アーセナルvsユナイテッドが実現! FAカップ4回戦の対戦カードが決定!2019.01.08 13:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
7日にFAカップ4回戦の組み合わせ抽選会が行われ、全16カードの対戦カードが決定した。3回戦ではレスター・シティとフルアムが共に4部に所属するニューポート・カウンティ、オールダム・アスレティックに敗れる大波乱が起きたほか、ハダースフィールド、カーディフとプレミア勢が下部カテゴリーに敗れる結果となった。

また、優勝候補の一角に挙げられていたリバプールもウォルバーハンプトンとのプレミア勢対決に敗れて無念の初戦敗退となった。

それでも、前回大会優勝チームのチェルシーを始め、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、トッテナム、アーセナルといったプレミアの“ビッグ6”は順当に勝ち抜けを決めた。

4回戦の注目カードはアーセナルvsマンチェスター・ユナイテッド。共にリーグ戦でも熾烈なトップ4争いを繰り広げる2チームが早くも対戦することに。また、マンチェスター・シティvsバーンリー、クリスタル・パレスvsトッテナムのプレミア勢対決も実現した。

連覇を目指すチェルシーはシェフィールド・ウェンズデイ(2部)とルートン・タウン(3部)の再試合の勝者と対戦。日本人選手所属クラブではDF吉田麻也のサウサンプトンがダービー・カウンティ(2部)との再試合を制した場合、アクリントン・スタンリー(3部)と、FW武藤嘉紀のニューカッスルはブラックバーン(2部)との再試合を制した場合、ワトフォードと対戦する。

なお、4回戦は今月の25~28日に開催予定だ。FAカップ4回戦対戦カードは以下の通り。

◆FAカップ4回戦対戦カード

アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド
クリスタル・パレス vs トッテナム
マンチェスター・シティ vs バーンリー
チェルシー vs シェフィールド・Worルートン
ニューカッスルorブラックバーン vs ワトフォード

アクリントン・スタンリー(3部) vs ダービー・カウンティorサウサンプトン
ウィンブルドン(2部) vs ウェストハム
シュルーズベリーorストーク vs ウォルバーハンプトン
ミルウォール(2部) vs エバートン
ブライトン vs WBA(2部)

スウォンジー(2部) vs ジリンガム(3部)
ブリストル・シティー(2部) vs ボルトン(2部)
ドンカスター・ローヴァーズ(3部) vs オールダム・アスレティック(4部)
ミドルズブラ(2部) vs ニューポート・カウンティ(4部)
バーネット(5部) vs ブレントフォード(2部)
ポーツマス(3部) vs QPR(2部)

※左側がホーム
コメント
関連ニュース
thumb

シティがイングランド史上初の国内三冠を達成! スターリングハットの大量6得点でワトフォードを粉砕《FAカップ》

FAカップ決勝戦、マンチェスター・シティvsワトフォードが18日に行われ、6-0でシティが勝利し優勝を果たした。 2012-13シーズン以来、6年ぶりとなる決勝進出を果たしたシティと、決勝進出は1983-84シーズン以来2度目となったワトフォードが激突。 すでにプレミアリーグとEFLカップの2つのタイトルを獲得しているシティ。リバプールと最後まで激しい優勝争いを見せたプレミアリーグでは、昨シーズンのリーグ史上初の勝ち点「100」に肉薄する勝ち点「98」を獲得し、同「97」を積み上げたリバプールを上回って2連覇を達成した。 一方のワトフォードは、昨年1月に就任したハビ・グラシア監督の下で手堅いサッカーを披露。開幕4連勝で今季の台風の目になるかに思われたが、最終的には11位フィニッシュ。それでもこのFAカップではビッグクラブとの試合を回避しながら決勝進出。最後に有終の美を飾りたい。 勝てば史上初の国内三冠となるシティは、いつもの[4-3-3]の布陣に、GKエデルソン、守備は右からウォーカー、コンパニ、ラポルテ、ジンチェンコ、中盤はギュンドアン、マフレズ、シルバ、3トップにはベルナルド・シウバ、ジェズス、スターリングが並んだ。 ワトフォードの陣形は[4-4-2]。GKは今大会で5試合に出場しているゴメスが務め、守備は右からフェメニア、マリアッパ、キャスカート、ホレバス。中盤は右からヒューズ、キャプー、ドゥクレ、ペレイラ。トップにデウロフェウとディーニーが顔をそろえた。 ボールを繋いでワトフォードの守備をこじ開けるシティと、フィジカルを生かした攻守で対応するワトフォードという構図に。ポゼッションはシティが7割を超える中、先にチャンスを得たのはワトフォードだった。 11分、自陣右サイドで相手のパスをカットしたワトフォードはそのままカウンターを発動。右に開いたデウロフェウはパスを受けると早いタイミングで中央のペレイラにパスを送る。このパスでペレイラはGKと一対一の場面を迎えたが、ここはエデルソンに軍配。シュートは防がれ枠を外れた。 粘り強く守るワトフォードは22分、先制のチャンスでドゥクレのシュートがコンパニの腕にヒット。ワトフォードの選手らはハンドを主張したが、主審は笛を吹かなかった。 スタッツでは圧倒されているワトフォードだが互角以上の戦いを見せる。しかし迎えた26分、自陣でボールを奪われスターリングにシュートを許す。ここは守備陣が体を張ってブロックしたのだが、そのこぼれ球を頭で繋いだシルバがもう一度スターリングのヘディングパスを受け、ボックス左からシュート。これが右のサイドネットを揺らし、シティが先制した。 さらにシティは38分、ボックス手前右からベルナルド・シウバが左足でクロスを入れると、ラインギリギリのジェズスの折り返しをスターリングが押し込んで追加点。リードを2点に広げた。 後半に入っても手を緩めないシティは47分、スターリングのパスを受けたジェズスがボックス左から鋭いシュートを打つが、ここはGKゴメスが抑える。さらにそのCKの流れから、左サイドから入ったクロスにジェズスがダイビングヘッド。ネットを揺らしたがオフサイドの判定。 55分にシティはマフレズを下げてデ・ブライネを投入。するとそのデ・ブライネは61分にネットを揺らす。味方のクリアボールを繋いだスターリングとジェズス。スターリングのパスからジェズスがワトフォードの最終ラインを抜け出し、並走するデ・ブライネにラストパス。デ・ブライネは飛び出してきたGKゴメスをキックフェイントで巧みに躱し、冷静にゴールに流し込んだ。 3点のビハインドを負ったワトフォードは66分にペレイラとデウロフェウを下げてサクセスとグレイをピッチへ送り込む。しかしそれから2分後の68分、再びクリアボールをカウンターに繋げられると、デ・ブライネのスルーパスで最終ラインを突破したジェズスにゴールを決められ痛恨の4失点を喫した。 その後、シティはギュンドアンを下げてザネ、ワトフォードはヒューズを下げてクレバリーを投入した。先制ゴールを挙げたシルバもストーンズとの交代でピッチを退いた。 すでに勝利を確実なものとしているシティだがさらに畳みかける。81分、ベルナルド・シウバがシザースフェイントから相手を抜き去ってボックス左を侵攻。ゴール前の折り返しをスターリングがねじ込んで5点目を決めた。 さらに87分には、右サイドからのグラウンダーのクロスをスターリングがシュート。これはGKゴメスが触ってポストに当たったものの、跳ね返りをスターリングが自ら押し込んで6点目。スターリングはこれでハットトリックを達成した。 大量6得点でワトフォードを粉砕したシティ。これでイングランドでは史上初の国内三冠を達成。グアルディオラ監督はまた一つ歴史に名を刻んだ。 またこの結果、来シーズンのコミュニティシールドはシティvsリバプールに決定。史上最も激しい優勝争いを演じてくれた両雄が、8月4日に相まみえることになった。 2019.05.19 03:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ワトフォード安堵…最終節のホレバスのレッドカードが撤回へ FA決勝で起用可能に

FAカップ決勝戦への出場が心配されたワトフォードのギリシャ代表DFジョゼ・ホレバスだったが、どうやら問題なく出場できるようだ。イギリス『BBC』などが伝えている。 ホレバスは12日に行われたプレミアリーグ最終節のウェストハム戦で、48分にウェストハムFWマイケル・アントニオを後ろから引っ張り、決定機を阻止したとして一発退場が命じられていた。 これにより、18日に予定されているマンチェスター・シティとのFAカップ決勝に出られないことになっていたが、ワトフォードの訴えにより、FA独立規制委員会はレッドカードを撤回。ホレバスは晴れて、FAカップ決勝戦に出場できるようになった。 2015年夏にローマから加入したホレバスはこれまで公式戦108試合に出場。今季はリーグ戦28試合に出場し、ワトフォードの左サイドバックの主力としてチームを支えてきた。 2019.05.14 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

勝利の美酒に酔えず? FAがFAカップ優勝時のシャンパンファイトをノンアルコールに

イングランドサッカー協会(FA)は、FAカップ優勝チームに恒例のシャンパンファイトを行う際にシャンパンのボトルを提供する慣例を廃止する意向を発表した。 FAは今回の決定に際して以下の様な声明を発表し、今回の決定が宗教上や法律上でアルコールが認められていない選手やスタッフに配慮したものであることを説明した。 「今回の決定はアルコールが禁止されている地域社会、プレーヤーたち、18歳未満のプレーヤーたちがセレブレーションに参加しやすくなることを配慮したものです」 ただ、『ESPN』が伝えるところによれば、FAは本物のシャンパンの代わりにノンアルコールの代用品を提供する予定のようだ。 なお、FAの決定に先駆けてプレミアリーグでは以前はマン・オブ・ザ・マッチの選手に対してシャンパンのボトルを贈呈していたが、ムスリムのプレーヤーへの配慮からこの慣習をすでに廃止していた。 なお、ノンアルコールでのシャンパンファイトとなる今シーズンのFAカップ決勝は5月18日に行われる予定となっており、2010-11シーズン以来6度目の優勝を目指すマンチェスター・シティと、1983-84年以来の決勝進出で初優勝を目指すワトフォードが対戦する。 2019.04.25 00:33 Thu
twitterfacebook
thumb

デウロフェウ躍動のワトフォードがウルブス撃破で決勝進出! ラストプレーのPK弾で持ち込んだ延長戦を制す《FAカップ》

FAカップ準決勝、ワトフォードvsウォルバーハンプトンが7日にウェンブリー・スタジアムで行われ、2-2のスコアで90分間の戦いが終了。その後、延長戦を3-2で制したワトフォードの決勝進出が決まった。 共にクリスタル・パレス、マンチェスター・ユナイテッドを破ってベスト4進出を決めたプレミア9位のワトフォード、同7位のウォルバーハンプトンによる一戦。 大会初優勝を目指すワトフォードはGKをフォスターからゴメスに代えた以外、フィールドプレーヤーは現状のベストメンバーを起用。ドゥクレやディーニー、ロベルト・ペレイラが起用された。 一方、1959-60シーズン以来の優勝を目指すウルブスはこちらもGKをルイ・パトリシオからラディに代えた以外、現状のベストメンバーを起用。ネヴェス、モウティーニョ、ヒメネス、ジョッタが起用された。 立ち上がりにホニーがクロスバーを掠める際どいシュートを放つなど、ウルブスが攻勢を仕掛ける。だが、序盤のピンチを凌いだワトフォードは球際の強さを武器にシンプルな縦への仕掛けから押し返していく。31分にはディーニーの左からのクロスに反応したアンディ・グレイがゴール前に飛び込むが、GKの手前で触ったワンタッチシュートはわずかに枠の上を越える。 前半半ばを過ぎて劣勢を強いられたウルブスだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。36分、右CKの場面でショートコーナーからボックス手前右角のジョッタが左足で鋭いボールを入れると、ファーでドゥクレを出し抜いてゴール前に飛び出したドハーティがワンタッチで流し込んだ。 先制を許したワトフォードは前半終了間際に決定機を迎えるが、ボックス中央でグレイが放ったボレーシュートはDFコーディの決死のブロックに阻まれてゴールとはならず。 ウルブスの1点リードで折り返した試合は後半も拮抗した状況が続くが、より効率的に攻めるウルブスが徐々にペースを握る。すると62分、相手陣内中央右のドハーティが入れた浮き球のクロスをボックス内で胸トラップしたヒメネスが豪快な右足のジャンピングボレーでゴール右隅に流し込む。そして、貴重な追加点を挙げたメキシコ代表FWはルチャリブレのフェイスマスクを被って自らのゴールを祝った。 この2点目で苦境に立たされたワトフォードは切り札のデウロフェウをピッチに送り出して攻勢に出ると、この交代がゴールをもたらす。79分、左サイド深くで得たスローインの流れからボックス左でボールを持ったデウロフェウがDF2枚に対峙された中、意表を突いた右足のループシュートを放つと、これがゴール右上隅の絶妙なコースに決まった。 デウロフェウのゴラッソで試合の雰囲気を一変させたワトフォードは試合終盤にかけて厚みのある攻撃でウルブスを押し込んでいく。すると、後半アディショナルタイムに劇的な同点ゴールが決まる。94分、ボックス内でルーズボールに反応したディーニーがデンドンカーからアフターチャージを受けてPKを獲得。これをディーニーが豪快に蹴り込んで土壇場で延長戦に持ち込んだ。 延長戦に入ると、土壇場で追いついたワトフォードと逃げ切りに失敗したウルブスという両者のメンタルが色濃く反映される展開に。すると、延長前半終了間際の104分、再びデウロフェウが魅せる。中盤で競り勝ったボールを拾ったグレイとのパス交換でボックス右に抜け出したデウロフェウがDFを振り切りながら意表を突くタイミングで右足のグラウンダーシュートを放つと、これがゴール左隅に決まった。 その後、殊勲のデウロフェウが足首をひねって負傷交代を強いられたワトフォードだが、ピッチ上の選手たちが攻守両面でウルブスを圧倒。試合終了間際のカバレイロの決定機もGKゴメスが決死のセーブで阻止した。 そして、2点差を追い付いた末に延長戦でウルブスとの激闘を制したワトフォードが1983-84シーズン以来となるFAカップ決勝進出を果たした。 なお、前日にブライトンを破ったマンチェスター・シティとワトフォードによるFAカップ決勝は5月18日にウェンブリー・スタジアムで行われる予定だ。 2019.04.08 02:51 Mon
twitterfacebook
thumb

シーズン4冠を狙うシティ、開始早々のジェズス弾で6大会ぶりの決勝進出!《FAカップ》

FAカップ準決勝のマンチェスター・シティvsブライトン&・ホーヴ・アルビオンが6日に行われ、1-0でマンチェスター・シティが勝利した。この結果、シティは6大会ぶりの決勝進出を決めた。 準々決勝でチャンピオンシップ(イングランド2部相当)のスウォンジーに辛勝したシティは、ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第33節のカーディフ戦も主力を温存しながら完勝。公式戦13連勝中のシティは、カーディフ戦から先発を7人変更。ザネやマフレズ、フェルナンジーニョらに代えてスターリングやシルバ、ベルナルド・シウバらが先発に名を連ねた。 一方、準々決勝でチャンピオンシップ所属のミルウォールにPK戦の末に勝利したブライトンは、ミッドウィークに行われたプレミアリーグ第27節延期分のチェルシー戦で完敗。リーグ戦2連敗中のブライトンは、マーレイやダフィ、プレパーをスタメンで起用した。 試合は立ち上がりから攻勢に出るシティが開始早々に先制する。4分、サイドチェンジを右サイドでベルナルド・シウバが落とすと、これ受けたデ・ブライネが素早くクロスを供給。これが相手DFとGKの間をすり抜けるとファーサイドから駆け上がったガブリエウ・ジェズスがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 先制後もボールを支配し主導権を握ったシティだが、その後は自陣で守りを固めるブライトン守備陣を崩しきれず、試合は膠着。それでもシティは35分にオタメンディ、40分にベルナルド・シウバがゴールに迫ったが、追加点は生まれず。前半は1-0で終了した。 迎えた後半、シティは前半途中に右足を痛めていたウォーカーを下げてダニーロを投入。しかし、後半最初にゴールに迫ったブライトンだった。54分、ノッカールの右CKをゴール左で競り合ったダフィが頭で落とすと、ゴール前のマーレイが押し込みに行くが、ボールはラポルテが先にクリアした。 ピンチを凌いだシティは64分、ボックス手前で受けたスターリングが右足のコントロールショットでゴール左を狙ったが、これはGKライアンの好セーブに阻まれる。 追加点の遠いシティは、65分にデ・ブライネを下げて守備的なフェルナンジーニョをピッチに投入。さらに80分にはメンディを下げてストーンズをピッチに送り出し、逃げ切り態勢に入る。 そして、ここ2戦無得点が続く相手の脆弱な攻撃をきっちり跳ね返し続け1-0で勝利。シティが6大会ぶりの決勝戦進出を決めると共にシーズン4冠に向けて前進した。 2019.04.07 03:30 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース