フラメンゴ、インテルから元ブラジル代表FWガビゴルをレンタルで獲得! 昨季はサントスでリーグ得点王に輝く2019.01.12 01:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フラメンゴは11日、インテルに所属する元ブラジル代表FW“ガビゴル”ことガブリエウ・バルボサ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、ガビゴルの背番号は12に決定している。2016年夏にサントスから2950万ユーロ(当時のレートで約34億円)でインテルに完全移籍したガビゴルだが、なかなかチームフィットできずセリエAで9試合の出場にとどまると、昨シーズンにレンタルで加入したベンフィカでも出場機会はほとんどなく、2018年1月からは古巣のサントスへ武者修行に出ていた。

期待を大きく下回る形で昨冬に母国への復帰が決まったガビゴルだが、古巣サントスではリーグ戦35試合で18ゴールをマークし、リーグ得点王を獲得していた。

母国で輝きを取り戻したガビゴルには、ウェストハムが完全移籍での獲得を狙っていたが、労働許可証の問題で移籍は破談となっていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ベルギー代表指揮官、ルカク退団は「明らか」

ベルギー代表を指揮するロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWロメル・ルカクの去就に言及した。イギリス『talk SPORT』が伝えている。 公式戦45試合で15ゴールを挙げながらも、その不安定なプレーの方が目立ってしまった今シーズン。7500万ポンド(現レートで101億円)を支払って獲得したルカクも、現在では不可欠な存在ではないというのが大半の見方だ。 そんなルカクには、先日アントニオ・コンテ監督が就任したインテルが強い関心を見せている。本人もユナイテッドに未練はないとされる中、マルティネス監督がルカクの去就に言及。ベルギー『HLN』にこう語った。 「彼がマンチェスター・ユナイテッドを去らなければならないのは明らかだ。それは両者にとっていい結果になるだろう。今大切なのは、ルカクが幸せにプレーできるかどうかということだ」 また、ルカクもイタリア『メディアセット』に「コンテがインテルに行ったことは僕にとって良いことだ。彼は世界最高の監督だからね」と語り移籍を示唆。ルカクのイタリア行きの可能性は日に日に高まっている。 2019.06.19 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

40ゴールを確信? サッリが不遇イカルディの獲得を希望

ユベントスの新監督に就任したマウリツィオ・サッリ監督だが、インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)を要求しているようだ。イタリア『Sportitalia』が報じた。 チェルシーの指揮官を退任し、ユベントスと3年契約を結んだサッリ監督。新チームのメンバーには、以前からユベントスが獲得に興味を示しているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョス(25)の他に、ストライカーの獲得を求めているとのことだ。 イカルディは、シーズン途中にキャプテンを剥奪され、代理人であり妻であるワンダ・ナラの問題発言なども相まって、インテルに居場所がない状況。さらに、アントニオ・コンテ監督が就任したことで、その居場所は本格的になくなったと見られている。 イカルディには、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッド、そしてデイビッド・ベッカム氏が所有するマイアミFCも獲得を目指している中、サッリ監督がチームにイカルディ獲得を進言したという。 サッリ監督は、イカルディが40ゴールは決められると確信があるとのこと。自身の指導により復活させることができると見込んでいるようだが、果たしてフロント陣に受け入れられるだろうか。 2019.06.18 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル移籍噂のジャカ「連絡を取ったことは一度もない」、キャプテン就任も望む?

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(26)が自身の去就についてコメントした。アルバニア『GazetaOlle』が伝えた。 2016年7月にボルシアMGからアーセナルへと加入したジャカだが、今夏の移籍市場ではインテルが獲得に興味を示していると報じられている。 これらの報道では、ジャカも移籍に前向きとも報じられていたが、「僕は契約があと4年ある。昨年サインしたんだ。ここで幸せだし、家族も同じだ。それが最も重要なことだよ」と移籍を否定していた。 今シーズンはプレミアリーグで29試合に出場し4ゴール2アシストを記録。ヨーロッパリーグでも9試合に出場し3アシストを記録するなど、チームの準優勝に貢献していた。 シーズン終了後はスイス代表としてUEFAネーションズリーグの2試合を戦ったが、準決勝ではポルトガル代表に3-1で敗戦。3位決定戦ではイングランド代表にPK戦の末5-6で敗れていた。 試合後にも去就について問われていたジャカは改めて否定。フェイクニュースであることを主張した。 「それは新聞が書いていたことだけど、本当のことは何もない。僕はインテルと連絡を取ったことは一度もないよ。単なる憶測だね」 また、今シーズンはアーセナルでもキャプテンマークを巻いて試合に出場する機会が多かったジャカ。アーセナルには5人のキャプテンが居たが、元チェコ代表GKペトル・チェフが引退、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーはユベントスへと完全移籍。さらに、元ドイツ代表MFメスト・エジル、元フランス代表DFローラン・コシエルニーも今夏の退団が迫っているとされている。 ジャカはアーセナルでキャプテンになることを望んでいるとされており、公の場で話すこと以外は憶測になりそうだ。 2019.06.17 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー退団のケイヒル、新天地にイタリアが浮上?

今シーズン限りでチェルシーを退団した元イングランド代表DFギャリー・ケイヒル(33)だが、新天地はイタリアになるかもしれない。イタリア『Sport Mediaset』が報じた。 ケイヒルは、2012年1月にボルトンからチェルシーへと完全移籍で加入。引く手数多の中でチェルシー移籍を選択すると、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ、FAカップ、リーグカップと8つのタイトル獲得に貢献していた。 しかし、今シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で構想外となり、プレミアリーグで2試合、ヨーロッパリーグで4試合、EFLカップで2試合の出場にとどまり、今季限りでの退団が発表されていた。 そんなケイヒルだが、かつての恩師が獲得を望んでいるという。それがインテルのアントニオ・コンテ監督だ。 コンテ監督とは、2016-17シーズンから2シーズン仕事をし、チェルシーに新たに吹き込まれた3バックシステムで機能。2シーズンで公式戦86試合に出場し、8ゴール1アシストを記録していた。 インテルはミランダが今夏の退団が濃厚となっており、代役にケイヒルを獲得することを考慮しているとのこと。『Sport Mediaset』はアイデアレベルの段階であるとしながらも、十分考慮できるとしている。 イングランド国内クラブもケイヒルの獲得に動いているとされており、フリートランスファーでどこのクラブへと加入するのか注目が集まりそうだ。 2019.06.17 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ベッカム、イカルディに2020年MLS参戦のインテル・マイアミ加入をオファー?

デイビッド・ベッカム氏が共同オーナーを務めるインテル・マイアミが、インテルに所属するアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』がアルゼンチン『telam』を引用して伝えている。 昨年、ベッカム氏やソフトバンクの孫正義氏らが中心となって創設されたインテル・マイアミ。メジャーリーグ・サッカー(MLS)の25番目のクラブとして、2020年のリーグ参加が予定されており、初の公式戦に向けて大物プレーヤーの加入を目指している。 そのイカルディに、ベッカム氏が2020年のインテル・マイアミ加入を持ち掛けているようだ。 2013年7月にサンプドリアからインテルに加入したイカルディ。今シーズンは公式戦37試合で17ゴール5アシストを記録するなど、エースとして活躍したが、シーズン中には、妻で代理人のワンダ・ナラ氏が契約延長を長引かせたことによって、クラブの反感を買い、2月中旬にキャプテンをはく奪されたことも。その後、戦列を離れていたこともあり、クラブとの軋轢が指摘されていた。 それでもイカルディは先月、自身の公式インスタグラムで残留希望を公言。しかし、報道によれば、同選手はインテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督の来シーズンの計画に入っておらず、移籍の可能性もあると同メディアは見解を示している。 一部では、イカルディとワンダ・ナラ氏は、ユベントス以外への移籍は全て拒否しているとも伝えられているが、果たしてイカルディのアメリカ移籍は実現するのだろうか。 2019.06.15 13:55 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース