横浜FCのFW中山雄希が契約満了…今季は途中から鹿児島に期限付き移籍2018.12.07 16:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽横浜FCは7日、FW中山雄希(24)の契約満了を発表した。

▽中山は2017年に早稲田大学から横浜FCに入団。今シーズンは8月に鹿児島ユナイテッドFCに期限付き移籍で加入し、明治安田生命J3リーグで11試合1ゴールを記録していた。

▽同日、期限付き移籍先の鹿児島も移籍期間満了を発表。中山は鹿児島の公式サイトで以下のようにコメントしている。

「約4ヶ月という短い間でしたが本当にありがとうございました。途中からの加入でしたがプレーをする機会を与えてくださった鹿児島ユナイテッドFCの関係者、監督、スタッフの皆様、ありがとうございました」

「そして何よりも、私を温かく迎えてくださったサポーター、選手達には本当に感謝しかありません。J2昇格という瞬間を選手の一員として経験できたことは私にとって非常に大きな財産になりました。来シーズン鹿児島ユナイテッドFCがJ2の舞台で飛躍することを願っています」

「私はまだまだ成長できると自分を信じて、情熱を持ってサッカーに向き合って行きます。短い間でしたが本当にありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FC、タヴァレス監督解任の経緯説明 「自動昇格を目指す中これ以上上位と離されることは看過できない」

横浜FCは16日、今月14日に発表したタヴァレス監督(62)の解任の経緯を説明した。 横浜FCは14日、タヴァレス監督の解任を発表。さらに後任として、ヘッドコーチの下平隆宏氏(47)が昇格することを併せて伝えた。 タヴァレス監督は2017年10月からチームを指揮。昨シーズンは明治安田生命J2リーグを3位で終えてJ1昇格に迫ったが、今シーズンは開幕から13試合終了時点で4勝3分け6敗の14位に低迷していた。 今回、横浜FCは『ファン・サポーターの皆様へ』という形で上尾和大代表取締役社長COOから監督交代に踏み切った経緯を以下のように説明した。 「日頃より横浜FCへの熱いご声援をいただき厚く御礼申し上げます」 「2017シーズン途中より指揮を執っていただきましたタヴァレス監督の解任についての詳細をご説明致します」 「今シーズンは、昨シーズンわずかに届かなかったJ1昇格を至上命題として臨んだシーズンでありました。しかしながら現時点で4勝3分6敗の勝点15、リーグ14位と低迷しており、明確に自動昇格に照準を合わせたシーズンであるだけにこれ以上上位と離されることは看過できない状況でありました」 「シーズンは残り2/3となり、1試合・1ポイントも落とせないという危機感を持っており、まだまだ巻き返すことができるこの時期に監督の交代を行う決断を致しました」 「タヴァレス監督には、2017年シーズンの反省を踏まえて、2018シーズンにおいては1年を通してハードに戦える、競争力の高いチーム作りをお願いしました。怪我人も出る中で様々な選手がポジションを変えながら、また終盤には出場機会の少ない選手が出場機会を得て、最後に勝ち切るというチーム作りができていました。若手の積極的な起用からチーム全体の底上げができたことはクラブにとって大きな財産となり、タヴァレス監督の功績であると考えております」 「2019シーズンはそのベースを継続しながらより一層の進化を求めスタート致しましたが、ここ数試合低迷が続いており今般での交代に踏み切った次第です」 「後任である下平監督は、プレーモデルに応じた約束事を徹底する中で、選手たちの持つ個性を最大限に引き出し、論理的に指導するモチベーターです。選手自身に考えさせ、選手の自主性やアイデアを引き出すことに重きを置いている一方で、常に映像をもとにプレーを振り返り、共通認識を持った上でトレーニングにて改善し、戦術を落とし込む監督です」 「第14節のアウェイ鹿児島戦から第42節のホーム愛媛戦まで、1試合1試合を最後の試合のつもりで緊張感を持ちながらチーム一体となって全力で戦って参る所存です」 2019.05.16 19:48 Thu
twitterfacebook
thumb

J2リーグ14位の横浜FC、タヴァレス監督解任 後任にヘッドコーチの下平隆宏氏

横浜FCは14日、タヴァレス監督(62)の解任を発表した。後任として、ヘッドコーチの下平隆宏氏(47)が昇格する。 タヴァレス監督は2017年10月から指揮。昨シーズンこそ明治安田生命J2リーグ3位でJ1昇格に迫ったが、今シーズンは開幕から13試合終了時点で4勝3分け6敗の14位に低迷している。 タヴァレス監督は「チームが良い時も、悪い時も応援し続けていただいたサポーター、スポンサー、横浜FCに関わる全ての方々に感謝しています。横浜FCのこれからのチームの発展を願っています」とコメントした。 下平氏は2016年3月に柏レイソルの監督に就任。2018年5月の退任後、同クラブの強化チームダイレクター職を務め、今年から横浜FCのヘッドコーチに就任した。 なお、下平氏は本日からチームを指揮。その横浜FCは18日に行われる次節、16位につける鹿児島ユナイテッドFCとのアウェイゲームに臨む。 2019.05.14 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FCのFW斉藤光毅、飛び級での選出にも「どんどんアピールして活躍できたら」《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 試合は、U-20日本代表が、MF伊藤洋輝(名古屋グランパス)の豪快ゴールやFW宮代大聖(川崎フロンターレ)の2発など5-0で勝利した。試合終了後、横浜FCのFW斉藤光毅がメディア陣による取材に応対。自クラブの試合に出場していたことから練習試合での出番はなかったが、17歳の若きアタッカーは、飛び級での選出ながらも年齢は関係ないと主張した。 ──飛び級での選出だが、上の世代で通用する部分は 「年齢というのは、世界大会に出たらあまり関係ないと思っています。1人の選手としてどんどんアピールして活躍できたら良いなと思います」 ──試合を見ていた感想 「前からやってきているので、変わらずという感じです。そこからどんどんみんなの良さであったり、チームワークであったりというのを高めていきながら、自分が入って何ができるかであったり、自分の特長を出せれば良いと思います。結果を残していきたいです」 ──相手のレベルが高くなれば試合展開も変わるが、どういうイメージを描いているか 「難しい試合もあると思いますけど、チームが一緒の方向を向いてやれば、勝てる試合になると思います。ボールを持てる時間が多い時もあれば、相手のペースの時もあると思うので、しっかり我慢して勝利に繋げられたら良いなと思います」 ──レベルが高い相手に自分が何をしたら良いか 「Jリーグでやっている相手とは違うと思います。その中で先入観というのをなくして、自分の持っている精一杯のプレーを発揮できれば良いかなと思っています」 ──強敵相手に考えすぎたらプレーが難しくなるか 「考えるべき所はあると思いますけど、必要な部分というのをしっかり頭の中に入れて置きます。必要のないネガティブな先入観とかはなくして、自分の中で積極的にやっていければ良いなと思っています」 ──どういう大会にしたいか 「個人的には、これからのサッカーキャリアの中で大きな大会にできるように結果を残して、飛躍のきっかけになる大会にしたいです」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OhofL0CQGzg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.13 23:08 Mon
twitterfacebook
thumb

飛び級選出の横浜FCの17歳MF斉藤光毅「世界に大きなインパクトを残す」《U-20W杯》

日本サッカー協会(JFA)は7日、ポーランドで行われるU-20ワールドカップに臨む21名のメンバーを発表した。 17歳ながら明治安田生命J2リーグで10試合で2得点を奪う活躍を見せている横浜FCのMF斉藤光毅。今大会予選のAFCU-19選手権ではチーム最年少ながら5試合で3得点を奪い本選出場に大きく貢献していた。 エース候補として活躍が期待される斎藤はクラブ公式サイトで世界に衝撃を与えることを誓った。 「U-20日本代表に選出して頂き、とても嬉しく思います。この大会をこれからの自分のサッカーキャリアの中で大きなものに出来るように頑張りたいと思います。そして横浜FCの選手として世界に大きなインパクトを残してきます」 U-20日本代表は、5月末から6月にかけてポーランドで行われるU-20ワールドカップに出場。5月中旬に直前キャンプを行い、本大会ではエクアドル代表(23日)、メキシコ代表(26日)、イタリア代表(29日)と対戦する。決勝トーナメントは来月2日から行われる。 2019.05.07 18:07 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FCのMF佐藤謙介に第一子となる長男が誕生「母子ともに健康でひと安心」

横浜FCは20日、MF佐藤謙介に第一子となる長男が15日に誕生したことを発表した。 佐藤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「初めての子どもの誕生にとても嬉しく思います。母子ともに健康でひと安心しています。元気に産まれてきてくれた息子と、元気な息子を産んでくれた妻にほんとうに感謝しています。これからも家族のために、サッカーと真剣に向き合って、努力していきたいと思います」 佐藤は2011年に中央大学から横浜FCに入団。今シーズンはここまで明治安田生命J2リーグに8試合出場している。 2019.04.20 20:45 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース