【CLグループC総括】死の組を抜け出したのはPSGとリバプール! ナポリは一歩及ばず…2018.12.14 10:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今大会屈指の激戦のグループと目されたグループCは、その期待に違わぬ痺れる試合が多く繰り広げられた。そんな中、最終節まで突破チームの決まらない大激戦を勝ち抜いたのはパリ・サンジェルマン(PSG)とリバプールとなった。ナポリは一歩及ばず、草刈り場となることが予想されたツルヴェナ・ズヴェズダも意外な存在感を見せた。■グループC順位表■
[勝ち点/勝/引/負/得失点]
1.パリ・サンジェルマン[11/3/2/1/8]
2.リバプール[9/3/0/3/2]※総得点9
3.ナポリ[9/2/3/1/2]※総得点7
4.ツルヴェナ・ズヴェズダ[4/1/1/4/-12]

◆戦術家トゥヘルによって魅惑の攻撃陣が機能~PSG~
Getty Images
▽多様な戦術を駆使する新指揮官トゥヘル監督の下、PSGが死の組を首位で通過した。FWムバッペとFWネイマールの2大巨頭の他、FWカバーニ、FWディ・マリアという一流のアタッカーをうまく組み合わせ、同時起用を実現した。最適解を見つけたPSGは初戦のリバプール戦こそ落としたものの、その後は3勝2分けと無敗。とりわけ、リバプールとのリターンマッチでは攻撃陣が躍動し、2-1というスコア以上の差で勝利して見せた。

◆ギリギリの戦いを制して逆転2位通過~リバプール~
Getty Images
▽ウィークポイントのGKにアリソンを迎えた昨季ファイナリストは、初戦のPSG戦を制す最高のスタートを切った。しかし、続くナポリ戦を終盤の被弾で落とすと、第4節のツルヴェナ・ズヴェズダ戦、第5節のPSG戦と敗れ、無敗を維持するプレミアリーグとは打って変わって苦戦し、グループステージ敗退の窮地に立たされた。1-0の勝利か、2点差以上での勝利で逆転突破という厳しい状況で迎えたナポリとの最終節、圧倒して見せたリバプールは1-0で勝利し、見事逆転での決勝トーナメント進出を果たした。

◆首位から一転、昨季に続く悔しい敗退~ナポリ~
Getty Images
▽メガクラブのPSG、リバプールと十分に渡り合ったナポリだったが、最後の最後で泣いた。サッリ前監督の遺産をうまく活用しつつ、[4-4-2]へのシステム変更などモデルチェンジして見せたアンチェロッティ新監督の下、ナポリは最終節リバプールに敗れるまで無敗を維持して首位に立っていた。とりわけPSGとの2試合はハイレベルでナポリのクオリティの高さを示す試合だった。他のグループであれば…、と思いたくなるような昨季に続く悔しいグループステージ敗退となった。

◆リバプールから金星、ナポリにドロー~ツルヴェナ・ズヴェズダ~
Getty Images
▽3クラブの草刈り場となることが予想されたセルビア王者は、最下位に終わったものの、リバプールに勝利し、ナポリに引き分ける大善戦を見せた。その立役者となったのは横浜FマリノスでプレーしていたDFデゲネク。彼の統率する守備によって引き締まったツルヴェナ・ズヴェズダは、リバプールとナポリの強力攻撃陣をシャットアウトして見せた。
コメント
関連ニュース
thumb

カバーニ、改めて残留希望を公言「PSGで過ごす今年を楽しみにしているんだ」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ(32)が、改めて契約を全うする意思を示している。スペイン『マルカ』が伝えた。 2013年にナポリからPSGに加入したカバーニ。ストライカーとして不動の地位を確立しているが、2020年に契約が失効するため、今夏移籍の様々な憶測が飛び交っている状況だ。 そんなカバーニはこれまでにもPSG残留の希望を公言。今回、改めてその思いが変わっていないことを示した。日本時間25日のコパ・アメリカ2019 グループC最終節のチリ代表戦終了後に明かしている。 「パリとの契約がもう一年ある。だから残留を考えているよ」 「PSGで過ごす今年を楽しみにしているんだ。何が起こるかはまだ分からないけどね」 「シーズン終了前にクラブとは話をした。そして、今年もいたいということは伝えたよ」 「僕は幸せさ。ただ、フットボールでは多くのことが紆余曲折するからね…」 2019.06.26 10:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ユベントス帰還へ

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団する元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)のユベントス復帰が近づいているようだ。イタリア『スカイ』が報じた。 今シーズン、17年間過ごしたユベントスに別れを告げ、PSGに加入したブッフォン。同シーズンは公式戦25試合に出場し、健在ぶりを示したが、PSGとの契約延長を拒否し退団している。 そのブッフォンはバルセロナ、ブレシア、ポルト、リーズ、パルマなど複数クラブが獲得に興味を示すなど、引く手あまたの状態。そんな中、ユベントスへの復帰の可能性が出てきた。 同メディアによれば、ブッフォンはすでにイタリア王者への復帰に合意。現在、同クラブで正GKを務めるポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーのバックアップとして加入することとなり、退団が噂される第2GKのイタリア代表GKマッティア・ペリン(26)の去就が決定後、交渉を済ませる見込みのようだ。 また、ブッフォンとの契約は1年になる模様。引退後は同クラブにスタッフ入りすることになるだろうとも伝えられている。 2019.06.26 09:25 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、ダニエウ・アウベス復帰に興味ゼロか

今夏のパリ・サンジェルマン(PSG)退団を表明したブラジル代表DFダニエウ・アウベス(36)のバルセロナ復帰は実現しなさそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今シーズン限りでPSGとの2年契約が満了となるダニエウ・アウベスは23日、自身のインスタグラム(danialves)を通じて退団を表明。これを受けた行き先として、インテルや、マンチェスター・シティ、ドルトムントのほか、バルセロナ復帰の可能性が飛び出すなど、去就が早くも加熱している。 だが、バルセロナにダニエウ・アウベスを連れ戻す動きはないという。ダニエウ・アウベス自身は今夏のカウンプ・ノウ凱旋を夢見ているようだが、バルセロナは他クラブの関心が取り沙汰されるポルトガル代表DFネウソン・セメド(25)が移籍したとしても、呼び戻すプランを描いていない模様だ。 その理由の1つとして、ダニエウ・アウベスがユベントス移籍時、バルセロナに批判的なコメントを残したことが尾を引いていると考えられるとのこと。ブラジル代表キャプテンの去就はいかに。 2019.06.25 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ミリンコビッチ=サビッチに約90億円オファーか

パリ・サンジェルマン(PSG)がラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチ(24)に対し、移籍金7500万ユーロ(約91億7000万円)のオファーを準備しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 同メディアによればPSGのスポーツ・ディレクター(SD)に就任したレオナルド氏と、ミリンコビッチ=サビッチの代理人を務めるマテヤ・ケジュマン氏が良好な関係を築いていることが、この移籍が実現する要因だと主張している。 2015年夏にラツィオに加入したミリンコビッチ=サビッチは2016-17シーズンから主力に定着。2017-18シーズンにはリーグ戦35試合で12ゴール4アシストの成績でブレイクを果たしていた。今季はリーグ戦31試合の出場で5ゴール3アシストとパフォーマンスを落としていたが、昨夏ミランのSDを務めていた際にもミリンコビッチ=サビッチの獲得に乗り出していたレオナルド氏が再アタックをかけるようだ。 2019.06.24 23:07 Mon
twitterfacebook
thumb

引く手あまたのブッフォン…バレンシアとアタランタも挙手か

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するも引く手あまたの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)だが、新たに2クラブが手を挙げる可能性があるようだ。『フットボールエスパーニャ』がポルトガル『A Bola』を引用して伝えている。 今シーズンに加入したPSGで公式戦25試合に出場したイタリアが誇る偉大な守護神ブッフォン。すでにバルセロナやブレシア、ポルト、リーズに加えて古巣のパルマなど複数のクラブが獲得に興味を示している状況だ。 ブッフォン争奪戦に関しては現在、リーズがポールポジションに立っている模様。しかし今回、バレンシアとアタランタも獲得に乗り出す可能性があるという。 ただ、バレンシアに関しては現在、ブラジル代表GKネト(29)とバルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とのトレード交渉が進行中であることも噂されており、こちらの状況によっても左右されそうだ。 2019.06.24 18:10 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース