ラウンド16組み合わせが決定!王者マドリーはアヤックス、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦《CL》2018.12.17 20:20 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽17日に、チャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われた。▽昨季同様、順当に勝ち上がりが決定した今季のCL。死の組となったグループBでは、バルセロナが余裕の首位突破を決めた一方で、最終節までもつれた2位争いは、当該成績の結果、トッテナムが制した。また、同じく死の組となったグループCでも混戦が起こり、こちらも最終節にリバプールがナポリ戦を制して、首位のパリ・サンジェルマンとグループステージ突破を決めた。

▽決勝トーナメント進出チームを国別に分けると、マンチェスターの2チーム、リバプール、トッテナムの全チームが生き残ったイングランドが最多に。続いてレアル・マドリー、バルセロナ、アトレティコ・マドリーが勝ち抜いたスペイン、バイエルン、ドルトムント、シャルケが勝ち抜いたドイツの3チームが次点となった。

▽そして、組み合わせ抽選の結果、王者レアル・マドリーはアヤックスと対戦、準優勝のリバプールはバイエルンと対戦することが決まった。

▽ラウンド16は、2019年2月12日、13日、19日、20日に1stレグ、同3月5日、6日、12日、13日に2ndレグが行われる。

◆CLラウンド16組み合わせ
シャルケvsマンチェスター・シティ
アトレティコ・マドリーvsユベントス
マンチェスター・ユナイテッドvsパリ・サンジェルマン
トッテナムvsドルトムント
リヨンvsバルセロナ
ローマvsポルト
アヤックスvsレアル・マドリー
リバプールvsバイエルン
コメント
関連ニュース
thumb

ウディネーゼ、カスティージャで20G9AのFWクリストを完全移籍で獲得

ウディネーゼは19日、レアル・マドリーのカスティージャからスペイン人FWクリスト・ゴンサレス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 テネリフェでプロデビューを飾り、2017年夏にレアル・マドリーに加入したストライカーのクリストは、レアル・マドリーのBチームであるカスティージャでゴールを量産。3部リーグで2017-18シーズンは11ゴールを挙げ、昨季は21ゴール9アシストの大活躍を見せていた。ただ、トップチームでの出場は4試合に留まっていた。 2019.07.20 00:50 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリーOBがF・メンディを絶賛「ネクスト"ロベルト・カルロス"や"マルセロ"の後継者になれる」

レアル・マドリーのOBであるクリスティアン・カランブー氏が、今夏に自身の古巣に加入したフランス代表DFフェルラン・メンディに言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 爆発的なスピードが売りのメンディは、今夏に移籍金総額5300万ユーロ(約64億2000万円)でマドリー入り。そのフランス代表DFに対して、現役時代にマドリーや同代表で活躍したカランブー氏が、フランス『レキップ』で太鼓判を押した。 「フェルラン・メンディのレアル・マドリー移籍は、チームにとっても、選手にとっても、とても良い契約になった。ジネディーヌ・ジダン監督の新プロジェクトにとってもね」 「メンディは左サイドでしかプレーしていないが、右サイドでも同様のプレーができる。彼はネクスト"ロベルト・カルロス"や、"マルセロ"の後継者になることができると思うよ」 2019.07.19 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

久保、カスティージャでもなくフベニル登録へ? なぜ?

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英は、フベニルA(U-19以下のカテゴリー)に登録されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏、FC東京からマドリーに加入した久保。新シーズンは同クラブのBチームにあたるレアル・マドリー・カスティージャ(スペイン3部)でのプレーが見込まれている中、そのポテンシャルが評価され、現在はトップチーム選手とともにアメリカでのプレシーズンツアーに参加している。 日本のみならず、スペイン国内でも日に日に注目を集める久保だが、フベニルAに登録されたとのこと。しかし、これは久保がトップチームでもカスティージャでもプレーしやすくなるためのものだそうだ。 リーガエスパニョーラは、スペイン人とEU加盟国以外の選手による外国人枠が3名までと決められている。現在、マドリーにはブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオール、ブラジル代表DFエデル・ミリトン、U-20ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスらが在籍しており、通常なら久保はこれらの選手たちと外国人枠を争わなくてはならなくなる。 しかし、ユースチームの選手であれば、トップチームとカスティージャで外国人枠にカウントされずにプレーすることが可能に。これは昨シーズン、序盤はBチームでプレーし、途中からトップチームでの出場機会を増やしていったヴィニシウスにも使われていた方法だ。 当面はカスティージャでプレーすることになっている久保だが、今回の方法で外国人枠に関係なくトップチームでの出場が可能となれば、早い段階で久保がトップチームの選手としてピッチに立つ時が訪れる可能性は高まると言えるだろう。 2019.07.18 10:15 Thu
twitterfacebook
thumb

久保建英のスペイン語力にナチョも絶賛「僕たちよりも上手」

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英のスペイン語力にスペイン代表ナチョ・フェルナンデス(29)が冗談交じりに絶賛している。 今夏にFC東京からマドリーに完全移籍を果たした久保。現在、行われているカナダのモントリオールでのトレーニングキャンプでは、クラブ公式ツイッターなどによって紹介される練習動画の中で、生き生きとした姿を見せており、充実したプレシーズンを送っている。 その中で、久保は度々、マドリーの選手の中に混じっても引けを取らないほどのテクニックを披露しているのだが、プレー面の他、スペイン語力でも高い評価を受けている。クラブ公式ツイッター(@realmadridjapan)が投稿した動画の中で、以下のやり取りが紹介されている。 ――ナチョ、久保はあるから・デ・エナーレスの人みたいにスペイン語を上手に話すね ナチョ「僕たちよりも上手だよ。本当に」 ――久保、褒められてるけどどう? ナチョが自分たちよりも上手にスペイン語がしゃべれてるって 久保「まさか」 ──でも本当にスペイン語が上手いね 久保「あ、そう」 2019.07.18 08:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ミラン、モドリッチ獲りに関心? 代理人と接触

ミランが、レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)の獲得に関心を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えている。 マルコ・ジャンパオロ新監督の下で新たなシーズンに臨むミランは、中盤の補強を画策。ここまではエンポリからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFラデ・クルニッチ(25)を獲得しているが、さらにエンポリのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル、フィオレンティーナのフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥといったイタリア国内のタレントへの触手を伸ばしている。 その一方でクラブは、新生ミランの象徴となるようなスーパースターの獲得にも関心を示しており、レアル・マドリーの背番号10に接触を図ったようだ。ミランはモドリッチや多くの若手タレントを顧客に持つセルビア人代理人のブラド・レミッチ氏と16日に会談を行い、その際にモドリッチの近況に関して問い合わせをしていたようだ。 ミランにとってモドリッチをマドリーから引き抜くことは非常に困難なオペレーションとなるが、フロンティーノ・ペレス会長はスカッドの刷新に動いており、1250万ユーロ(約15億1000万円)+ボーナスと言われるクロアチア代表MFの高額な年俸を残り2年間支払い続けることに前向きではないようだ。そのため、オファー次第で放出に動く可能性は十分に模様だ。 ただ、財政面に問題を抱えるミランにとってモドリッチの獲得はあくまで夢であり、今回の代理人との接触に関しては今後獲得のチャンスがある場合に備えた下調べ程度とのことだ。 2019.07.17 20:15 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース