【CLグループD総括】経験値で上回ったポルトが首位通過、長友奮闘もガラタサライはELへ2018.12.14 10:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ビッグクラブ不在の今大会最も地味なグループを突破したのはチャンピオンズリーグ(CL)常連のポルトと、4季ぶり出場のシャルケとなった。DF長友佑都の所属するガラタサライは及ばず、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることとなった。■グループD順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.ポルト[16/5/1/0/9]
2.シャルケ[11/3/2/1/2]
3.ガラタサライ[4/1/1/4/-3]
4.ロコモティフ・モスクワ[3/1/0/5/-8]

◆3季連続ベスト16~ポルト~
Getty Images
▽8季連続出場とグループ内で最もCLの経験値が高いポルトが1試合を残して首位通過を果たす貫禄を見せた。2季連続決勝トーナメント進出を果たしていたポルトガル王者は、初戦のシャルケ戦こそ引き分けたものの、その後は5連勝と格の違いを見せ付けた。守護神カシージャスを軸とした堅実な守備をベースに、エースFWのマレガがコンスタントに得点を重ね、安定した戦いを続けた。

◆青年指揮官が初挑戦で突破~シャルケ~
Getty Images
▽33歳の青年指揮官であるテデスコ監督がCL初挑戦で結果を残した。ブンデスリーガではCLの影響もあって躓いているが、ライバルと目されたガラタサライとロコモティフ・モスクワ相手にしっかりと勝ち越し、1試合を残して2位通過を決めた。ポルト同様、テデスコ監督が植え付けた堅実な守備をベースとした安定した戦いでポルトに次ぐ2位の座を勝ち取った。

◆長友奮闘も及ばず~ガラタサライ~
Getty Images
▽トルコ王者はシャルケとの実力差は僅かだったように思うが、ストライカー、センターバックの質の差で及ばなかった。得点源のFWデルディヨクは1ゴールに終わり、守備面でもセンターバックが脆さを見せてしまった。その中で左サイドバックのレギュラーとして奮闘したDF長友は肺気胸により1試合を欠場したが、及第点のプレーを披露。ベテランとしてチームを支える働きを見せた。

◆見せ場なかったロシア王者~ロコモティフ・モスクワ~
Getty Images
▽14年ぶりにロシア王者となって15季ぶりにCL出場を果たしたロコモティフだったが、やはり厳しい戦いを強いられた。MFクリホヴィアク、DFヘヴェデスと実力者を補強したものの、彼らによって守備が強化されることはなく、ポルトとの連戦で大敗してしまった。第5節シャルケ戦でようやく初勝利を挙げたが時既に遅く、見せ場を作れなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

カシージャス後釜探すポルトがレンヌのチェコ代表GK獲得へ!

ポルトがスタッド・レンヌに所属するチェコ代表GKトマシュ・コウベク(26)の獲得に向けて交渉を進めているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 現在、ポルトでは今シーズンの公式戦42試合でゴールマウスを守った元スペイン代表GKイケル・カシージャス(38)が、5月に心臓発作で病院へ緊急搬送された影響もあり、現役引退の可能性が取り沙汰されている。 現時点で同選手の現役続行の可否は不明もクラブとしては後継者の確保が急務となっている。先日にはパリ・サンジェルマン(PSG)を退団した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)の獲得に乗り出したとの噂も出ていたが、多数の競合クラブの存在もあって交渉は難航している模様だ。 この状況を受けて、クラブが新たに目を付けたのが、レンヌの守護神として活躍するコウベクのようだ。 母国のフラデツ・クラーロヴェーでプロキャリアをスタートした198cmの長身GKはスパルタ・プラハを経て、2017年にレンヌに加入。ここまで2シーズンに渡って守護神を務めている。 また、2016年にデビューを飾ったチェコ代表では正GKのトマシュ・バシリクのバックアッパーとして通算9試合に出場している。 なお、『レキップ』が伝えるところによれば、パリで直接交渉を行った両クラブは700万ユーロ(約8億5000万円)の金額で大筋での合意に至った模様だ。 また、レンヌ側はすでにコウベクの後釜としてスタッド・ランスのセネガル代表GKエドゥアール・メンディ(27)をリストアップしているようだ。 2019.06.24 22:49 Mon
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ポルト移籍に前向き? 代理人「ジジも惹きつけられるだろうね」

元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)は、ポルト移籍に前向きなようだ。ポルトガル『O jogo』が伝えている。 今シーズンに加入したパリ・サンジェルマン(PSG)で公式戦25試合に出場したイタリアが誇る偉大な守護神ブッフォン。すでに同クラブ退団が決定しており、バルセロナやブレシア、古巣のパルマらが獲得に興味を示している状況だ。 そんな中、最近では、先月1日のトレーニング中に心臓発作で病院へ緊急搬送された元スペイン代表GKイケル・カシージャス(38)が所属するポルトも関心を示していることが浮上。この噂に対しては、ブッフォン本人も興味があるようだ。同選手の代理人が明かしている。 「ポルトでプレーするというアイデアには、ジジ(ジャンルイジ・ブッフォン)も惹きつけられるだろうね」 「ただ、まだ正式にオファーはなく、誰にも会っていないよ」 「彼は移籍について前向きだろう。結局、我々はチャンピオンズリーグでプレーする偉大な歴史を築いてきたクラブについて話しているね」 2019.06.13 11:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ブッフォンの新天地にポルトが急浮上! カシージャスの後釜に?

ポルトが、パリ・サンジェルマン(PSG)を退団した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 2018年夏にユベントスからフリートランスファーでパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍したブッフォン。公式戦25試合に出場したが、クラブが保有していた1年間の延長オプションを行使せず、わずか1年での退団が決定した。 現役続行を希望しているブッフォン関しては、バルセロナや古巣パルマ、セリエA昇格組ブレシアなどが関心を抱いていると報じられている。そして、ここに新たに加わったのがポルトのようだ。 ポルトでは、今シーズンの公式戦42試合でゴールマウスを守った元スペイン代表GKイケル・カシージャス(38)が、先月1日のトレーニング中に心臓発作で病院へ緊急搬送。命に別状はなかったが、現在も療養中であり、現役引退の可能性も取りざたされている。そのため、クラブは同選手の後釜としてブッフォンに白羽の矢を立てているという。 2019.06.11 21:39 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルやアトレティコ関心のアルゼンチン代表DFレンソ・サラビアがポルトに移籍

ポルトは8日、アルゼンチン代表DFレンソ・サラビア(25)をラシンから獲得したことを発表した。ポルトガルメディアによると移籍金は700万ユーロ(約8億6000万円)程度。 母国ベルグラーノ出身のレンソ・サラビアは2017年夏からのレンタル移籍を経て、昨夏に完全移籍。一対一に強く、攻撃センスもある右サイドバックで、2018-19シーズンはリーグ戦21試合に出場した。 昨年の9月にはグアテマラ戦でアルゼンチン代表デビューも果たし、今月開催のコパ・アメリカに臨むチームにも選ばれている。 インテルやアトレティコ・マドリーも関心を寄せていると伝えられてが、ポルトと2023年までの契約を締結。契約解除金は1800万ユーロ(約22億円)に設定されているようだ。 2019.06.09 14:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ポルト主将MFエレーラのアトレティコ加入迫る!

ポルトに所属するメキシコ代表MFエクトル・エレーラ(29)のアトレティコ・マドリーへの加入が迫っているようだ。スペイン『マルカ』は4日、同選手が近日中にフリートランスファーで加入すると報じた。 2013年にパチューカからポルト入りし、近年はキャプテンも務めていたエレーラ。豊富な運動量と球際の強さ、テクニックを武器に、在籍6年間で公式戦245試合に出場し35ゴール35アシストを記録。今季も公式戦53試合で9ゴール3アシストを挙げていた。 しかし、より高いレベルの環境を求めるエレーラは今シーズン終了までとなっていたポルトとの契約延長を固辞し、今夏に新天地移籍を決断。その去就に関しては、これまでインテル、アーセナル、ミラン、ローマからの関心も伝えられていた。 しかし、リーガエスパニョーラでのプレーや、ディエゴ・シメオネ監督の指導に興味を惹かれた同選手は、最終的にアトレティコ行きを決断したようだ。 2019.06.04 16:28 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース