【CLグループF総括】シティが順当に首位通過! プレミア王者苦しめたリヨンが7季ぶりの歓喜2018.12.14 11:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・シティと、アウトサイダー3チームの構成となったグループF。結果だけを見れば、シティが順当に首位通過を果たしリヨンが三つ巴の争いを制して2位通過を決める形となったが、予想外に盛り上がるグループステージの戦いとなった。■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.マンチェスター・シティ[13/4/1/1/10]
2.リヨン[8/1/5/0/1]
3.シャフタール[6/1/3/2/-8]
4.ホッフェンハイム[3/0/3/3/-3]

◆波乱の幕開けも納得の首位通過~マンチェスター・シティ~
Getty Images
▽記録尽くめの圧勝となった昨季のプレミアリーグでの戦いぶりから今大会の優勝候補筆頭に挙がるシティだったが、今グループステージにおいては予想外の苦戦を強いられた。国内リーグでの好調を引っ提げて臨んだリヨンとのホームでの初戦では相手の激しいプレッシングに苦しみ、まさかの1-2で敗戦。翌節のホッフェンハイム戦もキックオフ直後の失点でビハインドを負った末、試合終了間際のMFシルバのゴールで辛くも競り勝った。

▽その後、シャフタール相手に3-0、6-0の圧勝でようやく本調子を見せたが、リヨンへのリベンジを期して臨んだ第5節では最終的に2-2のドローに持ち込み決勝トーナメント進出を決めたものの、試合内容では前回対戦と同様にネガティブな面が目立った。最終的には順当に首位通過を果たしたものの、前半戦をほぼ全休したMFデ・ブライネやDFメンディに加え、シルバやFWアグエロら主力に負傷者が目立っており、今冬の補強を否定するグアルディオラ監督だが、より拮抗した戦いを強いられる決勝トーナメントに向けては幾つかのポジションで補強が求められるところだ。

◆プレミア王者に冷や汗をかかせる奮闘~リヨン~
Getty Images
▽プレミア王者に冷や汗をかかせたフランスの名門がシャフタール、ホッフェンハイムとの三つ巴の争いを制して7シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。今季、流出濃厚だったエースFWフェキルの残留に成功したチームは国内リーグではやや苦戦もCLの舞台では印象的なパフォーマンスを披露した。MFエンドンベレ、MFアワール、DFフェルラン・メンディと欧州のビッグクラブ注目の逸材たちが評判通りの活躍をみせ、シティ相手に1勝1分けの戦績を残した。

▽シャフタール、ホッフェンハイムとの直接対決ではウィークポイントの守備面、試合運びの拙さを露呈したものの、いずれもドローに持ち込む勝負強さをみせ、1勝5分けの無敗で決勝トーナメント進出を決めた。今冬の引き抜きに不安を残す一方、シーズン途中から採用する[3-4-3]の新布陣の熟成が徐々に進んでおり、対戦相手次第では決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆健闘も2季連続の悲願はならず~シャフタール~
Getty Images
▽ナポリを退けてシティと共に決勝トーナメント進出を果たした昨季の再現を狙うも惜しくも3位敗退となった。今夏の移籍市場では司令塔のMFフレッジ、主砲FWファクンド・フェレイラなど一部主力を引き抜かれたものの、キャプテンのMFタイソン、MFマルロス、DFイスマイリとブラジル出身トリオが今季も健在ぶりを発揮。さらに、新エースストライカーのFWジュニオール・モラエスもまずまずの活躍を見せた。

▽シティとの連戦では無得点9失点と大きな力の差を見せつけられたものの、それ以外の2チーム相手にはらしいパフォーマンスを見せられていた。惜しむらくはホームで戦った最終節のリヨン戦。早い時間帯に先制点を奪ったことでやや消極的なプレーが目立った中、終始押し込まれるまるでアウェイのような戦いを強いられ、最終的に1-1のドローに終わった。ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントでは昨季のようにホームゲームでの圧倒的な強さを取り戻したい。

◆初挑戦は未勝利に終わるも収穫多し~ホッフェンハイム~
Getty Images
▽クラブ史上初の参戦となった昨季ELに続き今季のCLでもグループステージを最下位で終えることになった。それでも、若き知将ナーゲルスマンは昨季のヨーロッパでの戦いを教訓に自身初のCLでは今後に可能性を抱かせる戦いぶりを見せてくれた。最終結果は3敗3分けの未勝利という結果に終わったが、ほとんどの試合で先制点を奪えていた事実は指揮官のゲームプランの正しさを示す。また、試合中のシステム変更や選手交代によってビハインドを追いついた試合も幾つかあり、指揮官としての有能さを示した。その一方でシティ相手の2度の逆転負けなどリードした後の試合運びには大いに改善点があり、経験不足が顕著だった選手たちのメンタル面のケアを含めて来季からの新天地RBライプツィヒでの戦いに生かしたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ優勝後にボルトがスターリングに電話… 何を話したのか

今季のプレミアリーグでマンチェスター・シティが優勝を決めた後、ウサイン・ボルト氏がシティFWラヒーム・スターリングに電話をしていたことが分かった。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズンのプレミアはシティとリバプールが稀に見るデッドヒートを見せ、最終的に勝ち点1上回ったシティが2連覇を達成した。マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンで知られるボルト氏が、愛するクラブが低迷する中で応援していたのは同じ町のシティだった。 シティの優勝が決まった後、ボルト氏はスターリングに電話。『いいかよく聞けよ。これが最初で最後だからな。僕がシティを応援するのは』と話したという。また、「とても嬉しくてスターリングに電話したんだ。あの時はかなり興奮していたね」とも語る。 一方でシーズンを通して低空飛行を続けたユナイテッドに関してボルト氏はこのようにコメントしている。 「彼らには才能があるし活力もある。うまくいけば新しい選手を何人か連れてこられるね」 「誰が来るかはわからないけど、僕らには新しい指揮官がついている。ここに来る選手がそれぞれ自信を持っているか、それが問題だね」 2019.06.15 16:39 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミアリーグの新シーズン日程が発表! 開幕からユナイテッドとチェルシーが激突!

プレミアリーグは13日、2019-20シーズンの日程を発表した。 史上稀にみるデッドヒートを繰り広げた昨シーズンのプレミアリーグ。王者マンチェスター・シティが烈火の如き強さを見せた中、リバプールが最後の最後まで食らいつき、プレミアリーグ創設以降クラブ最多の勝ち点97を獲得したが、シティの連覇を止めることはできなかった。 そんなリバプールの猛追を振り切って優勝したシティは、昨季はイングランド史上初の国内三冠を達成。そんな完全王者の開幕節はウェストハムとのアウェイゲームに決まった。 プレミア優勝は逃してしまったものの、チャンピオンズリーグ(CL)制覇で特別な1年となったリバプールは、昇格組のノリッジと開幕戦を戦う。舞台はアンフィールドだ。 そんな2チームの試合より注目すべき試合は、マンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーだ。昨季はシーズン途中の監督交代も不調から抜け出せなかったユナイテッド。今のところ目立った補強は若手のダニエル・ジェームズの身となっているが、2年目のオーレ・グンナー・スールシャール監督はどんなチームに仕上げてくるのだろうか。 そのユナイテッドよりも深刻なのがチェルシーだ。昨季は何とか3位に入りCL出場権を獲得できたものの、来季に向けて不安だらけ。補強禁止処分に監督交代と連日ネガティブな噂が絶えないが、開幕まで残り2カ月を切った中、どのような計画を用意しているのだろうか。 その他、昇格組のシェフィールド・ユナイテッドはアウェイでボーンマスと対戦。アストン・ビラはこちらもアウェイでトッテナムと対戦する。また、吉田麻也擁するサウサンプトンはアウェイでバーンリーと、武藤義紀のニューカッスルはアーセナルをホームに迎え撃つ。 なお、今シーズンからプレミアリーグでもVARが導入予定となっている。2019-20シーズンのプレミアリーグ開幕からの3節および最終節の対戦カードは以下のとおり。 ◆2019-20シーズン プレミアリーグ(※は昇格チーム) 【開幕節】 《2019年8月9日》 リバプール vs ノリッジ※ 《2019年8月10日》 ウェストハム vs マンチェスター・シティ ボーンマス vs シェフィールド・ユナイテッド※ バーンリー vs サウサンプトン クリスタル・パレス vs エバートン レスター・シティ vs ウォルバーハンプトン ワトフォード vs ブライトン トッテナム vs アストン・ビラ※ 《2019年8月11日》 ニューカッスル vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs チェルシー 【第2節】 《2019年8月17日》 アーセナル vs バーンリー アストン・ビラ vs ボーンマス ブライトン vs ウェストハム チェルシー vs レスター・シティ エバートン vs ワトフォード マンチェスター・シティ vs トッテナム ノリッジ vs ニューカッスル シェフィールド・ユナイテッド vs クリスタル・パレス サウサンプトン vs リバプール ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・ユナイテッド 【第3節】 《2019年8月24日》 ボーンマス vs マンチェスター・シティ アストン・ビラ vs エバートン ブライトン vs サウサンプトン リバプール vs アーセナル マンチェスター・ユナイテッド vs クリスタル・パレス ノリッジ vs チェルシー シェフィールド・ユナイテッド vs レスター・シティ トッテナム vs ニューカッスル ワトフォード vs ウェストハム ウォルバーハンプトン vs バーンリー 【最終節】 《2020年5月17日》 アーセナル vs ワトフォード バーンリー vs ブライトン チェルシー vs ウォルバーハンプトン クリスタル・パレス vs トッテナム エバートン vs ボーンマス レスター・シティ vs マンチェスター・ユナイテッド マンチェスター・シティ vs ノリッジ ニューカッスル vs リバプール サウサンプトン vs シェフィールド・ユナイテッド ウェストハム vs アストン・ビラ 2019.06.13 17:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ、来季退任の可能性を否定「長期休暇はとらない。私はまだ若く、欲がある」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督には、長期休暇をとる気などないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がスペイン『マルカ』を引用して伝えている。 2016-17シーズンからシティを指揮するグアルディオラ監督。1年目こそ無冠に終わったが、翌シーズンにプレミアリーグとEFLカップの2冠を達成すると、今シーズンはリバプールとの熾烈な優勝を争いを制したプレミアリーグの他、EFLカップ、FAカップ優勝を成し遂げ、国内3冠を達成した。 グアルディオラ監督とシティの契約は2021年6月まで。そんな中、最近、イギリスメディアが『グアルディオラ監督は、来シーズンにシティがチャンピオンズリーグ優勝の悲願を達成したら、長期休暇をとるために契約を残して退任する可能性がある』と報じた。 しかし、グアルディオラ監督はこの可能性を真っ向から否定している。 「ノーだね。長期休暇はとらない。私はまだ若く、欲がある」 「ニュースが出てきても、多くのことは真実ではない。彼ら(マンチェスター・シティ)が私を追い出さなければ、私は留まるよ」 「みんながチャンピオンズリーグを勝ち取りたいと思う。それが最も美しいものであるからだ。失敗しても、最後まで挑戦することが重要だ」 2019.06.13 08:50 Thu
twitterfacebook
thumb

新シーズンのプレミア開幕カードが1日前にリーク? スパーズvsノリッジが開幕戦か

プレミアリーグは現地時間13日に2019-20シーズンの日程を発表する予定だが、すでに開幕カードの情報がリークされているようだ。イギリス『101greatgoals』など複数メディアが一足先に開幕カードを伝えている。 2019年8月10日に開幕する2019-20シーズンのプレミアリーグ。 昨年6月にイングランドサッカー協会(FA)との協議の下、過密スケジュールの緩和のためにウィンターブレイクの導入、その他の5大リーグに続いてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入が決定したことで注目を集める来季のプレミアリーグ。また、日程に関してはミッドウィーク開催が廃止となり、基本的には毎節週末開催となる予定だ。 なお、一足先にリークされた開幕カードに関しては今季4位のトッテナムと、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのノリッジの一戦がランチタイムキックオフで開幕戦となるようだ。 また、プレミアリーグ史に残る熾烈な優勝争いを演じたマンチェスター・シティとリバプールの2強は、リバプールが10日にバーンリーとのアウェイゲーム、シティが12日に同じくアウェイでウォルバーハンプトンと対戦する見込みだ。今回リークされた開幕節の対戦カードは以下の通り。 ◆プレミアリーグ開幕カード※非公式 ▽8/10(土) トッテナム vs ノリッジ ボーンマス vs シェフィールド・ユナイテッド クリスタル・パレス vs アーセナル エバートン vs ニューカッスル サウサンプトン vsチェルシー ワトフォード vs ウェストハム バーンリー vs リバプール ▽8/11(日) アストン・ビラ vs レスター マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン ▽8/12(月) ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・シティ 2019.06.13 02:04 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、デ・リフト逃した場合はオタメンディ獲りへ! 一方、攻撃OP増強へサラビアにも関心

パリ・サンジェルマン(PSG)が、マンチェスター・シティに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)の獲得に動いているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 今夏の移籍市場で最終ラインの補強を優先事項とするPSGは、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得レースに参戦。高額の年棒掲示で相思相愛と言われるバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドとのレースを制したい同クラブだが、本命バルセロナを前に旗色が悪い状況だ。 この状況を受けて、PSGは大幅にプラン変更を行い、3バックと4バックでプレー可能なベテランセンターバックのオタメンディへの関心を強めている模様だ。なお、イギリス『タイムズ』は同選手の移籍金が2200万ユーロ(約27億円)程度になると主張している。 一方、センターバックと並行して新たな攻撃オプションを増強したいPSGは、セビージャのスペイン人MFパブロ・サラビア(27)の獲得にも動いている模様だ。 スペイン『Estadio Deportivo』が伝えるところによれば、高精度の左足を武器に今季のリーグ戦でいずれもキャリアハイの13ゴール13アシストを記録したサラビアに関しては、1800万ユーロ(約22億1000万円)という格安の契約解除条項があり、高額なサラリーを武器に獲得を目指しているようだ。 2019.06.11 20:39 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース