シティが3戦ぶり白星で新年初戦リバプールとの大一番へ! 吉田4戦ぶり不出場のセインツは連敗…《プレミアリーグ》2018.12.31 01:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽プレミアリーグ第20節、サウサンプトンvsマンチェスター・シティが30日にセント・メリーズ・スタジアムで行われ、アウェイのシティが3-1で勝利した。なお、サウサンプトンDF吉田麻也はベンチ入りも出場機会はなかった。▽クリスタル・パレス、レスター・シティ相手にまさかの連敗を喫し3位に転落したシティ。2019年の初戦にして勝ち点7差をつけられる首位のリバプール戦を次節に控える中、16位のサウサンプトン相手に連敗ストップを目指した。レスター戦からは先発5選手を変更。レスター戦の一発退場で3試合停止のデルフ、ベンチ外のデ・ブライネ、ギュンドアンらに代わってジンチェンコ、シルバ、フェルナンジーニョらが復帰した。

▽一方、ハッセンヒュッテル新監督の下でアーセナル、ハダースフィールドに連勝も直近のウェストハム戦で敗れたサウサンプトンはその試合から先発を大幅に変更。システムを[3-4-2-1]から[4-1-4-1]に変更し、吉田は4試合ぶりにベンチスタートとなった。

▽立ち上がりにゴール前の混戦からシルバがいきなり決定的なシュートを放つなど攻勢を見せたシティは10分、右サイドでダニーロとのワンツーでボックス右ライン際に持ち込んだベルナルド・シウバが丁寧にマイナスの折り返しを入れると、これをボックス中央に走り込んだシルバが左足で合わせ、早い時間帯に先制点を奪う。

▽幸先良く先制に成功したシティはその後もボールの主導権を握って追加点に迫っていく。19分にはロングカウンターから2人の味方をオトリにしたマフレズがボックス手前から左足のシュートを放つが、これは枠の左に外れる。さらに25分にはスターリングのラストパスからアグエロに決定機も、このシュートは相手GKの好守に遭う。

▽良い形で攻めながらも追加点を奪いきれないシティは33分にワード=プラウズの左CKをニアのオースティンに頭で合わせられるが、至近距離からのシュートはGKエデルソンがビッグセーブで凌ぐ。しかし、直近2試合で逆転負けを喫しているチームは37分、自陣中央でボールコントロールにもたついたジンチェンコがホイビュルクにボールを奪われ、強烈な右足のシュートをネットに突き刺され、同点ゴールを許した。

▽ミスからの失点で動揺が見えるアウェイチームは相手の勢いづいたプレスに苦戦を強いられると、自陣ボックス内で裏を取られたジンチェンコがワード=プラウズを後方から押し倒してあわやPKというピンチを招くがこれは判定に救われる。

▽直近2試合と同じような難しい状況が続くシティだったが、前半終了間際に王者としての意地を見せる。まずは45分、ペナルティアーク付近でクサビのパスを受けたシルバの見事なキープからボックス左に走り込むスターリングにパスが繋がると、スターリングはすかさず鋭いクロスを入れる。これがワード=プラウズに当たって大きくコースが変わると、GKマッカーシーの懸命な反応も実らず、ボールがゴールネットに吸い込まれる。

▽さらに前半アディショナルタイム3分にはボックス手前左でパスを受けたジンチェンコからの左足のクロスをセンターバック2枚の間に入ったアグエロが頭で合わせ、ハーフタイム直前の連続得点で一気に突き放した。

▽苦しみながらも2点リードで試合を折り返したシティは後半に入って完全に主導権を掌握。相手陣内深くでの流れるようなダイレクトプレーから再三ゴールに迫っていく。55分にはシルバとのパス交換でボックス左に抜け出したスターリングがニアを狙ってシュートもGKマッカーシーの好守に遭う。59分には距離のあるマフレズのFKに抜け出したアグエロが鋭い反転シュートも今度は枠に阻まれた。

▽なかなか相手の心を折る4点目を奪えないシティは73分にアグエロを下げてガブリエウ・ジェズスを投入。80分にはそのジェズスのスルーパスからマフレズに絶好機もこの試合で好守連発の相手GKマッカーシーに阻まれる。

▽その後、フェルナンジーニョへの悪質なタックルでホイビュルクが一発退場となり、意外な形で大勢が決した中、マフレズ、フェルナンジーニョを下げてザネ、ウォーカーの投入で試合を締めくくったシティが連敗をストップする3試合ぶりの白星を手にした。そして、トッテナムを抜き2位に返り咲くと共に勝ち点7差を保って2019年1月3日に行われるリバプールとの大一番に臨むことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ優勝後にボルトがスターリングに電話… 何を話したのか

今季のプレミアリーグでマンチェスター・シティが優勝を決めた後、ウサイン・ボルト氏がシティFWラヒーム・スターリングに電話をしていたことが分かった。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズンのプレミアはシティとリバプールが稀に見るデッドヒートを見せ、最終的に勝ち点1上回ったシティが2連覇を達成した。マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンで知られるボルト氏が、愛するクラブが低迷する中で応援していたのは同じ町のシティだった。 シティの優勝が決まった後、ボルト氏はスターリングに電話。『いいかよく聞けよ。これが最初で最後だからな。僕がシティを応援するのは』と話したという。また、「とても嬉しくてスターリングに電話したんだ。あの時はかなり興奮していたね」とも語る。 一方でシーズンを通して低空飛行を続けたユナイテッドに関してボルト氏はこのようにコメントしている。 「彼らには才能があるし活力もある。うまくいけば新しい選手を何人か連れてこられるね」 「誰が来るかはわからないけど、僕らには新しい指揮官がついている。ここに来る選手がそれぞれ自信を持っているか、それが問題だね」 2019.06.15 16:39 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグの新シーズン日程が発表! 開幕からユナイテッドとチェルシーが激突!

プレミアリーグは13日、2019-20シーズンの日程を発表した。 史上稀にみるデッドヒートを繰り広げた昨シーズンのプレミアリーグ。王者マンチェスター・シティが烈火の如き強さを見せた中、リバプールが最後の最後まで食らいつき、プレミアリーグ創設以降クラブ最多の勝ち点97を獲得したが、シティの連覇を止めることはできなかった。 そんなリバプールの猛追を振り切って優勝したシティは、昨季はイングランド史上初の国内三冠を達成。そんな完全王者の開幕節はウェストハムとのアウェイゲームに決まった。 プレミア優勝は逃してしまったものの、チャンピオンズリーグ(CL)制覇で特別な1年となったリバプールは、昇格組のノリッジと開幕戦を戦う。舞台はアンフィールドだ。 そんな2チームの試合より注目すべき試合は、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーだ。昨季はシーズン途中の監督交代も不調から抜け出せなかったユナイテッド。今のところ目立った補強は若手のダニエル・ジェームズの身となっているが、2年目のオーレ・グンナー・スールシャール監督はどんなチームに仕上げてくるのだろうか。 そのユナイテッドよりも深刻なのがチェルシーだ。昨季は何とか3位に入りCL出場権を獲得できたものの、来季に向けて不安だらけ。補強禁止処分に監督交代と連日ネガティブな噂が絶えないが、開幕まで残り2カ月を切った中、どのような計画を用意しているのだろうか。 その他、昇格組のシェフィールド・ユナイテッドはアウェイでボーンマスと対戦。アストン・ビラはこちらもアウェイでトッテナムと対戦する。また、吉田麻也擁するサウサンプトンはアウェイでバーンリーと、武藤義紀のニューカッスルはアーセナルをホームに迎え撃つ。 なお、今シーズンからプレミアリーグでもVARが導入予定となっている。2019-20シーズンのプレミアリーグ開幕からの3節および最終節の対戦カードは以下のとおり。 ◆2019-20シーズン プレミアリーグ(※は昇格チーム) 【開幕節】 《2019年8月9日》 リバプール vs ノリッジ※ 《2019年8月10日》 ウェストハム vs マンチェスター・シティ ボーンマス vs シェフィールド・ユナイテッド※ バーンリー vs サウサンプトン クリスタル・パレス vs エバートン レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン ワトフォード vs ブライトン トッテナム vs アストン・ビラ※ 《2019年8月11日》 ニューカッスル vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs チェルシー 【第2節】 《2019年8月17日》 アーセナル vs バーンリー アストン・ビラ vs ボーンマス ブライトン vs ウェストハム チェルシー vs レスター・シティ エバートン vs ワトフォード マンチェスター・シティ vs トッテナム ノリッジ vs ニューカッスル シェフィールド・ユナイテッド vs クリスタル・パレス サウサンプトン vs リバプール ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド 【第3節】 《2019年8月24日》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ アストン・ビラ vs エバートン ブライトン vs サウサンプトン リバプール vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs クリスタル・パレス ノリッジ vs チェルシー シェフィールド・ユナイテッド vs レスター・シティ トッテナム vs ニューカッスル ワトフォード vs ウェストハム ウォルバーハンプトン vs バーンリー 【最終節】 《2020年5月17日》 アーセナル vs ワトフォード バーンリー vs ブライトン チェルシー vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs トッテナム エバートン vs ボーンマス レスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド マンチェスター・シティ vs ノリッジ ニューカッスル vs リバプール サウサンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ウェストハム vs アストン・ビラ 2019.06.13 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ、来季退任の可能性を否定「長期休暇はとらない。私はまだ若く、欲がある」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督には、長期休暇をとる気などないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がスペイン『マルカ』を引用して伝えている。 2016-17シーズンからシティを指揮するグアルディオラ監督。1年目こそ無冠に終わったが、翌シーズンにプレミアリーグとEFLカップの2冠を達成すると、今シーズンはリバプールとの熾烈な優勝を争いを制したプレミアリーグの他、EFLカップ、FAカップ優勝を成し遂げ、国内3冠を達成した。 グアルディオラ監督とシティの契約は2021年6月まで。そんな中、最近、イギリスメディアが『グアルディオラ監督は、来シーズンにシティがチャンピオンズリーグ優勝の悲願を達成したら、長期休暇をとるために契約を残して退任する可能性がある』と報じた。 しかし、グアルディオラ監督はこの可能性を真っ向から否定している。 「ノーだね。長期休暇はとらない。私はまだ若く、欲がある」 「ニュースが出てきても、多くのことは真実ではない。彼ら(マンチェスター・シティ)が私を追い出さなければ、私は留まるよ」 「みんながチャンピオンズリーグを勝ち取りたいと思う。それが最も美しいものであるからだ。失敗しても、最後まで挑戦することが重要だ」 2019.06.13 08:50 Thu
twitterfacebook
thumb

新シーズンのプレミア開幕カードが1日前にリーク? スパーズvsノリッジが開幕戦か

プレミアリーグは現地時間13日に2019-20シーズンの日程を発表する予定だが、すでに開幕カードの情報がリークされているようだ。イギリス『101greatgoals』など複数メディアが一足先に開幕カードを伝えている。 2019年8月10日に開幕する2019-20シーズンのプレミアリーグ。 昨年6月にイングランドサッカー協会(FA)との協議の下、過密スケジュールの緩和のためにウィンターブレイクの導入、その他の5大リーグに続いてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入が決定したことで注目を集める来季のプレミアリーグ。また、日程に関してはミッドウィーク開催が廃止となり、基本的には毎節週末開催となる予定だ。 なお、一足先にリークされた開幕カードに関しては今季4位のトッテナムと、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのノリッジの一戦がランチタイムキックオフで開幕戦となるようだ。 また、プレミアリーグ史に残る熾烈な優勝争いを演じたマンチェスター・シティとリバプールの2強は、リバプールが10日にバーンリーとのアウェイゲーム、シティが12日に同じくアウェイでウォルバーハンプトンと対戦する見込みだ。今回リークされた開幕節の対戦カードは以下の通り。 ◆プレミアリーグ開幕カード※非公式 ▽8/10(土) トッテナム vs ノリッジ ボーンマス vs シェフィールド・ユナイテッド クリスタル・パレス vs アーセナル エバートン vs ニューカッスル サウサンプトン vsチェルシー ワトフォード vs ウェストハム バーンリー vs リバプール ▽8/11(日) アストン・ビラ vs レスター マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン ▽8/12(月) ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・シティ 2019.06.13 02:04 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、デ・リフト逃した場合はオタメンディ獲りへ! 一方、攻撃OP増強へサラビアにも関心

パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)の獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏の移籍市場で最終ラインの補強を優先事項とするPSGは、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得レースに参戦。高額の年棒掲示で相思相愛と言われるバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドとのレースを制したい同クラブだが、本命バルセロナを前に旗色が悪い状況だ。 この状況を受けて、PSGは大幅にプラン変更を行い、3バックと4バックでプレー可能なベテランセンターバックのオタメンディへの関心を強めている模様だ。なお、イギリス『タイムズ』は同選手の移籍金が2200万ユーロ(約27億円)程度になると主張している。 一方、センターバックと並行して新たな攻撃オプションを増強したいPSGは、セビージャのスペイン人MFパブロ・サラビア(27)の獲得にも動いている模様だ。 スペイン『Estadio Deportivo』が伝えるところによれば、高精度の左足を武器に今季のリーグ戦でいずれもキャリアハイの13ゴール13アシストを記録したサラビアに関しては、1800万ユーロ(約22億1000万円)という格安の契約解除条項があり、高額なサラリーを武器に獲得を目指しているようだ。 2019.06.11 20:39 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース