小林祐希の同僚MFトルスビーがサンプドリアへ完全獲得! 今季は5ゴールをマーク2019.01.12 02:11 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアは11日、ヘーレンフェーンからノルウェー代表MFモーテン・トルスビー(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。母国ノルウェーのスターベクIFでのアカデミー出身のトルスビーは、2013年6月に弱冠17歳でプロデビュー。すると、2014年7月にへーレンフェーンへ移籍。

ヘーレンフェーンでは、加入初年度から出場機会を得ると在籍4年半で公式戦122試合に出場し13ゴール8アシストをマーク。今季もここまでエールディビジで12試合に出場し5ゴールを記録していた。

また、トルスビーはU-16からノルウェー代表を経験。18歳の頃からは飛び級でU-21代表に選出されるなど将来を嘱望されており、2017年11月にはフル代表デビューも飾っている。
コメント
関連ニュース
thumb

MF小林祐希、トリニダード・トバゴ戦自己評価は「収穫なし」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は6日、9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われるキリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル代表戦に向け、トレーニングを再開した。 トレーニング終了後、昨日のトリニダード・トバゴ戦で途中出場したMF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がメディア陣への取材に応対。同試合でゴールに関与することを目標にしていたことを明かし、自身に「収穫はなし」と厳しい評価を下した。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/3XQoF2oLnCc" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> </div> ◆MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ) ──自身が出場していた時としていない時の3バックシステムへの評価 「前半はみんな初めての中、探りながらやっていて良いシーンを作れていたと思います。個人としては、点に絡むところを目標にしていたので。うーん…収穫はなしですね」 ──最後のところだけという感じだったが 「どれだけ良いゲームをしても点を取れなくては勝てないですし、内容が悪くても点が取れれば勝てます。貪欲に点を取りにいくということを常に続けていった方が良いかなと思います。ただ、チャンスはたくさん作れていたので、あとは気迫ですね」 ──エルサルバドル代表戦に向けて 「もし自分が出るということになったら、後ろの役割が増えるので、その中で前へ前への意識も忘れずにやっていきたいと思います」 ──3バックシステムは3試合、4試合と続けて行けば良くなりそうか 「でも、たくさん試合を一緒にやったから良くなるでは間に合いません。代表活動はそんなに何回もある訳ではないので。1分、1分、速いスピードですり合わせて、90分の中で仕留めていく作業をしなくてはいけません。すり合わせというよりも、同じイメージを持って、今日から試合までの日が大事になると思います」 2019.06.06 17:17 Thu
twitterfacebook
thumb

MF小林祐希「進化した姿を見せられたら」《キリンチャレンジカップ》

日本代表は2日、5日に行われるトリニダード・トバゴ代表とのキリンチャレンジカップ2019に向けて、試合会場となる豊田スタジアムでトレーニングを実施した。 トレーニング終了後、MF小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)がメディア陣の取材に応対。今回のキリンチャレンジカップでは進化した姿を見せることを約束した。 ◆MF小林祐希 ──初対面の選手とは 「サッカー選手はパスを1本通せば、仲間なのでサッカーって良いなって思いました」 ──所属先が決まっていないが 「あまり所属先のことを気にせず、この2試合で自分ができることをやるということに照準を合わせてきてました。コンディションも良いし出場すれば、なにかできるかなと思います」 ──今回のテーマは 「『前へ前へ』といった心をもって、得点に絡めれれば良いですし、勢いを持って守備から攻撃ができればと思います。後ろの役割が増えるかもしれないですけど、前への意識を忘れないということを常に意識したいです」 ──前回の代表招集から変わったこと 「余裕ができました。初めて長い時間に出れたことで、やらなきゃいけないことも見つかったのでこの3カ月トレーニングを積んできました。進化した姿を見せられたらと思います」 2019.06.03 22:55 Mon
twitterfacebook
thumb

アヤックスが5シーズンぶり34度目のリーグ優勝で国内2冠を達成!《エールディビジ》

エールディビジ第33節の延期分の9試合が各地で行われた。 アヤックスがチャンピオンズリーグ(CL)準決勝に進出したことで延期となり、先週末に行われた最終節以降に行われることとなった第33節。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1ozn5say23ok11hnby1aqpcue6" async></script> </div> 現在首位に立つアヤックス(勝ち点83)は、アウェイでデ・フラーフスハップと対戦し、4-1で快勝した。大量失点での敗戦以外で優勝となるアヤックスは、37分にペナルティアーク手前でFKを獲得すると、ラッセ・シェーネが直接ゴール左へ突き刺した。 40分にエル・ジェブリのゴールで失点したアヤックスだったが、44分にドリブルでボックス左から侵入したジイェフの折り返しをタグリアフィコが流し込み、勝ち越しに成功した。 1点のリードで後半に入ったアヤックスは67分、F・デ・ヨングがボックス内でマツシワに倒されてPKを獲得。このPKをタディッチが確実に沈め、3点目。さらにアヤックスは、87分にも左サイドから持ち上がったタディッチがボックス左から豪快なシュートをゴールに突き刺し、試合を決定づける4点目を奪った。 結局、試合はそのまま4-1で終了。今季最終戦を勝利したアヤックスが、5シーズンぶり34度目のリーグ優勝を飾り、KNVBカップとの国内2冠を達成した。 日本代表MF堂安律とU-23日本代表DF板倉滉の所属するフローニンヘンは、アウェイでエメンと対戦し、0-1で敗戦した。堂安はフル出場、板倉はベンチ入りも出場機会はなかった。また、日本人MF小林祐希の所属するヘーレンフェーンは、アウェイでユトレヒトと対戦し、1-3で敗戦。小林は81分までプレーした。その他、日本人DF中山雄太の所属するズウォレは、アウェイでNACと対戦し、0-0の引き分けに終わった。中山はフル出場している。 2019.05.16 04:38 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス、今夏元神童・ウーデゴールの完全移籍での獲得を視野に?

アヤックスがレアル・マドリーからフィテッセにレンタル移籍しているノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴール(20)を動向を注視しているようだ。オランダ『De Telegraaf』が伝えている。 かつて"神童"と呼ばれたウーデゴールは、2015年1月に16歳でマドリーと6年契約を締結。しかし、各国のスターが揃うトップチームでは出場機会が得られず、2017-18シーズンには日本代表MF小林祐希も所属するヘーレンフェーンへ武者修行へ。今シーズンは、フィテッセに期限付き移籍で加わり、公式戦ここまで33試合で8ゴール9アシストをマークしている。 かねてよりウーデゴールに興味を抱いていることが伝えられていたアヤックスだが、今夏の完全移籍での獲得を視野に入れているという。しかし、アヤックスのスポーツディレクターを務めるマルク・オーフェルマルス氏は、マドリーが設定しているとされる移籍金2000万ユーロ(約25億円)には難色を示しているようだ。 昨年11月には「僕の目標は明確だよ。レアル・マドリーでプレーすることさ。そのためならなんだってするよ」とマドリーでの活躍を夢見てきたウーデゴールだが、果たして今夏、アヤックスに完全移籍することになるのだろうか。 2019.04.25 09:15 Thu
twitterfacebook
thumb

アヤックス、デ・リフト後釜確保? ヘーレンフェーンのU-19蘭代表DFを獲得

アヤックスは17日、ヘーレンフェーンに所属するU-19オランダ代表DFキク・ピーリー(18)を獲得したことを発表した。契約期間は2019年7月から2024年6月30日まで。 ヘーレンフェーン下部組織出身のピーリーは、2017年にトップチームデビュー。昨シーズンからすでにトップチームの主力に定着し、今シーズンはここまで公式戦31試合2ゴール3アシストを記録している。センターバックを本職としながら、左サイドバックもこなすことができるオランダの有望株だ。 アヤックスでは現在、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の退団が濃厚に。先日にはエリク・テン・ハグ監督が「デ・リフトがアヤックスに残る可能性はゼロだ。ノーチャンス」とも語っていた。今回のピーリー獲得でデ・リフト退団により現実味が帯びてきた。 2019.04.18 10:30 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース