レーティング: セビージャ 1-1 アトレティコ・マドリー《リーガエスパニョーラ》2019.01.07 02:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第18節、セビージャvsアトレティコ・マドリーが6日に行われ、1-1で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 バシリク 6.0
82分のグリーズマンとの一対一を制す

DF
24 ニャニョン 6.0
ソリッドな守備でグリーズマンとレマルに対応

(→アマドゥー -)

6 カリソ 5.5
うまく守備を統率。ただFK献上が失点につながった

3 セルジ・ゴメス 6.0
正確なロングフィードでビルドアップの起点に

MF
16 ヘスス・ナバス 6.0
縦への突破で違いを生む。先制点演出

(→プロメス -)

17 サラビア 6.0
ロケ・メサと共に攻撃に厚みをもたらす

10 バネガ 6.0
ポゼッションの中心に

7 ロケ・メサ 6.0
うまく攻撃に絡んでいた

18 エスクデロ 5.5
守備のバランスを取る

FW
9 イェデル 6.5
抜け目ないポジショニングで先制点。追加点のチャンスもあった

(→ブライアン・ジル -)

12 アンドレ・シウバ 6.0
ポスト直撃のミドルシュートを放つ。好スルーパスでチャンスも演出

監督
マチン 6.0
内容では互角以上だった

▽アトレティコ・マドリー採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 オブラク 6.0
39分と84分のピンチを凌ぐ

DF
20 フアンフラン 5.5
攻撃参加せず守備に徹した

15 サビッチ 6.0
そつのない守備で最終ラインを締める

2 ゴディン 6.0
ゴール前で壁となった

8 サウール 5.5
ヘスス・ナバスの突破に苦戦も攻撃参加で相殺

MF
5 トーマス 6.0
FK獲得が同点弾につながる。タイミング良く攻撃に絡んだ

14 ロドリゴ・エルナンデス 6.0
冷静にボールを捌いた

6 コケ 5.5
守備のバランスを意識していた

11 レマル 5.0
仕掛けのプレーを出せなかった

(→ビトロ 5.0)
古巣からブーイングを受ける。目立ったプレーはなし

FW
10 コレア 5.0
レマル同様、仕掛けるプレーがほぼ出せなかった

(→モンテーロ -)

7 グリーズマン 6.5
直接FKで同点弾。アトレティコで唯一アクセントを付けていた

監督
シメオネ 6.0
敵地で引き分けは悪くない結果

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
引き分けでも悪くない結果と言えるアトレティコから同点弾を挙げたグリーズマンを選出。4試合連続ゴールと好調を持続している。
コメント
関連ニュース
thumb

Jリーグ行きも噂されたフアンフランの新天地はアメリカorブラジル?

今シーズン限りでアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表DFフアンフラン(34)の新天地はアメリカかブラジルになる模様だ。『ESPN』が伝えている。 今シーズン限りでのアトレティコ退団が決定しているフアンフランに関しては、サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスからの勧誘があったとし、Jリーグ行きを考慮しているとの報道もあった。 しかし、『ESPN』が伝えるところによれば、現在同選手の有力な新天地には2020シーズンからメジャーリーグ・サッカー(MLS)に新規参入するナッシュビルFCと、ブラジルのコリンチャンス、サンパウロの名門2チームだという。 ナッシュビルは新チームの目玉補強の1人としてフアンフランに関心を示している模様。さらに、コリンチャンスとサンパウロに関してはより強い関心を示しており、すでに代理人ともコンタクトを行っており、条件掲示もしているようだ。 なお、現在フアンフランはスペイン南部で家族と休暇を過ごしており、去就決定に向けてはしばらく時間がかかりそうだ。 2019.06.20 06:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ロドリ、アトレティコからの移籍を希望…シティ&バイエルンの争奪戦に拍車

イギリス『スカイ・スポーツ』は18日、アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の移籍希望を報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、今シーズンの活躍ぶりを受け、ブラジル代表MFフェルナンジーニョの後釜を探すマンチェスター・シティのほか、バイエルンの関心が浮上している状況だ。 そのロドリの代理人は、アトレティコ・マドリーの最高経営責任者(CEO)を務めるミゲル・アンヘル・ギル・マリン氏との会談で、選手の移籍希望を伝達。さらに、他クラブとの交渉許可を求めた模様だ。 なお、ロドリとアトレティコ・マドリーの契約に存在する解除条項額は、7000万ユーロ(約84億8000万円)。シティ、バイエルンともに同額を支払う意向だという。 2019.06.18 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンフィカ、新星フェリックスのアトレティコ移籍に関するポルトガル紙の報道を否定「完全に嘘だ」

ベンフィカは17日、ポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)のアトレティコ・マドリー移籍の噂を伝えたポルトガル『A BOLA』の報道を公式で否定した。 19歳という若さながら卓越したアジリティに基礎技術の高さに裏打ちされたトリッキーな仕掛け、視野の広さ、攻撃センスを生かしたチャンスメーク。ストライカーの嗅覚まで備える万能型アタッカーのフェリックスは、アトレティコやマンチェスターの2クラブにパリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントス、レアル・マドリーと錚々たるメガクラブの注目を集めてきた。 そんな中、ポルトガル『A BOLA』は17日、アトレティコが契約解除金1億2000万ユーロ(約146億円)を支払うことでフェリックスを獲得する可能性があり、成立した場合には同選手の代理人であるジョルジュ・メンデス氏に移籍金の30%が支払われることを報じた。 しかし、ベンフィカは同日、この報道を否定。交渉が進行していること自体に嘘があると伝えている。 「ジョアン・フェリックスに関する移籍の可能性について、交渉プロセスが進行中であることは間違いです。交渉の条件は、既に周知の通り、設定されている契約解除金1億2000万ユーロ(約146億円)の金額を満たすことである」 「もっと言えば、ポルトガル『A BOLA』が伝えた手数料30%に関する話も嘘だ。繰り返すが、これらの情報は完全に嘘であり、馬鹿げている。ベンフィカの名声と尊厳を明らかに傷つけるものだ」 一方で、スペイン『マルカ』はフェリックスの近日中でのアトレティコ加入を報じているが、果たして…。 2019.06.18 12:15 Tue
twitterfacebook
thumb

超新星フェリックスの新天地はアトレティコに! クラブ史上最高額での加入決定的に!

アトレティコ・マドリーがベンフィカに所属するポルトガル代表MFジョアン・フェリックス(19)の獲得レースを制したようだ。スペイン『マルカ』が近日中の加入を明言している。 19歳という若さながら卓越したアジリティに基礎技術の高さに裏打ちされたトリッキーな仕掛け、視野の広さ、攻撃センスを生かしたチャンスメーク。ストライカーの嗅覚まで備える万能型アタッカーのフェリックスは、マンチェスターの2クラブにパリ・サンジェルマン(PSG)、ユベントス、レアル・マドリーと錚々たるメガクラブの注目を集めてきた。 UEFAネーションズリーグ終了後に去就を決めたいと語っていた若武者の移籍先に関しては、ここまで情報が錯綜してきたが、最終的な新天地はアトレティコとなるようだ。 『マルカ』が伝えるところによれば、アトレティコはベンフィカが設定している1億2000万ユーロ(約146億円)の契約解除金を全額支払うことを決断。また、契約年数は不明もフェリックス個人に対しては、年俸700万ユーロ(約8億5000万円)の条件ですでに個人間合意を取り付けており、今後数日以内に移籍交渉が完了する見込みだという。 なお、この移籍が成立した場合、昨夏モナコからフランス代表MFトマ・レマル獲得時に支払ったとされる7000万ユーロ(約85億円)を抜き、クラブ史上最高額の移籍金となる。また、年俸に関してはMFコケやMFサウール・ニゲスとほぼ同額となり、現スカッドにおいてトップ5の高給取りになるようだ。 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに続くスター候補として母国ポルトガルで脚光を浴びるフェリックス。今シーズンは公式戦43試合に出場して20ゴール11アシストを記録し、ベンフィカのリーグ優勝に貢献。さらに、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のフランクフルト戦ではEL史上最年少でのハットトリックを達成していた。 また、今月5日に行われたUEFAネーションズリーグ・ファイナルズ準決勝のスイス代表戦で待望のフル代表デビューも飾っている。 アトレティコではここ数年、絶対的なエースに君臨していたフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが今季限りで退団することになっており、ポルトガル産の超新星にはいきなりエースの穴を埋める活躍が期待される。 2019.06.18 04:21 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコもB・フェルナンデス争奪戦参戦へ

アトレティコ・マドリーが、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の獲得に興味を示しているようだ。ポルトガル『A Bola』の情報を引用してスペイン『マルカ』が報じている。 母国ボアヴィスタ出身のB・フェルナンデスは、2012年に加入したイタリアのノヴァーラでプロキャリアをスタートさせると、ウディネーゼ、サンプドリアを経て、2017年にスポルティングへ加入。今シーズンの公式戦53試合で32ゴール18アシストと圧巻の数字を残した。 この活躍にアトレティコのディエゴ・シメオネ監督が熱視線を送っているという。同クラブはポルトガル代表MFの獲得に向けて移籍金5000万ユーロ+ボーナス1000万ユーロの総額6000万ユーロ (約73億1000万円)のオファーを準備しているようだ。 しかし、B・フェルナンデスはマンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢が関心を示していると各紙は報じている。同選手の獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.06.16 14:06 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース