大分DF竹内彬が讃岐に完全移籍 昨季期限付き加入2019.01.12 14:56 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
カマタマーレ讃岐は12日、大分トリニータから期限付き移籍で加入していたDF竹内彬(35)が完全移籍することを発表した。竹内は2017年に名古屋グランパスから大分に加入。昨シーズン途中から期限付き移籍で讃岐に加わり、明治安田生命J2リーグ14試合に出場していた。

竹内は、両クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆カマタマーレ讃岐
「今シーズンもカマタマーレ讃岐でプレーさせて頂きます。J2に戻る事だけを考えてサッカーに打ち込みたいと思います。より多くの香川県民の皆様にカマタマーレを認知して頂き、スタジアムに足を運んで頂ける様に全力でプレーします。応援宜しくお願いします! 」

◆大分トリニータ
「1年半、トリニータでプレーさせて頂き大変感謝しています。大分で生活した事、大銀ドームでプレーした事、人との出会い、全てが自分の財産になりました。ファン、サポーターの皆さんから頂いた声援、勝利の後の『大分よりの使者』は特別な物でした。J1の舞台で、積み上げてきたトリニータのサッカーを存分に発揮してトリニータ旋風を起こす事を願ってます。感謝しても感謝しきれない大分での時間、本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

京都、大宮、讃岐でプレーしたMF渡邉大剛が現役復帰! 神奈川県1部の品川CC横浜に加入

2018シーズン限りで現役引退を発表していたMF渡邉大剛(34)が、神奈川県社会人サッカーリーグ1部の品川CC横浜に加入した。クラブが発表した。 渡邉は、長崎県出身で国見高校から2003年に京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)へ入団。2011年からは大宮アルディージャでプレー。2015年にはJ2リーグ優勝を経験している。 2016年1月にKリーグチャレンジ(現Kリーグ2)の釜山アイパークへと移籍すると、同年7月にカマタマーレ讃岐へと完全移籍。2シーズン半プレーし、2018シーズン限りで現役を引退していた。 J1では通算214試合に出場し16ゴール、J2では通算183試合にs出場し8ゴールを記録。リーグカップでは37試合出場3ゴール、天皇杯では22試合に出場し2ゴールを記録していた。 なお、実弟のFW渡邉千真はガンバ大阪でプレーし、渡邉三城はY.S.C.C.横浜でプレーし2016年限りで現役を退いていた。渡邉はクラブを通じてコメントしている。 「この度、品川CCに加入させていただく事になりました渡邉大剛です」 「吉田GM、新井強化部長にお会いしクラブの理念をお聞きした時にすごく共感したと同時に自分のセカンドキャリアにおいてチャレンジしたい気持ちが芽生えました」 「平日はビジネスマン、土日はサッカー選手というところをチームとして体現し、チームの目標達成のために自分の持てる力を発揮し、チームと共に自身も成長していけたらと思います。応援よろしくお願いします」 なお、試合には8月を目安に出場する予定となっている。 2019.07.11 12:30 Thu
twitterfacebook
thumb

天皇杯が開幕! J3・2位の讃岐はPK戦、群馬は延長戦で薄氷の勝利《第99回天皇杯》

25日、第99回天皇杯1回戦の9試合が全国各地で行われた。 都道府県予選を勝ち抜いてきたチームが戦う1回戦。明治安田生命J3リーグを戦うチームも登場した。 J3で2位につけるカマタマーレ讃岐は、松江シティFCと対戦。松江シティFCに主導権を握られると、2-1で迎えた73分に赤星雄祐のゴールで同点に。2-2で延長戦に突入すると、延長戦でもゴールが生まれすにPK戦に突入する。そして迎えたPK戦、 また、ザスパクサツ群馬は埼玉県代表の東京国際大学と対戦。90分間をゴールレスで終え延長戦に突入した。迎えた延長後半11分に髙澤優也が値千金のゴール。このゴールを守り切り、群馬が2回戦に駒を進めた。 その他、ヴァンラーレ八戸は栃木シティFCと対戦し、中村太一、須藤貴郁のゴールで0-2で勝利し2回戦に駒を進めた。 また、Jリーグ入りを目指す福島県代表のいわきFCは、仙台大学と対戦。15分に金大生のゴールで先制するも、その後に得点を奪い合うと、82分に岩渕弘人に逆転ゴールを許し、2-3で敗れた。 26日には、1回戦の15試合が開催。J3の7チームが登場する他、元日本代表FW高原直泰の沖縄SVも登場する。 ◆天皇杯1回戦 ▽5月25日(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ホンダロック(宮崎) 5</span>-1 FC徳島(徳島) 【ホンダ】 吉村康平(前8) 米良知記(前21) 坂本翔(前45+2) 米良知記(後3) 當瀬泰祐(後43) 【徳島】 中峯正博(後22) 栃木シティFC(栃木) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ヴァンラーレ八戸(青森)</span> 【八戸】 中村太一(前34) 須藤貴郁(後35) 松江シティFC(島根) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2</span>(2 PK <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4</span>) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐(香川)</span> 【松江】 佐藤啓志郎(前8) 中井栞吏(前28) 【讃岐】 渡辺悠雅(前13) 赤星雄祐(後28) 福井ユナイテッドFC(福井) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 Honda FC(静岡)</span> 【福井】 山田雄太(前4) 金村賢志郎(前37) 【Honda】 佐々木俊輝(後13) 古橋達弥(後24) 佐々木俊輝(後39) 遠野大弥(後45+2) いわきFC(福島) 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 仙台大学(宮城)</span> 【いわき】 金大生(前15) OG(後10) 【仙台大】 人見大地(後4) 嵯峨理久(後13) 岩渕弘人(後37) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルテリーヴォ和歌山(和歌山) 3</span>-0 佐賀LIXIL FC(佐賀) 【和歌山】 安川常聖(前20) 宮下周歩(後37) 宮下周歩(後43) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬(群馬) 1</span>-0 東京国際大学(埼玉) 【群馬】 高澤優也(延後11) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">桐蔭横浜大学(神奈川) 8</span>-0 山形大学医学部(山形) 【桐蔭横浜】 下村司(前17) 岩下航(前42) 杉山雄太(前43) 山田新(後15) 松本幹太(後21) イサカ・ゼイン(後26) 山田新(後27) 山田新(後45+2) MIOびわこ滋賀(滋賀) 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 FC大阪(大阪)</span> 【大阪】 川西誠(後32) 須ノ又諭(後41) ▽5月26日(日) ブラウブリッツ秋田(秋田) vs 明治大学(東京) AC長野パルセイロ(長野) vs 新潟医療福祉大学(新潟) ブリオベッカ浦安(千葉) vs 法政大学 ヴィアティン三重(三重) vs 関西学院大学(兵庫) MD長崎(長崎) vs 高知ユナイテッドSC(高知) 北海道教育大学岩見沢校(北海道) vs 流通経済大学(茨城) 奈良クラブ(奈良) vs 立命館大学(京都) 松山大学(愛媛) vs 沖縄SV(沖縄) ガイナーレ鳥取(鳥取) vs 環太平洋大学(岡山) ギラヴァンツ北九州 vs 徳山大学 岐阜協立大学(岐阜) vs 北陸大学(石川) ロアッソ熊本(熊本) vs ヴェルスパ大)(大)) いわてグルージャ盛岡(岩手) vs 山梨学院大学ペガサス(山梨) カターレ富山(富山) vs FC刈谷(愛知) SRC広島(広島) vs 鹿屋体育大学(鹿児島) 2019.05.25 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

讃岐と北九州の頂上決戦は痛み分け! C大阪U-23は3発快勝で3位浮上《J3》

明治安田生命J3リーグ第9節の7試合が19日に各地で行われた。 Pikaraスタジアムで行われたカマタマーレ讃岐vsギラヴァンツ北九州は、1-1の引き分けに終わった。 2位・讃岐(勝ち点17)が首位・北九州(勝ち点17)をホームに迎えた頂上決戦。先にスコアを動かしたのはホームチーム。21分、ボックス右からのクロスをゴール前にいた中村がダイレクトシュートを放つ。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球を再び中村がシュート。またしても相手DFに当たってしまうが、今度はゴールにゴールに吸い込まれた。 追いかける展開となった讃岐は36分、敵陣中央左サイドの新井がアーリークロスを入れると、ファーサイドのディサロが折り返す。ゴール前の池元が反応するもシュートを打つことができない。それでも、こぼれ球に反応した川上が左足で押し込んで同点に追いついた。 後半は北九州がペースを握り、讃岐ゴールを脅かし続けるも決定力を欠き、逆転することはできず。試合は1-1で終了し、勝ち点1を分け合う結果となった。 また、いわぎんスタジアムで行われた7位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点13)と4位・セレッソ大阪U-23(勝ち点14)の一戦は、山田の今シーズン5点目などで、3-1でC大阪U-23が勝利。3位に浮上している。 ◆明治安田生命J3リーグ第9節 ▽5/19日(日) ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アスルクラロ沼津</span> いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 セレッソ大阪U-23</span> ブラウブリッツ秋田 0-0 FC東京U-23 福島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 AC長野パルセイロ</span> Y.S.C.C.横浜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 SC相模原</span> カマタマーレ讃岐 1-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 3</span>-2 ガイナーレ鳥取 ▽5/18(土) 藤枝MYFC 1-1 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-1 ガンバ大阪U-23 2019.05.19 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

藤枝との上位対決制した讃岐が2位浮上! 北九州は首位返り咲き《J3》

明治安田生命J3リーグ第8節の7試合が5日に各地で開催された。 Pikaraスタジアムで行われたカマタマーレ讃岐vs藤枝MYFCは、2-1で讃岐が勝利した。 4位・讃岐(勝ち点14)が首位・藤枝(勝ち点16)をホームに迎え入れた上位対決。試合は後半開始早々にホームチームが決定機を迎え、ボックス中央手前で獲得したFKのチャンスからキッカーの重松が放ったシュートが弧を描き、ゴール右に吸い込まれた。 勢いに乗る讃岐は50分、クリアボールをバイタルエリア中央で拾った池谷が胸トラップから右足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、リードを広げた。 2点ビハインドの藤枝は試合終了間際に出岡の右CKからファーサイドの谷口が折り返すと、ゴール前の岩渕がプッシュ。1点を返してみせる。 だが、その直後に試合終了。勝利した讃岐が2試合ぶりの勝利で2位に浮上した一方で、敗れた藤枝は首位から陥落した。 ミクニワールドスタジアム北九州で行われた3位・ギラヴァンツ北九州(勝ち点14)vs14位・ザスパクサツ群馬(勝ち点8)は、45分に生まれた岡村のゴールを守り切り、1-0で北九州が勝利。首位に浮上した。 ◆明治安田生命J3リーグ第8節 ▽5月5日(日) 福島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 2</span>-1 藤枝MYFC カターレ富山 1-1 アスルクラロ沼津 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京U-23 2</span>-0 セレッソ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪U-23 3</span>-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 1</span>-0 ヴァンラーレ八戸 ▽5/4(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 2</span>-1 Y.S.C.C.横浜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 2</span>-0 SC相模原 2019.05.05 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J7クラブを渡り歩いたブラジル人DFアレックスが現役引退! 古巣徳島ユースのコーチに

徳島ヴォルティスは1日、2018シーズン限りでカマタマーレ讃岐を退団していたブラジル人DFアレックス(35)の現役引退ならびに徳島ヴォルティスユースのアシスタントコーチ就任を発表した。 母国クルゼイロでプロデビュー後、2002年に川崎フロンターレに加入し、Jクラブでのキャリアをスタートしたアレックス。その後、アビスパ福岡、柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉、鹿島アントラーズ、徳島、讃岐と7つのJクラブを渡り歩いた。 2017年に加入した讃岐では昨シーズンの明治安田生命J2リーグで35試合に出場するなど主力として活躍も、チームは同シーズンにJ3降格。昨年11月には契約満了に伴いクラブを後にし、この度スパイクを脱ぐ決断を下した。 なお、Jリーグにおける通算成績はJ1で通算142試合出場し9ゴール、J2では351試合出場で50ゴールを記録。J2通算出場数は外国人選手歴代1位となり、全カテゴリーでは歴代2位の数字となっている。 2012年から20116年まで所属した古巣徳島のユースのアシスタントコーチ就任に際してアレックスは、以下のようなコメントを残している。 「 このたび、現役引退をし、徳島ヴォルティスユースのアシスタントコーチに就任することとなりました。これまでお世話になったクラブ、ファン・サポーターの皆様、そして家族には本当に感謝しています」 「サッカーを「クラブ」と考えるとアカデミー、トップチームは一つだと思います。私は徳島ヴォルティスユースのアシスタントコーチとしてクラブのために全力を尽くすことを約束します。徳島に帰ってこれて本当に嬉しく思いますし、徳島ヴォルティスが昇格した時のことが自分にとって徳島での大事な思い出なので、またその瞬間が見られるように自分に出来ることを頑張っていきたいです」 また、自身がプレーする最後のクラブとなった讃岐の公式サイトでは以下のようなコメントを残している。 「プロサッカー選手として、20年近くプレーすることができ、小さい頃からの夢を叶える事ができました。まず神様に感謝しています。また、2002年から2018年までJリーグでプレーする事ができ、在籍した7クラブ、応援していただいたファン、サポーターの皆さまに感謝しています。サッカー選手を引退し、少し違った人生となりますが、まだサッカーに関わる仕事をするので、これからも応援よろしくお願いします。またどこかでお会いしましょう」 2019.04.01 15:15 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース