【CLグループG総括】2強順当突破も昨季の面影なし2018.12.14 12:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL3連覇中のレアル・マドリー、昨季ベスト4のローマと、CSKAモスクワ、ビクトリア・プルゼニの東欧勢と2強2弱の構図が明確となったグループG。しかし、2強の突破という順当な結果とは裏腹に今グループステージで最もカオスを生むグループとなった。■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レアル・マドリー[12/4/0/2/7]
2.ローマ[9/3/0/3/3]
3.ビクトリア・プルゼニ[7/2/1/3/-9]
4.CSKAモスクワ[7/2/1/3/-1]

◆絶対王者の面影なし~レアル・マドリー~
Getty Images
▽CL3連覇中の絶対王者は比較的組み合わせに恵まれたグループステージをきっちり首位で通過したが、そこに絶対王者の面影はなかった。今夏、ジダン前監督とエースFWクリスティアーノ・ロナウドが去ったマドリーだったが、国内リーグでは開幕3勝1分けと上々のスタートを切った。ローマとのCL初戦でも3-0の快勝発進をみせ、偉大な指揮官とエースの不在を感じさせなかった。

▽しかし、国内リーグでセビージャ相手に0-3の大敗を喫すると、ここから王者らしからぬ精神面の脆さを露呈し、第2節のCSKAモスクワ戦では格下相手にまさかの敗戦。その後、ビクトリア・プルゼニ戦での辛勝で一時立て直すもクラシコでの大敗を受けて、ロペテギ前監督が解任。ソラーリ新監督の下で再スタートを切ったチームはプルゼニ、ローマ相手に大勝を飾り、最終節を残して首位通過を決めたものの、一部主力を温存したCSKAモスクワ戦ではサンティアゴ・ベルナベウで屈辱の0-3の大敗を喫し、ネガティブな形でグループステージを終えることになった。守備面の緩さに加え、C・ロナウド不在を大きく感じさせる迫力不足の前線と課題山積みの中、実力者揃いの決勝トーナメントを勝ち抜き4連覇を果たすのは至難の業だ。

◆好不調の波が大きく安定感欠く~ローマ~
Getty Images
▽バルセロナを破るなど見事な快進撃を見せてリバプールと共に昨季CLを沸かせたベスト4チームのローマだが、今夏大きく舵を切ったチームは厳しいグループステージを過ごすことになった。守護神アリソン、MFナインゴラン、MFストロートマンと昨季ベスト4進出の功労者を放出し多くの新戦力を加えたローマは開幕から不振に陥った。CLではレアル・マドリー相手の初戦を落とした後、エースFWジェコとMFジェンギズ・ウンデルの活躍でプルゼニ、CSKAモスクワとの連戦で3連勝も試合内容自体は低調さが目立った。

▽その後、国内リーグにおける不振とジェコやMFデ・ロッシ、FWエル・シャーラウィなど主力の故障に悩まされたチームはレアル・マドリー、プルゼニ相手に自滅感満載の内容で連敗。プルゼニとCSKAモスクワの潰し合いで辛くも2位通過を決めたものの、ディ・フランチェスコ監督の解任報道が盛んに伝えられるなど、突破以外にポジティブな要素なしで決勝トーナメントに臨むことになる。

◆組織的な戦いぶりで健闘~ビクトリア・プルゼニ~
Getty Images
▽ローマ相手の金星を含めて2勝を挙げたチェコ王者は堂々とした戦いぶりで3位でのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決めた。チェコ代表選手を中心にスタープレーヤー不在のプルゼニだったが、組織力と献身性を生かしたコンパクトな守備、国内王者らしい勝負所を見極めたカウンターを武器に安定した戦いぶりを披露した。レアル・マドリー、ローマ相手に0-5の大敗を喫した2試合を除きチームとしてきっちりゲームプランを遂行できており、その集大成となった最終節のローマ戦だ。他会場でCSKAモスクワ大量リードという状況にも関わらず、必要以上にリスクを冒して戦うことはなく公式戦5戦ぶりの勝利に躍起になる相手に対して老獪な試合運びで我慢比べを制した。

◆最下位も絶対王者を粉砕~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽最下位での敗退も絶対王者にダブルをかます今グループステージ最大のインパクトを残した。DFイグナシェビッチ、ベレズツキー兄弟と守護神アキンフェエフと共に長年チームの屋台骨を支えた大ベテランがチームを去った中、若手主体のチームに生まれ変わった今季のCSKAモスクワ。すると、MFヴラシッチやFWチャロフ、MFアルノル・シグルドソンら活きのいい若手が躍動感あふれるプレーをみせ、ホームではヴラシッチ、アウェイではチャロフ、シグルドソンが圧巻のパフォーマンスを披露しレアル・マドリーを粉砕してみせた。その中で今夏ベガルタ仙台から加入したFW西村拓真はローマ戦、レアル・マドリー戦の試合最終盤の数分間しかプレータイムを与えられなかったが、大舞台の空気を味わえたことは今後のキャリアにおいて大きな経験になるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

レアルに行かせてくれ! ポグバ、強硬手段か

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)が強硬手段に転じるという。イギリス『ミラー』が報じた。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したことで、主力流失の可能性も浮上しているユナイテッド。その退団候補筆頭として挙がるポグバを巡り、古巣ユベントスや、レアル・マドリーの関心が長らく取り沙汰され続けており、今夏の去就に注目が集まっている。 そのポグバは、自身を手放したがっていないユナイテッドの意向に反して、移籍を希望。心に決めているレアル・マドリー行きを叶えるべく、トランスファーリクエストを提出する準備ができており、ユナイテッドの出方次第でストライキ決行もやむなしの覚悟だという。 だが、ユナイテッドはポグバを手放す場合、1億6000万ポンド(約218億6000万円)に迫る移籍金を要求。今夏の移籍市場ですでに大金を投じたレアル・マドリーは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触を懸念して、ユナイテッドの要求に応じる姿勢がない模様だ。 1年間の延長オプションを除けば、ユナイテッドと2年間の現行契約を残しているポグバ。レアル・マドリーは1億1100万ポンド(約151億6000万円)を上限に獲得を目指しているとされるが、いかに…。 2019.06.16 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ナポリ、ハメス獲得に迫る! 問題は買取OP額か

コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)のナポリ行きが近づいているという。イタリア『Radio CRC』が報じた。 2年間のレンタルでバイエルンに加入したハメスは、買取オプションの不行使が決定。レアル・マドリー復帰が既定路線だが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっており、今夏のさらなる移籍が有力だ。 その移籍先筆頭して挙がっているのがナポリだ。レアル・マドリーやバイエルンで指導したカルロ・アンチェロッティ監督がラブコールを送っているとされており、“再々タッグ”に注目が集まっているところだ。 ナポリとレアル・マドリーは現在、交渉が進行中で、1年間のレンタルで合意。ナポリがレンタル料1000万ユーロ(約12億1000万円)を支払う模様だ だが、買取オプション額を巡り、まだ両者に隔たりが…。3000万ユーロ(約36億4000万円)を望むナポリだが、レアル・マドリーは4000万ユーロ(約48億6000万円)を求めているという。 2019.06.16 10:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー移籍の久保建英がFC東京ファンに感謝のメッセージ

レアル・マドリーへの移籍が決まった日本代表MF久保建英が15日、FC東京ファンに感謝のメッセージを送った。FC東京のツイッターで久保は以下のように綴っている。 「FC東京のファン・サポーターのみなさま、この度、レアル・マドリードに移籍することになりました。チームが首位をキープしている中、シーズンの途中でチームを離れることは難しい決断でした」 「ただ、自分で決めた以上は悔いの無いよう、責任を持ってしっかりサッカーと向き合いたいと思います。日本に帰ってきてから今まで、色々なことがありましたが、自分を成長させてくれたFC東京に関わるみなさんには、感謝の言葉しかありません。 本当にありがとうございました」 「これから先は何が起こるかわかりませんし、不安も少なからずありますが、FC東京で培ってきたもの、そして歩んできた日々が、自分の自信となり背中を押してくれると信じています。これからは、FC東京の久保建英ではなくなりますが、一人のサッカー選手として、温かく見守っていただけると嬉しいです」 10歳でバルセロナの下部組織に加入した久保は、国際サッカー連盟(FIFA)が定める18歳未満の外国籍選手獲得および登録違反の煽りを受け、2015年3月に帰国。FC東京の下部組織に加入後、順調に成長を遂げ、2017年に16歳でトップチーム昇格を果たした。 そして今シーズン、その才能が花開き、明治安田生命J1リーグ首位を走るFC東京の原動力となり、今月の代表ウィークで待望のA代表デビュー。15日にブラジルで開幕したコパ・アメリカ2019のメンバー入りも果たし、活躍が期待されている。 2019.06.16 00:03 Sun
twitterfacebook
thumb

「安心してくれ…」マドリー打診のファビアン・ルイスがナポリ残留の意向を表明

ナポリに所属するスペイン代表MFファビアン・ルイス(23)が、クラブへの満足感を示している。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ベティス下部組織出身で2014-15シーズンにプロデビューを飾ったファビアン・ルイスは、2018年7月にナポリに完全移籍。優れたパスセンスと球際の強さ、運動量を武器に、今シーズンは公式戦40試合に出場し7ゴール3アシストを記録した。今月7日に行われたユーロ2020予選のフェロー諸島代表戦でもスペイン代表デビューを飾っている。 先日、ファビアン・ルイスに対して、ベティス時代から注目していたマドリーが獲得に向けてクラブに打診したとの報が。しかし、ナポリ側は「売却不可能である」と返答している。 ファビアン・ルイス本人もナポリに留まることを望んでいるようだ。ファンやクラブが作る環境に感謝し、「安心してほしい」と残留を主張している。 「僕には契約がある。そして、ここで幸せだよ。だからファンの皆には安心してほしい」 「彼らのサポートに感謝している。みんなからの愛に感謝しているし、僕を受けて入れてくれるクラブには、とてもポジティブなものを感じているんだ」 2019.06.15 13:20 Sat
twitterfacebook
thumb

M・ジョレンテ、“禁断の移籍”に前進? 代理人「アトレティコは彼の父と祖父がプレーしたクラブ」

レアル・マドリーに所属するスペイン人MFマルコス・ジョレンテ(24)が、アトレティコ・マドリー移籍に接近しているようだ。『フットボール・エスパーニャ』がスペイン『Cadena Cope』を引用して伝えた。 2017年7月にアラベスからマドリーに復帰したM・ジョレンテ。しかし、今シーズンはブラジル代表MFカゼミロの存在や負傷にも悩まされ、公式戦16試合の少ない出場機会に加え、リーガエスパニョーラでは先発回数がわずか6試合に留まった。 そんなM・ジョレンテは今夏の放出候補に。指揮官のジネディーヌ・ジダン監督も「マルコスは、トップチームでのより多くの出場機会が必要だ」と公言し、他クラブへのレンタル移籍が望まれている。 マンチェスター勢の他、アーセナルらが関心を寄せるM・ジョレンテには先月、ライバルクラブであるアトレティコが獲得に興味を示していることが報じられた。退団の可能性が浮上しているスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)の後釜確保のためだ。そして今回伝えられるところによると、その交渉が順調に進んでいるとのこと。 なお、スペイン『マルカ』は、M・ジョレンテの叔父であり、代理人を務めるフリオ・ジョレンテ氏を直撃。すると、同氏はアトレティコが選択肢の一つであると認めている。 「いくつかマルコスを望んでいるクラブがある。我々は彼らのオファーに対して耳を傾けている。しかし、今のところはなにも決まっていないよ」 「マルコスの将来は、きっと10日から15日以内に決まる。アトレティコ・マドリーも彼に興味を持っており、選択肢の一つだ。彼の父と祖父がプレーしていたクラブでもあるからね」 2019.06.15 12:45 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース