「キャリアは日本で終えたい」HSVのDF酒井高徳、将来について言及2019.01.03 12:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハンブルガーSVに所属する元日本代表DF酒井高徳(27)は、日本で現役生活を終えたいと考えているようだ。ドイツ『ハンブルガー・モルゲンポスト』が伝えている。アルビレックス新潟からドイツに渡り、シュツットガルトを経て、2015年7月にHSVへ完全移籍。2016-17シーズン途中からブンデスリーガ日本人選手初となるチームキャプテンを務めている。昨シーズンにチームはブンデスリーガ2部に降格したが、その後自身は2020年6月まで契約を延長した。

今シーズンドイツ8年目、HSV在籍4年目を迎えた酒井だが、HSV以外でプレーすることは考えていないとコメント。また、現役最後は日本でプレーすることを望んでいることを明かした。

「ハンブルガーSV以外でプレーすることは想像できない。(将来について)簡単なことではないし、多くの力が必要になる。僕のコンディションが1、2年でどうなるか見ていかなくてはならない」

「僕がこのチームに貢献できないと思ったら、おそらく日本に帰る。日本でキャリアを終えたいんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

伊藤達哉がオリンピック出場のために移籍志願?地元紙「彼は去りたがっている」

ハンブルガーSVの日本代表MF伊藤達哉(22)が移籍を望んでいるのではないかと地元ハンブルクの『ハンブルガーモルゲンポスト』が伝えた。 伊藤はシーズン終了後、フランスで行われたトゥーロン国際大会に参加。その後ブラジルへ飛び、同時選出されていたコパ・アメリカに参加するなどスケジュールはハードを極めた。休暇中の現在は宮古島や石垣島でバカンスを楽しんでいる事を自身のインスタグラム(tatsuyaito17)で伝えている。 同紙は伊藤が来週にもチームへ合流するようだとしたうえで、あまりに不利なポジション争いが待っていると指摘。主にサイドを主戦場とする同選手だが左にはFWベーカリー・ジャッタとMFソニー・キッテル、右にはMFカレド・ナレイとFWハイロ・サンペリオという実力者が複数おり、伊藤が入る余地は無いのではないかと伝えている。 昨シーズンは出場機会を大きく減らし、熱望する東京オリンピック出場へ向け危機感を抱き移籍を希望しているといわれる伊藤。はたしてどういった移籍先を見つけられるか。またそこでレギュラーを掴めるか。今後の動向に注目が集まる。 2019.07.09 16:44 Tue
twitterfacebook
thumb

ゼニト、HSVの元ブラジル代表DFドウグラス・サントスを獲得

ゼニトは5日、ハンブルガーSVの元ブラジル代表DFドウグラス・サントス(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 左サイドバックを本職とするドウグラスは、2016年リオデジャネリロ・オリンピックのブラジル代表メンバーとして、ブラジルの初の金メダル獲得に貢献。その後、アトレチコ・ミネイロから2016年夏にHSVに加入していた。HSVでは在籍4シーズンで公式戦88試合に出場して3ゴール9アシストを記録。2018-19シーズンはブンデスリーガ2部で33試合に出場して1ゴール6アシストを記録していた。 2019.07.05 22:48 Fri
twitterfacebook
thumb

コパ・アメリカ出場機会なしの伊藤達哉に地元紙「過酷な夏」

コパ・アメリカ未出場に終わったハンブルガーSVの日本代表MF伊藤達哉(22)に対して、地元ハンブルクの『ハンブルガー・モーゲンポスト』が「疲れ果てた過酷な夏」と表現した。 伊藤はフランスで行われたトゥーロン国際大会に準決勝まで参加し、その後同時並行して選ばれていたコパ・アメリカの代表チームに合流した。ただグループステージ(GS)3戦でいずれも出番がなく、日本代表もGSで敗退したため同選手は出場無しに終わっていた。 同紙は一連の出来事について「疲れ果てた夏、過酷な夏」と表現しており、また伊藤はコパ・アメリカ終了後の今週から約3週間の休暇を取るため、2019-20シーズンからハンブルガーSVの指揮を執るディーター・ヘッキング新監督の下ではポジション争いで出遅れるのではないかと懸念している。 17-18シーズンでブレイクを果たしたものの昨シーズン終盤には二軍落ちも味わった伊藤。東京五輪を来年に控え雪辱を期す今シーズンは巻き返しなるか、今後の活躍に大いに注目していきたい。 2019.06.26 15:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ファン・デル・ファールトの引退試合が10月に開催! 招待される選手が豪華すぎる

ハンブルガーSVは7日、昨年11月に現役を引退した元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールトの引退試合を10月に開催することを発表した。 ファン・デル・ファールトは2000年にアヤックスでプロキャリアをスタート後、ハンブルガーSVやレアル・マドリー、トッテナム、ベティス、FCミッティランでプレー。ハンブルガーSVでは公式戦199試合に出場し66ゴール55アシストという成績を収めた。 今回の引退試合は『GAME OF CHAMPIONS』と銘打たれ、“Rafa's HSV Stars”と“Rafa's All Stars”に分かれて試合を行う。 その“Rafa's All Stars”として招待されているメンバーが豪華すぎるのだ。 まずGKには、同じアヤックス出身で同胞のエドウィン・ファン・デル・サール。同様にアヤックス出身者ではエドガー・ダービッツやパトリック・クライファート、クラレンス・セードルフ、ヴェスレイ・スナイデルら往年のレジェンドたちが顔を揃えた。 その他では、マルク・ファン・ボメルやアリエン・ロッベン、マルク・オーフェルマルス、ジョバンニ・ファン・ブロンクホルストなど“オランイェ”を代表する選手たちが招待されている。 そんな、名前を聞いただけでも盛り上がってしまう記念試合は10月13日にハンブルガーSVの本拠地・フォルクスパルクシュタディオンで行われる。 現在発表されているメンバーは以下の通り。 1.エドウィン・ファン・デル・サール 2.ミチェル・サルガド 7.マルク・オーフェルマルス 9.パトリック・クライファート 10.アリエン・ロッベン 11.ロビン・ファン・ペルシー 12.ジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト 13.エドガー・ダービッツ 14.ヴェスレイ・スナイデル 17.マルク・ファン・ボメル 18.ディルク・カイト 20.クラレンス・セードルフ 23.ラファエル・ファン・デル・ファールト 26.クリスティアン・キヴ 2019.06.10 15:00 Mon
twitterfacebook
thumb

1年での1部復帰逃したHSV、今季チーム得点王ラソッガがカタール移籍

ブンデスリーガ2部に所属するハンブルガーSVは4日、ドイツ人FWピエール=ミシェル・ラソッガ(27)がカタールのアル・アラビにフリートランスファーで加入することを発表した。なお、ラソッガは3年契約にサインしている。 ラソッガは、シャルケやヴォルフスブルク、レバークーゼンの下部組織を経て、2010年にレバークーゼンのトップチームに昇格。その後、ヘルタ・ベルリンでの活躍を経て2014年夏に前年にレンタル移籍で加入していたHSVに完全移籍。昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のリーズに1年間のレンタル移籍に出されていた。 今シーズンはブンデスリーガ創設以降、初めて2部降格となったHSVに復帰し、リーグ戦27試合でチーム最多の13ゴールを記録したが、チームは最終的に4位でシーズンを終えることになり、1年での1部復帰を逃していた。 そして、今シーズン限りでHSVとの契約が終了となるラソッガは、カタールに新天地を求めることになった。 2019.06.05 15:57 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース