ラウンド32の組み合わせが決定! 長友のガラタサライはベンフィカとCL組同士で対戦、長谷部フランクフルトはシャフタールと《EL》2018.12.17 21:33 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日に、ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の組み合わせ抽選会が行われた。▽グループステージでは、チェルシーやアーセナル、セビージャなど優勝候補が順当に勝ち上がりを決めた他、南野拓実所属のザルツブルク、乾貴士のベティス、長谷部誠のフランクフルトなど、日本人選手が活躍するクラブもラウンド32に駒を進めた。一方で、ミランが最終節でオリンピアコスに敗れ逆転で敗退。森岡亮太が所属するアンデルレヒトと、酒井宏樹のマルセイユもグループステージ敗退となった。

▽また、チャンピオンズリーグ(CL)からはインテルやナポリといったイタリアの強豪やバレンシア、ベンフィカ、シャフタールなど曲者も集まった。長友佑都のガラタサライもこちらに参加する。

▽そして、組み合わせ抽選の結果、ラツィオvsセビージャ、スポルティング・リスボンvsビジャレアルなどの好カードが実現。また、ガラタサライは同じチャンピオンズリーグから参戦するベンフィカと対戦することが決まった。

▽その他の日本人所属のクラブでは、ザルツブルクはクラブ・ブルージュと、フランクフルトはシャフタールと、ベティスはレンヌと激突する。

▽ラウンド32は、2019年2月14日に1stレグ、同21日に2ndレグが行われる。

◆ELラウンド32組み合わせ
ビクトリア・プルゼニvsディナモ・ザグレブ
クラブ・ブルージュvsザルツブルク
ラピド・ウィーンvsインテル
スラビア・プラハvsヘンク
FCクラスノダールvsレバークーゼン
チューリッヒvsナポリ
マルメvsチェルシー
シャフタールvsフランクフルト
セルティックvsバレンシア
レンヌvsベティス
オリンピアコスvsディナモ・キエフ
ラツィオvsセビージャ
フェネルバフチェvsゼニト
スポルティング・リスボンvsビジャレアル
BATEボリソフvsアーセナル
ガラタサライvsベンフィカ
コメント
関連ニュース
thumb

ガラタサライ、降格フルアムからMFセリを買い取りOP付きレンタルで獲得

DF長友佑都の所属するガラタサライは18日、コートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 レンタル料は150万ユーロ(約1億8000万円)で、来季買い取る際の移籍金は1800万ユーロ(約21億7000万円)とのことだ。 2018年夏にニースからフルアムに加入したセントラルMFのセリは、昨季のプレミアリーグで32試合に出場して1ゴール3アシストを記録。主力としてプレーしていたが、チームは19位に沈み、1年での2部降格となっていた。 2019.07.19 04:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ナポリ、昨季長友同僚のオニェクルに関心

ナポリがエバートンのナイジェリア代表FWヘンリー・オニェクル(22)に関心を寄せているようだ。ベルギー『ル・ソワール』が伝えている。 セネガルのクラブでプロデビューしたオニェクルは2015年にオイペンに移籍し渡欧。2017年にエバートンに完全移籍した。しかし、イギリスでの労働ビザが取得できず、ここ2シーズンはレンタルに出されている。 ウイングを主戦場とするアタッカーで、2017-18シーズンにレンタルで加入したアンデルレヒトでは、MF森岡亮太とチームメイトになったが、森岡が加入したシーズン後半戦はヒザのケガで試合に出られなかった。 昨季は日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライにレンタルしリーグ戦31試合で14ゴール5アシストを記録。クラブはレンタルの続行を申し出たが、エバートンは完全移籍での放出しか認めないようだ。 『ル・ソワール』によると、ナポリはオニェクル獲得に1500万ユーロ(約18億1500万円)を用意。同選手の去就はビザ発行の可否にかかるかもしれない。 2019.07.18 14:08 Thu
twitterfacebook
thumb

積極補強のセビージャ、ガラタサライからフェルナンド獲得! かつてはポルトやシティでプレー

セビージャは12日、日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライからブラジル人MFフェルナンド(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年間。移籍金については明かされていないが、スペイン『マルカ』によれば移籍金は400万ユーロ(約4億8000万円)とのことだ。 ポルトやマンチェスター・シティでプレーした経験を持つフェルナンドは、2017年夏にガラタサライへ移籍。昨シーズンは公式戦32試合2ゴール4アシストを記録した。 今夏にフレン・ロペテギ監督が就任したセビージャは、すでにFWルーク・デ・ヨングやDFセルヒオ・レギロンをはじめ、FWルーカス・オカンポスやMFホアン・ホルダン、DFジュール・クンデなどを獲得。今回のフェルナンドの加入で今夏8人目の補強となり、積極補強を進めている。 ※写真はマンチェスター・シティ時代 2019.07.13 09:20 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ今夏8人目の補強へ! 元シティのフェルナンド獲得迫る

セビージャが、ガラタサライのブラジル人MFフェルナンド(31)の獲得に近づいているようだ。スペイン『COPE』が伝えている。 ポルトやマンチェスター・シティでプレーしたことで知られるフェルナンドは、2017年夏にガラタサライに移籍。加入から2シーズンで公式戦58試合に出場し4ゴール4アシストを記録している。 『COPE』によると、ガラタサライとの契約を2020年までとしているフェルナンドにセビージャは250万ユーロ(約3億円)のオファーを提出。2015年から2018年までガラタサライでスポーツ・ディレクターを務めたジェンク・エルギュン氏は「彼はセビージャと合意に達した。数日で移籍は成立するだろう」とコメントしている。 この移籍が決まればセビージャにとって今夏8人目の補強となる。これまでにFWルーク・デ・ヨングやDFセルヒオ・レギロンをはじめ、FWルーカス・オカンポスやMFホアン・ホルダン、DFジュール・クンデなどを獲得している。 2019.07.08 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ、パルマで復活のジェルビーニョの獲得に迫る!

日本代表DF長友佑都の所属するガラタサライが、パルマに所属するコートジボワール代表FWジェルビーニョ(32)の獲得に動いているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の記事を引用し伝えている。 2005年にベルギーのベヘレンでプロキャリアをスタートさせたジェルビーニョは、その後、ル・マン、リール、アーセナル、ローマ、河北華夏を経て、昨夏にパルマに加入。イタリア復帰となった今シーズンは、セリエAで30試合に出場し11ゴール3アシストを記録していた。 そんなジェルビーニョには、インテルやフィオレンティーナ、モナコなども関心を示していたが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』はガラタサライが年俸260万ユーロ(約3億1600万円)+ボーナスの3年契約のオファーを提示したと伝えている。 なお、2021年まで契約を残すジェルビーニョを放出する場合、パルマは少なくとも1500万ユーロ(約18億円)の移籍金を要求するとみられている。 2019.07.08 04:00 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース