PSGの18歳米国代表FWティモシー・ウェアがセルティックへローン移籍2019.01.08 08:20 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セルティックは7日、パリ・サンジェルマン(PSG)からアメリカ代表FWティモシー・ウェア(18)を今シーズン終了時までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。現役時代にPSGやモナコ、ミランで活躍し、1995年にはバロンドールに輝いた“リベリアの怪人”、ジョージ・ウェア氏(52)を父親に持つティモシーは、2017年7月にPSGとプロ契約を締結。しかし、ネイマール、カバーニ、ムバッペら層の厚い攻撃陣の中で出場機会を得ることができず、今シーズンはここまで公式戦3試合2ゴールにとどまっていた。

ウェアの加入についてセルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は、以下のようにコメントしている。

「ティモシー(・ウェア)は、代表にも選ばれる若くて才能のある選手だ。それにとてもハングリーだ」

「技術的なクオリティはとても高く、身体能力も優れている。彼がチームに競争をもたらしてくれるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、ティアニー獲得への2度目のオファーも失敗か

セルティックに所属するスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)に対するアーセナルのオファーが、再び拒否されたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ティアニー獲得に向けて、6月下旬に移籍金1500万ポンド(約20億3000万円)のオファーを提示するも失敗に終わったアーセナル。それでも先日には、セルティックが要求していたとされる2500万ポンド(33億8000万円)に相当する金額で再度、オファーを提示したことが伝えられていた。 だが、今回も失敗に終わった模様。どうやらセルティックは、アーセナルが提示する支払い方法に不満を示しており、分割払いではなく、一括での支払いを要求しているという。 セルティック下部組織出身のティアニーは、同クラブ出身でリバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(25)になれる素質があるとも見込まれている左サイドバック。昨シーズンは公式戦40試合1ゴール6アシストを記録し、代表でもすでに12試合の出場を数える経験値の高い選手だ。 2019.07.15 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ティアニー諦めず セルティックに再度オファー

アーセナルがセルティックに所属するスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)の獲得に向けて再度、オファーを提示したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 セルティック下部組織出身のティアニーは、同クラブ出身でリバプールに所属するスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(25)になれる素質があるとも見込まれている左サイドバック。昨シーズンは公式戦40試合1ゴール6アシストを記録し、代表でもすでに12試合の出場を数える経験値の高い選手だ。 そんなティアニーに対して、アーセナルは6月下旬に移籍金1500万ポンド(約20億3000万円)でセルティックにオファー。しかし、同クラブは2500万ポンド(33億8000万円)以上を要求していると見られており、最初のオファーは、拒否されていた。ただ、今回提示したオファーは移籍金2500万ポンドに相当するものだという。 同選手には引き続きナポリも関心を示していることが伝えられているが、果たしてアーセナルは獲得を実現させることはできるだろうか。 2019.07.14 11:55 Sun
twitterfacebook
thumb

2大会ぶりの本戦を目指すセルティックが敵地で逆転勝利!《CL予選》

チャンピオンズリーグ(CL)2019-20予選2回戦1stレグの8試合が9日に各地で行われた。 2大会ぶりのグループステージ出場を目指すセルティック(スコットランド)は、敵地でサラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)と対戦し、3-1で勝利した。試合が動いたのは29分、左CKの流れからこぼれ球をオレムスが押し込み、サラエボが先制する。 格下に先手を許したセルティックだが、すぐに反撃。35分、ドリブルでバイタルエリア中央まで侵攻したジョンストンのミドルシュートがゴール左に突き刺さった。 1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはセルティック。51分、ライアン・クリスティのパスをバイタルエリアで受けたジョンストンがワンタッチではたくと、ボックス内で受けたエドゥアールがゴール前まで持ち上がり冷静にシュートを流し込んだ。 さらにセルティックは、85分にも右サイドを突破したモーガンのクロスをゴール前のシンクレアがヒールシュートで流し込み、試合を決定づける3点を奪った。 結局、試合はそのまま終了。敵地で逆転勝利を飾ったセルティックが、2大会ぶり本戦出場へ好スタートを切った。 ◆CL予選2回戦1stレグ ▽7/9(火) アスタナ 1-0 エコマックス・クルイ アララト=アルメニア 2-1 AIKソルナ ヘルシンキ 3-0 HB カリュ 0-1 シュケンディヤ サラエボ 1-3 セルティック デュデランジュ 2-2 ヴァレッタ スドゥバ・マリヤンポレ 0-0 ツルヴェナ・ズヴェズダ ランサントフレイド 2-2 フェロニケリ ▽7/10(水) パルチザニ・ティラナ vs グラバグ・アグダム BATEボリソフ vs ピアスト・グリヴィツェ シェリフ・ティラスポル vs サブルタロ フェレンツヴァロス vs ルドゴレツ スロヴァン・ブラチスラヴァ vs スチェスカ ダンドーク vs リガFC リンフィールド vs ローゼンボリ ヴァルル vs マリボル 2019.07.10 04:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ティアニー後釜確保? セルティック、ラピド・ウィーンからルカク従弟を獲得

セルティックは3日、ラピド・ウィーンからベルギー人DFボリ・ボリンゴリ=ムボンボ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間。 コンゴとベルギーにルーツを持ち、マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカクの従弟でもあるムボンボは、クラブ・ブルージュ下部組織の出身で、2017年夏にラピド・ウィーンに加入。左ウイングでもプレーすることができ、豊富な運動量とスピードを武器にする攻撃的サイドバックだ。今シーズンはリーグ戦25試合2ゴール4アシストを記録した。 セルティックでは現在、主力として活躍する左サイドバックのスコットランド代表DFキーラン・ティアニー(22)に対して、アーセナルやナポリから関心を寄せられており、ムボンボはその後釜として見られている。 なお、同選手には今夏、ナポリやバーンリー、ハダースフィールドといったクラブが獲得に関心を示していた。 ※写真はクラブ・ブルージュ時代 2019.07.04 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

セルティック、ボルトンから18歳MFルカ・コンネルを獲得! 今夏トッテナム&エバートンなども関心

セルティックは29日、ボルトンからU-19アイルランド代表MFルカ・コンネル(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間。 ボルトン下部組織出身で今シーズンにトップチームデビューを飾ったコンネルは、公式戦12試合に出場。ボランチを本職としながら、左サイドバックや左サイドハーフを務めることができる有望株だ。 コンネルには今夏、トッテナム、エバートン、サウサンプトン、ウォルバーハンプトンも獲得に動いており、セルティックが争奪戦を制した形だ。 2019.06.29 18:55 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース