【CLグループF総括】シティが順当に首位通過! プレミア王者苦しめたリヨンが7季ぶりの歓喜2018.12.14 11:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補筆頭に挙がるマンチェスター・シティと、アウトサイダー3チームの構成となったグループF。結果だけを見れば、シティが順当に首位通過を果たしリヨンが三つ巴の争いを制して2位通過を決める形となったが、予想外に盛り上がるグループステージの戦いとなった。■グループF順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.マンチェスター・シティ[13/4/1/1/10]
2.リヨン[8/1/5/0/1]
3.シャフタール[6/1/3/2/-8]
4.ホッフェンハイム[3/0/3/3/-3]

◆波乱の幕開けも納得の首位通過~マンチェスター・シティ~
Getty Images
▽記録尽くめの圧勝となった昨季のプレミアリーグでの戦いぶりから今大会の優勝候補筆頭に挙がるシティだったが、今グループステージにおいては予想外の苦戦を強いられた。国内リーグでの好調を引っ提げて臨んだリヨンとのホームでの初戦では相手の激しいプレッシングに苦しみ、まさかの1-2で敗戦。翌節のホッフェンハイム戦もキックオフ直後の失点でビハインドを負った末、試合終了間際のMFシルバのゴールで辛くも競り勝った。

▽その後、シャフタール相手に3-0、6-0の圧勝でようやく本調子を見せたが、リヨンへのリベンジを期して臨んだ第5節では最終的に2-2のドローに持ち込み決勝トーナメント進出を決めたものの、試合内容では前回対戦と同様にネガティブな面が目立った。最終的には順当に首位通過を果たしたものの、前半戦をほぼ全休したMFデ・ブライネやDFメンディに加え、シルバやFWアグエロら主力に負傷者が目立っており、今冬の補強を否定するグアルディオラ監督だが、より拮抗した戦いを強いられる決勝トーナメントに向けては幾つかのポジションで補強が求められるところだ。

◆プレミア王者に冷や汗をかかせる奮闘~リヨン~
Getty Images
▽プレミア王者に冷や汗をかかせたフランスの名門がシャフタール、ホッフェンハイムとの三つ巴の争いを制して7シーズンぶりの決勝トーナメント進出を決めた。今季、流出濃厚だったエースFWフェキルの残留に成功したチームは国内リーグではやや苦戦もCLの舞台では印象的なパフォーマンスを披露した。MFエンドンベレ、MFアワール、DFフェルラン・メンディと欧州のビッグクラブ注目の逸材たちが評判通りの活躍をみせ、シティ相手に1勝1分けの戦績を残した。

▽シャフタール、ホッフェンハイムとの直接対決ではウィークポイントの守備面、試合運びの拙さを露呈したものの、いずれもドローに持ち込む勝負強さをみせ、1勝5分けの無敗で決勝トーナメント進出を決めた。今冬の引き抜きに不安を残す一方、シーズン途中から採用する[3-4-3]の新布陣の熟成が徐々に進んでおり、対戦相手次第では決勝トーナメントでの躍進も期待される。

◆健闘も2季連続の悲願はならず~シャフタール~
Getty Images
▽ナポリを退けてシティと共に決勝トーナメント進出を果たした昨季の再現を狙うも惜しくも3位敗退となった。今夏の移籍市場では司令塔のMFフレッジ、主砲FWファクンド・フェレイラなど一部主力を引き抜かれたものの、キャプテンのMFタイソン、MFマルロス、DFイスマイリとブラジル出身トリオが今季も健在ぶりを発揮。さらに、新エースストライカーのFWジュニオール・モラエスもまずまずの活躍を見せた。

▽シティとの連戦では無得点9失点と大きな力の差を見せつけられたものの、それ以外の2チーム相手にはらしいパフォーマンスを見せられていた。惜しむらくはホームで戦った最終節のリヨン戦。早い時間帯に先制点を奪ったことでやや消極的なプレーが目立った中、終始押し込まれるまるでアウェイのような戦いを強いられ、最終的に1-1のドローに終わった。ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントでは昨季のようにホームゲームでの圧倒的な強さを取り戻したい。

◆初挑戦は未勝利に終わるも収穫多し~ホッフェンハイム~
Getty Images
▽クラブ史上初の参戦となった昨季ELに続き今季のCLでもグループステージを最下位で終えることになった。それでも、若き知将ナーゲルスマンは昨季のヨーロッパでの戦いを教訓に自身初のCLでは今後に可能性を抱かせる戦いぶりを見せてくれた。最終結果は3敗3分けの未勝利という結果に終わったが、ほとんどの試合で先制点を奪えていた事実は指揮官のゲームプランの正しさを示す。また、試合中のシステム変更や選手交代によってビハインドを追いついた試合も幾つかあり、指揮官としての有能さを示した。その一方でシティ相手の2度の逆転負けなどリードした後の試合運びには大いに改善点があり、経験不足が顕著だった選手たちのメンタル面のケアを含めて来季からの新天地RBライプツィヒでの戦いに生かしたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、DF史上最高額でマグワイアの獲得迫る?

マンチェスター・シティが、レスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(26)の獲得に迫っているようだ。イギリス『ミラー』が報じた。 2017年6月にハル・シティからレスターに加入したマグワイア。圧倒的なフィジカルを武器に守備の要として今シーズンの公式戦32試合に出場した。 そんなマグワイアを巡って、マンチェスターの両クラブが熱視線を送っていると各紙は報道。そうした中、同選手自身は、昨年9月にレスターと2023年までの新契約を締結したものの、シティへの移籍を友人に仄めかしていたようだ。 そして、今回の記事によれば、シティは2017年12月にリバプールがオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの獲得時に支払ったDF最高額の7500万ポンド(約102億7000万円)を超える8000万ポンド(約109億5000万円)の移籍金に加えて、週給28万ポンド(約3900万円)という好待遇のオファーを準備できているという。今週中にも移籍が成立する可能性があるとのことだ。 2019.06.24 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ジェズス、来季から背番号「9」に変更!

マンチェスター・シティは22日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの背番号を来シーズンから「9」に変更することを発表した。 2017年1月にパルメイラスから加入したジェズスはこれまでは背番号「33」を着用。シーズン途中からの加入となった2016-17シーズンは、リーグ戦10試合で7ゴール4アシストを記録し華々しいデビューを果たした。 22歳になったばかりの若武者の成長は著しく、今季はキャリア最多となる21ゴールを記録。まだまだ伸びしろたっぷりのジェズスに期待は高まるばかりだ。 シティはそんなジェズスに背番号「9」を託すことを決断。近年ではFWアルバロ・ネグレドやFWノリートが身に着けたエースナンバーでジェズスは気持ちを新たにしている。 「とても光栄だ。大きな誇りだよ。このユニフォームを着てたくさんゴールを決めてシティがさらなる栄光を掴めるよう手助け出来たらいいね」 「この番号はブラジル代表でいつも着ている番号だ。これを着てシティにすべてを捧げるよ」 2019.06.23 16:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ロドリ、エティハド行きを選択…シティ史上最高額で加入へ

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティ移籍を決断した模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 “ロドリ”ことロドリゴ・エルナンデスは昨夏、ビジャレアルから加入した守備的MF。アトレティコ・マドリーとの契約を2023年まで残しているが、既報でクラブ側に移籍希望の意思を表明したとされ、去就がよりヒートアップしている。 そのロドリを狙っているとされてきたのが、シティとバイエルン。両軍ともに契約解除金6300万ポンド(約83億1000万円)を支払っての獲得に意欲を示しているといわれるなか、ロドリ自身がシティ行きを選択したという。 これが実現すれば、ロドリはシティ史上最高額でのエティハド行きに。これまでの最高額は昨夏にレスター・シティから加入したアルジェリア代表FWリヤド・マフレズの6000万ポンド(約82億円)だった。 今夏、ブラジル代表MFフェルナンジーニョ(34)の後釜として、ロドリの獲得が有力的なシティ。今夏の補強第一号は、プレミアリーグ3連覇、悲願のチャンピオンズリーグ(CL)制覇への機運が高まるものになりそうだ。 2019.06.22 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ジンチェンコがシティと2024年までの新契約にサイン!

マンチェスター・シティは20日、ウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(22)と2024年まで契約延長したことを発表した。 ここ2シーズン、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で急速な成長を遂げているジンチェンコ。新たに5年契約を結んだ喜びを以下のように語っている。 「この契約にサインできたことがどれほど嬉しいことか言い表せないよ。このクラブは選手たちに成長と改善のためにあらゆることを要求する。そんな所にもう5年もいられるなんて名誉なことだ」 「今シーズンは僕たちが成功を築き上げていくところを見せることが出来たと思う。こんな歴史の一部に加わることが出来るなんて信じられないよ。一生忘れることはないだろう」 「だけど、今は将来に集中しているよ。もっと良い時期が近付いていることがわかるんだ」 2016年夏にロシアのウファから加入したジンチェンコは1年間のPSVへのレンタルを経て2017-18シーズンにシチズンズデビュー。中盤の選手ながら、左利きであることから左サイドバックで起用されることになったが、難なくアジャストし、グアルディオラ監督の期待に応え続けている。今シーズンのEFLカップのバートン・アルビオン戦では移籍後初ゴールを記録した。 2019.06.20 21:03 Thu
twitterfacebook
thumb

シティ、不動の右SBウォーカーと2024年までの新契約締結!

マンチェスター・シティは19日、イングランド代表DFカイル・ウォーカー(29)と2024年6月30日までの新契約を締結したことを発表した。 2017年7月に総額5300万ポンド(約72億4000万円)といわれる移籍金でトッテナムから加入したウォーカー。 加入1年目からジョゼップ・グアルディオラ監督の信頼を集めると、ここまで公式戦100試合以上に出場し、右サイドバックの不動のレギュラーとして活躍。在籍2シーズンでプレミアリーグ、EFLカップ連覇に加えて、FAカップ、コミュニティ・シールド制覇に貢献してきた。今シーズンは公式戦52試合に出場し、2ゴール3アシストの数字を残していた。 今回、2022年までとなっていた現行契約を新たに2年間延長したウォーカーはクラブ公式サイトを通じて、シチズンズでの充実した日々に関して語っている。 「新たな契約にサインできてとても興奮しているよ」 「シティでプレーすること自体が僕の望んだすべてであったけど、実際はそれ以上のものであった。それは簡単な決断だったよ。僕は常にトロフィーを争い、最高レベルでのプレーを望んでいるからね。すでにこれまでの期間を通じて、プレーヤーとして大きな成長を実感しているんだ」 「クラブのビジョンに関してもピッチ内外で完全に自分と一致していると感じているんだ。ここで新たな5年間を過ごせることをとても楽しみにしているんだ。そして、より多くのタイトルを獲得したいと願っているよ」 2019.06.19 22:50 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース