エンポリに苦戦もインテル、ケイタ弾で辛勝し連勝で年越し《セリエA》2018.12.30 01:00 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽インテルは29日、セリエA第19節でエンポリとのアウェイ戦に臨み、1-0で辛勝した。▽3日前に行われた前節ナポリとの上位対決をL・マルティネスの後半追加タイム弾で制した3位インテル(勝ち点36)は、ナポリ戦のスタメンから3選手を変更。ペリシッチ、ブロゾビッチ、ダンブロージオに代えてケイタ、ヴェシーノ、ヴルサリコを起用した。

▽3連敗中の16位エンポリ(勝ち点16)に対し、いつも通りの[4-3-3]を採用したインテルは3トップに右からポリターノ、イカルディ、ケイタと並べ、中盤アンカーにボルハ・バレロ、インサイドにジョアン・マリオとヴェシーノを配した。

▽エンポリがアグレッシブに入ったことで一進一退の攻防で立ち上がっていった一戦。左ウイングのケイタを起点に打開を図るインテルだったが、エンポリの守備網を攻略することはできない。

▽すると29分、CKからザイツの際どいヘディングシュートを浴びたインテルは直後、ポリターノのカッットンシュートでGKを強襲した。しかし、ハーフタイムにかけてはチャンスを生み出せず、ゴールレスで前半を終えた。

▽前半に2選手が負傷で交代を強いられたエンポリに対し、後半開始直後にピンチを迎えかけたインテルだったが、GKハンダノビッチの好飛び出しで凌いだ。直後、ケイタがボレーシュートでネットを揺らしたものの、オフサイドに阻まれてしまう。

▽引き続き主導権を握りきれないインテルは謹慎明けのナインゴランをヴェシーノに代えて投入。さらに67分、ボルハ・バレロに代えてL・マルティネスを投入し、勝負をかけた。

▽すると71分、FKの流れからデ・フライの折り返しをL・マルティネスがヒールで合わせる決定機を演出。これはゴール前のDFにブロックされたが、直後の72分に先制した。ヴルサリコの右クロスをケイタがボレーで合わせたシュートがゴール左隅に決まった

▽先制したインテルはケイタやイカルディが追加点に迫った中、終盤にかけてはケイタに代えてダンブロージオを投入し、逃げ切りを図った。そして、エンポリの反撃を許さずにそのまま1-0でシャットアウト。年内最後の試合を辛勝で制している。
コメント
関連ニュース
thumb

インテル行き噂のルカク、豪ツアー前の決着希望か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク(26)が7月前の去就決着を希望しているという。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 オーレ・グンナー・スールシャール体制下で序列が低下しているルカク。今夏のインテル入りを切望しているといわれており、来シーズンから指揮を執るアントニオ・コンテ氏もチェルシー時代に続いて同選手の獲得を熱望しているとみられ、今後の動向に注目が集まっている。 ユナイテッドは移籍金7500万ポンド(約102億3000万円)で獲得したルカクの売却準備をしているが、現時点でインテルからの入札はなし。ただ、ルカクは7月7日にツアー先のオーストラリアに飛ぶユナイテッドに対して、今月中の決着を望んでいる模様だ。 なお、イギリス『サン』が19日付で報じたところによれば、ルカクとインテルは週給18万ポンド(約2400万円)の個人条件で合意。移籍金として見込まれる7500万ポンドは、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)の売却で調達する方向だという。 2019.06.20 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、ポリターノの買い取りオプションを行使!

インテルは19日、サッスオーロのイタリア代表FWマッテオ・ポリターノ(25)の買い取りオプションを行使したことを発表した。買い取り金額は2000万ユーロ(約24億2000万円)とのことだ。 昨夏、サッスオーロからインテルに買い取りOP付きのレンタルで加入したレフティーのアタッカーであるポリターノは今季、セリエAで36試合に出場し5ゴール7アシストを記録。チャンピオンズリーグでは6試合に出場して1アシストを、ヨーロッパリーグでは4試合に出場し1ゴールを決め、主力として活躍していた。 また、インテルは同日、ジェノアのU-19イタリア代表FWエディー・サルセド(17)の買い取りオプションを行使したことも併せて発表した。昨夏、レンタルでインテルに加入したサルセドは、プリマヴェーラで35試合に出場し13ゴールを決めた。買い取り額は800万ユーロ(約9億7000万円)とのことだ。 2019.06.20 04:53 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表指揮官、ルカク退団は「明らか」

ベルギー代表を指揮するロベルト・マルティネス監督が、マンチェスター・ユナイテッドの同代表FWロメル・ルカクの去就に言及した。イギリス『talk SPORT』が伝えている。 公式戦45試合で15ゴールを挙げながらも、その不安定なプレーの方が目立ってしまった今シーズン。7500万ポンド(現レートで101億円)を支払って獲得したルカクも、現在では不可欠な存在ではないというのが大半の見方だ。 そんなルカクには、先日アントニオ・コンテ監督が就任したインテルが強い関心を見せている。本人もユナイテッドに未練はないとされる中、マルティネス監督がルカクの去就に言及。ベルギー『HLN』にこう語った。 「彼がマンチェスター・ユナイテッドを去らなければならないのは明らかだ。それは両者にとっていい結果になるだろう。今大切なのは、ルカクが幸せにプレーできるかどうかということだ」 また、ルカクもイタリア『メディアセット』に「コンテがインテルに行ったことは僕にとって良いことだ。彼は世界最高の監督だからね」と語り移籍を示唆。ルカクのイタリア行きの可能性は日に日に高まっている。 2019.06.19 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

40ゴールを確信? サッリが不遇イカルディの獲得を希望

ユベントスの新監督に就任したマウリツィオ・サッリ監督だが、インテルのアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(26)を要求しているようだ。イタリア『Sportitalia』が報じた。 チェルシーの指揮官を退任し、ユベントスと3年契約を結んだサッリ監督。新チームのメンバーには、以前からユベントスが獲得に興味を示しているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFマルキーニョス(25)の他に、ストライカーの獲得を求めているとのことだ。 イカルディは、シーズン途中にキャプテンを剥奪され、代理人であり妻であるワンダ・ナラの問題発言なども相まって、インテルに居場所がない状況。さらに、アントニオ・コンテ監督が就任したことで、その居場所は本格的になくなったと見られている。 イカルディには、パリ・サンジェルマンやマンチェスター・ユナイテッド、そしてデイビッド・ベッカム氏が所有するマイアミFCも獲得を目指している中、サッリ監督がチームにイカルディ獲得を進言したという。 サッリ監督は、イカルディが40ゴールは決められると確信があるとのこと。自身の指導により復活させることができると見込んでいるようだが、果たしてフロント陣に受け入れられるだろうか。 2019.06.18 14:20 Tue
twitterfacebook
thumb

インテル移籍噂のジャカ「連絡を取ったことは一度もない」、キャプテン就任も望む?

アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカ(26)が自身の去就についてコメントした。アルバニア『GazetaOlle』が伝えた。 2016年7月にボルシアMGからアーセナルへと加入したジャカだが、今夏の移籍市場ではインテルが獲得に興味を示していると報じられている。 これらの報道では、ジャカも移籍に前向きとも報じられていたが、「僕は契約があと4年ある。昨年サインしたんだ。ここで幸せだし、家族も同じだ。それが最も重要なことだよ」と移籍を否定していた。 今シーズンはプレミアリーグで29試合に出場し4ゴール2アシストを記録。ヨーロッパリーグでも9試合に出場し3アシストを記録するなど、チームの準優勝に貢献していた。 シーズン終了後はスイス代表としてUEFAネーションズリーグの2試合を戦ったが、準決勝ではポルトガル代表に3-1で敗戦。3位決定戦ではイングランド代表にPK戦の末5-6で敗れていた。 試合後にも去就について問われていたジャカは改めて否定。フェイクニュースであることを主張した。 「それは新聞が書いていたことだけど、本当のことは何もない。僕はインテルと連絡を取ったことは一度もないよ。単なる憶測だね」 また、今シーズンはアーセナルでもキャプテンマークを巻いて試合に出場する機会が多かったジャカ。アーセナルには5人のキャプテンが居たが、元チェコ代表GKペトル・チェフが引退、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーはユベントスへと完全移籍。さらに、元ドイツ代表MFメスト・エジル、元フランス代表DFローラン・コシエルニーも今夏の退団が迫っているとされている。 ジャカはアーセナルでキャプテンになることを望んでいるとされており、公の場で話すこと以外は憶測になりそうだ。 2019.06.17 21:10 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース