1年でのJ2復帰へ! 讃岐、GK清水健太&DF市村篤司と契約更新!2018.12.07 15:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽カマタマーレ讃岐は7日、GK清水健太(37)とDF市村篤司(34)の契約を更新したことを発表した。▽清水は2015年にモンテディオ山形から讃岐に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグに41試合出場した。市村は2017年に横浜FCから讃岐に完全移籍。今シーズンはJ2リーグに15試合、天皇杯に1試合出場した。

▽来シーズンも讃岐でプレーすることが決定した両選手は、クラブ公式サイトに以下のようにコメントしている。

◆清水健太
「今シーズンの悔しさを来シーズンにぶつけて、1年でJ2復帰を目指すチームの力になれるように全力で頑張ります」

◆市村篤司
「来シーズンもカマタマーレ讃岐でプレーさせて頂く事になりました!今年はJ3降格となってしまい申し訳なく思ってます。そんな中チームに自分を必要として頂き感謝しかないです。1年でJ2昇格、そして自分達のサッカーの確立。上村監督のもとチーム一丸となり、香川県の為、サポーターの為、全身全霊、サッカー人生かけて頑張りますので応援宜しくお願いします!」
コメント
関連ニュース
thumb

讃岐と北九州の頂上決戦は痛み分け! C大阪U-23は3発快勝で3位浮上《J3》

明治安田生命J3リーグ第9節の7試合が19日に各地で行われた。 Pikaraスタジアムで行われたカマタマーレ讃岐vsギラヴァンツ北九州は、1-1の引き分けに終わった。 2位・讃岐(勝ち点17)が首位・北九州(勝ち点17)をホームに迎えた頂上決戦。先にスコアを動かしたのはホームチーム。21分、ボックス右からのクロスをゴール前にいた中村がダイレクトシュートを放つ。これは相手DFにブロックされたが、こぼれ球を再び中村がシュート。またしても相手DFに当たってしまうが、今度はゴールにゴールに吸い込まれた。 追いかける展開となった讃岐は36分、敵陣中央左サイドの新井がアーリークロスを入れると、ファーサイドのディサロが折り返す。ゴール前の池元が反応するもシュートを打つことができない。それでも、こぼれ球に反応した川上が左足で押し込んで同点に追いついた。 後半は北九州がペースを握り、讃岐ゴールを脅かし続けるも決定力を欠き、逆転することはできず。試合は1-1で終了し、勝ち点1を分け合う結果となった。 また、いわぎんスタジアムで行われた7位・いわてグルージャ盛岡(勝ち点13)と4位・セレッソ大阪U-23(勝ち点14)の一戦は、山田の今シーズン5点目などで、3-1でC大阪U-23が勝利。3位に浮上している。 ◆明治安田生命J3リーグ第9節 ▽5/19日(日) ヴァンラーレ八戸 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 アスルクラロ沼津</span> いわてグルージャ盛岡 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 セレッソ大阪U-23</span> ブラウブリッツ秋田 0-0 FC東京U-23 福島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 AC長野パルセイロ</span> Y.S.C.C.横浜 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 SC相模原</span> カマタマーレ讃岐 1-1 ギラヴァンツ北九州 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 3</span>-2 ガイナーレ鳥取 ▽5/18(土) 藤枝MYFC 1-1 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-1 ガンバ大阪U-23 2019.05.19 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

藤枝との上位対決制した讃岐が2位浮上! 北九州は首位返り咲き《J3》

明治安田生命J3リーグ第8節の7試合が5日に各地で開催された。 Pikaraスタジアムで行われたカマタマーレ讃岐vs藤枝MYFCは、2-1で讃岐が勝利した。 4位・讃岐(勝ち点14)が首位・藤枝(勝ち点16)をホームに迎え入れた上位対決。試合は後半開始早々にホームチームが決定機を迎え、ボックス中央手前で獲得したFKのチャンスからキッカーの重松が放ったシュートが弧を描き、ゴール右に吸い込まれた。 勢いに乗る讃岐は50分、クリアボールをバイタルエリア中央で拾った池谷が胸トラップから右足を一閃。これがゴール左に突き刺さり、リードを広げた。 2点ビハインドの藤枝は試合終了間際に出岡の右CKからファーサイドの谷口が折り返すと、ゴール前の岩渕がプッシュ。1点を返してみせる。 だが、その直後に試合終了。勝利した讃岐が2試合ぶりの勝利で2位に浮上した一方で、敗れた藤枝は首位から陥落した。 ミクニワールドスタジアム北九州で行われた3位・ギラヴァンツ北九州(勝ち点14)vs14位・ザスパクサツ群馬(勝ち点8)は、45分に生まれた岡村のゴールを守り切り、1-0で北九州が勝利。首位に浮上した。 ◆明治安田生命J3リーグ第8節 ▽5月5日(日) 福島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">カマタマーレ讃岐 2</span>-1 藤枝MYFC カターレ富山 1-1 アスルクラロ沼津 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC東京U-23 2</span>-0 セレッソ大阪U-23 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ガンバ大阪U-23 3</span>-1 ブラウブリッツ秋田 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ロアッソ熊本 1</span>-0 ヴァンラーレ八戸 ▽5/4(土) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">いわてグルージャ盛岡 2</span>-1 Y.S.C.C.横浜 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">AC長野パルセイロ 2</span>-0 SC相模原 2019.05.05 17:00 Sun
twitterfacebook
thumb

J7クラブを渡り歩いたブラジル人DFアレックスが現役引退! 古巣徳島ユースのコーチに

徳島ヴォルティスは1日、2018シーズン限りでカマタマーレ讃岐を退団していたブラジル人DFアレックス(35)の現役引退ならびに徳島ヴォルティスユースのアシスタントコーチ就任を発表した。 母国クルゼイロでプロデビュー後、2002年に川崎フロンターレに加入し、Jクラブでのキャリアをスタートしたアレックス。その後、アビスパ福岡、柏レイソル、ジェフユナイテッド千葉、鹿島アントラーズ、徳島、讃岐と7つのJクラブを渡り歩いた。 2017年に加入した讃岐では昨シーズンの明治安田生命J2リーグで35試合に出場するなど主力として活躍も、チームは同シーズンにJ3降格。昨年11月には契約満了に伴いクラブを後にし、この度スパイクを脱ぐ決断を下した。 なお、Jリーグにおける通算成績はJ1で通算142試合出場し9ゴール、J2では351試合出場で50ゴールを記録。J2通算出場数は外国人選手歴代1位となり、全カテゴリーでは歴代2位の数字となっている。 2012年から20116年まで所属した古巣徳島のユースのアシスタントコーチ就任に際してアレックスは、以下のようなコメントを残している。 「 このたび、現役引退をし、徳島ヴォルティスユースのアシスタントコーチに就任することとなりました。これまでお世話になったクラブ、ファン・サポーターの皆様、そして家族には本当に感謝しています」 「サッカーを「クラブ」と考えるとアカデミー、トップチームは一つだと思います。私は徳島ヴォルティスユースのアシスタントコーチとしてクラブのために全力を尽くすことを約束します。徳島に帰ってこれて本当に嬉しく思いますし、徳島ヴォルティスが昇格した時のことが自分にとって徳島での大事な思い出なので、またその瞬間が見られるように自分に出来ることを頑張っていきたいです」 また、自身がプレーする最後のクラブとなった讃岐の公式サイトでは以下のようなコメントを残している。 「プロサッカー選手として、20年近くプレーすることができ、小さい頃からの夢を叶える事ができました。まず神様に感謝しています。また、2002年から2018年までJリーグでプレーする事ができ、在籍した7クラブ、応援していただいたファン、サポーターの皆さまに感謝しています。サッカー選手を引退し、少し違った人生となりますが、まだサッカーに関わる仕事をするので、これからも応援よろしくお願いします。またどこかでお会いしましょう」 2019.04.01 15:15 Mon
twitterfacebook
thumb

讃岐、西野貴治が右アキレス腱断裂で6カ月の離脱

カマタマーレ讃岐は26日、DF西野貴治の負傷を報告した。 西野は17日に行われた明治安田生命J3リーグ第2節のブラウブリッツ秋田戦で負傷。19日に高松市内の病院で手術を受け、右アキレス腱断裂で約6カ月の見込みだ。 その西野はガンバ大阪から今シーズン加入。ここまでJ3リーグ2試合に先発出場している。 讃岐は現在、J3リーグ2勝1分けの4位。30日に行われる次節、アスルクラロ沼津とのアウェイ戦に臨む。 2019.03.26 19:45 Tue
twitterfacebook
thumb

讃岐、背番号10のMF高木和正が肉離れで全治約1ヵ月

カマタマーレ讃岐は12日、MF高木和正が左大腿二頭筋肉離れにより全治約4週間と診断されたことを発表した。 発表によれば、高木は1日の練習中に負傷。診断の結果、今回の離脱期間が見込まれた。 背番号10を背負う高木は、2014年から讃岐でプレー。昨シーズンは、明治安田生命J2リーグ23試合1得点を記録していた。 2019.03.12 11:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース