9戦ぶりのクリーンシート達成でユナイテッドが新年白星スタートでリーグ4連勝!《プレミアリーグ》2019.01.03 07:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドは2日、プレミアリーグ第21節でニューカッスルと対戦し、2-0で勝利した。ニューカッスルの日本代表FW武藤嘉紀は、81分からプレーした。前節のボーンマス戦を4-1と快勝したユナイテッドが、リーグ戦3試合未勝利中のニューカッスルのホームに乗り込んだ一戦。スールシャール体制後3連勝と好調を維持するユナイテッドは、前節からスタメンを3人変更。リンガード、ヤング、バイリーに代得てマタ、バレンシア、フィル・ジョーンズをスタメンで起用した。

一方のニューカッスルは、前節のワトフォード戦からスタメンを1人変更。F・フェルナンデスに代えてシェアを起用。武藤は2試合連続のベンチスタートとなった。

立ち上がりから試合を優勢に進めるユナイテッドは4分、相手のクリアボールをボックス左横で拾ったポグバが縦への仕掛けからシュート。さらに9分には、バイタルエリア左で獲得したFKをラッシュフォードが直接狙うも、共にシュートは相手GKのセーブに阻まれた。

前半半ばから終盤にかけてはボールを保持するユナイテッドが相手陣内でのプレーを増やしていくが、最後の場面で連係ミスやアイデア不足が目立ち決定機まで持ち込めない。31分には、エレーラの鋭い縦パスをボックス左手前のマルシャルがヒールで繋ぐとボックス内に新にゅしたラッシュフォードの折り返しから最後はマタがシュート。しかし、これも飛び出した相手GKのブロックに阻まれた。

後半に入っても先制点が遠いユナイテッドは、63分にマルシャルとマタを下げてルカクとサンチェスを投入する2枚替えを敢行。すると64分、バイタルエリアで獲得したFKをラッシュフォードが直接狙うと、GKドゥブラフカのファンブルしたボールをルカクが押し込み、ユナイテッドが待望の先制点を奪った。

先制点で勢いづくユナイテッドは、80分にも決定機。右サイド持ち上がったルカクの折り返しをサンチェスがペナルティアーク右で受けると、絶妙なパスをゴール左手前へ供給。これを受けたラッシュフォードが冷静にシュートをゴール右隅に流し込んだ。

リードを広げられたニューカッスルは、直後の81分にシェアを下げて武藤を投入。しかし、最後までゴールネットを揺らすことはできず。試合は2-0でユナイテッドが勝利。公式戦9試合ぶりのクリーンシートを達成したユナイテッドが、リーグ戦4連勝とともに新年初勝利を飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

レアルに行かせてくれ! ポグバ、強硬手段か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が強硬手段に転じるという。イギリス『ミラー』が報じた。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで、主力流失の可能性も浮上しているユナイテッド。その退団候補筆頭として挙がるポグバを巡り、古巣ユベントスや、レアル・マドリーの関心が長らく取り沙汰され続けており、今夏の去就に注目が集まっている。 そのポグバは、自身を手放したがっていないユナイテッドの意向に反して、移籍を希望。心に決めているレアル・マドリー行きを叶えるべく、トランスファーリクエストを提出する準備ができており、ユナイテッドの出方次第でストライキ決行もやむなしの覚悟だという。 だが、ユナイテッドはポグバを手放す場合、1億6000万ポンド(約218億6000万円)に迫る移籍金を要求。今夏の移籍市場ですでに大金を投じたレアル・マドリーは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触を懸念して、ユナイテッドの要求に応じる姿勢がない模様だ。 1年間の延長オプションを除けば、ユナイテッドと2年間の現行契約を残しているポグバ。レアル・マドリーは1億1100万ポンド以上(約151億6000万円)を上限に獲得を目指しているとされるが、いかに…。 2019.06.16 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

豪快弾のブラジル代表FWエヴェルトン、欧州挑戦をほのめかす注目発言!

グレミオに所属するブラジル代表FWエヴェルトン(23)が今夏の欧州挑戦を示唆した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 エヴェルトンは2018年9月にブラジル代表デビューを果たした新星。ウィングやセンターフォワードでプレー可能で、ミランやパリ・サンジェルマン(PSG)、ユナイテッドとシティのマンチェスター勢がこぞって熱視線を注いでいるとみられ、今後の動向に注目が集まっている。 そのエヴェルントンは、自国開催となるコパ・アメリカ2019のブラジル代表に選出。15日に行われたグループA第1戦のボリビア代表戦は途中出場だったが、85分に左サイドからカットインしての強烈な右足シュートを叩き込み、ブラジルの白星スタートに貢献した。 個人としてもインパクトを残したエヴェルントンは同試合後、ミックスゾーンで今後の去就について問われると、次のようにコメント。関心が取り沙汰されるユナイテッドの名前を挙げ、移籍に前向きであることをほのめかしたという。 「頭のなかにあるのは、代表のことだけ。僕は選手として、常に頂きを目指している。左サイドからのカットインとフィニッシュは、僕の武器だ。ヨーロッパのクラブでもこのスタイルでプレーする選手がいるから、僕も適応できると思う。マンチェスター・ユナイテッドだろうが、そのほかのクラブだろうがね」 2019.06.16 10:00 Sun
twitterfacebook
thumb

CB強化必至のユナイテッド、ハマーズ長身DFが新たにターゲット入り

マンチェスター・ユナイテッドがフランス人DFイッサ・ディオプ(22)に興味を示しているという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 世代別のフランス代表歴を持つディオプは昨夏、ウェストハム史上最高額の移籍金2200万ポンドでトゥールーズから加入。身長194cmの長身が魅力のセンターバックで、初挑戦のイングランドでもすぐさま主力の座を射止め、公式戦38試合2得点をマークした。 今夏の移籍市場でセンターバックの強化を最優先事項に掲げるユナイテッドは、ナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)や、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)をリストアップしているとみられる。 ただ、クリバリ(1億8000万ポンド/約246億9000万円)と、マグワイア(8000万ポンド/約109億3000万円)の価格はともに高額であり、失敗した場合の代替え案として、新たにディオプに目を光らせているという。 ユナイテッドは選手1人の譲渡と、移籍金4500万ポンド(約61億4000万円)を支払う意思を示している模様。だが、ウェストハムに売るつもりはなく、6000万ポンド(約81億9000万円)未満のオファーに応じない姿勢とのことだ。 2019.06.16 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ優勝後にボルトがスターリングに電話… 何を話したのか

今季のプレミアリーグでマンチェスター・シティが優勝を決めた後、ウサイン・ボルト氏がシティFWラヒーム・スターリングに電話をしていたことが分かった。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズンのプレミアはシティとリバプールが稀に見るデッドヒートを見せ、最終的に勝ち点1上回ったシティが2連覇を達成した。マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンで知られるボルト氏が、愛するクラブが低迷する中で応援していたのは同じ町のシティだった。 シティの優勝が決まった後、ボルト氏はスターリングに電話。『いいかよく聞けよ。これが最初で最後だからな。僕がシティを応援するのは』と話したという。また、「とても嬉しくてスターリングに電話したんだ。あの時はかなり興奮していたね」とも語る。 一方でシーズンを通して低空飛行を続けたユナイテッドに関してボルト氏はこのようにコメントしている。 「彼らには才能があるし活力もある。うまくいけば新しい選手を何人か連れてこられるね」 「誰が来るかはわからないけど、僕らには新しい指揮官がついている。ここに来る選手がそれぞれ自信を持っているか、それが問題だね」 2019.06.15 16:39 Sat
twitterfacebook
thumb

ブルーノ・フェルナンデス争奪戦、ユナイテッド優勢か

マンチェスター・ユナイテッドがスポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)の争奪戦で優位に立っているのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今シーズン、公式戦32得点18アシストのハイパフォーマンスを披露したブルーノ・フェルナンデス。今夏、ユナイテッドのほか、マンチェスター・シティ、リバプール、トッテナムといったプレミアリーグ勢の関心が取り沙汰されており、動向に注目が集まっている。 だが、トップ下やインサイドハーフが主戦場のブルーノ・フェルナンデスに対して、リバプールは興味を失っており、トッテナムも撤退。シティも熱が冷め気味であるため、依然として関心を示しているユナイテッドに獲得レースを制する可能性が出てきているという。 そのブルーノ・フェルナンデス獲得に必要といわれる移籍金は5000万ポンド(約68億3000万円)。すでにウェールズ代表MFダニエル・ジェームズ(21)を獲得したユナイテッドは、ポルトガルの人気プレーメーカーをも射止めるのだろうか。 なお、ユナイテッドはイギリス産の有望株を中心とした補強が指摘されており、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)や、クリスタル・パレスのU-21同国代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)にも関心を示しているとみられる。 2019.06.15 16:05 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース