を折り返した甲府は54分、ボックス右でDFと入れ替わった曾根田のグランダーのクロスをゴール前のドゥドゥが右足で合わせてリードを広げる。 その後、あわやPKというシーンでヒヤリとさせられた甲府は、相手のフランシスに最後まで苦しめられたがGK河田の活躍で猛攻を耐え凌ぎ2-0で勝利。暫定2位に浮上している。 ケーズデンキスタジアム水戸で行われた首位・水戸ホーリーホック(勝ち点30)vs21位・レノファ山口(勝ち点12)は、1-0で山口が勝利。ゴールレスで迎えた71分、敵陣中央左からのFKを一度撥ね返された山口は、二次攻撃で三幸が味方のスルーパスでボックス右に侵入しふわりとしたクロスを供給。これを頭で合わせた菊池のゴールが決勝点となり山口が金星を挙げた。 ◆明治安田生命J2リーグ第16節 ▽6/1日(土) アルビレックス新潟 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンフォーレ甲府</span> FC岐阜 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 柏レイソル</span> 水戸ホーリーホック 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 レノファ山口FC</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 1</span>-0 愛媛FC ▽6/2日(日) 《13:05》 アビスパ福岡 vs 大宮アルディージャ 《14:00》 東京ヴェルディ vs 京都サンガF.C. 横浜FC vs FC琉球 ツエーゲン金沢 vs 徳島ヴォルティス 《16:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs V・ファーレン長崎 FC町田ゼルビア vs 栃木SC 2019.06.01 20:45 Sat
twitterfacebook
thumb

シンガポール代表、新指揮官に柏や甲府を指揮した吉田達磨氏を招へい!

シンガポールサッカー協会(FAS)は30日、同代表の新指揮官に吉田達磨氏(44)を招へいしたことを発表した。契約期間は2年間で2年間の延長オプションが付随している。 吉田監督は、現役時代に柏レイソルや京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)、モンテディオ山形、ジュロンFC(シンガポール)でプレー。引退後は柏の下部組織のコーチや監督を歴任し、ネルシーニョ監督(現ヴィッセル神戸監督)の後任として2015年にトップチームの監督に就任した。 しかし、1シーズンを指揮して柏を退団すると、2016年にはアルビレックス新潟の監督を務めていたが、同年9月に成績不振で解任。2017年からはヴァンフォーレ甲府の指揮官を務めていたが、同年4月に退任していた。 吉田監督は、FASの公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「ここに座っていられることを私はとても幸せに感じている」 「この機会は私にとって非常に良い挑戦であり、大きなチャンスだと思っている。今回の仕事が簡単ではないことは認識しています。だけど、私は自分の能力を信じています。私はシンガポールのサッカーが国際舞台でさらなる高みで成功を収められると思っています」 2019.05.30 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府、立正大学のDF中塩大貴が来季加入内定「お世話になった方々に恩返しを」

ヴァンフォーレ甲府は24日、立正大学のDF中塩大貴(21)が2020シーズンより加入することが内定したことを発表した。 埼玉県出身の左利きのセンターバックである中塩は、浦和レッズのジュニアユース、ユースを経て2016年に立正大学に進学している。 今回の来季加入内定を受けて、中塩はクラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「来季からヴァンフォーレ甲府に加入することになりました中塩大貴です。このヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブでプロキャリアをスタートできることにとても感謝しております」 「私が1人の人間として成長していく上で育ててくれた家族や友人、指導者の方々がいなければ私はプロとしてスタートすることは出来なかったです。この方々に恩返しをすると同時に、甲府のファン・サポーターの皆様に認められるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.05.24 16:39 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、中央大学MF中村亮太朗の来季加入内定を発表

ヴァンフォーレ甲府は14日、中央大学に在学するMF中村亮太朗(21)の来シーズン加入内定を発表した。 新潟県出身の中村は2016年に新潟明訓高等学校から中央大学に進学した右利きのMF。甲府加入内定を受け、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 「来期からヴァンフォーレ甲府に加入することになりました中村亮太朗です。私が小さい頃からの夢であるプロのキャリアをヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブでスタートできることを嬉しく思います。 私がプロとしてスタートできるのは、家族や友人を始め、今まで出会った多くの方々の支えがあったからだと強く感じています。これから甲府という地で私の大好きなサッカーで活躍し、成長した姿を多くの方々に届けられるように日々精進していきます。どうぞ応援よろしくお願いします」 2019.05.14 18:20 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース