【CLグループC総括】死の組を抜け出したのはPSGとリバプール! ナポリは一歩及ばず…2018.12.14 10:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今大会屈指の激戦のグループと目されたグループCは、その期待に違わぬ痺れる試合が多く繰り広げられた。そんな中、最終節まで突破チームの決まらない大激戦を勝ち抜いたのはパリ・サンジェルマン(PSG)とリバプールとなった。ナポリは一歩及ばず、草刈り場となることが予想されたツルヴェナ・ズヴェズダも意外な存在感を見せた。■グループC順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.パリ・サンジェルマン[11/3/2/1/8]
2.リバプール[9/3/0/3/2]※総得点9
3.ナポリ[9/2/3/1/2]※総得点7
4.ツルヴェナ・ズヴェズダ[4/1/1/4/-12]

◆戦術家トゥヘルによって魅惑の攻撃陣が機能~PSG~
Getty Images
▽多様な戦術を駆使する新指揮官トゥヘル監督の下、PSGが死の組を首位で通過した。FWムバッペとFWネイマールの2大巨頭の他、FWカバーニ、FWディ・マリアという一流のアタッカーをうまく組み合わせ、同時起用を実現した。最適解を見つけたPSGは初戦のリバプール戦こそ落としたものの、その後は3勝2分けと無敗。とりわけ、リバプールとのリターンマッチでは攻撃陣が躍動し、2-1というスコア以上の差で勝利して見せた。

◆ギリギリの戦いを制して逆転2位通過~リバプール~
Getty Images
▽ウィークポイントのGKにアリソンを迎えた昨季ファイナリストは、初戦のPSG戦を制す最高のスタートを切った。しかし、続くナポリ戦を終盤の被弾で落とすと、第4節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦、第5節のPSG戦と敗れ、無敗を維持するプレミアリーグとは打って変わって苦戦し、グループステージ敗退の窮地に立たされた。1-0の勝利か、2点差以上での勝利で逆転突破という厳しい状況で迎えたナポリとの最終節、圧倒して見せたリバプールは1-0で勝利し、見事逆転での決勝トーナメント進出を果たした。

◆首位から一転、昨季に続く悔しい敗退~ナポリ~
Getty Images
▽メガクラブのPSG、リバプールと十分に渡り合ったナポリだったが、最後の最後で泣いた。サッリ前監督の遺産をうまく活用しつつ、[4-4-2]へのシステム変更などモデルチェンジして見せたアンチェロッティ新監督の下、ナポリは最終節リバプールに敗れるまで無敗を維持して首位に立っていた。とりわけPSGとの2試合はハイレベルでナポリのクオリティの高さを示す試合だった。他のグループであれば…、と思いたくなるような昨季に続く悔しいグループステージ敗退となった。

◆リバプールから金星、ナポリにドロー~ツルヴェナ・ズヴェズダ~
Getty Images
▽3クラブの草刈り場となることが予想されたセルビア王者は、最下位に終わったものの、リバプールに勝利し、ナポリに引き分ける大善戦を見せた。その立役者となったのは横浜FマリノスでプレーしていたDFデゲネク。彼の統率する守備によって引き締まったツルヴェナ・ズヴェズダは、リバプールとナポリの強力攻撃陣をシャットアウトして見せた。
コメント
関連ニュース
thumb

音楽活動は順調なヘセ・ロドリゲス、今月新アルバムをリリース!!

昨年に自身の音楽レーベルを立ち上げて話題となったパリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン人FWヘセ・ロドリゲスもとい“Jey M”が、新アルバムをリリースすることになったようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 あまり知られていないかもしれないが、ヘセ・ロドリゲスは以前から『Big Flow』というグループでミュージシャンとして活動していた。そのグループが2015年に解散となり、その後は“Jey M”という名前でソロで活躍。これまでリリースしたシングルの売り上げは悪くないようで、このたびニューシングル「Pakata」が発売。さらに今月中に新アルバム「Otro game」の発売も決まっている。 「Pakata」に関してはミュージックビデオが公開されており、現地時間14日の公開からすでに7万近い再生回数を数えている。アニメーション仕様のミュージックビデオは、Jey Mが延々と歌い続けるという奇妙なものに。見る人によってはクセになるのかもしれないが…。 本職に話を戻すと、ヘセ・ロドリゲスは2018-19シーズンはベティスにレンタル移籍。だが、リーグ戦14試合でわずか2ゴールという乏しい成績に終わっている。 2019.06.15 14:32 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがレオナルド氏の復帰を発表! スポーツ・ディレクターに就任

パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、レオナルド氏(49)をスポーツ・ディレクター(SD)に任命したことを発表した。 現役時代にPSGでプレーした経歴を持つレオナルドは、2011年から2013年までPSGのSDを務めていた。その後、昨年7月にミランのSDに就任。FWゴンサロ・イグアインやFWクシシュトフ・ピョンテク、MFルーカス・パケタらの獲得に尽力した。 しかし、ミランはセリエAでチャンピオンズリーグ出場圏外の5位に終わり、その責任を取って辞任していた。PSG復帰となったレオナルドは次のようにコメントしている。 「再びPSGで仕事ができることに情熱を感じている。PSGは私のサッカーキャリアにおいて重要な役割を果たしてきた。パリに戻ってきて、新たなクラブの一員として情熱を注ぎたい」 2019.06.15 03:00 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、PSGのU-20フランス代表FWディアビを獲得!

レバークーゼンは14日、パリ・サンジェルマン(PSG)のU-20フランス代表FWムサ・ディアビ(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間で、移籍金はフランス『レキップ』によれば1500万ユーロ(約18億2000万円)とのことだ。 2013年からPSGの下部組織に在籍するウインガーのディアビは、昨季後半はセリエAのクロトーネにレンタル移籍。今季はPSGに復帰し、リーグ・アンで25試合に出場して2ゴール6アシストを記録するなど、公式戦34試合に出場した。 また、U-20フランス代表では10番を背負い、U-20ワールドカップ2019にも出場。4試合の出場で1ゴール2アシストを記録していた。 レバークーゼンは今夏、ホッフェンハイムからドイツ代表MFケレム・デミルバイを獲得しているが、ディアビは2人目の補強選手となった。 2019.06.15 02:33 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG、ディ・マリア売却でネレス獲得へ

パリ・サンジェルマン(PSG)が、アヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に興味を示しているようだ。ブラジル『UOL Esporte』が報じた。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンは公式戦50試合で12ゴール15アシストをマークした。 そのネレスに獲得に向けてPSGはすでに代理人と接触したという。推定市場価格5000万ユーロ(約61億円)というブラジル代表FW獲得に向けて、フランス王者は今シーズンの公式戦45試合で19ゴール17アシストを記録したアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(31)の売却を考えているようだ。 また、PSGはネレスが慕っているとされるレオナルド氏のスポーツ・ディレクター(SD)再任が近いとされる他、交渉を行ったマクスウェルSDが2001年から5年間アヤックスでプレーしたこともあり、両クラブの関係は良好な模様。そうしたことから、エバートンも獲得に動いているネレス争奪戦で優位に立っているとのことだ。 2019.06.14 16:24 Fri
twitterfacebook
thumb

ラビオとユーベが交渉! 本人が認める

パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)がユベントスとの接触を認めたという。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。 今シーズンがPSGと契約最終年のラビオは、延長交渉を固辞して今シーズン途中から干されており、今夏のフリー移籍が既定路線。だが、高額な賃金要求を受けて獲得希望クラブの相次ぐ撤退が指摘されており、行き先が不透明な状況だ。 そのラビオを巡っては現在、マンチェスター・ユナイテッドとユベントスの関心が浮上中。そうしたなか、本人がバカンス先のイタリアでユベントスとの交渉を明かしたという。 「ユベントスは誰もがプレーを望むビッグクラブだ。僕らはいくつかの協議をしている。それは事実さ」 2019.06.14 12:50 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース