超WS選定! 2018年のJ1ベストイレブン2018.12.07 19:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグは川崎フロンターレの連覇が決まった一方で、ACL争いや残留争いは史上稀にみる大混戦に。今シーズンも様々なドラマが生まれ、幕を閉じた。▽今シーズンも毎節ベストイレブンを選出してきた超ワールドサッカー編集部は、20試合以上の出場数を選考基準に、年間を通じて最も印象的な活躍を披露した11名をセレクト。短評と共に紹介する。

◆超WS選定年間ベストイレブン(J1)
GKクォン・スンテ(34歳/鹿島アントラーズ)
成績:27試合
▽クリーンシート数は12回。昨年こそケガで苦しんだが、今年はタイトな日程の中で幾度となくチームの救世主となり、過去2度にわたるアジア制覇の経験を生かして、鹿島を初のACL優勝に導いた。頼れる守護神の力はかなり大きかった。

DFエウシーニョ(29歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/2得点
▽持ち前の攻撃センスと技術で後ろから幅広い攻撃を構築。今シーズンは守備の比重を高めることとなったが、支えるプレーによりチームは安定が保たれた。それでも機を見た神出鬼没なポジショニングでも脅威に。すでに退団が決定。連覇を成し遂げた魅力ある攻撃を彩る存在だった。

DF高橋祐治(25歳/サガン鳥栖)
成績:30試合/1得点
▽個人として大きく飛躍を遂げた1年だった。J1初挑戦だったが、第6節のセレッソ大阪戦をきっかけに先発の座を掴み取った。今シーズンはチームとして守勢に回る試合が多かったが、総失点数は「34」。GK権田修一の貢献度と共に、この男の台頭も大きかった。

DF谷口彰悟(27歳/川崎フロンターレ)
成績:34試合/3得点
▽2年連続フルタイム出場。ディフェンスリーダーとして守備面ではクリーンに相手を封じ、攻撃面でも高いビルドアップ能力で屈指の攻撃陣を後方からサポートし続けた。影のMVP。最少失点に抑え、連覇を成し遂げたのは昨シーズンよりも好守のクオリティを高めた彼の存在があってのこと。

DF山中亮輔(25歳/横浜F・マリノス)
成績:32試合/4得点
▽ポステコグルー監督による新戦術の下で覚醒。高精度なクロスと強烈なミドルシュートでキャリアハイの4ゴール8アシストという数字を叩き出し、売りの攻撃力を周囲に見せつけた。記憶に新しい代表デビュー弾もオーバーラップからの左足。来年への期待は高まるばかり。

MF家長昭博(32歳/川崎フロンターレ)
成績:32試合/6得点
▽連覇の立役者。昨シーズンはケガで出遅れたが、今シーズンは開幕から異彩を放ち続けた。巧さ、強さ、速さを存分に発揮して相手を翻弄すると、ゲームを冷静に見ては言葉でチームメイトを気遣った。誰も手を付けられず。献身性をも兼ね備えた天才はまさに無敵だった。

MF中村憲剛(38歳/川崎フロンターレ)
成績:33試合/6得点
▽フロンターレのバンディエラとして今年もフル稼働した。38歳の年齢に関わらず、リーグ戦欠場はわずか1試合。36歳でMVP、37歳で初優勝、38歳で連覇…。歳を重ねるごとに衰えるどころか、逆に司令塔としての凄みがより増している。

MFチャナティップ(25歳/北海道コンサドーレ札幌)
成績:30試合/8得点
▽来日2年目の今年は小柄を生かしたドリブルや足下の高い技術、シュート精度で、札幌史上最高位となる4位フィニッシュに導くと共に、個人としてもチーム内3位の8得点をマーク。1年を通じて、“タイのメッシ”と呼ばれる所以を示し続けた。

FWファン・ウィジョ(26歳/ガンバ大阪)
成績:27試合/16得点
▽クラブ記録の6戦連発をマークするなど、最終的に得点ランキング3位の16ゴール。今夏のアジア競技大会から復帰後、ストライカーとしてよりスケールアップを遂げ、MF今野泰幸や宮本恒靖監督と共にG大阪の残留劇を語る上で欠かせない選手に。

FWジョー(31歳/名古屋グランパス)
成績:33試合/24得点
▽ブラジル全国選手権のMVPや得点王、ベストイレブンに輝いた実績は伊達ではなかった。初挑戦のJリーグでも3度のハットトリックや7度の複数得点をマークするなど、元セレソンの能力を生かして大暴れ。シーズンを通じた存在感は規格外だった。

FW鈴木優磨(22歳/鹿島アントラーズ)
成績:32試合/11得点
▽11得点10アシストという数字が今シーズンの活躍ぶりを物語る。2015年のJリーグデビュー以来、ゴール前に飛び込む強気な姿勢が魅力だったが、お膳立て役にもなれる柔軟性も新たな武器に。その活躍により、11月に代表初選出。ACL初制覇も成し遂げ、実り多き1年に。

監督
ミハイロ・ペトロヴィッチ(61歳/北海道コンサドーレ札幌)
▽川崎フロンターレの鬼木達監督やガンバ大阪の宮本恒靖監督も光ったが、今年は北の大地を沸かせたミハイロ・ペトロヴィッチ監督を選出。晩年中位がやっとの札幌に攻撃的スタイルを浸透させ、クラブ最高位の4位に導いた手腕は見事。さらなる成熟に期待がかかる。
コメント
関連ニュース
thumb

新体制の神戸、4試合ぶり出場のイニエスタの美技弾でFC東京撃破!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、FC東京vsヴィッセル神戸が15日に行われ、1-0で神戸が勝利した。 ここまで10勝3分け1敗と完璧なシーズンを送っている首位のFC東京(勝ち点33)。前節の大分トリニータ戦は久保の2ゴールなどで快勝を収めた。だが、先日に久保のレアル・マドリー移籍が発表。日本代表で肩を負傷した永井も含めチームのキーマンを欠く中で、今節のスタメンは大分戦から3人変更となった。 対するヴィッセル神戸(勝ち点14)は今節は注目の一戦となる。8日に今季2度目の監督交代に踏み切り、ドイツやオーストリアで指揮官を務めたフィンク監督を招へい。また、今節はイニエスタがスタメン入り。4試合ぶりの出場で、先発は6試合ぶりとなる。その他3選手が変更された。13位からの浮上を目指す。 まずは8分のFC東京の攻撃、代表帰りの室屋のクロスをディエゴ・オリヴェイラがヘディングシュート。しかし枠を外してしまう。神戸は14分に、右に流れたビジャの折り返しをファーサイドで小川が合わせたが、抑えきれずにクロスバーを叩いてしまう。ここから試合は激しさを増す。 クロスバーに助けられたFC東京はその直後にカウンターを発動。ディエゴ・オリヴェイラから矢島と繋がり、最後は矢島からパスを受けた室屋がスピードに乗ったワンタッチで最終ラインを突破しシュートを放ったが、精度を欠いて左に外れてしまった。 神戸は17分、左サイドバックからの大きな縦パスからビジャのヒールパスを受けた三田がドリブルでボックスに侵攻。右足でシュートを放ったが、GK林に防がれた。 その後、FC東京が何度もチャンスを作るも、26分の矢島のシュートは相手GKのファインセーブに遭い、29分のディエゴ・オリヴェイラのヘディングシュートは惜しくも枠の左へ。35分にはカウンターから三対一の場面を迎えたが、単独突破を図ったディエゴ・オリヴェイラはGKキム・スンギュに捕まりシュートを打てなかった。 0-0で折り返した後半戦、あの男が試合を動かした。49分、右サイドから入ったクロスがファーサイドのイニエスタへ。フリーで持ったイニエスタは、ボックス左からゴール左へコントロールシュート。これがGKの逆を突いてネットを揺らした。 キャプテンのゴールで先制した神戸。だが53分、バックパスを受けたGKキム・スンギュがミスパスで相手にボールを渡してしまう。思わぬチャンスを得たFC東京の矢島だったが、シュートはそのGKキム・スンギュに止められてしまった。 千載一遇の好機を逃したFC東京は64分に2枚替え。しかし、大勢は変わらない。81分に高萩が絶妙なクロスを上げるも、途中出場のユ・インスは合わせることはできず。84分のFKの場面では、左サイドから小川が上げたクロスが合わせにきた味方の頭を掠めてゴール方向へ。だが、無情にも右ポストに嫌われてしまう。 押し込むFC東京は85分に、ディエゴ・オリヴェイラの突破からチャンスを迎えたが、途中出場の安部のシュートはブロックされた。 そして、5分の後半アディショナルタイムも経過し試合終了。イニエスタのゴールを守り切った神戸が新体制初戦を白星で飾った。 2019.06.15 21:24 Sat
twitterfacebook
thumb

興梠の後半AT弾で鳥栖に逆転勝利の浦和が6試合ぶり白星!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節、浦和レッズvsサガン鳥栖が15日に行われ、2-1で浦和が勝利した。 なかなか調子の上がらない10位の浦和(勝ち点18)。5月は無残にも4連敗。前節は後半アディショナルタイムのゴールで川崎フロンターレからなんとか勝ち点を持ち帰ったものの、5試合勝利から遠ざかっている。是が非でも白星を取り戻したい今節のスタメンは、川崎F戦から一人変更。マルティノスに代わってアンドリュー・ナバウトが起用された。 17位に沈む鳥栖(勝ち点13)は一時ゴール欠乏症に陥ったが、第11節からは3連勝で立て直しつつある。だが、前節は無得点で敗戦。再びズルズルいかないためにも負けられない今節は、前節からスタメンを3人変更して臨んだ。 ホームの浦和主導で進む序盤。中央突破を試みる浦和は7分、ボックス手前のスペースでボールを受けたアンドリュー・ナバウトから興梠へスルーパス。急ブレーキで相手を振り切りシュートに繋げたが、GK高丘に防がれた。 対する鳥栖は11分、自陣からのカウンターで安庸佑が右サイドを突破。マイナスの折り返しをダイレクトで狙った小野のシュートは当たりそこなったものの、その先にいた福田がボックス左からシュート。しかし、GK西川のファインセーブに遭う。 互角の攻防を見せる両者。試合が動いたのは18分のことだった。敵陣左サイドで細かくパスを繋いだ鳥栖は、福田がボックスの左外からクロスを送る。これに安庸佑がすべり込みながら合わせてネットを揺らした。 だが、浦和も黙ってはいない。失点から攻勢を強めて迎えた31分、右サイドでボールを持った岩武がボックス手前からゴール前に斜めにパスを入れると、ニアで武藤がスルー。その先の宇賀神がボックス左からダイレクトで抑えの利いたシュートを流し込んで、同点に追いついた。 1-1で迎えた後半、浦和は51分にアンドリュー・ナバウトを下げて長澤を投入。だが56分にその長澤のボールロストからピンチに。鳥栖はピッチ中央付近でボールを奪い素早く縦パスを供給。ボックス右に抜け出した安庸佑が鋭い切り返しで相手を振り切り、左足で流し込みにかかったが、寸前のシュートブロックに入られ勝ち越しとはならなかった。 67分に鳥栖は趙東建を下げてフェルナンド・トーレスをピッチへ。投入直後、トーレスを囮に金崎がヘディングシュートを放ったがGK西川の正面。 その後は互いにチャンスは作れないまま迎えた後半アディショナルタイム、浦和は途中出場のマルティノスが左サイドを突破。右足アウトサイドでクロスを入れると、ボールはゴール前でワンバウンド。これにうまく対応した興梠が落ち際を流し込んで、土壇場で逆転に成功した。 そしてドラマティックな展開となった試合はここで終了。浦和が6試合ぶりの勝利の手にした。一方の鳥栖はこれで2連敗となった。 2019.06.15 21:21 Sat
twitterfacebook
thumb

オナイウ連発も宮原が移籍後初ゴール! 大分vs名古屋の同勝ち点対決はドロー《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の大分トリニータvs名古屋グランパスが15日に昭和電工ドーム大分で行われ、1-1の引き分けに終わった。 ここまで7勝3分け4敗で勝ち点24を積み重ねている6位・大分と5位・名古屋の一戦。共に3試合未勝利中でもあり、上位に食らいつくためにも互いにとって負けられない一戦だ。 この一戦に向けて大分は、前節のFC東京戦(1-3●)から先発メンバーを3人変更。コパ・アメリカに出場する日本代表に招集中の岩田のほか、星、長谷川に代えて、三竿、高山、前田凌佑を起用した。 一方、名古屋は前節のベガルタ仙台戦(1-3●)から先発メンバーを2人変更。前田直輝、マテウスに代えてがるガブリエル・シャビエルと負傷明けのジョーを起用した。 試合は立ち上がりから大分が名古屋ディフェンスの背後を積極的に狙う。それでもシュートを打たせない名古屋は13分、左CKを獲得するとキッカーのジョアン・シミッチがショートコーナーを選択し、リターンを左足ダイレクトでクロス。これを長谷川が頭で合わせるも、GK高木にパンチングで阻まれた。 その後、徐々に名古屋がポゼッションを高め、相手を押し込み始める。しかし、大分も譲らない。22分、小塚のボックス右への浮き球パスに抜け出したオナイウがボックス右手前に落とす。ここに走り込んだ小塚が中央にパスを送ると、藤本がシュート。一度は相手DFにブロックされたボールは再び自身の足元に転がり、フリーで右足を振り抜く。しかし、ふかしてしまい枠を捉えることができない。 さらに大分は23分、敵陣中央左で藤本が相手からボールを奪い、ボックス左に侵攻。そのままファーサイドにふわりと浮かし、最後はオナイウが頭で合わせるも、右サイドネットに。チャンスを作るものの、先制点を奪うことができない。 前半終盤に差し掛かっても、名古屋に決定機を与えない大分は37分、待望の先制点。GK高木を含めた後方からのビルドアップから巧みなパスワークを魅せ、ボックス右外に走り込んだ松本がファーサイドにクロスを送る。これを受けた三竿が左足でシュートを放つと、GKランゲラックに弾かれたが、素早く詰めていたオナイウがプッシュし、先制点を奪った。 先制点を許した名古屋は前半アディショナルタイム、センターサークル内で相手からボールを奪うと、ドリブルを開始。スピードに乗ってボックス左に侵攻して左足を振り抜くも、GK高木の好守に阻まれた。 1-0で大分がリードして試合を折り返すと、名古屋は52分に長谷川に代えて前田直輝を投入し、攻撃の活性化を図る。すると直後、吉田からのパスをボックス左で受けた和泉が縦への仕掛けからGKとDFの間に鋭いクロスを供給。ファーサイドに詰めていた宮原が押し込んで、試合を振り出しに戻した。 追いついた名古屋は逆転に向けて攻勢を強める。75分、ボックス左手前から吉田がゴール前にクロスを送る。これを前田直輝が頭で合わせ、枠を取られるもGK高木にパンチングで防がれる。 絶えず攻撃を続ける名古屋。すると81分にビッグチャンスが。右サイドで前田直輝が仕掛けてボックス右に切れ込み、ゴール前左に鋭いボールを入れる。ここに和泉が飛び込んだが、うまくミートできず。最後はボックス中央のガブリエル・シャビエルが豪快にボレーシュートを放つも、クロスバーに嫌われてしまい、逆転とはならない。 その後、大分も攻め入るものの決定的なチャンスはなく、シュートが枠に飛ぶのは名古屋。しかし、GK高木を中心とした大分ディフェンスを最後まで崩すことができず、試合終了。オナイウの2試合連続ゴール、宮原の移籍後ゴールでドロー決着となった。 2019.06.15 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

カミンスキー躍動の磐田vsG大阪、ゴールレスドロー…共に危険水域脱せず《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節が15日にヤマハスタジアムで行われ、ジュビロ磐田vsガンバ大阪は0-0のドローに終わった。 ここ2試合1分け1敗の14位磐田。同じく3勝4分け7敗の15位G大阪をホームに迎え撃つ今節に向けて、出場停止の新里や、大南と小川航基のトゥーロン参戦組が不在となり、初先発の森下や、2試合ぶりスタメンの中山を抜擢した。一方、ここ3戦無敗のG大阪は、負傷離脱の小野瀬に代わり、福田を右ウィングバックに。そのほか、U-20W杯から戻ってきた初先発の中村敬斗が左ウィングバックに入り、代表戦2試合2ゴールのファン・ウィジョを2試合ぶりにスタメン起用した。 勝ち点13で並ぶ両雄の一戦は、ホームの歓声を受けた磐田が出足でG大阪を上回る入りとなる。だが、スロースタートのG大阪も徐々にギアを上げ、22分に左サイドからドリブルを仕掛けた中村が絶妙な右足クロスをゴール前に供給。ファーサイドでフリーのファン・ウィジョが右足ダイレクトで狙いにかかるが、ゴール右に外してしまう。 続く27分、自陣右サイド深くでG大阪に許したFKのチャンスから三浦にヘディングシュートを決められた磐田だったが、オフサイドの判定でノーゴール。事なきを得た磐田攻撃陣は鋭い切り替えから積極果敢な攻めに転じていくが、最後のところでG大阪の守備ブロックに引っかかり、なかなか決定機らしい決定機を作りだすことができない。 ゴールレスでキックオフの後半、先に仕掛けたのはG大阪。開始早々にGKカミンスキーの手を掠めて右ポストを直撃した高江の右足ボレーシュートで磐田ゴールに迫るなど、攻撃的な入りをみせる。そのなかで、攻撃の時間を作りだす磐田は前半と同様、バイタルエリアまでボールを持ち込むが、依然として崩しを見いだせず、決め手を欠く。 その磐田は65分に中山とロドリゲスの交代を施して勝負に出るが、同じタイミングで高江に代えて遠藤を投入したG大阪が69分にも食野に代えてアデミウソンをピッチに送り込んだことで、より前がかる展開に。73分に山本と上原の交代で反発を試みた磐田だが、76分に個人技からアダイウトンが放ったシュートは相手GKの正面を突いてしまう。 さらに、78分にも高橋の縦パスからゴールチャンスが続いた磐田だが、ボックス右から山田が放ったシュートは相手DFがブロック。83分に最後の交代カードで大久保を送り出すが、遠藤のゲームメーク力を生かしたG大阪がボールの主導権を握っていくなかで、ファン・ウィジョや中村が立て続けにゴールに迫り、より勝機を見いだしていく。 そのG大阪が終始、終盤の主導権を握り、後半アディショナルタイムに矢島が決定的なヘディングシュートを放つなど猛攻を仕掛けたが、試合を通じて好守を披露し続けたGKカミンスキーがシャットアウト。危険水域から脱するためにも勝ち点3が欲しい両者の一戦だったが、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わっている。 2019.06.15 20:57 Sat
twitterfacebook
thumb

西澤のプロ初弾が劇的逆転勝利に導く! 清水、土壇場連続ゴールで最下位脱出へ大きな勝利!《J1》

明治安田生命J1リーグ第15節の清水エスパルスvs横浜F・マリノスが15日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-2で清水が勝利した。 ここまで3勝4分け7敗で最下位に沈む清水(勝ち点13)と8勝3分け3敗で4位につける横浜FM(勝ち点27)が激突した。前節の松本山雅FC戦を1-1で引き分けて、篠田善之監督体制移行後、1勝2分けと無敗を継続している清水は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。六平に代わり、右ハムストリングの肉離れで戦列を離れていたヘナト・アウグストが復帰した。 対するは、前節の湘南ベルマーレとの神奈川ダービーを2-1で勝利し、リーグ戦3連勝中と好調の横浜MF。2006年のJ1第13節以来、アイスタで負けなしと好相性の清水相手に、前節から先発メンバーを1人のみ変更した。前節の湘南戦で負傷した扇原に代えて天野を起用した。 順位こそ離れているものの好調の両者。試合は立ち上がりこそホームの清水がボールを保持していたが、横浜FMがジワジワと押し込み始める。そんな中、右CKを獲得すると、マルコス・ジュニオールからショートコーナーを受けたティーラトンがボックス右外からクロス。中央で日本代表の畠中が頭で合わせたが、枠を捉えることができない。 横浜FMは16分にもティーラトンからボックス左にパスを送り、遠藤が切り返しから右足を振り抜くも、ゴール左外へ。対する清水は18分、右サイドからのクロスにドウグラスが頭で合わせたが、GK朴の正面に飛んでしまう。 立ち上がりから要所で激しいプレーを見せる両者。乱発気味の主審のジャッジにアジャストできず、25分までに不要なものを含め、両チーム合わせて5枚のイエローカードが提示される。 そんな中、横浜FMが先制に成功する。32分、中盤から喜田がボックス内へ鋭い縦パス。ここに走り込んでいた右サイドバックの和田が切り返すと、その流れたボールをエジガル・ジュニオが右足でゴール左隅に突き刺した。 横浜FMが1-0でリードして試合を折り返すと、両チームともに交代カードを切る。清水は中村を下げて西澤、横浜FMはチアゴ・マルチンスを下げて広瀬を投入する。 後半最初にチャンスを迎えたのは追いつきたい清水。53分、金子の右CKがゴール前で混戦になると、ボックス中央浅い位置にこぼれたボールをドウグラスがダイレクトでシュート。しかし、やや威力が弱く、GK朴にキャッチされてしまう。 それでも清水は59分、ついに試合を振り出しに戻す。金子の右CKをファーサイドのドウグラスが競り勝って折り返すと、ゴール前右の松原が頭で押し込んだ。このゴールに横浜FMはオフサイドを主張したが、覆らず。スコアは1-1となる。 このゴールで追いついた清水が一気にペースを引き寄せる。61分、ボックス手前やや右から竹内がゴール前に浮き球を供給。これを途中出場の西澤が頭で合わせる。しかし、これはGK朴の正面に飛んでしまう。 その後も清水が横浜FMゴールに襲い掛かり、逆転の雰囲気が漂う。しかし、この嫌な空気をハマのスピードスターが断ち切る。81分、仲川が中盤でマルコス・ジュニオールがボールを持ったのを見ると、右サイドから斜めに走り込む。これを見逃さなかったマルコス・ジュニオールが浮き球のスルーパスを送ると、ボックス内でGKとの一対一を迎えてシュート。GK西部に当たったものの、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。 だが、ゴール直後、横浜FMのマルコス・ジュニオールにこの日2枚目となるイエローカードが。これが横浜FMのすべてを狂わすことに。 勝ち越しを許した清水は数的有利の状況の中、猛攻を仕掛ける。迎えた89分、自陣右サイドで相手との球際を制したヘナト・アウグストが縦にロングパス。これに反応した北川が右サイドを抜け出してゴール前にラストパスを送ると、ドウグラスが左足でゴール右に流し込んだ。 これで2-2の同点。しかし、このままでは終わらなかった。清水は後半アディショナルタイム1分、ハーフウェイライン付近やや右でエウシーニョがボールを奪い、左サイドでフリーになっていた西澤へスルーパス。これを受けた西澤がボックス内に持ち込んでGKとの一対一を迎え、右足でシュートを放つと、ギリギリのところでティーラトンに触られるも、ボールはゴールラインを割った。西澤のプロ初ゴールが逆転に導いた。 土壇場に2ゴールを奪い、試合をひっくり返した清水が3-2で勝利。清水が最下位脱出へ大きな、大きな勝利を飾った。一方の横浜FMは連勝が「3」でストップし、4試合ぶり黒星を喫している。 2019.06.15 20:20 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース