ボカ・ジュニアーズ、パラグアイ代表DFを獲得! 今季途中まではリールからセルタにレンタル2019.01.08 14:03 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボカ・ジュニアーズは7日、リールからパラグアイ代表DFフニオール・アロンソ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2020年6月までの1年半となる。母国のセロ・ポルテーニョでプロキャリアをスタートしたアロンソはセンターバックと左サイドバックを主戦場とする左利きのDF。2017年1月に加入したリールでは昨シーズンのリーグ戦34試合に出場し2ゴールを挙げていた。また、2013年にデビューしたパラグアイ代表ではここまで18試合に出場し1ゴールを記録している。

昨夏にはセビージャに旅立ったスペイン人DFセルジ・ゴメスの後釜としてセルタに1年間のレンタル移籍で加入し、シーズン序盤はリーグ戦9試合に出場。しかし、監督交代をキッカケに昨年10月半ば以降、出場機会はなかった。そして、リールとセルタは双方合意の下でレンタル契約を解消していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ボカ・ジュニアーズ、ベンフィカからサルビオを獲得! 9年ぶりの母国帰還に

ボカ・ジュニアーズは18日、ベンフィカからアルゼンチン代表MFエドゥアルド・サルビオ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。 2008年にアルゼンチンのラヌースでキャリアをスタートさせたサルビオは、2010年1月にアトレティコ・マドリーに移籍。途中加入となった2009-10年シーズンはリーガエスパニョーラ13試合に出場も、外国人枠の関係で2011年にベンフィカにレンタル移籍し、翌年に完全移籍となった。 ベンフィカではサイドのスペシャリストとして公式戦266試合に出場で62ゴール54アシストを記録。昨シーズンは公式戦28試合で6ゴール5アシストの数字を残し、今年1月には2022年まで契約を更新していた。 なお、サルビオの獲得に成功したボカに関しては、今週末にも元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)の加入が噂されている。 2019.07.19 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、アルゼンチン代表FWベネデット獲得に迫る! 代理人が個人間合意を認める

マルセイユがボカ・ジュニアーズに所属するアルゼンチン代表FWダリオ・ベネデット(29)の獲得に迫っているようだ。同選手の代理人がアルゼンチン『FOX Sports』で個人間合意を認めた。 イタリア代表FWマリオ・バロテッリの退団によって新たなエースストライカーの獲得が今夏の最優先事項となっているマルセイユ。 新シーズンからアンドレ・ビラス=ボアス氏を新指揮官に迎えるクラブが、バロテッリの後釜にリストアップしたのはアルゼンチン代表FWのようだ。 ベネデットの代理人を務めるクリスティアン・ブラガルニク氏は、『FOX Sports』の取材に対して、「我々はベネデットの移籍に関してマルセイユと合意に至った」と、個人間合意に至ったことを認めた。 また、イタリア『gianlucadimarzio.com』は、マルセイユとボカ・ジュニアーズが1600万ユーロ(約19億4000万円)程度の金額で合意に近づいていることを伝えており、移籍成立は間近に迫っているようだ。 母国のアルセナルでプロデビューを飾ったベネデットは、2013年から2016年までプレーしたメキシコの地でブレイク。ティフアナ、クラブ・アメリカのエースストライカーとして活躍すると、2016年にはアルゼンチン屈指の名門に加入。在籍3年間で公式戦63試合に出場し、39ゴール11アシストを記録するなどエースストライカーとしてリーグ連覇に貢献すると共に、2017年にはアルゼンチン年間最優秀選手賞を受賞している。 また、2017年にデビューを飾ったアルゼンチン代表ではここまで5キャップを記録している。 175cmと上背はないものの、両足から繰り出される正確且つ強力なシュートに加え、相手DFを翻弄する仕掛けに利他的な精神も併せ持つ万能型のアタッカーは、初挑戦のヨーロッパでも大きな活躍が期待されるところだ。 2019.07.17 13:50 Wed
twitterfacebook
thumb

セルタがボカのウルグアイ人SBオラサのレンタル延長を発表、買取OP付き

セルタは2日、ボカ・ジュニアーズのウルグアイ人DFルーカス・オラサ(24)を買い取りオプション付きの1年レンタルで契約を延長したことを発表した。 左サイドバックのオラサは2018年にボカへ移籍。そのボカで主力として活躍し、コパ・リベルタドーレス準優勝などに貢献すると、今年1月にセルタへ半年間のレンタルで加入していた。そしてセルタではリーガエスパニョーラ10試合に出場し2アシストを記録。残留争いをしていたチームの降格を免れる働きを見せていた。 2019.07.03 00:19 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、ボカから天才MFマローニを獲得! U-20W杯でアルヘンの10番

サンプドリアは25日、ボカ・ジュニアーズからU-20アルゼンチン代表MFゴンサロ・マローニ(20)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、マローニはサンプドリアと2024年6月30日までの5年契約にサインしており、前述のオプションは買い取り義務に近いものであるようだ。 2015年に生まれ故郷コルドバのクラブ、インスティトゥートで16歳でのプロデビューを果たしたマローニは、MFパブロ・アイマールやMFハビエル・パストーレらを髣髴とさせる創造性とパスセンスに長けた生粋のエンガンチェ。 2016年にアルゼンチン屈指の名門ボカ・ジュニアーズに引き抜かれると、2016年5月には17歳でトップチームデビューを飾った。しかし、その後は思うように出場機会を得られず、昨夏にタジェレスにレンタル移籍すると、ここまで公式戦19試合に出場し2ゴール1アシストの数字を残していた。 また、FIFA U-20ワールドカップではU-20アルゼンチン代表の背番号10を背負い2試合に出場していた。 2019.06.26 01:44 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ退団デ・ロッシがロサンゼルスFC加入で合意! 一方、ボカ行きの可能性も…

今シーズン限りでローマを退団した元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)の新天地はやはりアメリカとなるようだ。『ESPN』が11日、同選手がメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFC加入に向けて合意に至ったと伝えている。 ローマとの契約最終年となった今季はヒザのケガの影響もあって公式戦23試合に出場し2ゴールの数字にとどまっていたデ・ロッシ。先月にはクラブ側から来季の契約を更新しない意向と共に、現役を引退してフロントやコーチングスタッフ入りを打診されていた。 しかし、現役続行を望むデ・ロッシは愛するローマ退団を決断。その新天地に関してはローマの元同僚DFニコラ・ブルディッソ氏がスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアルゼンチン屈指の名門ボカ・ジュニアーズの名前が有力候補に挙がっていた。先日にはボカの本拠地であるブエノスアイレス市内で、デ・ロッシが子供の通う学校を探しているとの報道も出ていた。 また、イタリアメディアは元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキを獲得した実績がある、ヴィッセル神戸が親日家であるデ・ロッシの獲得に向け高額のオファーを掲示したとも報じていた。 その一方で、イギリスのロンドン生まれのイタリア人女優であるデ・ロッシの妻セイラ・フェルバーバウムさんは、英語圏での生活を望んでおり、以前からMLSでのプレーに関心を示していた夫に対して、ロサンゼルス行きを勧めているとの報道も出ていた。 今回、ロサンゼルスFC加入合意報道が出た一方、アルゼンチン国内ではボカ加入合意という報道も出ており、公式発表がされるまで二転三転の展開が待っていそうだ。 ローマのプリマヴェーラを率いるアルベルト・デ・ロッシを父親に持つデ・ロッシは、幼少期からローマ一筋のキャリアを歩み、2000年のトップチーム昇格以降、在籍18年間で公式戦616試合に出場し63ゴールを記録。在籍期間に獲得したタイトルは、2006-07シーズン、2007-08シーズンの2度のコッパ・イタリア制覇のみだが、“ローマの象徴”である元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティに次ぐ、クラブ歴代最多出場記録を持つ生けるレジェンド。 また、2004年にデビューしたイタリア代表としては通算117試合に出場し21ゴールを記録。8つの国際メジャー大会に出場し、2006年のドイツ・ワールドカップでは世界王者の一員となっていた。 2019.06.11 18:39 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース