差別被害のクリバリに強力な援軍が!2018.12.30 08:05 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽人種差別の被害を受けたナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリに強力な援軍だ。イギリス『BBC』が報じた。▽クリバリは26日に行われたセリエA第18節のインテル戦に出場。インテルの一部サポーターから心のない人種差別的なチャントを浴びせられ、大きな問題に発展している。

▽そのクリバリを擁するナポリは29日にホームでボローニャと対戦。この試合に駆けつけたナポリの一部ファンはスタンドから差別撲滅に動いた。

▽同ファンはクリバリの顔写真が印刷された紙をそれぞれ手に。さらに、メッセージボードやバナーも掲げられ、人種差別に対する反対姿勢を示した。

▽なお、クリバリはインテル戦で退場処分を受け、このボローニャ戦を欠場。ナポリは3-2の勝利を収め、2試合ぶりの白星を手にしている。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、ファン・ダイクの相棒にクリバリをリストアップ?

リバプールが、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『IL MATTINO』が報じた。 2014年夏にヘンクからナポリに加入したクリバリ。圧倒的なフィジカルを武器にセリエA屈指のセンターバックとして評価を高め、今シーズンの公式戦でも48試合に出場した。 そのクリバリに関してはマンチェスター・ユナイテッドが熱視線を送っていることが報じられている。しかし、今回伝えられるところによれば、ディフェンスリーダーであるDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒を探すリバプールが、クリバリの代理人であるファリ・ラマダニ氏とコンタクトを取ったという。 だが、その会談でナポリがクリバリに1億1120万ユーロ(約134億7000万円)の値札を張っていることを明かされたようだ。リバプールはこの金額での取引を望んでいないが、交渉を行う可能性があるとのことだ。 2019.06.19 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、新たにヒサイをリストアップか

マンチェスター・ユナイテッドが、ナポリに所属するアルバニア代表DFエルセイド・ヒサイ(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 2015年夏にマウリツィオ・サッリ監督(現ユベントス)が就任する際にエンポリからナポリへ加入したヒサイ。同監督体制では不動の右サイドバックとして活躍したが、カルロ・アンチェロッティ監督が就任した今シーズンはセリエAの出場は27試合と減少していた。 そのヒサイは先日、「僕のナポリでの時間は終わった。僕が必要としているような何かを与えてくれるチームを探しているよ」と、今夏の移籍希望を公言している。また、ナポリは今夏にレアル・マドリーのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)やPSVのメキシコ代表イルビング・ロサーノ(23)などの大型補強に動いており、ヒサイはその資金調達のために売却される見込み。すでに後釜の確保にも成功している。 アトレティコ・マドリーやインテルが関心を示しているところに新たにユナイテッドが参戦。両サイドバックでプレーできる選手として調査を行っているようだ。 2019.06.19 14:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、オスピナ買い取り3年契約へ

ナポリが、コロンビア代表GKダビド・オスピナ(30)の買取でアーセナルと合意したと『GOAL』がイタリア方面の情報をもとに伝えている。 記事によると、両クラブは移籍金300万ユーロ(約3億6500万円)でオスピナの完全移籍に合意。現在同選手はコロンビア代表としてコパ・アメリカに出場中のため、大会終了後に公式発表があると見られている。3年契約を結ぶようだ。 オスピナは2014年夏にニースからアーセナルに加入するも正GKの座を掴めず4年が経過。今季はドイツ代表GKベルント・レノの加入もあり、ナポリにレンタル移籍した。 ナポリではGKアレックス・メレトととレギュラー争いしながら公式戦24試合に出場した。 2019.06.16 19:18 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ロサーノ獲得が決定的に

PSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサーノ(23)のナポリ移籍が決定的となっているようだ。イタリア『calciomercato.com』が伝えている。 以前からナポリ移籍が噂されていたロサーノに関しては、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の情報によると、イングランドのビッグクラブやユベントスも関心を示す中で、ナポリが獲得レースで一歩リードしていると伝えられていた。しかし、その時点ではPSVとナポリの間に移籍金の隔たりがあった。 だが今回の報道によると、同選手の代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と、ナポリのクリスティアーノ・ジュントーリSD(スポーツ・ディレクター)はすでに合意に至っており、クラブ間でもおよそ5000万ユーロ(約61億円)で取引がまとまると見られている。 また個人間に関しては、年俸400万ユーロ(約4億8800万円)の5年契約を結ぶ見込みで、アウレリオ・デ・ラウレンティス会長政権下では最も高価な移籍になるようだ。 一方、ここ最近でロサーノに強い関心を寄せていたとされるパリ・サンジェルマンは、先日のレオナルド氏のSD就任によって争奪戦から撤退した模様。 早ければ来週にも移籍が決まるとのことだ。 2019.06.16 13:59 Sun
twitterfacebook
thumb

マノラス、ナポリ移籍か…個人合意報道

ローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(28)がナポリ移籍に迫っているという。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2014年夏にオリンピアコスから加わり、今夏移籍の憶測が浮上するマノラス。プレミアリーグ勢のほか、ミランやユベントスの関心が取り沙汰されてきたが、退団濃厚な元スペイン代表DFラウール・アルビオルの後釜を探すナポリとすでに個人合意に達した模様だ。 そうなれば、あとはローマとのクラブ間合意を残すのみだが、ナポリとの間に溝が…。獲得希望クラブに契約解除金3600万ユーロ(約43億7000万円)を要求しているローマに対して、ナポリは選手譲渡を含めたオファーで費用削減を狙っているとのことだ。 だが、ナポリが譲渡する選手に関しても、両者の主張が異なっている様子。ギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(21)の譲渡案を提示しているナポリだが、ローマはベルギー代表FWドリエス・メルテンス(32)を求めているようだ。 2019.06.16 12:40 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース