アトレティコ、セルタで躍動のマキシ・ゴメス獲得を検討! 2018.12.07 15:20 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アトレティコ・マドリーが、セルタに所属するウルグアイ代表FWマキシ・ゴメス(22)の獲得を検討しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。

▽アトレティコでは、ジエゴ・コスタが2日のリーガエスパニョーラ第14節ジローナ戦後にブラジルへ帰郷。左足に感じていた慢性的な痛みを解消するため、専門医の下で手術を受けることや、離脱期間が10週間から2ヵ月程になることが伝えられている。

▽『マルカ』によると、アトレティコはしばらく戦線から離れるジエゴ・コスタの代役の獲得を画策。今シーズンから加入しているクロアチア代表FW二コラ・カリニッチは、5日のコパ・デル・レイ4回戦サン・アンドレウ戦でようやく初ゴールを決めたところであり、今冬の補強なしでは心許ない陣容となっている。

▽そこで、候補として挙がっているのがマキシ・ゴメスだ。同選手は、2017年7月にウルグアイのデフェンソールからセルタに加入し、初年度から公式戦39試合18ゴール5アシストを記録。また、今シーズンもここまでの公式戦13試合7ゴール4アシストと、実力の高さを証明し続けている。

▽マキシ・ゴメスには、5000万ユーロ(約64億円)の契約解除金が設定されているが、アトレティコは半額程度でのオファーを計画。しかし、過去に中国やイングランドのクラブからの関心を跳ねのけたセルタにとっては、あまり魅力的な入札とはならなさそうだ。

▽また、もしアトレティコがマキシ・ゴメスを獲得した場合、給与制限をクリアするために、カリニッチもしくはポルトガル代表FWジェウソン・マルティンスを放出する可能性もあると、記事は伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

フアンフランがアトレティコ・マドリー退団を発表!

アトレティコ・マドリーは23日、元スペイン代表DFフアンフラン(34)が今シーズン限りで退団することを発表した。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンのクラブの18年ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半に渡ってチームを支えてきた。 アトレティコ退団が決まったフアンフランはクラブ公式サイトで、以下のようにコメントしている。 「今日が僕にとって、アトレティコ・マドリーでの最後の日だよ。またすぐに帰ってこれることを望んでいる。ここは僕のホームだ。素晴らしい年月を過ごせたことは僕のキャリアにおいて最高なものになったよ」 「サポーターが僕をこのクラブのレジェンドと言ってくれることは誇りだ。クラブを助けるために戻ってくるよ。僕はクラブマンだからね」 「僕を愛して、誇りに思ってくれたすべての選手に感謝を伝えたい。彼らが僕を応援してくれる度に、僕の名前はタイトルよりとても大きな物になったよ」 2019.05.23 22:37 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、争奪戦必至のネレスに関心か

アトレティコ・マドリーがアヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンは公式戦50試合で12ゴール15アシストをマークした。 今回伝えられるところによれば、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)らの退団による守備陣の入れ替えの他にサイドアタッカーの獲得を望んでいる模様。そこで、コパ・アメリカのブラジル代表にも選出されたネレスに照準を定めているという。 とはいえ、ネレスにはパリ・サンジェルマン(PSG)やリバプールなどのメガクラブが挙って獲得に興味を示していると各紙は報じている。ネレスの獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.05.23 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏大幅入れ替えのアトレティコ、ロ・セルソに関心か

アトレティコ・マドリーが、ベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)に関心を寄せているようだ。スペイン『Cadena COPE』の情報をもとにイギリス『90min』が報じている フランス代表DFリュカ・エルナンデス、同国代表FWアントワーヌ・グリーズマン、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンらの退団が決定しているアトレティコは、加えてマンチェスター・シティがスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスを7000万ユーロ(約86億3000万円)の契約解除金を満額支払う用意ができていると報じられるなど、来シーズンは大きくメンバーが変わる可能性が高くなっている。 そのため、選手の補強が急務となっている同クラブは、バルセロナやトッテナムも狙っていると言われるロ・セルソの獲得に興味を示しているという。今年4月にパリ・サンジェルマン(PSG)から買い取った同選手の契約解除金は1億ユーロとなっているが、ベティスは最低価格6000万ユーロ(約74億円)から交渉のテーブルに着く構えだという。 母国のロサリオ・セントラル出身であるロ・セルソは、足元の技術に加えパスセンスが光るトップ下を主戦場とするレフティー。2016年夏にPSGに加入すると、昨シーズンは公式戦48試合で6ゴール7アシストを記録。今シーズンはベティスに期限付き移籍し、公式戦46試合で16ゴール6アシストをマークしている。 2019.05.22 19:20 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、ロドリ放出なら後釜にラビオ?

アトレティコ・マドリーが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表MFアドリアン・ラビオ(24)の獲得を検討しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 PSGとの契約延長交渉を固辞したことで今シーズン限りでの退団が決定的なラビオ。当初、バルセロナ移籍が有力と見られていたが、アヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得によって、その可能性が消滅。その後、同胞ジネディーヌ・ジダン監督が率いるレアル・マドリー移籍合意報道も出ていたが、後に撤退報道が伝えられていた。 現在はユナイテッドとユベントスが争奪戦を繰り広げている状況のようだが、アトレティコもそこに加わる模様。スペイン代表MFロドリゴ・エルナンデス(22)がマンチェスター・シティへ移籍する可能性があり、流出した場合の後釜としてフランス代表MFの獲得へ動き出すという。 2019.05.22 16:32 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、レバークーゼンのドイツ代表DFターの獲得に関心

アトレティコ・マドリーがレバークーゼンに所属するドイツ代表DFヨナタン・ター(23)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』がドイツメディアのレポートを引用して伝えた。 今シーズンをもってDFディエゴ・ゴディン、DFリュカ・エルナンデス、DFフアンフランの退団が決定しているアトレティコは最終ラインの補強が急務となっている。一部ではポルトのブラジル代表DFフェリペの獲得が内定しているとの話もあるが、今夏の早いタイミングで補強を完了させたいところだ。 現在、アトレティコはマンチェスター・シティ退団が決定的なアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ(31)と共に、若きドイツ代表センターバックの獲得に動いている模様だ。 192cmの恵まれた体躯とパワー、スピードに長けたアスリート型のセンターバックのターは、2015年にハンブルガーSVから5年契約でレバークーゼンに加入。今シーズンはブンデスリーガ33試合に出場し3ゴールの数字を残していた。また、ドイツ代表では通算5試合に出場している。 昨年2月にレバークーゼンと2023年までの新契約を結んだターだが、2500万~3000万ユーロ(約30億~37億円)程度の金額で獲得可能だという。ただ、同選手に関してはユベントスとミランも関心を示しているとのことだ。 2019.05.21 18:40 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース