バイエルンで躍進のドイツ代表DF、2018年を振り返り「やれることを証明した」2018.12.26 12:59 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
バイエルンに所属するドイツ代表DFニクラス・ジューレがドイツ紙『tz』のインタビューに応じ、2018年の戦いぶりを振り返った。

ジューレは今シーズン、バイエルンの主力CBとして活躍。ここまでリーグ戦16試合に出場している。ジューレ自身も飛躍の一年となった2018年には満足しているようだ。

「スポーツ的なことに関してはとても満足している。ワールドカップにも出られたし、これは子どもたちにも自慢できる。代表ではもっと良くしていきたい。2年後にはユーロもあるからね」

また、昨シーズンについても言及。「3つのタイトルを手に入れるチャンスがあった」とくやみながらも、成長できたシーズンとなったことを明かす。

「マドリーでの最後の試合は受け入れるのが難しかったね。でもビッグマッチにも出場してこのレベルでもやれることを証明できた。今はもっともっとクラブの信頼を得ることができているし、それに応えたい」

さらに続けて、2019年の意気込みを語った。

「可能な限り多くのタイトルを取りたい。理想は3冠だよ。まだすべての可能性があるからね」


提供:goal.com
コメント




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース