チェルシーvsセインツはゴールレス! フル出場吉田がPLデビューのGKガンと共に無失点に貢献《プレミアリーグ》2019.01.03 06:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第21節、チェルシーvsサウサンプトンが2日にスタンフォード・ブリッジで行われ、0-0のドローに終わった。なお、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たした。4位のチェルシー(勝ち点43)と17位のサウサンプトン(勝ち点15)による2019年のリーグ初戦。2018年最終戦となったクリスタル・パレス戦を競り勝ったチェルシーは2連勝で2018年を締めくくった。新年初戦で3連勝を目指すチームはパレス戦で負傷したジルーに代わってモラタを最前線で起用した以外同じメンバーを起用した。

一方、マンチェスター・シティに大敗して2018年を終えたサウサンプトンは連敗ストップを目指す新年初戦に向けてベドナレク、ロメウ、ワード=プラウズを除く先発8人を変更。守護神マッカーシーに代わって昨夏シティから加入したGKガンがプレミアデビューを飾ったほか、吉田やイングス、セドリックらが先発に復帰。システムも[4-1-4-1]から[3-4-2-1]に戻した。

試合は戦前の予想通り、ホームのチェルシーが後方から丁寧にボールを動かしながらサウサンプトンを押し込んでいく。13分にはアスピリクエタのフィードに対してオフサイドラインを掻い潜ったモラタがヘディングシュートを狙うが、これは力なくGKガンの腕の中に収まる。

一方、自陣でブロックを形成しながらカウンターからチャンスを窺うサウサンプトンは16分、左サイドのセドリックからのクロスをゴール前に走り込んだイングスが頭で合わすが、これは枠を捉えきれず。逆に24分にはボックス右で仕掛けたウィリアンに枠を捉えたシュートを許すが、ここはDF吉田の身体を張ったシュートブロックで凌いだ。

前半半ばを過ぎても試合展開に大きな変化はなし。しかし、34分にはチェルシーにこの試合最大の決定機。リュディガーのロングフィードに反応したアザールがボックス左でフリーとなりニアを狙ったシュートを放つが、これはGKガンのビッグセーブに阻まれる。

すると直後にはアクシデントが発生。吉田との接触で左足を痛めたウィリアンがプレー続行不可能となり、ロフタス=チークが緊急投入される。前線に新たな負傷者を出して嫌なムードが漂う中、40分にはボックス右でバークリーのパスを受けたモラタに決定機も右足のシュートはDFヴァレリの出した足に当たってしまい、枠外に外れた。

チェルシーペースもゴールレスで折り返した試合。後半先に動いたのはアウェイのサウサンプトン。イングスに代えてより機動力があるロングをハーフタイム明けに投入した。すると、キックオフ直後には左サイドから切り込んだアームストロングが右足のミドルシュートを放つが、これはGKケパにはじき出された。

チェルシーの身体の重さ、サウサンプトンの出足が増したことで後半は完全にイーブンな形で試合は進んでいく。吉田を中心に最終ラインがクロスやシュートにきっちり身体を投げ出してピンチを凌ぐアウェイチームは、攻撃の場面ではアームストロングが馬力のある縦への仕掛けで再三相手陣内の深い位置までボールを運びロングらがフィニッシュに絡んでいく。

一方、後半に入ってリズムを掴めないチェルシーは68分、精彩を欠いたバークリーを下げてモナコ移籍が噂されるセスクがプレミア通算350回目のピッチに投入される。この交代直後の70分にはゴール左に抜け出したモラタのシュートがネットを揺らすが、これはオフサイドの判定で認められず。

何とかゴールをこじ開けたいチェルシーは78分に絶好機。ハーフウェイライン付近でボールを受けたセスクが絶妙なスルーパスをロフタス=チークに通すと、ロフタス=チークはボックス左に走り込むモラタへ丁寧なラストパス。しかし、モラタのニアを狙ったシュートはGKガンに読まれて先制点とはならず。

その後も相手を押し込んで再三の決定機を作ったチェルシーだったが、集中力を切らさないセインツ守備陣を最後までこじ開けることはできず。この結果、2連勝と2連敗と好対照のチーム同士による新年初戦はゴールレスドローで決着。攻め手を欠いたチェルシーにとっては痛恨の勝ち点逸も、敵地で連敗ストップのセインツにとっては価値ある勝ち点1となった。なお、吉田は今節を最後にUAEで行われるアジアカップに参戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、またしてもセインツから補強画策か! その“ターゲット”は?

リバプールがサウサンプトンに所属するイングランド人DFマット・ターゲット(23)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『TeamTalk』が伝えている。 リバプールは先日、スペイン代表DFアルベルト・モレーノの今シーズン限りでの退団を発表。そのため、左サイドバックの絶対的主力であるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを担う選手は、いずれも本職ではない元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー、イングランド代表DFジョー・ゴメスの2選手のみとなっている。 そのため、今夏の移籍市場においてロバートソンのバックアッパー獲得は優先事項の1つとなっている。 『TeamTalk』が伝えるところによれば、リバプールがその候補としてリストアップしているのは、“お得意様”のサウサンプトンに所属するターゲットだという。 セインツの下部組織出身のターゲットは、イングランド代表の世代別チームに常に選出されてきた左利きのサイドバック。2014年にトップチームデビューを果たすも、以降はなかなか出場機会を得ることができず。 それでも、今シーズンは公式戦21試合に出場し1ゴール3アシストとまずまずの数字を残すと共に、持ち味である高精度のクロスやビルドアップへの高い貢献で評価を高めている。 1000万ポンド(約13億6000万円)の値付けがされている中、アストン・ビラやアーセナルからの関心も伝えられている。 なお、リバプールは近年、FWリッキー・ランバート(現役引退)、MFアダム・ララナ、DFナサニエル・クライン(今季はボーンマスにレンタル)、DFデヤン・ロブレン、FWサディオ・マネ、DFヴィルヒル・ファン・ダイクと毎年のようにセインツの主力を引き抜いており、巷でセインツは“リバプールの下部組織”とも揶揄されている。 2019.06.18 04:57 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、ミニョレアウトでマッカーシー獲得か

リバプールが、サウサンプトンのイングランド代表GKアレックス・マッカーシー(29)の獲得を考慮しているようだ、イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジル代表GKアリソン・ベッカーが守護神を務めるリバプールでは、昨シーズン前半までレギュラーを張っていたGKシモン・ミニョレが第二GKを役割を果たしている。 伝えられるところによると、ミニョレは今夏で退団する可能性が高いようで、リバプールは代役としてマッカーシーに白羽の矢を立てたという。 マッカーシーは2016年夏にクリスタル・パレスからセインツに移籍。昨季後半から正GKの座を掴んだが、今季終盤はGKアンガス・ガンの台頭により出場機会を無くした。一方で、昨年11月にはアメリカ代表との親善試合でイングランド代表デビューを果たしている。 2022年まで契約を残しているが、セインツはオファー次第で移籍に応じる構えとのことだ。 2019.06.17 14:02 Mon
twitterfacebook
thumb

セインツ、マリ代表FWムサ・ジェネポを獲得!

サウサンプトンは13日、スタンダール・リエージュからマリ代表FWムサ・ジェネポ(20)を獲得したことを発表した。契約は4年となる。 母国でプロデビューを果たしたジェネポは2017年1月のレンタルでの加入後、同年7月に完全移籍でスタンダール・リエージュ入り。左ウイングを主戦場とし、ダイナミックなドリブルでチャンスメイクするプレーが持ち味の選手。2018-19シーズンはジュピラー・プロ・リーグで25試合に出場し7ゴール3アシスト。ヨーロッパリーグでも5試合で3点奪っており、大舞台でも物怖じしない印象だ。 そんなジェネポはサウサンプトンの公式サイトで「夢が叶った」と今回の移籍についてコメント。新たな挑戦に胸を躍らせている。 「とても誇りに思う。サウサンプトンは偉大なクラブだからすごく嬉しいよ」 「本当にいいクラブだ。常に前に進んでいるよね。設備も良いし、新たに始めるにはもってこいの環境だ。成長できると思う」 「楽しみだよ。新しい家族のことを知りたい。早くチームメイトに会って、彼らの隣に居られるようハードワークしないとね」 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、移籍金は最大1500万ポンド(約20億円)になる見込みだ。 2019.06.13 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

“リバプールの下部組織”セインツのFWオースティンの行動が物議! フィルミノユニ着用でCL決勝を応援

サウサンプトンの元イングランド代表FWチャーリー・オースティンが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝戦開催時に行ったSNSの投稿でセインツファンの怒りを買ったようだ。 1日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝、トッテナムvsリバプールは、リバプールが2-0で勝利し、14シーズンぶり6度目の優勝を果たした。 11年ぶりのイングランド対決となったこのファイナルは、普段プレミアリーグでプレーする他クラブの選手たちにとっていつも以上に身近なものとなったが、その中でオースティンは自身の不用意な行動によってセインツファンの怒りを買ってしまった。 オースティンは1日、「カモン、レッドマン!」というコメントと共にFWロベルト・フィルミノの名前がプリントされたリバプールのユニフォームを着用する自身の姿を写した画像を投稿。さらに、試合中にはリバプールを応援し、試合後にはかつての同僚DFヴィルヒル・ファン・ダイクへのお祝いの言葉をコメントしていた。 以前からリバプールファンとして知られるオースティンだが、同一リーグではないコンペティションで他クラブを応援すること自体は問題ない。 さらに、ファン・ダイクとFWサディオ・マネはサウサンプトンの元同僚であり、仮にリバプールのユニフォームだったとしても両選手の名前がプリントされたものであれば、百歩譲って問題視されることはなかっただろう。 しかし、サウサンプトンにとって何のゆかりもないフィルミノのユニフォームを着て堂々と他クラブを応援した点がセインツファンの怒りを買うことになった。 なおここ数年、サウサンプトンはFWリッキー・ランバート(現役引退)、MFアダム・ララナ、DFナサニエル・クライン(今季はボーンマスにレンタル)、DFデヤン・ロブレン、マネ、ファン・ダイクと毎年のようにリバプールに主力を引き抜かれ、巷では“リバプールの下部組織”とも揶揄されている。 そのため、多くのセインツファンはリバプールのことを快く思っておらず、その中での主力選手の今回の行動に、「来季はセインツのユニフォームを着るな」、「裏切られた」、「リバプールへの売り込みか」など、SNS上で非難の声が上がっている。 ◆さすがにやり過ぎか? https://twitter.com/chazaustin10/status/1134815832780025856 2019.06.03 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

偉大すぎるクロップのひと声…マネにユナイテッド移籍寸前の過去!

リバプールに所属するセネガル代表FWサディオ・マネがマンチェスター・ユナイテッド移籍に迫った過去を明かした。イギリス『メトロ』が報じた。 マネは2016年にサウサンプトンから加入すると、アフリカ人特有の身体能力を生かした確かな攻撃性能ですぐさまレギュラーの座に定着。背番号「10」を継承した今シーズンも見事な活躍をみせ、プレミアリーグ得点王を初受賞するなど、クラブとともに輝かしい成功を続けている。 そんなマネはリバプール移籍前の2016年、ルイス・ファン・ハール氏が率いた当時のユナイテッド行きに向かっていたという。イギリス『ミラー』で対談したリバプールOBのロビー・ファウラー氏からユナイテッド移籍に迫った当時について問われると、次のように話している。 「本当に、本当に近づいていたよ。彼らと会談して、前のボス(ファン・ハール)とも話をしていたんだ。彼らからオファーもあったけど、その週にクロップから電話をもらって、こう言われたのさ。『(リバプールが)正しいクラブだと思う。君にとっても、正しい監督で、リバプールに行くことこそがベターな選択だと思うよ』ってね。僕も正しいタイミングだと思ったから、『リバプールに行く』って返したんだ」 2019.06.01 16:15 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース