【CLグループG総括】2強順当突破も昨季の面影なし2018.12.14 12:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽CL3連覇中のレアル・マドリー、昨季ベスト4のローマと、CSKAモスクワ、ビクトリア・プルゼニの東欧勢と2強2弱の構図が明確となったグループG。しかし、2強の突破という順当な結果とは裏腹に今グループステージで最もカオスを生むグループとなった。■グループG順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.レアル・マドリー[12/4/0/2/7]
2.ローマ[9/3/0/3/3]
3.ビクトリア・プルゼニ[7/2/1/3/-9]
4.CSKAモスクワ[7/2/1/3/-1]

◆絶対王者の面影なし~レアル・マドリー~
Getty Images
▽CL3連覇中の絶対王者は比較的組み合わせに恵まれたグループステージをきっちり首位で通過したが、そこに絶対王者の面影はなかった。今夏、ジダン前監督とエースFWクリスティアーノ・ロナウドが去ったマドリーだったが、国内リーグでは開幕3勝1分けと上々のスタートを切った。ローマとのCL初戦でも3-0の快勝発進をみせ、偉大な指揮官とエースの不在を感じさせなかった。

▽しかし、国内リーグでセビージャ相手に0-3の大敗を喫すると、ここから王者らしからぬ精神面の脆さを露呈し、第2節のCSKAモスクワ戦では格下相手にまさかの敗戦。その後、ビクトリア・プルゼニ戦での辛勝で一時立て直すもクラシコでの大敗を受けて、ロペテギ前監督が解任。ソラーリ新監督の下で再スタートを切ったチームはプルゼニ、ローマ相手に大勝を飾り、最終節を残して首位通過を決めたものの、一部主力を温存したCSKAモスクワ戦ではサンティアゴ・ベルナベウで屈辱の0-3の大敗を喫し、ネガティブな形でグループステージを終えることになった。守備面の緩さに加え、C・ロナウド不在を大きく感じさせる迫力不足の前線と課題山積みの中、実力者揃いの決勝トーナメントを勝ち抜き4連覇を果たすのは至難の業だ。

◆好不調の波が大きく安定感欠く~ローマ~
Getty Images
▽バルセロナを破るなど見事な快進撃を見せてリバプールと共に昨季CLを沸かせたベスト4チームのローマだが、今夏大きく舵を切ったチームは厳しいグループステージを過ごすことになった。守護神アリソン、MFナインゴラン、MFストロートマンと昨季ベスト4進出の功労者を放出し多くの新戦力を加えたローマは開幕から不振に陥った。CLではレアル・マドリー相手の初戦を落とした後、エースFWジェコとMFジェンギズ・ウンデルの活躍でプルゼニ、CSKAモスクワとの連戦で3連勝も試合内容自体は低調さが目立った。

▽その後、国内リーグにおける不振とジェコやMFデ・ロッシ、FWエル・シャーラウィなど主力の故障に悩まされたチームはレアル・マドリー、プルゼニ相手に自滅感満載の内容で連敗。プルゼニとCSKAモスクワの潰し合いで辛くも2位通過を決めたものの、ディ・フランチェスコ監督の解任報道が盛んに伝えられるなど、突破以外にポジティブな要素なしで決勝トーナメントに臨むことになる。

◆組織的な戦いぶりで健闘~ビクトリア・プルゼニ~
Getty Images
▽ローマ相手の金星を含めて2勝を挙げたチェコ王者は堂々とした戦いぶりで3位でのヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント進出を決めた。チェコ代表選手を中心にスタープレーヤー不在のプルゼニだったが、組織力と献身性を生かしたコンパクトな守備、国内王者らしい勝負所を見極めたカウンターを武器に安定した戦いぶりを披露した。レアル・マドリー、ローマ相手に0-5の大敗を喫した2試合を除きチームとしてきっちりゲームプランを遂行できており、その集大成となった最終節のローマ戦だ。他会場でCSKAモスクワ大量リードという状況にも関わらず、必要以上にリスクを冒して戦うことはなく公式戦5戦ぶりの勝利に躍起になる相手に対して老獪な試合運びで我慢比べを制した。

◆最下位も絶対王者を粉砕~CSKAモスクワ~
Getty Images
▽最下位での敗退も絶対王者にダブルをかます今グループステージ最大のインパクトを残した。DFイグナシェビッチ、ベレズツキー兄弟と守護神アキンフェエフと共に長年チームの屋台骨を支えた大ベテランがチームを去った中、若手主体のチームに生まれ変わった今季のCSKAモスクワ。すると、MFヴラシッチやFWチャロフ、MFアルノル・シグルドソンら活きのいい若手が躍動感あふれるプレーをみせ、ホームではヴラシッチ、アウェイではチャロフ、シグルドソンが圧巻のパフォーマンスを披露しレアル・マドリーを粉砕してみせた。その中で今夏ベガルタ仙台から加入したFW西村拓真はローマ戦、レアル・マドリー戦の試合最終盤の数分間しかプレータイムを与えられなかったが、大舞台の空気を味わえたことは今後のキャリアにおいて大きな経験になるはずだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ジダン監督、17日からマドリー再合流へ

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、カナダへ再び出発したようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 新シーズンに向けたプレシーズンツアーのため、カナダのモントリオールでトレーニングキャンプを行っているマドリー。新加入のベルギー代表MFエデン・アザールのほか、日本代表FW久保建英も参加しているため、日本ではいつも以上に注目度の高いツアーとなっている。 ところが12日、ジダン監督がチームを急きょ離脱し帰国したことが伝えられた。その後の情報によると、理由は兄ファリド氏の死。享年54歳。クラブは練習前に黙とうを捧げたことを発表した。 突然の凶報に揺れたマドリーだったが、ジダン監督は17日からチーム再合流するようだ。 なお、マドリーはこれから開催されるインターナショナル・チャンピオンズカップにて、21日にバイエルン、24日にアーセナル、27日にアトレティコ・マドリーとの試合が控えている。 2019.07.16 21:20 Tue
twitterfacebook
thumb

マルセロ、新シーズンに向けて意気込む 「全てを勝ち取る」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが新シーズンに向けて意気込んだ。スペイン『マルカ』が報じた。 無冠に終わった昨シーズンからの復権を期するマドリー。覇権奪還の期待がかかる新シーズンについて、マルセロがマドリー公式チャンネル『レアル・マドリーTV』でコメントした。 「僕たちは一生懸命に取り組んでいるし、ベストを尽くしている。全てを勝ち取ることが目標なんだ」 「僕たちのコンディションが良い状態であり続けたのなら、それはシーズンを戦い抜く力になる。今の僕らはファンに喜びを与えるためにプレシーズンを過ごしているところだよ」 また、リヨンからフランス代表DFフェルラン・メンディが加入したことにより、一部メディアから退団を希望しているとの報道が浮上しているマルセロだが、残留を明言した。 「いつも言っているけど、僕は世界最高のクラブにいることで夢を叶えている」 「マドリーに在籍して14年目だけど、加入した当時と同じ熱量でプレーしている。それは決して変わっていない」 2019.07.16 17:48 Tue
twitterfacebook
thumb

久保建英所属のレアル、カスティージャのエースがウディネーゼ移籍へ

ウディネーゼが、レアル・マドリーのカスティージャ(Bチーム)に所属するスペイン人FWクリスト・ゴンサレス(21)の獲得に迫っているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 2017年にテネリフェからカスティージャに移籍したクリストは、シュートセンスだけではなくポストプレーに優れており、トップチームの元フランス代表FWカリム・ベンゼマを彷彿させるFW。昨シーズンのリーグ戦35試合で20ゴール9アシストを記録し、昨年10月のコパ・デル・レイでトップチームデビューを果たすと、いきなりゴールも決めている。 その逸材FWを巡っては、レガネスやレバンテ、エスパニョールなど国内複数クラブが関心。その中で、イタリアのウディネーゼが最も興味を抱いており、移籍金150万ユーロ(約1億8000万円)でマドリーとクラブ間合意に達したようだ。 クリストは、16日にイタリアへ赴き、メディカチェックを受ける予定とのことだ。なお、マドリーには買い戻しオプションが付随している上、他クラブへ移籍した場合に移籍金の何%かを受け取れる条項が盛り込まれているようだ。 2019.07.16 13:59 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイルに買い手現る! 古巣スパーズが再び挙手か

レアル・マドリーに所属するウェールズ代表MFガレス・ベイル(30)に対して、古巣トッテナムが再び関心を示しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の放出候補筆頭として注目を集めるベイル。本人は残留の意思を示しているが、それに反して売却を望むレアル・マドリーは他クラブからのオファーを待っている状況とみられる。 だが、ベイルの高額給与や移籍金がネックとなり、現時点で上海申花からの関心にとどまっている様子。そんなベイルに対して、以前にも移籍先として浮上したトッテナムが再び誘いの手を差し伸ばしている模様だ。 そのトッテナムは、レアル・マドリーにベイルの移籍金として5000万〜6000万ユーロ(約60億7000万〜72億9000万円)を支払う意思を表明。16日に30歳の誕生日を迎えたベイルもトッテナム復帰に肯定的だという。 しかしながら、トッテナムは同時にベイルの年俸1700万ユーロ(約20億6000万円)を支払う難しさを選手の代理人に吐露。仮にトッテナム復帰となれば、給与の減額を売れ入れる必要性があるとのことだ。 そうした状況により、レアル・マドリーもベイルに対して、残る契約期間の年俸の半額である2500万ユーロ(約30億3000万円)の支払い義務が生じてくるようだ。 なお、今夏に3億ユーロ(約364億7000万円)の補強費を投じたレアル・マドリーは、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を守るべく、売却利益が必要な状況となっている。 2019.07.16 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリーのMFブラヒム・ディアスが左足大腿二頭筋負傷

レアル・マドリーは14日、U-21スペイン代表MFブラヒム・ディアス(19)が左足大腿二頭筋負傷と診断されたことを発表した。今後、回復状況を見守ることを伝えている。 昨シーズンに無冠という屈辱を味わい、新シーズンでの復権を睨むマドリーは、8日に始動。現在はプレシーズンツアーのため、カナダのモントリオールでトレーニングキャンプを行っている。 “スペインのメッシ”と評価される逸材のディアスは、今年1月にマンチェスター・シティからマドリーに加入。昨シーズンはリーガエスパニョーラ9試合で1ゴール2アシストを記録した。 2019.07.15 11:10 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース