栃木、FWヴィニシウスら若手ブラジル人2名獲得! 2019.01.12 14:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
栃木SCは12日、ブラジル人FWヴィニシウス(22)がECヴィトーリア(ブラジル)から、ブラジル人DFジョナス(20)がECバイーア(ブラジル)から完全移籍加入することを発表した。フルミネンセの下部組織で育ったヴィニシウスは、フォルサ・ジョヴェンやCDフェイレンセなどブラジル国内のクラブを渡り歩きヴィトーリアに加入。一方、190cm80kgと体格に恵まれたジョナスは、バイーアの下部組織からトップチームに昇格し今回が初の移籍となる。

両選手はクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

◆FWヴィニシウス
「栃木SCへの加入は、私のキャリアにとって素晴らしい経験になると思っています。栃木という素晴らしいクラブの目標を達成する為に、一生懸命努力をしていきます。このような機会を与えていただいたクラブに感謝し、ファン・サポーターの皆様に良いパフォーマンスとゴールで喜びを与えられるように頑張ります」

◆DFジョナス
「栃木SCに加入することができ、大きな喜びと幸せを感じています。チームの一員として栃木のユニフォームを着ることに誇りを感じ、チームメイトと共に最大限の努力を尽くします。そして、このようなチャンスをいただいたことに感謝し、クラブの目標を達成できるよう頑張ります」
コメント
関連ニュース
thumb

残留争い中の20位・栃木がドイツからMF三宅海斗を逆輸入! 済州ユナイテッドからFWキム・ヒョンも獲得

栃木SCは1日、デュッセルドルフU-23からMF三宅海斗(21)が完全移籍で、済州ユナイテッドFCから元U-23韓国代表FWキム・ヒョン(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。なお、キム・ヒョンの期限付き移籍期間は2019年12月31日までとなる。 三宅は東福岡高校から鹿屋体育大学へと進学し、そのままドイツへ渡りデュッセルドルフのU-23チームへ入団。世代別の代表歴はないものの、高校サッカー選抜や大学選抜には選出された経験がある。 デュッセルドルフは、かつて大前元紀(現大宮アルディージャ)や金城ジャスティン俊樹(現ザスパクサツ群馬)、原口元気(ハノーファー)らが所属しており、2018-19シーズンまでは日本代表FW宇佐美貴史が所属。宇佐美は、7月からガンバ大阪へと復帰が決定していた。 キム・ヒョンは、全北現代モータースの下部組織で育ち、城南FCへのレンタル移籍を経て2014年1月に済州ユナイテッドFCへ移籍。その後も、城南FC、牙山ムグンファFCへのレンタル移籍を経験していた。 今シーズンはKリーグ1で2試合に出場。通算では、Kリーグ1で76試合に出場し9ゴール1アシストを記録している。 また、世代別の韓国代表を経験しており、2012年のAFC U-19選手権では優勝を経験。2013年のU-20ワールドカップにも出場していた。A代表の招集歴はない。両選手は、クラブを通じてコメントしている。 ◆MF三宅海斗 「栃木SCに関わる全ての皆さん、はじめまして!この度加入する事になりました三宅海斗です!」 「シーズン途中からの加入ではありますが、この栃木でサッカーをするという事に一人のサッカー選手としてやりがいを感じ、そして自分の『Football』を表現する為に僕はココに来ました」 「田坂監督に対して最大限のリスペクトを持ち、栃木で過ごす一日一日を楽しみながら、この栃木SCの良いスパイスになればと思います!勝つ為に!!闘いましょう!!」 ◆FWキム・ヒョン 「はじめまして。栃木SCへ加入する事になりましたキム・ヒョンと申します。 初めての海外移籍となりますが、チームの為に全力で努力し、自分の持ち味を最大限に発揮できるように日々邁進していきたいと思います。熱い応援をよろしくお願い致します」 なお、両選手ともに選手登録が完了次第、公式戦出場が可能となる。 2019.07.01 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

栃木、浦項から長身FWイ・レジュンを完全移籍で獲得

栃木SCは17日、浦項スティーラースから韓国人FWイ・レジュン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「42」に決定している。 イ・レジュンは、2016年1月に韓国の東莱高校から浦項に入団。昨シーズンは公式戦4試合に出場し、1アシストを記録している。身長192㎝、体重72㎏のセンターフォワードだ。 栃木への加入が決定したイ・レジュンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度栃木SCに加入する事になりましたイ・レジュンです。1日でも早く試合に出て、チームの勝利を皆さんに届けられるよう、そしてチームの目標を達成できるよう、一生懸命頑張ります。サポーターの皆さん、応援よろしくお願い致します!」 2019.05.17 15:35 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木、岩間雄大が重傷…全治最低7カ月

栃木SCは14日、MF岩間雄大の戦線離脱を発表した。 岩間は4月28日に行われた明治安田生命J2リーグ第11節のFC岐阜戦で右ヒザ前十字靭帯断裂のケガを負い、復帰まで約7〜8カ月を要する見込み。今シーズンのここまでJ2リーグ11試合に出場している状況だった。 栃木は現在、J2リーグ3勝4分け6敗の18位。18日に行われる次節、3位につける大宮アルディージャとのアウェイゲームに臨む。 2019.05.14 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

坂元達裕が躍動の山形が3連勝で首位浮上! 栃木は甲府戦初勝利で最下位脱出《J2》

12日、明治安田生命J2リーグ第13節の7試合が各地で行われた。 首位を窺う3位のモンテディオ山形(勝ち点24)と連勝を目指す15位のジェフユナイテッド千葉(勝ち点14)の一戦は、3-1で山形が勝利した。 ホームの山形は前節から2名変更。左ワイドに山田拓巳、1トップに阪野豊史を起用。ともに3試合ぶりの先発となった。対する千葉は前節と同じ11人を先発起用した。 試合は10分、前線の守備からクレーベが自分で持ち込むと強烈なシュート。しかし、これはGK櫛引の正面に飛ぶ。 山形も古巣対戦となった井出がボックス付近でキラーパスを連発。阪野、坂元がゴールに迫るが得点は奪えない。ゴールレスのまま前半が終わるかと思われた44分、最終ラインからのロングフィードに反応すると、クレーベが独走。最後は落ち着いて流し込み、アウェイの千葉が先制する。 迎えた後半、山形が力の差を見せる。60分、途中出場のジェフェルソン・バイアーノが坂元の折り返しを蹴り込んで山形が同点に追いつく。 さらに77分、左サイドを崩すと、ボックス左からの山田のクロスを、坂元がボックス中央でヘッド。これが決まり山形が逆転に成功。さらに86分には、坂元がボックス右から仕掛けると、ジェフェルソン・バイアーノシュート。こぼれ球を山田が無人のゴールに蹴り込み、リードを広げる。 結局その後は千葉に得点を許さず、3-1で今シーズン2度目の3連勝を飾った。 <hr>前節鹿児島ユナイテッドFCに敗れ、5戦未勝利の8位・柏レイソル(勝ち点19)は、ホームに12位・徳島ヴォルティス(勝ち点16)を迎え、1-0で勝利した。 柏はホームで徳島に5戦全勝。相性の良い相手に対し、立ち上がりから押し込む展開となる。3分、右サイドを攻略すると、クリスティアーノがボックス内からフリーでシュート。しかし、GK梶川にセーブされる。 4分には再び右サイドでクリスティアーノがボールを持つと、早めのクロス。ボックス中央でオルンガが頭で合わせるが、今度はクロスバーに嫌われる。 22分には相手のバックパスをカットし攻撃を組み立てると、左サイドからのクリスティアーノのクロスをオルンガが再びヘッド。今度は枠を外れる。26分にもオルンガは自分で持ち込み強烈なシュートを放つが、GK梶川がセーブする。 それでも45分、上島のフィードを受けたオルンガがクリスティアーノへパス。浮き球のパスに頭で合わせるも、GK梶川が横っ飛びでセーブ。しかし、こぼれ球をオルンガが蹴り込み、ついに先制する。 後半に入り徳島は58分にビッグチャンス。ボックス手前でパスを奪うと、押谷のパスを受けた清武がボックス内でGKと一対一に。しかし、シュートは飛び出した中村にセーブされ、同点とはならない。 73分にはゴールからやや離れた位置で得たFKから、清武がブレ球シュート。しかし、これもGK中村がセーブする。 1-0のまま迎えた94分、徳島は清武のスローからゴール前で混戦に。佐藤晃のヘッドは染谷が頭でクリア。こぼれ球をヨルディ・バイスがシュートも枠の外。結局柏が1-0で勝利し、6試合ぶりの白星。プレーオフ圏の5位に浮上した。 <hr> 最下位の栃木SC(勝ち点10)は、ホームに4位のヴァンフォーレ甲府(勝ち点20)を迎え、1-0で勝利。クラブ史上初の甲府戦勝利を記録し最下位を脱出した。 立ち上がりから甲府ペースで進んだ試合だったが、42分にボックス内に仕掛けた浜下が倒されPKを獲得。これを大黒がしっかりと決め、栃木が先制する。 後半も甲府に押し込まれる展開が続いたが、集中した守備で栃木が凌ぎ90分が終了。今季ホーム初勝利を挙げた。一方の甲府は今季初の連敗を喫しプレーオフ圏外の7位に転落した。 <hr>ナイトゲームでは2試合が開催。17位の愛媛FC(勝ち点12)と21位の鹿児島ユナイテッドFC(勝ち点11)の試合は、0-3でアウェイの鹿児島が勝利。J2で初の連勝、4戦無敗とした鹿児島にとって、この勝利はJ2でのアウェイ初勝利となった。 また、もう1試合の20位・FC岐阜(勝ち点11)と6位・ツエーゲン金沢(勝ち点16)の試合は2-3で金沢が勝利した。金沢が2点リードで迎えた55分に岐阜は元日本代表FW前田遼一を投入。するとファーストプレーで前田がゴール。さらに81分にもゴールを決め、岐阜は同点に追いつく。しかし、86分に金沢が途中出場のFW垣田裕暉がゴール前に詰めるとオウンゴルを誘発し勝ち越し。そのまま勝利した。なお、敗れた愛媛と岐阜が自動降格圏に転落した。 ◆明治安田生命J2リーグ第13節 ▽5/12(日) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">モンテディオ山形 3</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 横浜FC 1-1 FC町田ゼルビア <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 2</span>-1 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">柏レイソル 1</span>-0 徳島ヴォルティス <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 FC岐阜 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 ツエーゲン金沢</span> 愛媛FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 鹿児島ユナイテッドFC</span> ▽5/11(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 3</span>-2 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">東京ヴェルディ 3</span>-2 アビスパ福岡 レノファ山口FC 2-2 大宮アルディージャ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC琉球 1</span>-0 水戸ホーリーホック 2019.05.12 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

栃木SCのFW本庄竜大が東京ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍

栃木SCは9日、FW本庄竜大(19)が関東1部の東京ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2020年1月31日まで。 栃木下部組織出身の本庄は2018年にトップチーム昇格。昨シーズンは、東北1部リーグのブランデュー弘前FCに育成型期限付き移籍で加入し、プレーしていた。今シーズンは栃木に復帰したが、ここまで公式戦での出場はなかった。 東京ユナイテッドFCへの育成型期限付き移籍が決定した本庄は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆東京ユナイテッドFC 「栃木SCから育成型期限付移籍する事になりました本庄竜大です。チームの目標であるJFL昇格の為に全力でプレーします! 応援よろしくお願いします!」 ◆栃木SC 「この度、東京ユナイテッドFCに育成型期限付移籍する事になりました。この1年はとても大事な1年間だと考えています。来シーズン、成長した姿でグリスタを湧かせられるように頑張って来ます! そして今シーズンの栃木SCの事も、引き続き応援します!」 2019.04.09 11:00 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース