【CLグループB総括】メッシ躍動バルサが首位通過! スパーズが奇跡の逆転突破2018.12.14 09:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽優勝候補バルセロナとプレミアとセリエAの強豪トッテナム、インテルにオランダ王者PSVが同居する今回のグループステージ屈指の激戦区となったグループB。その“死の組”を突破したのは、本命バルセロナと奇跡のカムバックを見せたトッテナムの2チームとなった。■グループB順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.バルセロナ[14/4/2/0/9]
2.トッテナム[8/2/2/2/-1]
3.インテル[8/2/2/2/-1]
4.PSV[2/0/2/4/-7]

◆メッシ躍動で貫録の首位通過~バルセロナ~
Getty Images
▽昨季グループステージでレアル・マドリーを圧倒したトッテナム、久々のCL復帰ながら戦力充実のインテル相手に苦戦も予想されたバルセロナだったが、4勝2分けの無敗で格の違いを見せつける首位通過となった。クラブOBのファン・ボメル監督率いるPSVとの初戦をエースFWメッシのハットトリックの活躍で大勝スタートすると、聖地ウェンブリーでのトッテナム戦もそのエースの圧巻の活躍で4-2の勝利。第3節のインテル戦はそのエースを負傷で欠くも、新加入MFアルトゥールら自慢の中盤の構成力を武器にエース不在を感じさせぬ快勝を見せた。

▽引き続きエース不在となったインテルとのリターンマッチで今大会初のドローも2節を残して決勝トーナメント進出を果たすと、第5節のPSV戦では復帰したエースの全ゴールに絡む活躍で首位通過も決定。最終節のトッテナム戦では主力温存で圧倒されるも1-1のドローで終え、CLでのホーム無敗記録を「29」に更新。決勝トーナメント1回戦では史上最長となる30試合無敗を目指す。

◆序盤3戦未勝利から奇跡のカムバック~トッテナム~
Getty Images
▽レアル・マドリー、ドルトムントと同居した昨季と同様に厳しい組み分けを強いられた中、今夏の新戦力補強ゼロに終わったチームはロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあり、序盤から大苦戦を強いられた。内容面で圧倒したインテルとの初戦を終盤の連続失点で逆転負けを喫すると、ホームでのバルセロナ戦では驚愕のパフォーマンスを見せたメッシに粉砕され、2連敗スタート。さらに、必勝を期して臨んだ格下PSVとの連戦初戦を痛恨のドローで終え、前半戦を勝ち点1で終える絶望的な状況を強いられた。

▽誰もが敗退の可能性を口にした中、奇跡を信じ続けたポチェッティーノ監督率いるチームはPSV戦、インテルとの直接対決をいずれも試合終盤の劇的な得点で競り勝ち逆転突破へのわずかな光明を見出すと、28戦無敗を誇るカンプ・ノウでは主力温存の首位チーム相手にビハインドを背負うもFWルーカス・モウラの劇的同点弾と、最下位敗退が決定しながらもインテル相手のアウェイゲームで勇敢な戦いでドローに持ち込んだPSVのアシストもあり、当該成績のアウェイゴール差でインテルを上回り、奇跡のカムバックを果たした。

◆名門の勝負強さ発揮も最後は経験不足露呈~インテル~
Getty Images
▽昨季、ラツィオとの痺れるセリエA最終節の大一番を制して7シーズンぶりのCL出場を果たしたインテルだったが、期待外れの3位敗退となった。今夏MFナインゴランやDFデ・フライ、DFヴルサリコ、FWケイタら実力者を補強したチームは国内リーグでの序盤戦で苦戦。それでも、トッテナムとのCL初戦では終始劣勢を強いられた中、CL初参戦のエースFWイカルディのスーパーゴールと伏兵MFヴェシーノのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾った。この劇的勝利をターニングポイントとしたチームは以降は国内リーグでも復調。CLでは苦戦した第2戦のPSV戦も勝負強い戦いぶりで逆転勝利し、バルセロナとの連戦ではメッシ不在という好機を生かして敵地でこそ敗れたものの、ホームゲームでは再び粘り強い戦いで勝ち点1を手にした。

▽しかし、7シーズンぶりのCL参戦ということもあり、より重圧のかかる残り2試合で経験不足を露呈したチームはやや腰の引けた戦いぶりでトッテナムとの重要な大一番を落とすと、最終節のPSV戦では他会場の結果を意識し過ぎてかホームで勝ち点3を奪いに行く断固たる態度を示せずドローに終わった結果、無念の3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。

◆未勝利も美しき敗者に~PSV~
Getty Images
▽ファン・ボメル新監督の下で2シーズンぶりのCLグループステージ参戦となったPSVは今大会未勝利も健闘ぶりが光った。国内リーグで開幕13連勝を飾るなど、エースFWロサーノや守護神ズート、DFアンジェリーノ、FWベルグヴィンと各ポジションに有望な若手を擁するオランダ王者はすべて格上との対戦となったCLの舞台でも躍動。バルセロナ戦ではメッシらに格の違いを見せつけられたが、インテルとトッテナム相手にはズートを中心とする粘り強い守備とロサーノ、ベルグヴィンの両翼の個人技を生かした鋭いカウンターで時に互角以上に渡り合って見せた。主砲ルーク・デ・ヨングも3試合連続ゴールを記録するなど、チームとしてバルセロナとの初戦を除き全試合で得点を記録しており、未勝利での敗退とはいえポジティブな要素が目立っていた。
コメント
関連ニュース
thumb

バルセロナ、元守護神ビクトル・バルデスのフベニルA新監督就任を発表!

バルセロナは19日、元スペイン代表GKのビクトル・バルデス氏(37)のフベニルA(U-19チーム)新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。なお、今回の契約には1年間の契約延長オプションが付随している。 バルセロナの育成組織ラ・マシアで育ったバルデス氏は、正守護神としてバルセロナでプレー。2014年3月に右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負うと、7月に退団。その後は、マンチェスター・ユナイテッドやスタンダール・リエージュ、ミドルズブラでプレーし、2017年8月に現役を引退していた。 10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けたバルデス氏は、この間に6度のリーガエスパニョーラ制覇、3度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇、2度のクラブ・ワールドカップ(CWC)制覇など、獲得可能な有力タイトルをほぼ全て獲得してきた。 引退後は、マドリッドに本拠地を置くラージョ・マハダオンダでコーチを務める傍ら、スペインサッカー連盟が元代表選手やトップリーグで10年以上活躍した人物のために用意しているエリートコースに進み、コーチングライセンス取得に励んでいた。2018年5月にはUEFA BとUEFA Aライセンスを取得していた。 2019.07.19 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うバルサ、PSGに121億円+2選手のオファー

バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の獲得に向け、オファーを提示したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。PSGのスポーツ・ディレクター(SD)に復職したレオナルド氏に続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたことで、実現の可能性が日に日に高まっている。 そのネイマールの有力な移籍先として挙がるのが、古巣のバルセロナだ。獲得時に記録した史上最高額の移籍金2億ポンド(約269億5000万円)以上を求めているとされるPSGに対して、9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを提示したという。 バルセロナは譲渡可能選手として、MFフィリペ・コウチーニョ(27)、FWウスマーヌ・デンベレ(22)、MFイバン・ラキティッチ(31)、DFネウソン・セメド(25)、FWマウコム(22)、DFサミュエル・ユムティティ(25)の6選手を挙げたとみられる。 なお、ネイマールを巡っては先日、選手の代理人とユベントスの会談が取り沙汰されたが、そうした事実はなく、バルセロナとの接触のみが確認されているとのことだ。 2019.07.19 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、バルサが買い戻したククレジャを買い取りOP付きのレンタルで獲得

ヘタフェは18日、バルセロナのU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャ(20)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は600万ユーロ(約7億2500万円)とのことだ。 ククレジャは2日前、バルセロナによってエイバルから400万ユーロ(約4億8500万円)で買い戻されていた。 エスパニョールのユースから2012年7月にバルセロナの下部組織に入団したククレジャは、2018年7月にトップチームへと昇格すると、同年8月にエイバルへとレンタル移籍。2018-19シーズンはエイバルで左サイドバックや左サイドハーフなどでレギュラーとしてプレーし、リーガエスパニョーラで31試合に出場して1ゴール2アシストを記録していた。そしてシーズン終了後、エイバルに200万ユーロ(約2億4300万円)で買い取られていた。 なお、将来的にヘタフェがククレジャを他クラブに完全移籍させた場合、40%の移籍金がバルセロナに入るとのことだ。 2019.07.19 05:50 Fri
twitterfacebook
thumb

グリーズマン、F・デ・ヨング、ネト…バルベルデが新顔たちへの期待語る

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、新顔たちについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズン、リーガエスパニョーラを制覇するも、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4敗退に終わったバルセロナ。新シーズンに向けてはアトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、バレンシアからブラジル代表GKネトを獲得した。 そんな新戦力3選手について指揮官のバルベルデ監督は、バルセロナ公式チャンネルで印象や期待について語っている。 「(デ・ヨングについて)彼は昨シーズン、アヤックスで素晴らしいレベルでプレーした。彼はミッドフィルダーに新鮮さを加えてくれる選手でもあり、将来を担う選手だ。すでに経験豊富なクオリティを持っており、我々のようなスタイルを兼ね備えているからだ」 「(グリーズマンについて)リーガエスパニョーラでのプレー経験がある選手だ。その面では、デ・ヨングより安定しているだろう。彼は速く、そしてうまくスペースに入っていくことができる素晴らしいフィニッシャーだ」 「大いに信頼している。我々はこのようなタイプの選手にどれだけの価値があるのかを理解しているし、即座にパフォーマンスを発揮してくれることを期待しているよ」 「(ネトについて)ゴールの前で安全をもたらしてくれる。経験豊富なGKで、テア・シュテーゲンと共に働くのに理想的な選手だ」 2019.07.18 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、ネイマール連れ戻しへオファーもPSGが即刻拒否?

バルセロナが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の連れ戻しに向けてオファーを提示したようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約269億1000万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマール。新天地でもこれまで公式戦通算58試合51得点29アシストの数字を残し、攻撃性能の高さを披露しているが、度々、移籍話が浮上し、今夏を含め長らくバルセロナが同選手の復帰を画策していることが伝えられている。 そのバルセロナが今回、PSGにオファー。その内容は、移籍金4000万ユーロ(約48億5000万円)+ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)とフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)の譲渡だという。 しかし、PSGはネイマールの獲得に費やした2億2200万ユーロを可能な限り回収したいと望んでいることから、このオファーに対しては、「馬鹿げている」と即刻、拒否したようだ。また、PSGの会長を務めるナセル・アル・ケラフィ会長は、3億ユーロ(約364億円)未満のオファーに対して、耳を傾ける気はないとも伝えられている。 ネイマールは最近、スポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏と会談し、希望する行き先こそ明らかにしなかったものの、移籍の意思を示したことが報道。同氏は以前にも「適切なオファーが届けば」移籍を容認する姿勢を示していたが、バルセロナはPSGを納得させるだけのオファーを用意することはできるだろうか。 2019.07.17 15:40 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース