ソラーリ、ソシエダ戦途中に帰宅のベイルに怒り? 「ロッカールームの中で解決すべき問題」2019.01.09 14:03 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーを率いるサンティアゴ・ソラーリ監督がレアル・ソシエダ戦での行動が物議を醸したウェールズ代表MFガレス・ベイルに関して言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。レアル・マドリーは6日、サンティアゴ・ベルナベウで行われたリーガエスパニョーラ第18節でソシエダとホームで対戦し、0-2で敗戦した。

同試合ではややマドリーに不利な判定が大きな話題となったが、ケガでスタンド観戦となったベイルの行動も物議を醸した。

前節のビジャレアル戦でふくらはぎを痛めたベイルは2019年ホーム開幕戦となったソシエダ戦をスタンドから観戦。その際にチームが数的不利を背負いながらも必死の反撃を試みていた78分過ぎに席を立ち、帰宅の途についたことが現地メディアによって確認されていた。

そして、勝ち点奪取のため懸命に戦う仲間を見限って先に帰宅した可能性が指摘されるベイルに対してはマドリディスタを中心に非難の声が挙がっていた。

公式会見の場でそのベイルに関する質問を受けたソラーリ監督は、「ベイルがベルナベウを(試合途中に)去ったという事実に関してはロッカールームの中で解決すべき問題だ」とコメントした。

公の場でベイルを非難することは避けたソラーリ監督だが、早期帰宅の理由に関する説明や今回の行動を擁護するような姿勢は見せておらず、内心は同選手に対して怒っているのかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

レアル・マドリー、今季女子プリメーラに昇格したCDタコンの買収合意を発表

レアル・マドリーは25日、理事会でプリメーラ・ディビシオン・フェメニーナ(女子リーガ・エスパニョーラ1部)に所属するクラブ・デポルティーボ(CD)タコンの女子サッカー部門を2020年7月から吸収統合することで合意に至ったと発表した。 なお、次回のソシオ(クラブ会員)評議会で同意を得られれば、正式決定となる。 また、マドリーは両クラブのコラボレーションプロジェクトとして、CDタコンが2019-20シーズンの練習と試合をマドリーの練習場である“シウダー・レアル・マドリッド”で行うと併せて発表している。 プリメーラ・ディビシオン・フェミニーナでは、バルセロナやアトレチコ・マドリードといった強豪クラブが女子チームを保有。2チームの対戦では、6万739人が観戦に訪れ、女子サッカー史上最多の観客動員を記録するなどブームになりつつある。 2019.06.26 04:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バジャドリー、レアル・マドリーBから若手FWをレンタル! 3選手と契約更新

バジャドリーは25日、レアル・マドリー・カスティージャからスペイン人FWホルヘ・デ・フルートス(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 2018年にラージョ・マハダオンダからカスティージャに加入したデ・フルートスは、スピードと両足のキック精度に長けたアタッカー。今シーズンは右ウイングを主戦場に左ウイング、センターフォワードでもプレーし、セグンダB(スペイン3部)で35試合に出場し7ゴール5アシストの数字を残していた。 また、バジャドリーは同日、スペイン人DFキコ・オリバス(30)とスペイン人MFミチェル(30)、スペイン人DFロベルト・コラル(21)の3選手との契約更新を発表した。 レギュラーセンターバックとしてリーグ戦35試合に出場したキコは2022年、同じく主力MFとしてリーグ戦35試合に出場したミチェルは2020年、リザーブチームの主力を担う若手左サイドバックのコラルは2022年までの契約にサインしている。 2019.06.26 03:31 Wed
twitterfacebook
thumb

MF久保建英が総括…「世界を相手に戦いたいと強く思える大会だった」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。南米勢との真剣勝負の舞台を振り返り、「世界を相手に戦いたいと強く思える大会」になったと総括した。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「成長というよりは自分の現在を知ることだったり、持っているものを普段とは違う相手を前にしても出せるっているのを再確認できたことが良かったです」 ──コパ・アメリカでの経験をどう活かしたいか 「一概には言えないです。でもやはり世界を相手に戦いたいなと強く思えるような大会だったのは確かです」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1dxqi00z82lqv1wuppoj7hua15" async></script> </div> 2019.06.25 18:17 Tue
twitterfacebook
thumb

MF久保建英、内容にはポジティブも結果を悔やむ「非常にもったいない」《コパ・アメリカ》

日本時間25日(現地時間24日)、コパ・アメリカ2019 グループC最終節のエクアドル代表vs日本代表が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、日本は2分け1敗でグループリーグ敗退となった。 試合後、MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン)がDAZNのインタビューに応対。試合を振り返り、内容に関してはポジティブに捉えるも、「勝ち点1しか持ち帰れなかったのはもったいない」と結果を悔やんだ。 ◆MF久保建英(レアル・マドリー/スペイン) 「チャンスがあった中で、勝ち点1しか持ち帰れなかったのは非常にもったいないと思います。結果的に引き分けているので、得点力不足とか色々と言われると思いますし、自分たちはできるだけのものは出した中で、今日は引き分けてしまいましたけど、内容も自分たちが押している時間も多かったですし、やれるっていうことは見せることができただけに自分個人としては、すごく悔しいものがあります」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=8tstoy53tlxx1bhuomyovd5a7" async></script> </div> 2019.06.25 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

宙ぶらりんのコバチッチ、来季はどこのクラブへ?

レアル・マドリーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(25)の来季の所属クラブがいまだに不透明な状況だ。スペイン『アス』が伝えた。 コバチッチは今季チェルシーへとレンタル移籍をし、中盤の準レギュラーとしてリーグ戦32試合、ヨーロッパリーグ(EL)12試合に出場。チェルシーのEL制覇に貢献した。そんな中同選手を保有するマドリーは売却先の選定に急いでいるようだ。 今夏でのコバチッチの売却を模索するマドリーは移籍金として5000万ユーロ(約61億円)を希望している。ただ、今季レンタル先のチェルシーはマウリツィオ・サッリ監督のユベントス監督就任に伴う後任の選定に苦心しており、同選手含め補強選手の決定も現時点でままならない状況で6月30日までには処遇について決めたいとしている。 そして当のコバチッチ本人は「チェルシーで来シーズンも継続してプレーしても構わない」と語っている。また以前の所属先であるインテルへの移籍も頭の中にあるようで「(同クラブへ)戻ることも嫌ではない」と話すなどイタリア復帰もありそうだ。 25歳にしてチャンピオンズリーグ(CL)優勝やワールドカップ準優勝など輝かしいキャリアを持つコバチッチ。勝ち方を知ったプレーヤーが来季どこでプレーする事になるのか…注目が集まる。 2019.06.25 14:11 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース