ボーンマス移籍のソランケ、デビューは2月か 指揮官が故障明かす2019.01.06 11:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスに所属するイングランド代表FWドメニク・ソランケのケガが判明した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。ソランケは今冬の移籍市場でリバプールからボーンマスに完全移籍。5日に行われたFAカップ3回戦のブライトン戦で早速ベンチ入りの可能性が浮上したが、姿はなかった。

1-3で敗れてFAカップ敗退が決まったエディ・ハウ監督は試合後、そのソランケの欠場理由について次のようにコメント。負傷を明かした。

「今の彼はハムストリングに問題がある。おそらく1月の大半を欠場することになるだろう。ひょっとしたら2月までかかる。我々はいくつかの検査を行った。小さなハムストリングの問題さ」

ボーンマスはプレミアリーグ第21節終了時点で8勝3分け10敗の12位。13日に行われる次節、エバートンとアウェイで対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

ボーンマス、今季トップデビューのアイルランド代表GKと契約延長

ボーンマスは15日、アイルランド代表GKマーク・トラバーズ(20)と契約延長したことを発表した。 2016年の夏にボーンマスの下部組織に加入したトラバーズは、2017年にレンタルで加入したサザンフットボールリーグ(イングランド7部)のウェイマスでプロデビュー。ボーンマスに復帰した今シーズンは、第37節のトッテナム戦でプレミアリーグデビューを飾ると、最終節のクリスタル・パレス戦にも出場した。 また、アイルランド代表としてはU-15から選出され、2019年3月にフル代表に選出された。なお、クラブは長期契約を締結と発表している。 2019.07.16 02:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、昨季躍動のカラム・ウィルソンと2023年まで契約延長

ボーンマスは12日、イングランド代表FWカラム・ウィルソン(27)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 2014年にコベントリーからボーンマスに移籍したカラム・ウィルソン。生粋のイングランド人タイプのストライカーで、昨季のプレミアリーグで14ゴール10アシストを記録し、チームの総得点の40%以上に関与した。 その活躍から昨年11月にはイングランド代表デビューを果たし、その試合となったアメリカ代表戦で初ゴールを飾った。 なお、チェリーズのエースにはチェルシーやウェストハムが獲得に関心を寄せていたが、カラム・ウィルソンはボーンマス残留を決意を示したようだ。 2019.07.13 06:05 Sat
twitterfacebook
thumb

ボーンマス、昨季躍動のカラム・ウィルソンに新契約オファー

ボーンマスが、イングランド代表FWカラム・ウィルソン(27)に新契約を用意しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 2014年にコベントリーからボーンマスに移籍したカラム・ウィルソン。生粋のイングランド人タイプのストライカーで、昨季のプレミアリーグで14ゴール10アシストを記録し、チームの総得点の40%以上に関与した。 その活躍から昨年11月にはイングランド代表デビューを果たし、その試合となったアメリカ代表戦で初ゴールを飾った。さらに今年1月にはチェルシーからの関心が噂されるなど、評価を高めた1年だった。 そのカラム・ウィルソンに今夏はウェストハムが興味。同クラブは先日にエースのFWマルコ・アルナウトビッチを上海上港に放出し代役を探しているところ。セルタのFWマキシ・ゴメスに触手を伸ばしていると言われる中で、チェリーズのエースにも目を光らせているという。 だが、ボーンマスにカラム・ウィルソンを売る気はなく、週給10万ポンド(約1300万円)の新契約を用意し慰留に努めているとのこと。なお『transfermarkt』によると、同選手の現在の市場価値は2500万ポンド(約33億9000万円)。また、ボーンマスから移籍する際、移籍金の10%がコベントリーに支払われる契約となっているようだ。 2019.07.10 14:51 Wed
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰のビラ、功労者ミングスの慰留に成功 ボーンマスから完全移籍

アストン・ビラは8日、ボーンマスに所属するイングランド人DFタイロン・ミングス(26)の完全移籍加入を発表した。 ミングスは2011年にイェート・タウンFCでプロデビュー後、数クラブを渡り歩き、2015年夏からボーンマスでプレー。昨シーズン途中からレンタルでアストン・ビラに加わり、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)15試合、プレーオフ3試合に出場してチームの3年ぶりとなるプレミアリーグ復帰に貢献した。 なお、契約に関する詳細は明らかにされていないが、イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、推定移籍金は最大で2500万ポンド(約34億円)程度。アストン・ビラにとって、今夏6人目の新戦力となる。 2019.07.09 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティがオランダ代表DFアケの獲得に動く!

マンチェスター・シティがボーンマスに所属するオランダ代表DFナタン・アケ(24)の獲得に乗り出したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 シティではベルギー代表DFヴァンサン・コンパニの退団に加え、アルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディの退団が濃厚となっており、今夏のCB補強が必須となっている。 ここまではマンチェスター・ユナイテッドと競合するレスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイアへの関心が伝えられてきたが、レスターの要求する法外な移籍金を受けて興味を失い始めているようだ。 そのため、ここにきてユベントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチ(32)など、より安価な金額で獲得可能な“プランB”への変更が伝えられている。 そして、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、現在シティはボーンマスで主力として活躍するアケに強い関心を示しているという。 母国フェイエノールトの下部組織からチェルシーのアカデミーに加入し、後にトップデビューを飾ったアケ。同クラブでポジションを掴むことはできなかったものの、レンタル先のワトフォードやボーンマスで評価を高めると、2017年夏に2000万ポンド(約27億円)といわれる金額でボーンマスに完全移籍。 180cmと上背こそないものの高い身体能力とセントラルMFや左サイドバックでもプレー可能なスピード、ボールスキルを武器に総合力の高い左利きのセンターバックは、4バックと3バックのいずれのシステムにも対応可能な戦術理解度も併せ持つ、ジョゼップ・グアルディオラ監督好みのプレーヤーだ。 また、ボーンマスの設定する4000万ポンド(約54億2000万円)といわれる移籍金もシティにとって問題なく支払える金額だ。 2019.07.03 14:30 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース