みんな~日本代表にばかり目を奪われてるとダメですよ【攻撃編】!? の巻/倉井史也のJリーグ2019.01.10 22:30 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
いやぁ、日本代表のエンターテイナーぶりが遺憾なく発揮されたトルクメニスタン戦でした。自らピンチを作り、最後はミスした選手が決めるって、まるで映画のよう! これで次のオマーン戦に勝てば、グループ1位でも2位でも選べるようになりますからね。2位のほうが移動や試合日程が楽だし、ホニャララな戦いをしてもポーランド戦があったから非難されるとは思わないし。そんな試合の裏、いやいや陰、いやいや、そんな試合を睨みながら、日本では着実にJクラブの補強が進んでるわけですけど、どこに選手獲得のポイントを置いてるかってのは数字で判断することができるんですよ。

まずは2018年の得点数
川 崎 57
横浜FM 56
清 水 56
名古屋 52
浦 和 51
鹿 島 50
札 幌 48
柏 47
広 島 47
神 戸 45
仙 台 44
G大阪 41
C大阪 39
FC東京 39
長 崎 39
湘 南 38
磐 田 35
鳥 栖 29

これだけ見ると、いやぁ川崎すごいな、鳥栖FWどうなってんだ、って思っちゃうかもしれないんです。でも、ここにシュート数という概念を持ち込んで、得点数をシュート数で割った「シュート決定率」を見てみると……。

清 水 17.2%
名古屋 16.6%
横浜FM 13.9%
仙 台 13.3%
浦 和 13.3%
鹿 島 13.1%
G大阪 12.8%
川 崎 12.6%
広 島 12.4%
長 崎 12.2%
神 戸 12.2%
FC東京 11.7%
柏 11.6%
湘 南 11.6%
札 幌 11.5%
鳥 栖 10.4%
磐 田 9.9%
C大阪 9.9%

ってことになるんですね。じゃあこれをどう見るかって言うと、シュート決定率が高いってのは、それだけ決定的なチャンスを作ってるってことなんです。これはほぼ、ペナルティエリアに進出してシュートを打ってるかどうかってことなんですね。

つまり、清水はペナルティエリアの中に入るまでシュート打たなすぎ。逆に下位のチームはペナルティエリアに進出する回数が少なすぎ、と言うこともできるんですよ。つまり清水はペナルティエリアの外からバンバンシュートを打てる選手を入れるといいかも! 得点数最下位の鳥栖はラストパスを出せる選手が必要かも! ってことかもしれないんですね。

こんな視点でじゃあどのチームがどういう選手を補強してるか見るとちょっと楽しい。でも、この分析とは違うタイプの選手を補強する場合ってのがあるんです。それは何でかって言いますと……あ、紙面が尽きてしまいました。ではまた次回……!!
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
コメント
関連ニュース
thumb

こんなにたくさん選手がいなくなって大丈夫なんですかというご質問にお答えして!? の巻/倉井史也のJリーグ

てかね、本当にシーズン途中で大丈夫なんですか? だって膨らんだ賞金を狙いに、前半戦で様子を見て、夏に戦力補強して終盤戦に向かうってことじゃないの? ところが今年のJリーグはやたらチームから出て行く人が多いんじゃないですか。18日現在で判明している移籍で、「入」のほうが「出」より多いって、湘南と松本ぐらい。あとはいなくなっちゃう選手のほうが多いんですよ。 これって、とりあえず抱えてスタートして強化費捻出のために移籍を使うってこと? にしても主力選手がいなくなるって、マイナスじゃないの? Jリーグが今、草刈場になってるってことですか? そんな中でもこの夏の大激震といえばG大阪。宇佐美貴史が戻ってきたのはうれしいニュースだったけど、今野泰幸、中村敬斗、藤本淳吾、ファン・ウィジョ、田中達也、オ・ジェソク、野田裕喜って、シーズン終わったとき並みに出してるでしょ? そもそも19節終了時に勝点23のG大阪が絞り込んで大丈夫なんですかっちゅうことなんですよ。監督の構想がちょっとでも狂ったときに助けてくれるベテランって、これから先に使い勝手がよくなる選手じゃないですか。 てなことで、19節終了時、勝点23だったチームが最終的にどうなったか過去のシーズンで調べてみましょ。 【2005年】 勝点23なし 【2006年】 横浜FM(9位)、名古屋(7位) 【2007年】 FC東京(12位) 【2008年】 大宮(12位)、清水(5位) 【2009年】 山形(15位) 【2010年】 勝点23なし 【2011年】 勝点23なし 【2012年】 勝点23なし 【2013年】 清水(9位) 【2014年】 勝点23なし 【2015年】 神戸(12位) 【2016年】 仙台(12位) 【2017年】 勝点23なし 【2018年】 勝点23なし なな、なんと。J1が18チーム構成になった2005年以降の14シーズンで、19節を終えて勝点23というチームがあったのは7年だけ!! しかもその7年とも勝点23を稼いでいたチームは優勝してない!! どころか降格もしてない!! つまりG大阪はこのままごゆるりとシーズンを終えられれば、無事来年もJ1ってことになってるんですよ。さすが知将、宮本恒靖監督。きっとこういう統計データももっていらっしゃるのでしょう。もしかしてこのコラムも読んでいたりして。それはないな。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.07.18 15:05 Thu
twitterfacebook
thumb

絶対的なエースがゴールを決めるってどういうことかというと!? の巻/倉井史也のJリーグ

ほれほれ、先週紹介したらちゃんと達成しちゃったでしょ!! 鹿島の通算500勝。おめでとう、鹿島!! ってことで、今週も達成されそうな記録を紹介していくよ。先週はチームの記録だったけど、今週は期待を込めてこんなデータを。 【J1通算出場】 金正也(仙台) 100試合まであと1試合 【J1通算得点】 小林悠(川崎) 100得点まであと1得点 豊田陽平(鳥栖)100得点まであと4得点 特に川崎ってアウェイのFC東京、多摩川クラシコでしょ。これはなかなか楽しみじゃないですか。で、小林がこの対戦でどれくらい活躍してるかを調べたわけですよ。小林が川崎に加入したのって2010年だから、そこからの戦績は……。 【2010年】 04月04日 川崎 2-1 FC東京 出場せず 11月20日 FC東京 1-2 川崎 出場せず 【2011年】 FC東京がJ2のため対戦なし 【2012年】 04月08日 川崎 0-1 FC東京 0得点・90分プレー 09月22日 FC東京 1-2 川崎 出場せず 【2013年】 04月27日 FC東京 2-0 川崎 0得点・90分プレー 08月10日 川崎 2-2 FC東京 出場せず 【2014年】 03月23日 FC東京 0-4 川崎 2得点・90分プレー 09月20日 川崎 0-0 FC東京 0得点・90分プレー 【2015年】 05月02日 FC東京 2-1 川崎 0得点・60分プレー 07月11日 川崎 2-0 FC東京 0得点・2分プレー 【2016年】 04月16日 FC東京 2-4 川崎 1得点・90分プレー 07月23日 川崎 1-0 FC東京 1得点・90分プレー 【2017年】 03月18日 FC東京 3-0 川崎 0得点・90分プレー 08月05日 川崎 1-1 FC東京 0得点・90分プレー 【2018年】 05月05日 川崎 0-2 FC東京 0得点・33分プレー 11月24日 FC東京 0-2 川崎 0得点・出場せず 【2019年】 02月23日 川崎 0-0 FC東京 0得点・90分プレー 07月14日 FC東京 ?-? 川崎 ってことで、なんと、とんでもないデーターが!! 2013年から2017年までの5年間はFC東京のホームが先だったのに、去年から川崎が先になっている!! じゃなくて。これまで小林がゴールしたら川崎は負けてないんですよ。ただし、過去17試合で90分出場したのは9試合。そのうち得点したのは3試合。まぁ90分出たら得点する確率が33パーセントって、野球だったらすごいと思うし、実際サッカーでもなかなかなもんなんですけど。 つまり、小林が記録を達成したら川崎が勝つってこと? あ、こんなこと言うとFC東京で絶好調の永井謙佑が燃えそうな気がするんだけど……。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.07.11 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

毎週いろんなデータを調べて来たんですけど!? の巻/倉井史也のJリーグ

そもそも毎週、いろんなデータを調べてこのコラムを書いてるわけなんだけど、まぁよく考えたらベーシックな記録って、Jリーグが毎週発表してくれてるんですよね。今週で言うとこんな感じ。 【Jリーグ全体】 ・J1通算2万2000ゴールまであと179点 【J1通算勝利数】 ・鹿島 通算500勝まであと1勝 【J1通算得点】 ・G大阪 通算1500得点まであと5得点 ・FC東京 通算850得点まであと6得点 ・湘南 通算550得点まであと5得点 ・鳥栖 通算300得点まであと2得点 【ホーム通算入場者数】 ・FC東京 リーグ戦通算800万人まであと3万5751人 ってことはですよ!! いやぁ、今週J1リーグの記録ラッシュ見たい!! で、やっぱり1501得点じゃなくて、1500得点で試合を終えると美しいじゃないですか。そうなるためには、 (1)鹿島が磐田を破って (2)FC東京の入場者数が3万5751人を超えて (3)んでもってFC東京 6-5 G大阪っていう激しい打ち合いになって (4)湘南がアウェイで名古屋に5点取って (5)鳥栖がアウェイで川崎から2点奪って (6)FC東京vsG大阪以外の試合は全部両チーム合計21得点 なんか、やっぱ記録作るって大変なのね。あ、それからこんなデータもあるんですよ。Jリーグの平均観客が一番上がるのは、そりゃやっぱり終盤に向けた11月以降なんだけど、じゃあ一番少ないのはいつかっていうと、例年4月なんですね。 で、そこから次第に観客数が増えるんだけど、今年は6月でちょっと落ちてるんですよ。これってやっぱり日本代表戦とかコパアメリカとかU-20ワールドカップとかトゥーロン国際大会とか一度にあって、みんな土日にヘロヘロだったってこと? なら例年並の盛り上がりをするってことになったら、こっからドバドバ入場者が増えるし、その盛り上がりでバカバカ点が入るってありえないですか? ってことはこの記録も達成……どれかはできたらいいなぁ。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.07.05 14:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップになかなか振り込みがない原稿料を見た!? の巻/倉井史也のJリーグ

原稿を書けども書けども入金されずって、この業界では時々ある事なんですけど、なんかリーグカップ戦を見てるとそんな気になったりするんですよ。だって優勝チームって1億5000万円の賞金が出るんだけど、2位は5000万円、3位は2000万円でしょ? そこまでに入んないと意味ないじゃん、みたいに見えちゃうのが困ったもんで。 だったら若手起用のチャンスにしたいけど、去年までは「Jリーグ規約第42条の補足基準」ってのがあって、直近の試合のうんちゃらかんちゃら的なシバリがあったんですよ。今年からなくなったんで、ちっとは改善されたかな? ってことで、去年と今年のルヴァンカップ直後のリーグ戦、勝敗ってどうだったか調べてみました。全チーム調べるとデータが膨大になりすぎるので、たぶんルヴァンカップに力を入れてただろうプレーオフに進出したチーム、2018年はグループステージって条件付けて。つーのも、去年はプレーオフの間に挟み込まれてたのが天皇杯だったんだよね。で、括弧の中は直近のルヴァンカップの結果です。 【2018年】☆はプライムステージ進出チーム ・仙台 △(△)△(△)●(○)●(●)●(○)○(○) ・浦和 △(○)●(●)○(△)△(○)△(○)△(○) ☆横浜FM ●(○)○(△)△(○)△(△)△(●)○(○) ☆湘南 △(○)●(●)○(●)△(△)●(○)○(○) ☆甲府(J2) △(○)○(○)△(●)△(△)○(○)○(●) ・磐田 ○(●)△(○)△(○)○(●)●(○)●(○) ☆G大阪 ●(●)△(○)●(○)○(●)△(○)△(●) ・神戸 △(△)○(○)○(○)○(○)○(●)○(△) ―――――――――――――――――――――――――― 【2019年】☆はプライムステージ進出チーム ☆札幌 ○(△)●(△)○(○)○(○)△(●)△(△)○(○)?(○) ・仙台 ●(○)●(○)●(○)○(△)○(△)●(△)○(●)?(○) ☆FC東京 ○(●)○(●)○(○)○(○)○(△)●(○)●(○)?(△) ・磐田 ●(○)●(○)●(○)●(●)●(○)●(●)●(●)?(●) ☆名古屋 ○(△)●(○)△(●)○(△)○(△)●(○)●(○)?(●) ☆G大阪 ●(●)○(○)●(△)●(○)●(○)△(△)○(○)?(●) ・C大阪 ●(●)●(△)●(○)△(○)○(△)○(○)○(●)?(△) ・長崎(J2) ●(○)●(△)○(△)△(●)○(●)○(○)●(●)?(○) ってことで、ルヴァンカップで○だったチームが次のリーグ戦でどうだったかって、2018年は勝ちが8回、負けが7回、引き分けが10回。そして2019年が勝ちが9回、負けが16回、引き分けが1回。まぁ言えるのは、引き分けが減って勝敗がつきやすくなってますね、ってことぐらい。 逆にルヴァンカップで負けた後って、2018年は勝ちが6回、負けが4回、引き分けが3回で、2019年は勝ちが5回、負けが6回、引き分けが3回と、ほぼ同じ程度の出現数なのです。 そう考えると、磐田、名古屋、G大阪のほうが今週は期待できるかも。あ、つまりプライムステージに進出し、勝敗がどうにでもなりそうなG大阪が今週の勝ち組ってことで!! <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.06.27 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

やっぱりCWCあるのかよってことで今年も急きょ注目を集めてるわけですが!? の巻/倉井史也のJリーグ

世間の目はコパアメリカに注がれたりしてるんですけど、ACLも決勝トーナメントに入ったわけですが。本当だったら今年からACLはACLで完結することになってたのに、いきなり大陸王者だけのクラブワールドカップが復活しちゃったもんだから、これはやっぱり日本チームにがんばってほしいと思うわけですよ。その意味では広島と鹿島が潰し合いをやってるってちょっと寂しくないですか。 それにこれだけタイトな日程だと、海外に行ったり来たりも大変だし。するとACL直前にJリーグで対戦する相手って、ちょっといろいろわかってくださいよって感じです。 ちゅうことで、リーグ戦とACLの結果の関連性について調べてみましょ!! まずは今年のデータからで、【】内がACLの結果です。 ・鹿島 ー【○】、△【○】、○【△】、○【○】、○【●】、○【●】、○【○】、○【●】 ・浦和 ー【ー】、●【○】、○【△】、●【●】、○【●】、●【○】、●【○】、○【●】 ・広島 ー【△】、△【●】、○【○】、○【○】、●【○】、●【○】、●【○】、○【●】 ・川崎 ー【ー】、△【●】、△【○】、△【●】、○【△】、○【△】、△【○】 いやぁ、やっぱり直前のリーグの影響って、すごくないですか。リーグ、ACLともに白星って、今季の29パターンのうち4回、出現率で言うと14パーセントしかないわけですよ。 ここで「あれ?」って思った人、大正解です。なぜなら今週末、ACLに出場したチームはすべてお休み!! ってことは疲労を考えなくていい!! 実はそれって浦和の対戦相手、蔚山現代も一緒なんですけどね。ということで、疲労を考えなくていいんです。 では、次にお休みの後のチームの勝敗を考えてみましょう。今季、リーグがお休みになったのは3月と6月の日本代表の戦のとき。3月26日の代表戦、6月9日の代表戦の次の試合ってどうだったかというと……。 ・鹿島 △、○ ・浦和 △、○ ・広島 ○、○ ・川崎 ○、△ おお、やっぱり休養十分だと強いじゃないですか。てことから浮かび上がってくるのは、やっぱりACLの前ってもうちょっと休ませてもいいんじゃね? ってことなんですよ。この際、木曜開催とかどうでしょ? いや、水曜開催とか……とか、どんどん早くなってったりして、野球みたいに連日サッカーが見られるってのもいいと思うんですけどね。はい。 おっと、今週末のJリーグのこと書くの忘れてました。今週記録がかかってるのは、金正也(仙台)、天野純(横浜FM)、六平光成(清水)の3人。通算100試合まであと1試合ってことで、負傷中の金正也は微妙だけど、あとの2人は達成しそう。ということで、ファンのみなさんはゲーフラお忘れなく!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2019.06.21 14:00 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース