森岡の去就にも影響? アンデルレヒト新指揮官にルッテン氏! PSVやフェイエ、シャルケで指揮2019.01.07 15:39 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンデルレヒトは6日、オランダ人指揮官のフレット・ルッテン氏(56)の新指揮官就任を発表した。なお、現時点で契約期間に関する詳細は明かされていない。昨年12月、成績不振を理由にハイン・ヴァンハーゼブルック前監督(54)を解任したアンデルレヒト。その後任として選出されたのは現役時代にオランダ代表DFとして活躍したルッテン氏となった。

現役引退後、母国トゥベンテで監督キャリアをスタートしたルッテン氏はシャルケやPSV、フィテッセ、フェイエノールト、UAEのアル・シャバーブの指揮官を歴任。直近はイスラエルのマッカビ・ハイファを指揮していた。

アンデルレヒトはジュピラーリーグ第21節終了次点で5位に低迷。ルッテン氏の下で後半戦での巻き返しを図れるか。なお、前体制下で公式戦9試合の出場にとどまった元日本代表MF森岡亮太は新指揮官の信頼を獲得し、レギュラーの座を掴むことはできるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

アンデルレヒト、コンパニ監督の後輩サンドレルがシティからレンタル加入!

アンデルレヒトは17日、マンチェスター・シティからオランダ人DFフィリップ・サンドレル(22)が1年間のレンタル移籍で加入することを発表した。背番号は「34」に決定している。 2018年7月にオランダのズウォレからシティに加入したサンドレル。センターバックを本職としながら、ディフェンシブハーフもこなすことができるオランダ人DFは、今年1月のFAカップ3回戦・ロザラム・ユナイテッド戦でシティデビュー。だが、加入1年目のトップチームでの出場は公式戦2試合に留まった。 なお、アンデルレヒトでは、昨シーズン限りでシティを退団したベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼監督に就任。同選手はサンドレルにとって尊敬する人物であり、昨シーズンにも多くの助言を受けていたという。 2019.07.18 13:10 Thu
twitterfacebook
thumb

シティのDFサンドレル、尊敬するコンパニの下へ アンデルレヒトへのレンタル濃厚に

マンチェスター・シティに所属するオランダ人DFフィリップ・サンドレル(22)がアンデルレヒトにレンタル移籍することが濃厚となっているようだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 2018年7月にオランダのズウォレからシティに加入したサンドレル。センターバックを本職としながら、ディフェンシブハーフもこなすことができるオランダ人DFは、今年1月のFAカップ3回戦・ロザラム・ユナイテッド戦でシティデビュー。加入1年目のトップチームでの出場は公式戦2試合に留まった。 そのサンドレルはすでに先週からベルギーに滞在。アヤックスとのフレンドリーマッチにも訪れていたようだ。 アンデルレヒトでは、昨シーズン限りでシティを退団したベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼監督を務めている。同選手はサンドレルにとって尊敬する人物であり、昨シーズンにも多くの助言を受けていたという。 2019.07.08 20:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ウェストハム退団のナスリが元同僚コンパニ率いるアンデルレヒトに加入

アンデルレヒトは5日、ウェストハムを退団していた元フランス代表MFサミル・ナスリ(32)の獲得を発表した。 マルセイユやアーセナル、マンチェスター・シティで活躍したナスリ。だが、アンタルヤシュポル時代のドーピングにより18カ月間の出場停止処分を受けたこともあり、今年1月に加入したウェストハムでは、公式戦出場が僅か6試合に留まっていた。 そのナスリに対してUAEのアル・アハリの他、オーストラリアリーグに来季から参加するウェスタン・ユナイテッド、リーグ・アンのクラブやオリンピアコスからの関心も伝えられていた。 しかし、マンチェスター・シティで6年を共に過ごしたベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼監督として率いるアンデルレヒトで再起をかけることになった。 2019.07.06 00:18 Sat
twitterfacebook
thumb

ウォルバーハンプトンがベルギー代表MFデンドンケルを完全移籍で買取!

ウォルバーハンプトンは1日、アンデルレヒトからベルギー代表MFレアンデル・デンドンケル(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間に関する詳細は明かされていない。 なお、今回の完全移籍での買い取りに関しては昨夏に1年間のレンタル契約をかわした際に買い取り義務の条項が盛り込まれていた。 アンデルレヒトの下部組織出身で、同クラブでプロデビューを飾ったデンドンケルは、守備的MFとセンターバックを主戦場とする守備センスと対人守備に優れた若手MF。 アンデルレヒトでベルギー代表に選出されるまでに成長を遂げたデンドンケルは、昨夏にウルブスに1年間のレンタル移籍で加入。2018-19シーズンの序盤はヌーノ・エスピリト・サント監督の信頼を得るのに苦労し、リーグ戦のデビューは昨年12月半ばのチェルシー戦に。それでも、2019年に入って出場機会を増やすと、最終的には公式戦26試合に出場し2ゴールの記録を残していた。 2019.07.01 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズで構想外のヤンセンがコンパニ率いるアンデルレヒト移籍へ!

アンデルレヒトがトッテナムから元オランダ代表FWフィンセント・ヤンセン(25)を完全移籍で獲得する見込みだ。ベルギー『HLN』が伝えている。 2016年夏にエールディビジ得点王の栄誉を引っ提げてAZからトッテナムに1700万ポンド(約23億2000万円)で加入したヤンセンだったが、加入初年度はリーグ戦27試合の出場でわずかに2ゴールと期待外れの結果に終わった。 その後、2017年にはフェネルバフチェに1年間のレンタル移籍で加入もケガの影響もあって思うような数字を残せず、フェネルバフチェは完全移籍での買い取りに踏み切ることはなかった。 今シーズンはトッテナムに復帰したものの、チャンピオンズリーグ(CL)の登録メンバーから外されるなど構想外の状態が続き、ケガ人が続出したシーズン最終盤にリーグ戦3試合に出場したのみだった。 トッテナムと2020年まで契約を残すもののクラブ側はヤンセンを引き続き構想外とみなしており、今夏の退団が有力視されている。 その中で『HLN』が伝えるところによれば、新シーズンからベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが選手兼任監督を務めるアンデルレヒトがヤンセンの獲得交渉をほぼ完了させたようだ。 なお、移籍金の額など詳細に関しては言及されていない。 2019.06.24 22:25 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース