松本FW山本大貴が全治約6カ月の重傷で来季開幕絶望…2018.12.07 15:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽松本山雅FCは7日、FW山本大貴が27日に千葉県内の病院にて左ヒザ外側半月板損傷および左ヒザ関節軟骨損傷で手術を行ったことを発表した。全治は約6カ月。▽山本は2016年にベガルタ仙台から松本に完全移籍。今シーズンは明治安田生命J2リーグに14試合出場した。
コメント
関連ニュース
thumb

白崎がバースデーに2発! 鹿島が松本に5ゴールで完勝《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズvs松本山雅FCが県立カシマサッカースタジアムで行われ、5-0で鹿島が勝利した。 連勝中の5位・鹿島(勝ち点20)は、1-0で勝利した前節のヴィッセル神戸戦からのスタメン変更はなし。同じメンバーをピッチに送り出した。 一方、3試合未勝利の12位・松本(勝ち点12)は、0-0で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを1名変更。高橋に代わって中美が起用された。 対照的なチーム同士の一戦は鹿島ペースで進んでいく。8分、レオ・シルバが敵陣中央でボールを奪取。土居、セルジーニョを経由して再びパスを受けたレオ・シルバがボックス右へパスを通す。最後はフリーで受けたレアンドロが右足でシュートを放ったが、松本の飯田にライン上でクリアされてしまう。 開始早々にピンチを招いた松本も反撃。14分、バイタルエリア左でボールを奪った杉本がそのままボックス内に侵攻。最後はダブルタッチでDFを交わし、シュートを放つも、ゴール右に外れた。 攻勢を強める鹿島が先に松本ゴールをこじ開ける。25分、オーバーラップで駆け上がってきた永木が敵陣右サイドの深い位置からグラウンダーの高速クロスを入れる。GK守田に触られたが、ファーサイドのレオ・シルバが対面したDFを冷静にかわしてゴールに流し込んだ。 その後も鹿島がイニシアチブを握り、松本ゴールを脅かす。しかし、追加点を奪うことができず、ホームチームが1点をリードして試合を折り返した。 後半開始早々に鹿島がリードを広げる。47分、自陣ハーフウェイライン付近の右サイドでボールを受けたレオ・シルバがダイアゴナルにドリブルで持ち運びボックス左の白崎へパス。フリーで受けた白崎がニアサイドを射貫いてスコアを2-0とする。 追加点を奪った鹿島は攻撃の手を緩めない。54分、ボックス中央手前のレアンドロがバイタルエリア右へ展開。ボールを受けたセルジーニョが左足でシュートを放つと、弧を描いたボールはゴール左に吸い込まれ、リードを3点に広げる。 鹿島はさらに畳みかける。65分、レアンドロのパスをボックス右で受けた土居がトリッキーなターンからクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ白崎がヘディングシュートを叩き込み、4点目を決めた。さらに83分には、敵陣中央右サイドからレアンドロがドリブルでボックス中央手前まで持ち運び、パスを供給。これがゴール前でフリーの中村の下へ渡ると、冷静に流し込み、5点目を奪った。 試合は5-0で終了。大勝した鹿島が3連勝で4位に浮上した。一方、敗れた松本は4試合未勝利となっている。 2019.05.18 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

チャナティップ欠場の札幌、連勝が「4」でストップ 2連敗中だった松本と0-0《J1》

12日にサンプロ アルウィンで行われた明治安田生命J1リーグ第11節の松本山雅FCvs北海道コンサドーレ札幌は、ゴールレスドローに終わった。 2連敗中の松本は現在12位。今節に向けては前節から先発3名を入れ替え、杉本がリーグ初先発を果たした。一方、4連勝中で5位に位置する札幌はチャナティップが負傷欠場。早坂が開幕戦以来のスターティングメンバーに名を連ねた。 キックオフ早々に前田の右足ボレーシュートで札幌のゴールに迫った松本。立ち上がりから札幌にボールの主導権を握られ、守備の展開が続くが、相手にシュートチャンスを許さず、逆にカウンター主体の戦いで互角の戦いに持ち込む。 その松本は23分、バイタルエリア左でボールを受けた杉本がドリブルで仕掛け、ボックス左からゴール右隅を狙いすました右足のコントロールショット。これが枠に飛ぶが、GKク・ソンユンの好セーブに遭い、先制点につながらない。 リズムを生み出せない札幌は36分、右サイドから上がった進藤の浮き球パスをボックス左の味方が頭で落とすと、菅が左足ボレーシュート。これがゴール前の鈴木に当たってコースが変わったが、惜しくもゴール左に外れてしまう。 ゴールレスで迎えた後半、札幌は前半と打って変わって、ボールがスムーズに回るように。そのなかで、62分に味方数人が連動したパスワークで中央を崩して、ボックス中央から早坂がシュートに持ち込むが、相手GKに阻まれる。 劣勢の松本は80分、スピードスターの前田が得意のスピードを生かしてカウンター。右サイドを駆け上がり、ループシュートを試みるが、鋭い飛び出しでコースを消してきた相手GKの正面を突き、千載一遇の先制機を逃してしまう。 結局、互いに最後までゴールを挙げられず、痛み分けで終了。松本が連敗を「2」で止めた一方で、札幌は連勝が「4」でストップした。 2019.05.12 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪、都倉&メンデスのツインタワーで松本を攻略!《J1》

明治安田生命J1リーグ第10節の松本山雅FCvsセレッソ大阪が4日にサンプロ アルウィンで行われ、2-0でC大阪が勝利した。 直近5試合で2勝1分け2敗で着実に勝ち点を積み上げる11位・松本(勝ち点11)は、前節0-2で敗れたFC東京戦からスタメンを1名変更。レアンドロ・ペレイラに代えて永井を起用した。なお、永井は古巣対決となる。 対して直近5試合で1勝2分け2敗と苦しんでいる14位・C大阪(勝ち点8)は、0-0で引き分けた大分トリニータ戦からスタメンを5名入れ替え。木本、山下、片山、レアンドロ・デサバト、高木、に代えて丸橋、瀬古、藤田、水沼、ブルーノ・メンデスを先発に送り込んだ。 先にスコアを動かしたのはC大阪。21分、バイタルエリア右でブルーノ・メンデスが競り勝つ。反応した奥埜が敵陣右サイド深の深い位置からクロスを送ると、ゴール前に走りこんできたブルーノ・メンデスのヘディングシュートがゴール左に吸い込まれた。 その後もC大阪が押し込む展開に。徹底してロングボールを送り、都倉、ブルーノ・メンデスにボールを入れて攻撃を仕掛ける。対して松本は、ボックス内で粘り強い守りで何とか応戦する。 ここまで守勢だった松本は後半早々に決定機を迎える。49分、敵陣右サイド深の深い位置でFKのチャンスを獲得。宮阪のクロスにファーサイドの永井が合わせたが、GKキム・ジンヒョンの正面に飛んでしまう。 松本は続く51分にもチャンスを迎える。敵陣中央左サイドから宮阪が縦パスを入れる。ボックス左で受けた永井が反転してから左足でシュートを狙ったが、GKキム・ジンヒョンの好セーブに遭った。 ツインタワーで攻略を試みるC大阪は60分、GKキム・ジンヒョンからのロングパスを敵陣中央のブルーノ・メンデスが競り勝つ。DFラインの裏に抜け出した都倉がGK村山との一対一の決定機を迎える。しかし、ここはGK村山に軍配が上がった。 1点を追いかける展開となった松本は67分、中美、前田に代えて杉本、レアンドロ・ペレイラの2枚替えで攻撃の活性化を図りにかかる。 追加点が欲しいC大阪は69分、ボックス右手前からブルーノ・メンデスのクロスを送る。ファーサイドの都倉が胸で落とすと、反応した水沼がゴールを狙ったが、わずかにゴール左に外れる。 83分にC大阪が試合を決定づける。ボックス中央で混戦となるが、ブルーノ・メンデスがシュートを放つ。GK村山に1度は弾かれたが、こぼれ球に反応した奥埜が押し込んでリードを広げた。 試合はこのまま2-0で終了。勝利したC大阪が4試合ぶりの得点で5試合ぶりの勝利を飾った。一方敗れた松本は2試合連続の複数失点で連敗を喫した。 2019.05.04 16:15 Sat
twitterfacebook
thumb

久保がアシスト&PK獲得の活躍でFC東京が首位キープ! 《J1》

明治安田生命J1リーグ第9節のFC東京vs松本山雅FCが28日に味の素スタジアムで行われ、2-0でFC東京が勝利した。 ここまで負けなしと絶好調の首位・FC東京(勝ち点20)は、1-0で勝利した前節のサンフレッチェ広島戦からスタメンを3名変更。チャン・ヒョンス、室屋、大森に代えて渡辺、太田、久保が起用された。 一方、ここまで3試合負けなしの10位・松本(勝ち点11)は、1-0で勝利した前節のサガン鳥栖戦からスタメンの変更はなし。同じメンバーを送り出した。 試合はホームチームが攻勢に出る。3分、ハーフウェイラインを越えたあたりから高萩がボックス内にスルーパス。ボックス左に抜け出した永井が左足で狙ったが、GK村山に防がれた。 前半中盤に差し掛かると、FC東京がイニシアチブを握り松本陣内でボールを回し始める。ハーフコートゲームとなるが、松本の粘り強い守備を崩すことはできず、シュートを打つことができない。25分には、右サイドのクロスからディエゴ・オリヴェイラがボックス中央から狙ったが、相手DFのブロックに遭う。 それでも優勢に試合を進めるFC東京は44分、敵陣中央でルーズボールを拾った久保がドリブルで持ち運びスルーパス。ボックス中央左寄りで受けた永井謙佑がワントラップからゴール右に流し込んで、先制点を奪って前半を終えた。 後半に入るとここまで劣勢だった松本がいきなりチャンスを迎える。47分、敵陣中央左サイドでFKを獲得すると宮阪がボックス右へロングボールを送る。レアンドロ・ペレイラが競り勝つと、最後はゴール前の中美がヘディングシュートを放ったが、GK林の正面に飛んでしまう。 追加点を狙うFC東京は51分、左CKのチャンスを得る。すると、久保のクロスにニアサイドの橋本が頭で合わせて、ゴールネットを揺らした。だが、久保のクロスがゴールラインを割っていたという判定により、ゴールは取り消しとなった。 同点に追いつきたい松本は54分、敵陣深くの右サイドで今井がクロスを供給。ファーサイドのレアンドロ・ペレイラがヘディングシュートを放ったが、GK林がセーブした。 やや押しこまれるFC東京は60分、ボックス左手前で久保がボールを受けると、DFを1人かわしてボックス内に侵攻。そのまま左足でカーブをかけて狙ったが右ポストに嫌われた。続く63分にもFC東京が決定機。敵陣中央でインターセプトした久保がディエゴ・オリヴェイラにパス。相手に囲まれながらもボックス中央手前から狙ったが、今度はGK村山の好守に阻まれた。 迎えた76分、攻勢を続けるFC東京に追加点。久保がボックス中央で橋内に倒されてPKを獲得する。このチャンスをディエゴ・オリヴェイラがしっかりとゴール右に沈め、リードを広げた。 一矢報いたい松本は84分、今井が敵陣深くの右サイドでボールを奪取するとクロスを送る。ゴール前に走り込んできた永井龍がヘディングシュートを放つ。だが、GK林の牙城を崩せず。結局、試合はこのまま2-0で試合終了。勝利したFC東京は4連勝で無敗を継続し首位をキープ。敗れた松本は4試合ぶりの黒星となった。 2019.04.28 16:06 Sun
twitterfacebook
thumb

「ホームグロウン制度」を守らず、松本が来季のA契約枠25名から1名削減の処分

Jリーグは25日、松本山雅FCに対し、2020シーズンのプロA契約選手枠の25名を1名減らすことを発表した。 Jリーグは2019シーズンより「ホームグロウン制度」を導入。カウント基準日である第1登録ウインドー終了の3月29日時点で、2名をトップチームに登録することを定めていた。 「ホームグロウン制度」の対象となるホームグロウン選手は、「12歳の誕生日を迎える年度から21歳の誕生日を迎える年度までの期間において、特定のJクラブの第1種、第2種、第3種又は第4種チームに登録された期間の合計日数が990日(Jリーグの3シーズンに相当する期間)以上である選手を、当該Jクラブのホームグロウン選手という」とプロサッカー選手の契約、登録および移籍に関する規則に記載されている。 言い換えれば、Jクラブの下部組織(ジュニアユース、ユース)、または高校卒業後に入団しトップチームで3年間プレーしていた選手のことを指している。 登録義務に関しては、2019シーズン、2020シーズンはJ1で2名、2021シーズンはJ1で3名、2022シーズンはJ1で4名、J2、J3で1名と決定していた。 今シーズンの第1登録ウインドー終了時では、最もホームグロウン選手の登録が多かったのは清水エスパルス、ジュビロ磐田、ガンバ大阪、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島の13名。続いて鹿島アントラーズとFC東京の12名。以下、北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノス(ともに10名)、ヴィッセル神戸(9名)、浦和レッズ(8名)、大分トリニータ(7名)、川崎フロンターレ(6名)、ベガルタ仙台、湘南ベルマーレ、名古屋グランパス(いずれも5名)、サガン鳥栖(4名)となっていた。そして、松本は前田大然の1名のみだった。 なお、“タラレバ”の話ではあるが、今シーズンからツエーゲン金沢に期限付きしているFW小松蓮(20)は松本の下部組織出身選手であり、今シーズンも松本でプレーしていれば2名の基準を満たしていたことになる。選手の出場機会や成長を考えた結果の移籍決断もあるため、「ホームグロウン制度」を優先させるかどうかの判断は難しいところだろう。 ◆各クラブ主なホームグロウン選手 北海道コンサドーレ札幌(10名) →進藤亮佑、深井一希、宮澤裕樹、荒野拓馬、菅大輝 ベガルタ仙台(5名) →常田克人、椎橋慧也、関口訓充、富田晋伍、道渕諒平 鹿島アントラーズ(12名) →曽ヶ端準、内田篤人、町田浩樹、土居聖真、遠藤康、鈴木優磨 浦和レッズ(8名) →宇賀神友弥、橋岡大樹、萩原拓也、山田直輝 FC東京(12名) →波多野豪、小川諒也、久保建英、橋本拳人 川崎フロンターレ(6名) →登里享平、大島僚太、田中碧、宮代大聖 横浜F・マリノス(10名) →飯倉大樹、栗原勇蔵、喜田拓也、天野純、遠藤渓太 湘南ベルマーレ(5名) →真田幸太、齊藤未月、古林将太、柴田壮介、鈴木国友 松本山雅FC(1名) →前田大然 清水エスパルス(13名) →立田悠悟、松原后、竹内涼、石毛秀樹、北川航也、金子翔太 ジュビロ磐田(13名) →志村滉、大井健太郎、太田吉彰、山田大記、小川航基 名古屋グランパス(5名) →菅原由勢、青木亮太、成瀬竣平、藤井陽也、杉森考起 ガンバ大阪(13名) →東口順昭、菅沼駿哉、倉田秋、市丸瑞希、高木彰人 セレッソ大阪(13名) →丸橋祐介、山下達也、秋山大地、丸岡満、柿谷曜一朗 ヴィッセル神戸(9名) →藤谷壮、三原雅俊、中坂勇哉、小川慶治朗 サンフレッチェ広島(13名) →林卓人、大迫敬介、井林章、青山敏弘、野津田岳人、川辺駿 サガン鳥栖(4名) →高橋義希、石川啓人、石井快征、樋口雄太 大分トリニータ(7名) →岩田智輝、小手川宏基、坂井大将、後藤優介 2019.04.25 21:55 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース