レーティング: 日本 3-2 トルクメニスタン《AFCアジアカップ2019》2019.01.09 21:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表(FIFAランキング50位)は、9日にUAEのアルナヒヤーン・スタジアムで行われたAFCアジアカップ2019グループF第1節に臨み、トルクメニスタン代表(同127位)に3-2で勝利した。 超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽日本代表採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
12 権田修一 4.0
失点シーンは対応に難あり。素晴らしいシュートではあったが防げないものではなかった。さらにPK献上で2失点…

DF
19 酒井宏樹 4.5
常に高いポジショニングをとっていたが、そのせいで背後を狙われることも少なくなかった

22 吉田麻也 5.0
この試合の中では平均点以上の結果を出した。粘り強い守備で失点を防ぐシーンもあったが、期待値はもっと高い

20 槙野智章 4.5
若干まだ地に足付いていない印象。前半にはマークを外してしまいあわやという場面も

5 長友佑都 5.0
左サイドからの攻撃シーンが多くなる中で、常に前方の原口をサポート。大迫の2点目をアシストした。

MF
7 柴崎岳 4.0
崩しのアイデアがなくただパスを回していただけという印象

16 冨安健洋 5.0
セカンドボールを拾いつつ、ミドルシュートやクロスでサポート

21 堂安律 5.5
不用意なバックパスが失点に繋がってしまったが、チームの3点目を決めて汚名返上

9 南野拓実 5.0
最も狭いスペースでのプレーだったためか、相手のマークもありなかなかボールを収めることができなかった

(→北川航也 4.5)
余計なプレーからボールを奪われたことでPK献上の事態に。その後のプレーでも挽回することは叶わず

8 原口元気 4.5
負傷離脱した中島とは違うアクセントになったが、ほとんど効果的なプレーは見せられなかった。1アシストも評価は上がらず

FW
15 大迫勇也 6.0
後半の2得点で逆転に導いた。相手のミスにも助けられたが、現日本代表エースという風格を感じさせた

監督
森保一 5.0
予想以上に苦しめられた。何とか勝利したが、課題が多く残る試合だった
コメント
関連ニュース
thumb

エースFW上田のハットトリックなどでブラジル撃破の日本が2大会連続7度目のユニバーシアード制覇!!

ユニバーシアード日本代表は14日、第30回ユニバーシアード夏季競技大会のブラジル戦を行い、4-1で快勝した。この結果、日本が2大会連続7度目のユニバーシアード優勝を飾った。 コパ・アメリカでフル代表デビューした上田綺世(法政大学)や川崎フロンターレへの入団が内定している旗手怜央(順天堂大学)、三笘薫(筑波大学)、北海道コンサドーレ札幌への入団が内定している田中駿汰(大阪体育大学)らが先発した日本は、試合の主導権を握りながらもフィニッシュの精度を欠き、前半をゴールレスで終了する。 後半も立ち上がりから主導権を握る日本は55分、ドリブルで仕掛けた三笘がボックス内でレゼンデに倒されてPKを獲得。このプレーで2枚目のイエローカードを受けたレゼンデが退場処分となった。 数的有利となった日本は、上田がPKをゴール右に決め、待望の先制点を奪う。さらに64分にも、山本悠樹からのスルーパスに抜け出した上田がゴール前まで侵攻し、左足のシュートをゴール右に突き刺した。 リードを広げた日本は70分、三笘の左クロスをニアに走り込んだ旗手がワントラップから素早く左足を振り抜くと、相手GKの股下を抜いたシュートがゴールネットを揺らした。 その後、ブラジルに1点を返された日本だが82分、山本のパスでボックス右に抜け出した上田がダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺し、ハットトリックを達成。 結局、試合はそのまま4-1で終了。上田のハットトリックなどでブラジルに快勝した日本が、2大会連続7度目のユニバーシアード優勝を決めた。 日本 4-1 ブラジル 【日本】 上田綺世(後11[PK]) 上田綺世(後19) 旗手怜央(後25) 上田綺世(後37) 【ブラジル】 E・ルイス(後33) ◆ブラジル戦出場メンバー GK:阿部航斗 DF:中村帆高、山川哲史(→84分 角田涼太朗)、田中駿汰、山原怜音 MF:紺野和也(→86分 金子拓郎)、山本悠樹、高嶺朋樹、三笘薫 FW:上田綺世、旗手怜央 2019.07.14 05:56 Sun
twitterfacebook
thumb

日本は欧州王者オランダと同組! 10月開幕《U-17W杯》

U-17ワールドカップ(W杯)の組み合わせが決定した。 今年10月26日にブラジルで開幕するU-17W杯。AFC U-16選手権王者の日本代表は6回目の出場となる今大会、欧州王者のオランダ代表や、北中米カリブ海予選2位のアメリカ代表、ギニア代表の規定違反で代替出場のセネガル代表と同居のグループDに入った。 過去最高位ベスト8以上の成績を目指す日本は、10月27日にオランダと大会初戦。その後、アメリカ(同月30日)、セネガル(11月2日)と続く。グループステージは4チーム総当り戦。各組2位以上と、各組3位の上位4カ国が決勝トーナメントに進む。 ◆組み合わせ 【A】 ブラジル カナダ ニュージーランド アンゴラ 【B】 ナイジェリア ハンガリー エクアドル オーストラリア 【C】 韓国 ハイチ フランス チリ 【D】 アメリカ セネガル 日本 オランダ 【E】 スペイン アルゼンチン タジキスタン カメルーン 【F】 ソロモン諸島 イタリア パラグアイ メキシコ 2019.07.12 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

柴崎岳、公式SNS開設…真野恵里菜との2ショット公開

ヘタフェに所属する日本代表MF柴崎岳が11日、『インスタグラム(official_gaku)』と『ツイッター(@GakuShibasaki_)』の公式アカウントを開設した。 柴崎は2017年1月に鹿島アントラーズから海外挑戦。テネリフェを経て、2017-18シーズンからヘタフェに加わった。だが、昨シーズンは公式戦9試合に出場したのみ。今夏移籍の見方が浮上している。 記念すべき初投稿は、いずれも先日に挙式を行ったという女優として活躍する妻の真野恵里菜さんとのツーショット写真。2人は昨年7月16日、同月に結婚したことを発表した。 柴崎はツイッターを通じて、「いつも応援してくださる皆様へ。先日、妻と挙式を行いました。自分が思った以上に素晴らしい式となり、やってよかったと思いました。これからもよろしくお願い致します。柴崎岳」と綴っている。 ◆インスタグラム<div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Bzx0USqHYJr/" data-instgrm-version="12" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/BzT3B_sg64E/" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div></a> <p style=" margin:8px 0 0 0; padding:0 4px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/BzT3B_sg64E/" style=" color:#000; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none; word-wrap:break-word;" target="_blank">Dj D Studgie D and @luccidapoochie yeah he has an account it wasn’t my shout</a></p> <p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/danielsturridge/" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px;" target="_blank"> Daniel Sturridge - Dstudge</a>さん(@danielsturridge)がシェアした投稿 - <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2019-06-29T22:23:47+00:00">2019年 6月月29日午後3時23分PDT</time></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> ◆ツイッター<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_">@GakuShibasaki_</a> is this Lucci ? <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_/status/1149310636343492613">pic.twitter.com/By4uZVzAEK</a></p>&mdash; KILLA FAME (@KILLAFAME) <a href="https://twitter.com/GakuShibasaki_/status/1149310636343492613?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年7月11日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.12 07:50 Fri
twitterfacebook
thumb

連覇を目指す日本、ユニバーシアードが無料生配信!

イタリア・ナポリで行われているユニバーシアード。日本も参加している今大会の準決勝2試合、決勝が無料で生配信&見逃し配信される。 日本は、コパ・アメリカに日本代表して出場した上田綺世(法政大学)やFC東京への入団が内定している紺野和也(法政大学)、川崎フロンターレへの入団が内定している旗手怜央(順天堂大学)、三笘薫(筑波大学)などを擁している。 今大会が最後のサッカー競技開催となるユニバーシアードで、連覇を目指す日本は、初戦でアルゼンチン(3-0○)、第2戦でロシア(4-1○)を下して連勝。準々決勝では韓国を2-0で下し、ベスト4に進出。ベスト4では、開催国であるイタリアと対戦する。 日本vsイタリアの他、ロシアvsブラジルの準決勝も生配信。3位決定戦、決勝も配信される。 前回大会に続き、2年連続7度目の優勝を目指す日本の試合をチェックしよう! 【視聴方法】 1: Olympic Channelトップページ <a href="https://www.olympicchannel.com/ja" target="_blank">https://www.olympicchannel.com/ja/</a> ページ上部に「〇本配信中」という赤いバーが表示されますので、そちらをクリックいただき、ライブ配信ページにアクセスください。 2:ユニバーシアードのイベントページ <a href="https://www.olympicchannel.com/ja/events/detail/2019-30th-summer-universiade-napoli/" target="_blank">https://www.olympicchannel.com/ja/events/detail/2019-30th-summer-universiade-napoli/</a> 配信開始時刻になりましたら、イベントページにライブ配信ページへのリンクが表示されます。そちらをクリックいただき、ライブ配信ページにアクセスください。 【試合・配信日程】(いずれも日本時間) ▽7月11日(木) 24時キックオフ 男子サッカー準決勝第1試合 ロシアvsブラジル ※11日23:46より配信開始予定、見逃し配信ありの予定 ▽7月11日(木) 28時キックオフ 男子サッカー準決勝第2試合 日本vsイタリア ※27:46より配信開始予定、見逃し配信ありの予定 ▽7月14日(日) 24時キックオフ 男子サッカー3位決定戦 ※13日23:46より配信開始予定、見逃し配信ありの予定 ▽7月14日(日) 28時KO 男子サッカー決勝 ※27:46より配信開始予定、見逃し配信ありの予定 ◆ユニバーシアード日本代表 GK 12.阿部航斗(筑波大学) 1.オビ・パウエルオビンナ(流通経済大学) DF 4.田中駿汰(大阪体育大学) 2.中村帆高(明治大学) 5.山川哲史(筑波大学) 15.本村武揚(流通経済大学) 3.山原怜音(筑波大学) 17.角田涼太朗(筑波大学) MF 8.森下龍矢(明治大学) 7.三笘薫(筑波大学) 14.紺野和也(法政大学) 11.金子拓郎日本大学) 18.山本悠樹(関西学院大学) 6.高嶺朋樹(筑波大学) 16.明本考浩(国士舘大学) 20.児玉駿斗(東海学園大学) FW 19.林大地(大阪体育大学) 10.旗手怜央(順天堂大学) 13.小柏剛(明治大学) 9.上田綺世(法政大学) 2019.07.11 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

中島翔哉の恩師が語るドリブラーが育たない理由/六川亨の日本サッカー見聞録

中島翔哉のポルト移籍は今週月曜のコラムでも触れた。彼には新天地で活躍して欲しいところだが、中島のポルト移籍に驚いている人がいる。J2富山時代に監督として指導し、FC東京でもコーチ・監督として練習後のシュート練習に付き合った安間貴義氏だ。 開口一番、「CL(チャンピオンズリーグ)でも上位に勝ち進める可能性のあるチームですよ」と驚きつつ、「本音を言えばポルトではなくベンフィカに行って欲しかった」と残念がった。 安間氏は今年で50歳を迎える。サッカーファンとしては“オールド”の部類に入るだろう。その年代のサッカー関係者からすれば、ポルトは“新興チーム”であり、やはりポルトガルといえば“黒豹”のニックネームで親しまれ、1966年イングランドW杯で得点王となったエウゼビオ擁するベンフィカ・リスボンの方が親しみやすいからだ。 そんな安間氏が中島や、FC東京U-23監督時代に指導した久保建英の凄さについて、次のように説明してくれた。 「普通、ドリブラーに対しての守備は、顔が上を向いている状態、いわゆるヘッドアップしているときは周囲の状況を把握しているためアタックに行くなと言います。そしてボールを見ているとき、ヘッドダウンしているときは視野も狭いためアタックしろと言います。しかしショウヤやタケフサら天性のドリブラーは、ヘッドダウンしていても周囲にいる敵の気配を敏感に感じられるので対処できるのです」 だからこそ、正対するマーカーだけでなくサイドからアタックに来たDFなど3人の敵に囲まれても切り抜けることができるという。 そして日本人指導者の問題点も指摘した。中島のような“相手を剥がせる”ドリブラーは、日本代表では1980年代に活躍した金田喜稔氏や木村和司(元々は右ウイングだった)以降、なかなかいなかった。 一時期は静岡学園や野洲高校がドリブルにこだわる指導で名選手を輩出し、乾貴士がロシアW杯で活躍したのは記憶に新しいところだろう。 安間氏いわく、「ドリブラーを養成するには、指導者がドリブラーとしての経験がないと、なかなか教えられません」と断言する。 そこで現役時代にドリブラーではなかった指導者は、「早くパスをつなぐことを奨励する傾向が強い」(安間氏)そうだ。 ここらあたり、つい最近まで“個で勝負”するのではなく、“組織で勝負”する日本サッカーの弊害かもしれない。そして、それに輪を掛けたのがバルセロナのポジションセッション・スタイルではないだろうか。 バルサの「チキタカ」がもてはやされた時代もあったが、それでもメッシはドリブル突破で状況を打開したし、高速ドリブルのベイルもレアルの大きな武器だ。 中島の活躍により“ドリブラー”の重要性にスポットライトが浴び、第2第3の中島を育成しようとする指導者が現れるのかどうか。今度機会があったら関塚隆技術委員長に育成について聞いてみたいと思う。 2019.07.11 18:00 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース