松本が新体制発表! 新加入DFエドゥアルドは「15」、FW永井龍は「11」に変更2019.01.12 14:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
松本山雅FCは12日、2019シーズンの選手背番号が決定したことを発表した。2018年の明治安田生命J2リーグで後半に調子を上げて初優勝&4年ぶりJ1昇格を勝ち取った松本。新たな挑戦を始める新シーズンに向けては、川崎フロンターレからDFエドゥアルドや、ジェフユナイテッド千葉で10番を背負っていたMF町田也真人を獲得した。

主な背番号では、エドゥアルドが「15」、町田は「25」を着用することに。また、FW永井龍が「38」→「11」に、DF今井智基が「50」→「5」に変更となった。

◆2019シーズン選手背番号
新加入:☆←(前所属)※移籍形態

GK
1.守田達弥
16.村山智彦
21.ゴドンミン
23.田中謙吾☆←(AC長野パルセイロ)※完全移籍

DF
2.浦田延尚
3.田中隼磨
4.飯田真輝
5.今井智基
15.エドゥアルド☆←(川崎フロンターレ)※完全移籍
18.當間建文
24.那須川将大☆←(大分トリニータ)※完全移籍
30.溝渕雄志☆←(ジェフユナイテッド千葉)※期限付き移籍
31.橋内優也
33.大野佑哉☆←(阪南大学)※新加入
34.ジョジヌ
42.高橋諒☆←(湘南ベルマーレ)※完全移籍
44.服部康平☆←(栃木SC)※完全移籍

MF
6.藤田息吹
8.セルジーニョ
13.中美慶哉
14.パウリーニョ
17.塚川孝輝☆←(ファジアーノ岡山)※完全移籍
20.杉本太郎☆←(鹿島アントラーズ)※完全移籍
22.米原秀亮☆←(ロアッソ熊本)※完全移籍
25.町田也真人☆←(ジェフユナイテッド千葉)※完全移籍
28.山本龍平☆←(四日市中央工業高校)※新加入
32.安東輝
35.宮阪政樹☆←(大分トリニータ)※復帰
47.岩上祐三

FW
7.前田大然
9.高崎寛之
11.永井龍
19.山本大貴
27.榎本樹☆←(前橋育英高校)※新加入
コメント
関連ニュース
thumb

松本のエース前田大然、ポルトガル1部のマリティモ移籍か

松本山雅FCに所属する日本代表FW前田大然(21)にポルトガル挑戦の可能性が高まっているという。ポルトガル『O Jogo』が報じた。 大阪府出身の前田は、2016年に山梨学院大学附属高校から入団した東京五輪世代の快速アタッカーで、2017年にレンタル移籍した水戸ホーリーホックでブレイク。2018年から松本に復帰した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ1得点(17試合出場)にとどまっているが、今年6月に行われたコパ・アメリカ2019でA代表デビューを果たして2試合に出場している。 その前田に対して、以前にバルセロナB加入の可能性がにわかに浮上したが、ここにきてプリメイラ・リーガ(1部)のマリティモ入りが有力的とのこと。買取オプションが付随したシーズンローンの契約でマリティモ移籍が見込まれているという。 マリティモは、マデイラ諸島に拠点を置く1910年創設のクラブ。かつて相馬崇人氏が所属したクラブで、昨シーズンは国内リーグ戦12勝3分け19敗の11位に終わっている。 2019.07.19 08:05 Fri
twitterfacebook
thumb

J1残留争いの松本に今夏2人目の新戦力! 山形から阪野豊史を獲得

松本山雅FCは16日、モンテディオ山形に所属するFW阪野豊史(29)の完全移籍加入を発表した。背番号「50」を着用する。 埼玉県出身の阪野は、浦和レッズユース、明治大学を経て、2013年に浦和入団。栃木SC、愛媛FCを渡り歩き、2017年に山形入りした。加入後は主力として活躍。チームがJ2優勝争いを繰り広げる今シーズンもここまで明治安田生命J2リーグ21試合に出場して、チームトップの7ゴールを記録している状況だった。移籍を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「松本山雅FCのファン・サポーターの皆様、はじめまして。大きな決意を持ってここに来ました。自分の持っている力を全て出し、松本山雅FCと共に成長していきたいと思います。一つでも多くの勝利をサポーターの皆様と分かち合えることを楽しみにしています。よろしくお願いします!」 ◆モンテディオ山形 「モンテディオのファン、サポーターの皆さまへ。はじめに2年半の間本当にありがとうございました。山形ではフロント、監督、スタッフ、最高のチームメイトに支えられて頑張ることが出来ました。そしてどんなときも背中を押してくれる皆様に大きな力をもらいました。ホームはもちろん、アウェイでも沢山の方に来て頂きました。初めて山形に来て、山形県民の地元愛とモンテディオを応援しようという強い気持ちに後押しされ、感動を受けたのを今でも覚えています」 「次にシーズン途中という大切な時期に、チームを離れることになってしまい大変申し訳ありません。大きな決断でしたが、自分で選んだ道を全力で走って行きたいと思います。山形県で生活をし、山形の温泉・自然・さくらんぼ・お肉・お米など数えきれないほどの良さを知り、この土地が大好きになりました。ここを離れるのはつらいですが、悔いが残らないよう、これからも頑張りたいと思います。山形で戦った108試合は僕の宝物です。山形で得たたくさんの経験を胸に今後のサッカー人生を戦って行きたいと思います」 J1昇格初年度の松本は現在、最下位のサガン鳥栖や16位のジュビロ磐田に勝ち点で並ぶ4勝5分け10敗の17位。松本にとって、阪野は柏レイソルから加入したDF高木利弥に続く2人目の今夏新戦力となる。 2019.07.16 09:05 Tue
twitterfacebook
thumb

松本が柏DF高木利弥を完全移籍で獲得「成長するために移籍という道を選びました」

松本山雅FCは15日、柏レイソルからDF高木利弥(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「39」。 2015年に神奈川大学からモンテディオ山形に加入し、プロキャリアをスタートさせた高木は、ジェフユナイテッド千葉を経て、2018年7月に柏に完全移籍。同年のシーズンは明治安田生命J1リーグに17試合、YBCルヴァンカップに3試合出場するなど、主力としてプレーしていたが、ネルシーニョ体制を迎えた今シーズンはJ2リーグでの出場はなく、ルヴァンカップ2試合の出場に留まっていた。 松本への完全移籍が決定した高木は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆松本山雅FC 「はじめまして。柏レイソルから加入することになりました高木利弥です。このクラブに加入できたことを嬉しく思います。自分の持っている力を全て出して、チームに貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いいたします」 ◆柏レイソル 「このたび、シーズン中のタイミングですが、移籍することになりました。日立台の雰囲気は特別なものがあり、最高でした。今回サッカー選手として成長するために移籍という道を選びました。1年間という短い期間でしたが、ありがとうございました」 2019.07.15 15:20 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田が裏天王山を制して最下位脱出! ロドリゲス弾で松本を退ける《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節の松本山雅FCvsジュビロ磐田が13日にサンプロ アルウィンで行われ、1-0で磐田が勝利した。 直近5試合で2分け3敗の17位・松本(勝ち点17)は、総得点ワーストの「10」と低迷。6試合ぶりの白星を目指す今節は、1-1で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同じ11人が先発に名を連ねた。 一方、ここまで最下位に沈む磐田(勝ち点14)は、鈴木秀人監督に交代したものの、前節の鹿島アントラーズに0-2の敗戦。鈴木体制3試合目となる今節は、森谷が10試ぶりに先発に起用された。 "裏天王山"となった試合は松本がボールを保持する展開になると、7分に宮阪の右CKからゴール前の飯田がフリック。最後はファーサイドに走り込んだ前田がスライディングで押し込んでゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で先制とはならない。 対する磐田は19分、ボックス付近で高橋祥平が森谷、上原との連続ワンツーでボックス右へ侵攻し、シュートを放つが、GK守田にブロックされる。直後に、ゴール前のアダイウトンがシュートに持ち込むが、松本DFにブロックされ、波状攻撃は実らない。 前半の半ばに推移していくにつれ、磐田がペースを掴む。松本も粘り強い守備で応戦し、決定的なシュートは打たせない。松本は、前半終了間際には宮坂の左CKからニアサイドの高崎がヘディングシュートを放ったが、ゴールライン上でクリアされ、ゴールレスで試合を折り返した。 ここまで我慢の時間が続いた磐田は58分、敵陣中央から仕掛けたアダイウトンがボックス右へ持ち運ぶと、タイミングを外してから右足でシュート。しかし、枠を捉えることができない。 ホームの歓声を受ける松本は68分、敵陣左サイドの深い位置から高橋諒がクロス。ゴール前の高崎が前方に落とし、最後はゴール前の前田が反応したが、枠を捉え切れない。さらに、69分には、GKカミンスキーのパスをカットした杉本が1人かわしてシュート。ボールは枠を捉えたものの、ゴールライン上で大井に頭でクリアされた。 長らくこう着状態が続いたが、磐田がスコアを動かす。85分、上原のスルーパスに反応した途中出場のロドリゲスが、ボックス右で対峙した今井と入れ替わり、ボックス右に侵攻。そのまま右足を振りぬくと、ゴール左へ突き刺さった。 試合終盤に先制した磐田がそのまま逃げ切り、1-0の完封勝利。鈴木体制でリーグ戦初白星を飾り、最下位を脱出した。敗れた松本は、またしても1点が遠く暫定ながら最下位に転落している。 2019.07.13 20:25 Sat
twitterfacebook
thumb

岐阜、今季松本加入のMF塚川孝輝を期限付き移籍で獲得「この決断を正しかったと思えるように」

FC岐阜は10日、松本山雅FCからMF塚川孝輝(24)を期限付き移籍で獲得したことを発表した。移籍期間は2020年1月まで。なお、同選手は松本と対戦する全ての公式戦に出場することができない。 塚川は2019年にファジアーノ岡山から松本に完全移籍。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグに3試合出場していた。 岐阜は公式サイトで塚川の特徴を「中盤とセンターバックでプレー可能な選手。ボール奪取に長け、切り替えが速く、攻守において起点となる」と説明している。 岐阜への期限付き移籍が決定した塚川は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆FC岐阜 「はじめまして。松本山雅FCから期限付き移籍で加入することになりました塚川孝輝です。覚悟を持ってきたので、それをピッチで表現できるように頑張ります。よろしくお願いします」 ◆松本山雅FC 「このたび、FC岐阜に期限付き移籍することになりました。今のチーム状況で山雅から出ることが正しいのかどうかを考えましたが、今の自分の力ではチームの力になることが難しいと思い、しっかり成長してもっとチームの力になれるようになり戻って来るという決断をしました。この決断を正しかったと思えるように努力し、結果を出して帰ってきます!」 2019.07.10 09:40 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース