ビエルサ、スパイ行為を認知 ランパードのダービーに偵察者を派遣2019.01.12 09:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督がスパイ派遣疑惑を認知した。イギリス『メトロ』が報じた。チャンピオンシップ(イングランド2部相当)首位のリーズは11日、フランク・ランパード監督率いる6位のダービー・カウンティと対戦。上位対決を制したリーズが首位の座を堅持した。

だが、リーズを巡っては試合前日、ダービーのトレーニングに関係者を派遣させた疑いが…。これを受け、イングランドサッカー協会(FA)が調査に乗り出したという。

ビエルサ監督はその件について問われると、次のようにコメント。謝罪こそしなかったものの、一連のスパイ行為を潔く認めた。

「リーズ・ユナイテッドの誰かであったことは事実だ。その責任は私にある。私にとって、合法かどうか、正しいかどうかなんて関係ない」

「昨日、ランパードと話をして、私にフェアプレールールを尊重していないと言った。それについて、我々は異なる観点を持っているが、大事なことはランパードとダービーの考えだ」

「責任は私にある。リーズに許可を得ることなく、やらせたからだ。正当性を主張するつもりはない。アルゼンチン代表を率いたW杯予選以来、こういったことをやらせてきた」

「我々はこういった行為を公にしていて、マスコミにも話す。一部の人間は不正行為だとみなしているが、その他の中にそうじゃないという考えを持つ人間もいる」
コメント
関連ニュース
thumb

リーズがビエルサ監督の契約延長OPを行使! ローマやジローナ行き噂も来季も残留

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するリーズ・ユナイテッドは28日、マルセロ・ビエルサ監督(63)との来シーズンの契約に関して1年間の延長オプションの行使を発表した。 昨シーズン、チャンピオンシップ13位のリーズは昨夏に“エル・ロコ(変人)”の異名を持つアルゼンチン人指揮官を招へい。 今季は持ち味のショートパス、マンツーマンディフェンスを主体とした独自のスタイルをチームに落とし込み、リーグ戦では自動昇格圏内にわずかに届かない3位でレギュラーシーズンを終えた。その後、プレミアリーグ昇格プレーオフ準決勝では6位のダービー・カウンティに敗れ、就任1年目での昇格を逃した。 また、シーズン途中には他クラブの練習施設にチームスタッフを派遣する“スパイ行為”が物議を醸し、逆にリーグ戦最終盤のアストン・ビラ戦では相手選手の負傷中に奪った自チームのゴールを正当とみなさず、相手にゴールを決めさせるフェアプレー精神を示すなど、多くの話題を提供していた。 今夏の去就に関しては新指揮官を探すローマやスペイン2部に降格したジローナ行きの可能性が報じられていたが、最終的にリーズ残留を選択した。 2019.05.28 23:18 Tue
twitterfacebook
thumb

リーズ指揮官ビエルサ、井手口陽介の完全売却にゴーサイン…投資額以上を要求

リーズ・ユナイテッドが日本代表MF井手口陽介(22)の売却に動くという。イギリス『Football Insider』が報じた。 井手口は昨夏、リーズからシーズンローンでグロイター・フュルトに加入。昨年9月に行われたブンデスリーガ2部第5節のホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを果たしたが、右ヒザ後十字じん帯断裂や半月板損傷の影響もあり、わずか7試合(1得点)の出場にとどまった。 事前の報道によれば、グロイター・フュルトが買取りに意欲的だが、リーズの要求額が高過ぎることで、交渉が暗礁に。そして、今回の続報によると、リーズもマルセロ・ビエルサ監督が首脳陣との協議の末、今夏の完全放出にゴーサインを出しているが、「相当な額」での売却を視野に入れている模様だ。 井手口は2018年1月にガンバ大阪から移籍金50万ポンド(現レートで約6900万円)でリーズに加入。あと3年間の契約を残している点や、代表歴を交渉材料として、獲得時に投じた額以上の移籍金で売却を目指しているとみられる。 来シーズンも引き続きヨーロッパでのプレーを希望しているとされる井手口。果たして、どこのユニフォームを来てプレーすることになるのだろうか。 2019.05.27 10:50 Mon
twitterfacebook
thumb

井手口陽介、リーズ復帰へ フュルトが高すぎて買い取れずか

来シーズンもグロイター・フュルトでプレーする可能性が熱を帯びた元日本代表MF井手口陽介(22)だが、一転して退団が既定路線だという。ドイツ『キッカー』が報じた。 井手口は昨夏、リーズ・ユナイテッドからシーズンローンで加入。昨年9月に行われたブンデスリーガ2部第5節のホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを果たしたが、右ヒザ後十字じん帯断裂や半月板損傷に見舞われ、6日に行われた第32節のケルン戦でようやく実戦復帰を果たした。 その井手口に関して、買取希望を持つグロイター・フュルトだが、リーズ・ユナイテッドの求める移籍金額が高額すぎるため、交渉が暗礁に。来シーズンも引き続きグロイター・フュルトでプレーする見通しだった井手口は、一転してリーズ・ユナイテッド復帰の可能性が高まった模様だ。 だが、リーズ・ユナイテッドに井手口の居場所はないのかもしれない。イギリス『HITC』によると、リーズ・ユナイテッドを率いるマルセロ・ビエルサ監督のなかで、井手口は昨夏の段階で構想外の選手。監督交代がない限り、井手口にプレー機会が巡ってくる可能性は極めて低いという。 なお、その井手口とリーズ・ユナイテッドの契約は2022年まで。来シーズンはどこのユニフォームを来てプレーすることになるのだろうか。 2019.05.17 07:55 Fri
twitterfacebook
thumb

やり過ぎ? プレミア昇格POでリーズ撃破のダービーが試合後に“スパイ”パフォーマンス

15日に行われたリーズ・ユナイテッド戦を勝利したダービー・カウンティの選手たちが試合後にマルセロ・ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄するパフォーマンスを見せた。イギリス『Caught offside』が伝えている。 15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ(3位)vsダービー(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。 敵地で行われた1stレグを0-1で落としていたダービーは、この試合でも先手を奪われる。それでも、マリオット、マウントのゴールで2戦合計スコアを2-2とし、アウェイゴール数で上回ると、その後もウィルソン、マリオットにゴールが生まれ、最終的に2戦合計3-4でアストン・ビラの待つ決勝進出を果たした。 同試合後、ダービーの選手たちはアウェイサポーターに向けて両手で丸の形を作り、双眼鏡のようにして覗き込むようなパフォーマンスを敢行した。 実はリーズとダービーの対戦では、今年1月に行われたリーグ戦の対戦前にビエルサ監督の指示でチームスタッフがダービーの練習場に偵察へ向かい、相手の練習を観察するスパイ行為が発覚。 後にビエルサ監督は自身の監督キャリアを通じて、常にそういった偵察行為を行い、今シーズンもダービー戦前に対戦したすべての対戦相手の練習場にチームスタッフを派遣していたことを認めていた。また、この問題を受けてリーズはイングランドフットボールリーグ(EFL)から罰金20万ポンド(約2800万円)を科されていた。 そして、その一件を受けて、ダービーの選手たちはビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄する今回のパフォーマンスを披露したのだ。 このパフォーマンスに関してはビエルサ監督の“スパイ”行為を快く思わない人たちを中心に風刺の利いた痛快なパフォーマンスだという好意的な反応があった。 一方、先日のアストン・ビラとの対戦で相手選手負傷時に自軍が奪ったゴールを正当と認めず、直後にわざと相手にゴールを決めさせるフェアプレイ精神を見せるなど、フットボールに対して真摯な態度を見せるビエルサ監督を揶揄する行為、激戦を演じた相手にそれも敵地でバカにするような行為を見せたことに不快感を示す反応もあり、やや物議を醸す一件となった。 ◆ビエルサ監督の“スパイ”行為を揶揄 https://twitter.com/RealCasuals/status/1128766913734217728 2019.05.16 17:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ランパード監督率いるダービーが大逆転! 来季プレミア挑戦権はチェルシーのレジェンド対決に《チャンピオンシップ》

15日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のプレミア昇格プレーオフ準決勝2ndレグのリーズ・ユナイテッド(3位)vsダービー・カウンティ(6位)が行われ、2-4でダービーが勝利。2戦合計3-4でダービーが決勝に駒を進めた。 1stレグを0-1で先勝していたリーズは、この試合でも先手を奪う。24分、左サイドで得たFKからクロスを送ると、誰も触らないボールが右ポストに跳ね返り、最後はダラスが決めて先制する。 2戦合計2-0とリードを許したダービーは、アウェイということもありリーズに押し込まれ続ける展開に。それでも45分、カウンターを仕掛けると浮き球の処理をGKとDFが被ってしまい、最後はマリオットが無人のゴールへ流し込み、ダービーが2戦合計2-1とする。 迎えた後半、早々にダービーが仕掛ける。46分、自陣からパスを繋ぎボックス内に侵入すると、最後はマウントが体勢を崩しながらもネットを揺らし2戦合計で2-2に。58分にはPKを獲得すると、ウィルソンが落ち着いて決め、ついに逆転に成功する。 逆転を許したリーズは62分、左サイドを崩すと、ボックス内左からダラスが技ありのゴールを決め、2戦合計で3-3の同点に。その後はリーズが猛攻を仕掛けて追加点を目指すが、決定機を作るもののなかなかゴールを奪えない。 さらにリーズには悪夢が続き、ベラルディが78分に2枚目のイエローカードをもらい退場。数的不利に陥る。するとダービーが息を吹き返し猛攻。85分に、ボール奪取からカウンター。最後はマリオットが落ち着いてネットを揺らし、2戦合計3-4とリードを奪う。結局そのまま試合は終了。白熱の対決はダービーが制し、アストンビラが待つ決勝へと駒を進めた。 ダービーの指揮を執るフランク・ランパード監督と、アストン・ビラでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏はチェルシーやイングランド代表で長年チームメイトとしてプレーした間柄。プレミアリーグでの成功を知る両者が、最後の昇格枠を懸けて対戦する。なお、昇格プレーオフ決勝は26日に行われる。 リーズ 2-4(AGG:3-4) ダービー 【リーズ】 ダラス(前24) ダラス(後17) 【ダービー】 マリオット(前45) マウント(後1) ウィルソン(後13) マリオット(後40) 2019.05.16 11:25 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース