フロジノーネのアイスランド代表MFハルフレドソン、ヒザの手術で3~4カ月の離脱2018.12.05 05:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽フロジノーネは4日、アイスランド代表MFエミル・ハルフレドソンが右ヒザの手術を受けたことを発表した。▽10月5日のトリノ戦以降、ヒザの痛みによって欠場が続いていた34歳のハルフレドソンは、4日にバルセロナで膝蓋腱の軟骨のかけらを除去する手術を受けたとのことだ。『フットボール・イタリア』によれば離脱期間は3~4カ月になるという。

▽レフティーのプレーメーカーであるハルフレドソンは今季のセリエAで5試合に先発していた。19位に沈むチームにとって経験豊富なハルフレドソンの長期離脱は大きな痛手となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

フロジノーネが1年でセリエB降格《セリエA》

フロジノーネは5日、セリエA第35節でサッスオーロとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。 この試合で勝利を逃すと1年でのセリエB降格が決まる19位フロジノーネ(勝ち点23)が、11位サッスオーロ(勝ち点41)のホームに乗り込んだ一戦。 試合はフロジノーネが好スタートを切る。8分、ボックス手前中央からサンマルコがミドルシュートをゴール左隅に蹴り込んだ。さらに36分、右CKからパガニーニがヘディングシュートを決め、2-0として前半を終えた。 このまま逃げ切れば今節での降格を避けられるフロジノーネだったが、後半に入ってサッスオーロの反撃を受けると66分、CKの流れからフェッラーリにゴールを許してしまう。 さらに77分、ババカルに同点ゴールを許すと、勝ち越しゴールは奪えずに力尽き、2-2のまま終了。1年での降格が決まっている。 2019.05.06 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリ、格下フロジノーネに2発快勝で2位フィニッシュへ前進《セリエA》

ナポリは28日、セリエA第34節でフロジノーネとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 前節アタランタとの上位対決に1-2で敗れた2位・ナポリ(勝ち点67)は、その試合からスタメンを2名変更。キリケシュ、アランに代わってルペルト、ユネスがスタメンに名を連ねた。残留争い中の19位・フロジノーネ(勝ち点23)に対し、[4-4-2]で臨んだ。 試合はナポリが8分にピンチを招く。クリバリがヴァルザニアに背後を取られると一気にボックス内に侵攻される。ボックス中央のピナモンティにパスが渡り、ボックス左からシュートを放たれたが、わずかにゴール左に外れて、難を逃れた。 ヒヤッとしたナポリは19分、バイタルエリア左サイドでユネスが倒されてFKのチャンスを獲得する。これをメルテンスがキッカーを務め、右足で弧を描いたボールがゴール左に吸い込まれて先制に成功する。 先制点を奪ったナポリに再びセットプレーのチャンス。35分、ユネスがドリブルでボックス中央手前に持ち運ぶと倒されてFKを獲得する。またしてもメルテンスが直接、狙ったがわずかに外れてしまう。 攻勢に出るナポリは41分、敵陣中央からカジェホンがボックス中央右寄りに縦パスを入れる。ユネスがフリックし、ボックス中央のメルテンスがヒールで落とす。最後は走り込んできたカジェホンがシュートを放つも、DFにブロックされた。 1点リードで折り返した後半も攻勢に出るナポリは47分に左CKを獲得。メルテンスがサインプレーでボックス中央手前のジエリンスキが狙ったが、GKスポルティエッロに処理された。それでも49分には、バイタルエリア左でボールを受けたユネスがボックス中央のミリクとワンツーでボックス左に侵攻。リターンパスを受けるとDFを交わしてゴール右に流し込んだ。 畳みかけるナポリは64分、敵陣中央でインターセプトしたファビアン・ルイスがドリブルで持ち運び、ボックス右へパス。カジュホンがダイレクトでニアに強烈なシュートを放つが、右ポストに嫌われる。さらに、こぼれ球に反応したファビアン・ルイスのシュートもクロスバーに嫌われた。 その後も、ナポリがイニシアチブを握り攻勢に出る。後半アディショナルタイムには、敵陣中央右サイドでボールを受けた途中出場のウナスが、カットインからボックス左へパス。カジェホンがワントラップからニアサイドにシュートを放ったが、ここもポストに嫌われた。 再三、ポストに嫌われたナポリだったが、最後まで攻勢を続け、2-0で試合終了。ナポリは勝ち点を「70」に乗せ、2月24日のセリエA第25節以来となるクリーンシートを達成した。 2019.04.28 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

格下フロジノーネに苦戦もインテル、逃げ切って3位堅守《セリエA》

インテルは14日、セリエA第32節でフロジノーネとのアウェイ戦に臨み、3-1で勝利した。 前節アタランタ戦を0-0で引き分け、3位を堅守したインテル(勝ち点57)は、アタランタ戦で負傷したブロゾビッチが欠場となった中、ボルハ・バレロを代役で起用した。一方で負傷明けのL・マルティネスがベンチ入りした。 降格圏の19位フロジノーネ(勝ち点23)に対し、[4-2-3-1]を採用したインテルは最前線にイカルディ、2列目に右からポリターノ、ナインゴラン、ペリシッチと並べた。 そのインテルが立ち上がりから押し込む展開とする中、19分に最初のチャンスを生かして先制する。右サイドからのダンブロージオのクロスにナインゴランが頭で合わせた。 続く29分にもナインゴランのミドルシュートでゴールに迫ったインテルが主導権を握る中、35分にPKを獲得する。左CKでシュクニアルがチブサーに倒された。このPKをペリシッチが決めて加点したインテルが、前半を2点リードして終えた。 迎えた後半もインテルが余裕の展開で時間を進めていたが、61分に1点を返される。カッサータにペナルティアーク中央からミドルシュートを叩き込まれた。 さらに69分、チャーノの直接FKでゴールを脅かされたインテルは、ペリシッチに代えてケイタを投入。失った攻撃のギアを上げにかかった。 だが73分、ハムストリングを痛めたボルハ・バレロがプレー続行不可能となってガリアルディーニを投入。悪い流れが続く中、終盤の87分に後半最初の決定機。しかし、ケイタの左サイドからのクロスにヘディングで合わせたイカルディのシュートは枠を捉えきれなかった。 それでも追加タイム3分、ロングカウンターから持ち上がったヴェシーノがイカルディのラストパスを受けて3点目を決めきり、3-1で勝利。4位ミランとの5ポイント差を維持して3位を堅守している。 2019.04.15 05:24 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ、ジェコのラストプレー弾で格下フロジノーネに辛勝《セリエA》

ローマは23日、セリエA第25節でフロジノーネとのアウェイ戦に臨み、3-2で辛勝した。 前節ボローニャ戦を苦戦しながらも何とか辛勝した5位ローマ(勝ち点41)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランを暫定4ポイント差で追う中、ザニオーロやフロレンツィ、ファシオらをベンチスタートとし、サントンやマルカノら一部バックアッパーを起用した。 次節にラツィオとのダービーを控える中、19位フロジノーネ(勝ち点16)に対し、3トップに右からペロッティ、ジェコ、エル・シャーラウィと並べる[4-3-3]で臨んだローマは、開始5分に失点する。 エンゾンジのパスをデ・ロッシが感じ取れずチャーノにボールが渡ると、ボックス手前右から左足で放たれた強烈なシュートがGKオルセンの手を弾いてゴールラインを割った。 続く11分にもボックス内からチャーノに決定的なシュートを許した流れの悪いローマは、14分にエル・シャーラウィのヘディングシュートでゴールに迫るも、GKスポルティエッロのビッグセーブに阻まれる。 その後、ペロッティとエル・シャーラウィのポジションを変えるなどして変化を付けるも、思うように攻められずにいたローマだったが、30分に試合を振り出しに戻した。CKの流れからボックス中央でルーズボールを拾ったジェコがゴール左に蹴り込んだ。 さらに1分後、ローマが一気に逆転する。ジェコのパスをボックス右で受けたエル・シャーラウィのシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをペッレグリーニが押し込んだ。ハーフタイムにかけてはローマが試合をコントロール。2-1で前半を終えた。 迎えた後半、敵陣で試合を進めるローマは、65分にザニオーロとクリスタンテを投入し、勝負を決めにかかる。 しかし、74分にマノラスが右足首を痛めてファシオを投入するアクシデントに見舞われると、80分に痛恨の失点を喫する。ボックス右のチャーノの絶妙なリターンパスを受けたピナモンティにシュートを流し込まれた。 さらに85分、ボックス左に抜け出したトロッタに決定的なシュートを許したが、ここはGKオルセンがセーブ。 このまま引き分けで終了かと思われたが、ラストプレーでローマが劇的なゴールを挙げる。デ・ロッシのフィードをボックス左で受けたエル・シャーラウィがクロスを送ると、最後はジェコが押し込んだ。直後にタイムアップとなり、ローマが冷や汗の辛勝。3連勝でダービーを迎えることに成功した。 2019.02.24 06:37 Sun
twitterfacebook
thumb

守備の要復帰のユーベ、C・ロナウドとディバラの初揃い踏み弾で快勝! アトレティコ戦に弾み《セリエA》

ユベントスは15日、セリエA第24節でフロジノーネをホームに迎え、3-0で快勝した。 前節サッスオーロ戦をC・ロナウドが全3ゴールに絡み、公式戦4試合ぶりに無失点に抑えて勝利を取り戻した首位ユベントス(勝ち点63)は、5日後にチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦を控える中、キエッリーニとボヌッチの守備の要二人が負傷から復帰した。 19位フロジノーネ(勝ち点16)に対し、3トップに右からディバラ、マンジュキッチ、C・ロナウドと並べ、中盤アンカーにジャンを据える[4-3-3]で臨んだユベントスは開始6分に先制する。C・ロナウドのパスを受けたバイタルエリア中央のディバラが左足を一閃すると、強烈なミドルシュートがゴール右上に突き刺さった。 セリエAでは11月以来となる今季3点目のディバラ弾で先手を取ったユベントスがその後もフロジノーネを圧倒すると、17分に加点した。右CKからファーサイドのマンジュキッチがヘッドで合わせたシュートはGKにセーブされるも、ルーズボールをボヌッチが右足で押し込んだ。 トップ下気味にポジションを取るディバラが攻撃を牽引し、高い位置からのプレスがハマって攻守に充実のユベントスは、前半半ば以降もC・ロナウドのミドルシュートや直接FKで3点目に迫り続ける。唯一、チャーノの直接FKでゴールを脅かされたが、失点せずに2-0でハーフタイムに入った。 迎えた後半も主導権を握るユベントスは63分に3点目を奪った。右サイドからのマンジュキッチのグラウンダークロスをC・ロナウドがダイレクトでゴール左に流し込んだ。 C・ロナウドのリーグ戦4試合連続ゴールで試合を決定付けたユベントスは、アトレティコ戦を見据えてC・ロナウドやキエッリーニを下げていく。 終盤にかけても危なげなく試合を運んだユベントスがC・ロナウドとディバラの初揃い踏み弾で3-0と快勝し、アトレティコ戦に弾みを付けている。 2019.02.16 06:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース