ユナイテッドで沸くジダン待望論に“待った”スコールズ「適した人物か? 」2018.12.07 19:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽元イングランド代表MFポール・スコールズ氏が、マンチェスター・ユナイテッド指揮官就任の噂が浮上しているジネディーヌ・ジダン氏について、見解を述べた。イギリス『メトロ』が伝えている。

▽ジョゼ・モウリーニョ監督政権3年目に突入し、開幕直後の連敗や直近のプレミアリーグ4試合勝ち無しなど、苦難が続くユナイテッド。シーズン早々からモウリーニョ監督の解任論が噴出している。

▽そして、もし解任された場合の後釜候補の1人に挙げられているのがジダン氏だ。昨シーズンまで率いていたレアル・マドリーで前人未到のチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を達成したジダン氏は、現在もフリー。そういった状況もあり、ユナイテッドをタイトル争いの場に引き上げるためにも、就任を求める声は小さくない。

▽そういった風潮の中で、ユナイテッドのレジェンド、スコールズ氏が疑問を投げかけている。

「(ジネディーヌ・)ジダンが適した人物だろうか? 」

「彼は、既に勝者の集団だったレアル・マドリーに行った。これとは全く別の仕事だ。(ユナイテッドでは)かなりパフォ―マンスが悪いスカッドに自信を取り戻させなくてはならない」

「彼は非常に多くの偉大な選手たちとレアル・マドリーで過ごした。それもまた困難だっただろうけど、こっちは全体を建て直す仕事だ」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルからユナイテッドに移籍…ファン・ペルシが当時を回想

現役を退いた元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ氏がアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ファン・ペルシは2004年から8年間にわたり、アーセナルで活躍。公式戦278試合132得点を記録した。だが、個人として得点王に輝いた2011-12シーズンも夢だったプレミアリーグが叶わず、同シーズン終了後に宿敵ユナイテッド移籍を決断。個人として2年連続のプレミアリーグ得点王に輝き、移籍初年度に悲願のリーグ優勝を経験した。 その後、フェネルバフチェを経て、キャリアスタートの地フェイエノールトに戻り、今シーズン限りで現役を引退したファン・ペルシ。イギリス『BBC』のインタビューで、当時、物議を醸したユナイテッド移籍決断の背景を語るとともに、ときを経て、アーセナルファンに感謝した。 「ファンは怒っていたと思う。あの当時(2011-12シーズン)の僕はキャプテンであり、ゴールスコアラー。そして、(プレミアリーグで)3位だった。でも、誰しもが挑戦や新たな冒険の必要性を感じるときがある」 「みんなを傷つけてしまったのなら、ごめん。でも、それが私なんだ。私があの決断を下して、私自身がそれを支持した。ただ、アーセナルのことをネガティブに見ているわけじゃない。彼らを悪く言うことは無理だ」 「彼らは美しいフットボールクラブで、私も素晴らしい時間を過ごさせてもらった。若造として加わり、大人として、より成熟した選手として旅立った。アーセナルの誰にも悪い気持ちはない。むしろ、感謝している」 2019.05.24 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏フリーのラビオ、ユナイテッドが依然興味か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)に対して、マンチェスター・ユナイテッドの追随が続いているという。イギリス地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 ユナイテッドは今冬の元ベルギー代表MFマルアン・フェライニに続いて、スペイン代表MFアンデル・エレーラも今夏退団。オーレ・グンナー・スールシャール監督は手薄なセントラルMFの補強をリクエストしている模様だ。 そこで挙がったのがラビオだ。ラビオはPSGとの延長交渉を固辞して今シーズン限りでの退団が既定路線。複数クラブの関心が噂されるが、ユナイテッドもルイス・ファン・ハール政権時代から追ってきた同選手だという。 来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したユナイテッドは、ラビオ争奪戦で不利な状況とされるが、セルビア代表MFネマニャ・マティッチの長期的な後継者として同選手に依然興味を抱いているとのことだ。 2019.05.24 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ワン=ビサカからムニエにシフトか

マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するベルギー代表DFトーマス・ムニエ(27)にも目を光らせているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 今夏の移籍市場で新たな右サイドバックとして、クリスタル・パレスのU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビサカ(21)に興味を注ぐユナイテッド。だが、クリスタル・パレスが市場価値をはるかに上回る7000万ポンド(約97億2000万円)の売値を定めていることで、ユナイテッドはターゲットの再検討を強いられている模様だ。 そこで新たな候補として挙がったのがムニエだ。そのムニエとPSGの契約は残り1年。ユナイテッドは2500万ポンド(約34億7000万円)で獲得可能とみられており、今週にPSG側と移籍交渉の話し合いを行ったという。 2019.05.24 10:45 Fri
twitterfacebook
thumb

腹くくるスールシャール、来季は「言い訳なし」のシーズンに

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督がファンに約束した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ6位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に失敗。優勝したマンチェスター・シティに32ポイントの大差をつけられての“完敗”だった。スールシャール監督は就任後初のフル稼働となる来シーズンに向け、次のようにコメント。ファンに「言い訳しない」と語り、成功を誓った。 「我々は席に着いて、あらゆるプランを進める。7月1日までに準備が整うだろう。いかなる言い訳もしない」 「フットボールから逃げない。常にそのことが私の頭にある。ノルウェーに戻っても、試合を観戦して分析をする」 「私は完全にスイッチを切ることを望まない。電話の電源を切ることはあるが、脳の電源は切らない」 「1日か、2日ぐらい考えない日があるかもしれないが、ロジスティクスな練習に励み、ロジスティクスな選手と一緒に来シーズンに備えるよ」 2019.05.24 09:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、どこに行く? 移籍先候補に挙がるクラブは…

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に対して、複数クラブの競合が予想されているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。ドイツ『スカイ』によれば、6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンはいまだ決断を下していないが、ハメスはすでに退団を決めた模様だ。 そのハメスはレアル・マドリー復帰を希望しているが、今夏のチーム刷新が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督は一時政権時と同様、構想外に。そのため、ハメスは今夏のさらなる移籍が決定的な様相で、レアル・マドリーもその移籍金を補強資金に充てる道筋をつけているとのことだ。 そうなれば、気になるのがハメスの移籍先だ。リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルのプレミアリーグ勢が興味を示しているが、ユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)も動向を注視しているとされており、争奪戦の様相を呈しているとみられる。 2019.05.24 08:55 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース