フラメンゴ、インテルから元ブラジル代表FWガビゴルをレンタルで獲得! 昨季はサントスでリーグ得点王に輝く2019.01.12 01:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴは11日、インテルに所属する元ブラジル代表FW“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、ガビゴルの背番号は12に決定している。2016年夏にサントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍したガビゴルだが、なかなかチームフィットできずセリエAで9試合の出場にとどまると、昨シーズンにレンタルで加入したベンフィカでも出場機会はほとんどなく、2018年1月からは古巣のサントスへ武者修行に出ていた。

期待を大きく下回る形で昨冬に母国への復帰が決まったガビゴルだが、古巣サントスではリーグ戦35試合で18ゴールをマークし、リーグ得点王を獲得していた。

母国で輝きを取り戻したガビゴルには、ウェストハムが完全移籍での獲得を狙っていたが、労働許可証の問題で移籍は破談となっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク獲得難航のインテル、代替案はカバーニか

インテルが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)に注目しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 今夏にマンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(26)の獲得を目指しているインテル。6000万ユーロ(約72億6000万円)+1500万ユーロ(約18億1000万円)のボーナスという条件で3年払いのオファーを打診したが、8800万ユーロ(約106億5000万円)を要求するユナイテッドとの交渉は停滞している模様だ。 そこで、インテルはルカクの代替案として、カバーニを注視しているという。昨シーズンも公式戦22試合で23ゴール9アシストを記録したベテランFWの現行契約は2020年夏までとなっており、より安価で獲得できる可能性があるようだ。 また、インテルはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)にも目を光らせているとのこと。ジェコもカバーニ同様に2020年夏までの契約となっている。 2019.07.19 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

パルマ、買い取り義務付きレンタルでインテルFWカラモーを獲得

パルマは17日、インテルのU-21フランス代表FWヤン・カラモー(21)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は1300万ユーロ(約15億7000万円)とのことだ。 カラモーはカーンの下部組織出身のウイングを本職とするアタッカー。2016-17シーズンにトップチームへ昇格し、2017-18シーズンから買い取り義務付きでインテルへレンタル移籍。2018-19シーズンはレンタルでボルドーに加入しリーグ戦22試合で3得点という成績を残していた。 世代別フランス代表の常連で19歳にしてインテルと契約を結んだ俊英はパルマでさらなる飛躍を目指す。 なお、パルマは既にカラモーと2023年6月30日までの4年契約を結んでいるとのことだ。 2019.07.17 23:41 Wed
twitterfacebook
thumb

サッスオーロ、インテルから若手CBを買い取りOP付きのレンタルで獲得!

サッスオーロは17日、インテルからグアドループ人DFアンドリュー・グラヴィジョン(21)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 インテルの下部組織出身の188cmのセンターバックであるグラヴィジョンは、トップチームでの出場機会はなく、2017年夏に完全移籍したベネヴェントでセリエAデビュー。その後、2018年1月にペスカーラに完全移籍しセリエBの舞台で活躍をみせると、2019年1月にはインテルが買い戻し、そのままペスカーラにレンタルで放出。昨シーズンは公式戦31試合に出場していた。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、サッスオーロが来夏に買い取りオプションを行使する場合、900万ユーロ(約10億9000万円)を支払うことになる。 2019.07.17 22:38 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル、フリーのスタリッジに関心か

インテルがリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『tuttomercatoweb』が報じている 2013年冬にチェルシーからリバプールに加入したスタリッジは、加入当初こそ活躍したが、次第にケガによる離脱が散見され、チーム内の序列が低下。最終的にセネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの控えが定位置となり、契約満了の今シーズン限りでリバプールを退団していた。 そのスタリッジに対してボローニャも関心を示しているというが、アントニオ・コンテ監督が就任したインテルも注視。[3-5-2]のフォーメーションを採用する同監督は、攻撃のオプションを増やしたいと考えており、同選手の獲得に関心を示している模様だ。 2019.07.16 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユーベ、イカルディ獲得に有望株ケアン譲渡を考慮

インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)への関心が伝えられているユベントスが新たな作戦を練っているようだ。イタリア『fcinternews.it』が伝えている。 昨シーズンの騒動から今夏の退団の噂が絶えないイカルディ。クラブからの契約延長交渉を延期し続けたことが逆鱗に触れ、キャプテンマークの剥奪という事態に至った。クラブ陣営から完全に呆れられており、すでに戦力外とみなされていることが伝えられている。13日には、同選手がアジアツアーに参加しないことが公式発表され、移籍の噂はさらに熱を帯びてきている模様だ。 退団が確実視される中でも、イカルディ獲得には高額な移籍金と年俸がネックとなって簡単なオペレーションにはならないことが予想されている。そこで移籍先の最有力候補と見られるユベントスは、若手有望株のイタリア代表FWモイゼ・ケアン(19)の譲渡を考えているという。 2011年にトリノからユベントスの下部組織に移籍したケアンは2016年11月にトップチームデビューを果たした。昨季は公式戦17試合に出場し、セリエA第29節から32節の間に4試合連続ゴールを決めるなど鮮烈な印象を世間に植え付けた。 昨年11月にイタリア代表デビューした19歳の逸材にはレアル・マドリーからの関心も伝えられるなど、最も注目されている若手の一人だ。イカルディ売却は避けられないインテルにとって、将来有望なケアンを手中に出来るのは心強い。なお、ケアンの推定市場価格は2000万ユーロ(約24憶3600万円)程度のようだ。 2019.07.14 15:32 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース