柴崎が開幕戦以来の先発となったヘタフェ、アンヘルのハットなどでコルドバに圧勝しベスト16進出《コパ・デル・レイ》2018.12.05 05:22 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘタフェは4日、コパ・デル・レイ4回戦2ndレグでコルドバをホームに迎え、5-1で圧勝した。この結果、2戦合計スコア7-2としたヘタフェがベスト16進出を決めた。ヘタフェのMF柴崎岳はフル出場している。▽10月31日に敵地で行われた1stレグを2-1で先勝したヘタフェは、柴崎がリーガ開幕節レアル・マドリー戦以来、今季2度目の先発となった。

▽2部で21位に沈むコルドバに対し、柴崎がフラットな[4-4-2]のボランチでスタートしたヘタフェが仕掛ける展開で立ち上がっていくも、徐々に互角の攻防を強いられてしまう。

▽それでも18分に先制する。左サイドからのカブレラのクロスがGKのファンブルを誘い、ルーズボールをポルティージョが押し込んだ。

▽相手GKのミスで先制したヘタフェは自陣に引いて対応しつつ、右サイドのアレホの単騎突破でアクセントを付けていく。そして41分、アンヘルがボックス左に侵入したところでバレンティンに倒され、PKを獲得。このPKをアンヘルが決めてリードを広げた。

▽2戦合計スコア4-1と突き放したヘタフェは迎えた後半、開始4分にもゴールを挙げる。柴崎がカウンターで持ち上がって前方左のアンヘルへパス。アンヘルのパスをボックス中央で受けたイバニェスが左足でゴールへ流し込んだ。

▽70分にCKからヘディングシュートを決められたヘタフェだったが、アンヘルが2ゴールを加点してハットトリック達成。2戦合計スコア7-2で勝利し、ベスト16進出を決めている。

▽その他、同日行われた試合ではバレンシアがエブロに1-0で辛勝し、2戦合計2-1で勝ち上がりを決めている。
コメント
関連ニュース
thumb

三つ巴の4位争いはバレンシアが制す! 柴崎最終節出場のヘタフェ&セビージャの来季EL本戦、エスパニョールのEL予選出場が決定《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ最終節、バジャドリーvsバレンシアが18日に行われ、アウェイのバレンシアが2-0で勝利。この結果、4位フィニッシュを確定させたバレンシアの来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得が決定した。 最終節の唯一の注目ポイントとなった三つ巴の4位争い。前節終了次点では4位のバレンシアと5位のヘタフェが共に勝ち点58で並ぶも当該成績で上回るバレンシアが最も優位な立ち位置に。一方、勝ち点56で6位のセビージャは当該成績で両チームに劣っているため、最終節で勝利且つ両チームが敗戦しない限り、逆転できない厳しい状況。 3チームの中で唯一自力での4位決定の可能性を残すバレンシアは前節で残留が決定した16位のバジャドリーとアウェイゲームを戦った。 立ち上がりはリラックスムードでプレーするホームチーム相手に押し込まれる状況が続いたバレンシアはなかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、15分を過ぎてサンティ・ミナ、ゴンサロ・ゲデスとカウンターから決定機を作り出すと、30分過ぎに相手のミスから先手を奪う。 36分、相手最終ラインでのボール回しにプレッシャーをかけたロドリゴ・モレノがボックス付近でボールを奪取。ボックス左ライン際からマイナスに折り返すと、中央で複数のDFを引き付けたサンティ・ミナを経由したボールをソレールがスムーズなフィニッシュワークから冷静に流し込んだ。 1点リードで試合を折り返したバレンシアは後半立ち上がりも相手のミスに付け込んで追加点を奪う。53分、GKからのショートパスを受けたボックス手前の相手DFからパレホがボールを奪い、ロドリゴにラストパスを送ると、これをエースが無人のゴールへ流し込んだ。 この2点目で勝利を大きく引き寄せたバレンシアは、ホーム最終戦でセレモニー要素の高い選手交代を行うなどやや鋭さにかけるバジャドリーの反撃を難なく封じ込めて2-0の快勝。この結果、2年連続での4位フィニッシュに成功した。 また、同時刻開催となったヘタフェvsビジャレアルは2-2のドローに終わった。この結果、ヘタフェはクラブ史上初のCL出場権獲得を逃すも、クラブ史上最高位のプリメーラ5位フィニッシュを達成すると共に2010-11シーズン以来のEL出場権を手にした。なお、MF柴崎岳は84から途中出場した。 この試合の勝利且つバレンシアが引き分け以下で逆転での4位フィニッシュが決まるヘタフェは、押し気味の展開の中で13分にポルティージョのゴールで先制に成功。しかし、前半終了間際には相手のセットプレーからイボーラに同点ゴールを献上した。 それでも、諦めないヘタフェは後半半ば過ぎの76分にマクシモビッチの豪快なヘディングシュートで勝ち越しに成功する。その後、84分には今季限りでの退団が決定的な柴崎がポルティージョに代えて投入される。しかし、ヘタフェは逃げ切り目前の89分にGKソリアのミスからジェラール・モレノに痛恨の同点ゴールを献上。結局、試合はこのまま2-2のドローで終了となった。 同時刻開催となったその他の試合ではセビージャvsビルバオが、ホームのセビージャの2-0。エスパニョールvsレアル・ソシエダがホームのエスパニョールの2-0の勝利で終了。 この結果、セビージャの6位フィニッシュと共にエスパニョールの逆転での7位フィニッシュが決定した。そして、セビージャは前述のヘタフェと共に来季EL本戦出場が決定し、エスパニョールはEL予選2回戦の出場権を手にしている。 2019.05.19 01:30 Sun
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第38節プレビュー】今季リーガが閉幕! 注目は三つ巴の4位争い!

先週末に行われた第37節では4位争いにおいて唯一勝ち点3を手にしたバレンシアがヘタフェを抜いて4位に浮上。一方、アトレティコ・マドリーと引き分けた6位のセビージャは逆転でのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ厳しい勝ち点逸に。また、残留争いではレバンテに敗れたジローナの降格が決定的となっている。 今季最終節の唯一の注目ポイントは前述の4位争いだ。前節終了次点では4位のバレンシアと5位のヘタフェが共に勝ち点58で並ぶも当該成績で上回るバレンシアが最も優位な立ち位置に。一方、勝ち点56で6位のセビージャは当該成績で両チームに劣っているため、最終節で勝利且つ両チームが敗戦しない限り、逆転できない厳しい状況だ。 3チームの中で唯一自力での4位決定の可能性を残すバレンシアは前節で残留が決定した16位のバジャドリーとアウェイゲームを戦う。相手のホーム最終戦というやり辛さはあるが、実力差とモチベーションの差を考えれば、勝ち点3を獲得することはさほど難しくないはずだ。前節はアラベス相手に先制を許すも、MFソレールとFWサンティ・ミナの若手コンビに勝負強いFWガメイロの3ゴールで逆転勝利を飾っており、2連勝と好調を維持している点もプラスに働くはずだ。 続いてバレンシアが引き分け以下で自分たちが勝利できれば、逆転での4位フィニッシュが可能となるヘタフェは、同じく前節で残留を決めた14位のビジャレアルとホームで対戦する。直近のバルセロナ戦では敵地で0-2の敗戦も試合内容自体は悪くなく開き直ってホーム最終戦を戦えるはずだ。そのバルセロナ戦では先発に抜擢も守備面の問題で前半だけで交代となったMF柴崎岳は、おそらく同クラブでのラストゲームとなるビジャレアル戦でチャンスを与えられるか。 一方、逆転でのCL出場権獲得には奇跡が必要となるセビージャは、ヨーロッパリーグ(EL)出場権が懸かる7位のアスレティック・ビルバオ(勝ち点53)とのホームゲームを戦う。バレンシア、ヘタフェの試合経過も気になるが、敵地での前回対戦では0-2で完敗しているだけに、まずはその難敵相手に勝利することだけに集中したい。来季CL出場権を逃せば、試合後には厳しいセビジスタからのブーイングが濃厚だが、試合中は頼れる彼らの後押しを武器に勝ち切りたい。 また、8位のレアル・ソシエダ(勝ち点50)と9位のエスパニョール(勝ち点50)の直接対決もEL出場権が懸かる重要な一戦だ。この2チームはいずれも7位のビルバオに当該成績で勝っているため、ビルバオがセビージャに敗れると、この試合の勝者が逆転でEL出場権を手にできる。 最後に残り1枠の残留争いに関しては17位のセルタ(勝ち点40)と、18位のジローナ(勝ち点37)の2チームに絞られているが、ジローナの逆転残留には前述のセビージャ以上の奇跡が求められる。 当該成績、当該得失点差で完全にイーブンの両チームが勝ち点で並んだ場合、リーグ戦全体の得失点差が適用されることになるが、セルタのマイナス9に対して、ジローナはマイナス15。したがって、ジローナが残留を勝ち取るにはセルタの大量失点での大敗且つ、自分たちが大量得点を奪って勝つという奇跡の所業を成し遂げる必要がある。 《リーガエスパニョーラ第38節》 ▽5/18(土) 《20:00》 レバンテ vs アトレティコ・マドリー 《23:15》 エスパニョール vs レアル・ソシエダ ヘタフェ vs ビジャレアル セビージャ vs ビルバオ バジャドリー vs バレンシア 《27:45》 アラベス vs ジローナ セルタ vs ラージョ ウエスカ vs レガネス ▽5/19(日) 《19:00》 レアル・マドリー vs ベティス 《23:15》 エイバル vs バルセロナ 2019.05.18 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

CL敗退バルセロナ、ビダル&メッシ弾でホーム最終戦を飾る! 柴崎先発ヘタフェは5位転落で最終節に…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第37節、バルセロナvsヘタフェが12日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが2-0で勝利した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は先発出場し前半終了までプレーした。 前節、柴崎がベンチ外となったものの、残留争いの真っ只中にいるジローナ相手に2-0の快勝を収めた4位のヘタフェはセビージャの取りこぼしもあってクラブ史上初のCL出場権獲得へ大きく前進。 今節はリバプール相手に敵地で0-4の大敗を喫し、衝撃的なチャンピオンズリーグ(CL)敗退を強いられた王者バルセロナとのアウェイゲームに臨んだ。この一戦に向けてボルダラス監督は柴崎を2試合ぶりに先発で起用した。 一方、ホーム最終戦でバウンスバックが求められるバルセロナは、ヒザの手術に踏み切ったスアレスやGKテア・シュテーゲンら一部主力を除きメッシやブスケッツ、ピケらリバプール戦でプレーしたメンバーを起用した。 CL出場に向けてアグレッシブな入りを見せたヘタフェ相手にCL敗退のショックをうかがわせるバルセロナ。立ち上がりは攻守の切り替えで勝るアウェイチームが攻勢を見せると、11分にはモリーナが最初のシュートを放つ。さらに、直後の14分には柴崎もフィニッシュに絡むが、ここは相手のシュートブロックに遭う。 その後もヘタフェペースが続く中、26分にはフルキエからの左クロスに反応したモリーナがボックス内で冷静にシュートをゴール左隅に流し込むが、これは惜しくもオフサイドの判定に。 このピンチを凌いでようやく目を覚ましたバルセロナはメッシを起点にチャンスを作り始めると、39分には相手陣内右サイドで得たFKの場面でキッカーのメッシが浮き球で入れたボールをニアに飛び込んだピケがバックヘッドでフリック。これはGKソリアにはじき出されるが、こぼれ球をビダルが押し込み、前半のうちに試合を動かした。 善戦も1点ビハインドで試合を折り返したヘタフェは左サイドハーフで攻守に奮闘した柴崎に代えて、より攻撃的なポルティージョを後半開始と同時に投入する。しかし、後半もバルセロナに押し込まれる状況が続く。 55分と58分にはメッシとマウコムにボックス内に抜け出されて2点目のピンチを招くが、ここはGKソリアのビッグセーブで凌ぐ。さらに65分には裏へ抜け出したメッシにGKの頭上を抜くループシュートを許すが、ここはDFの決死のゴールカバーで阻止すると共にオフサイドの判定に。 一方、後半に入って追加点こそ奪えないものの危なげない試合運びを見せるバルセロナはラキティッチ、コウチーニョ、マウコムを続けて下げてアレーニャ、アベル・ルイス、ネウソン・セメドと若手をピッチに送り込んで試合を締めにかかる。 相手GKソリアの好守もあってなかなかゴールをこじ開けられないバルセロナだったが、89分にはボックス付近で強引に仕掛けたメッシがボックス右のセルジ・ロベルトとのパス交換でゴール前に入り込んで左足のワンタッチシュートを流し込み、試合を決定付ける2点目とした。 そして、ホーム最終戦を2-0の勝利で飾ったバルセロナはリバプール戦の悪夢をわずかながら払拭することに成功した。一方、敗れたヘタフェはバレンシアに勝ち点で並ばれた結果、当該成績で下回り5位に転落。自力での4位フィニッシュの可能性を失って最終節を迎えることになった。 2019.05.13 03:36 Mon
twitterfacebook
thumb

【リーガエスパニョーラ第37節プレビュー】日曜一斉開催! 4位争い&降格残り1枠巡る争いに注目!

先週末に行われた第36節ではチャンピオンズリーグ(CL)対策で主力温存の首位のバルセロナに加え、2位のアトレティコ・マドリーが敗れる波乱が起きた。4位争いではヘタフェ、バレンシアが共に快勝もセビージャがレガネスに大敗。また、残留争いではウエスカ、ラージョの今季昇格組2チームの2節を残しての降格が確定している。 残り2節で日曜一斉開催となる第37節では三つ巴の4位争いと、残り1枠となった降格枠を決める残留争いに注目だ。 4位のヘタフェ(勝ち点58)、5位のバレンシア(勝ち点55)、6位のセビージャ(勝ち点55)がチャンピオンズリーグ(CL)出場権残り1枠を争う4位争いでは、ヘタフェが首位のバルセロナ、セビージャが2位のアトレティコ、バレンシアが10位のアラベスといずれも上位勢と対戦する。 前節、MF柴崎岳がベンチ外となったものの、残留争いの真っ只中にいるジローナ相手に2-0の快勝を収めたヘタフェはセビージャの取りこぼしもあってクラブ史上初のCL出場権獲得へ大きく前進。しかし、今節はリバプール相手に敵地で0-4で大敗し、衝撃的なCL敗退を強いられた王者バルセロナとのアウェイゲームだ。失意の相手の付け込む隙がありそうな一方、バルセロナはホーム最終戦でバウンスバックが求められることもあり、ヘタフェにとってはタフな一戦になるはずだ。したがって、最悪でも勝ち点1を持ち帰りたいところだ。 また、前節格下相手に大敗のセビージャはヘタフェ、バレンシアとの当該対決の戦績で劣るため、勝ち点で両チームを上回らなければならない厳し状況だ。そして、今節は前節エスパニョール相手に敵地で屈辱的な0-3の大敗を喫したアトレティコとのアウェイゲームが待っている。そのアトレティコはバルセロナと同様に今季のホーム最終戦となるうえ、今週に闘将ゴディンの今季限りでの退団が発表されており、シメオネ率いるチームは引き分け以上で2位確定となるこの試合に並々ならぬモチベーションで臨むはずだ。MFバネガ不在が響く中、格上相手に勝ち点3を手にできるか。 その2チームに比べて比較的ラクな対戦となるのが、バレンシアだ。前節、最下位ウエスカ相手に今季最多の6ゴールを奪ったバレンシアだが、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでアーセナルに2-4で敗戦。この結果、2戦合計3-7のスコアで準決勝敗退が決定した。これにより、来季CL出場に向けてはリーグ戦での4位フィニッシュしかなくなったが、前述の2チームと異なり今節をホームで戦える点が大きい。また、EL出場圏内の7位フィニッシュに可能性を残すアラベスだが、直近8試合未勝利と調子を落としている。なお、前節レアル・ソシエダ戦のウォームアップ中に再び足首を痛めたMF乾貴士に関しては欠場が濃厚だ。 また、勝ち点40で並ぶセルタ、ビジャレアル、レバンテの3チームに17位のバジャドリー(勝ち点38)、18位のジローナ(勝ち点37)の合計5チームに絞られた残留争いでは、ジローナとレバンテの直接対決に注目が集まる。仮に、アウェイのレバンテが勝利すれば、バジャドリーが降格決定のラージョと対戦することもあり、ジローナの降格が濃厚に。ただ、ジローナが勝つようなことになると、最終節での超熾烈な残留争いに発展する。 《リーガエスパニョーラ第37節》 ▽5/12(日) 《25:30》 ビルバオ vs セルタ アトレティコ・マドリー vs セビージャ バルセロナ vs ヘタフェ ベティス vs ウエスカ ジローナ vs レバンテ ラージョ vs バジャドリー バレンシア vs アラベス ビジャレアル vs エイバル レガネス vs エスパニョール レアル・ソシエダ vs レアル・マドリー 2019.05.12 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ指揮官、柴崎への信頼を語る 「シーズン終盤にチームを助けてくれると信じている」

ヘタフェを率いるホセ・ボルダラス監督が、5日に行われるリーガエスパニョーラ第36節ジローナ戦に向けた公式会見の場で日本代表MF柴崎岳に関して言及した。 リーガエスパニョーラ第35節終了次点でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に躍進するヘタフェ。今節はホームに熾烈な残留争いに巻き込まれている17位のジローナを迎える。 この一戦に向けた公式会見に出席したボルダラス監督は、今シーズンのリーグ戦出場が5試合に留まっているものの、第33節のセビージャ戦(3-0で勝利)、前節のレアル・ソシエダ戦(1-2で敗戦)で先発起用した柴崎に関する質問に応答。 同選手のプロフェッショナリズムを評価すると共に、ここ最近のパフォーマンスを評価していると語った。 「彼の態度は常に模範的で、偉大なプロフェッショナル。全ての意味において魅力的な人物でもある。今季のリーガの大半において、あまり使われなかったが、それは他の選手たちがその時々、チームがやりたいこと、我々が必要とする役割を遂行してくれたからだ」 「しかし、彼は非常に賢く、努力することをやめなかった。そこで今が彼に(チャンスを)与える時間だと我々は考えた。よくやってくれて我々も満足しているよ」 「率直に言って、サン・セバスティアン(直近のソシエダ戦)でもいい出来だった。最初はサイドで、それからボランチとしてね。残念なのはチームがいい結果を出せなかったことだけだ」 「我々はガクに満足していて、このシーズン終盤にチームを助けてくれると信じている。彼もチームに貢献しようととても意欲的だよ」 今回の会見でジローナ戦での起用の可否については明言を避けたものの、ボルダラス監督は、柴崎が残りリーガ3試合でのキーマンの1人として考えているのかもしれない。 写真&取材:原ゆみこ 構成:超WS編集部 2019.05.04 23:11 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース