チェルシーがアスピリクエタと4年間の新契約締結! 「喜びと責任を感じてきた」2018.12.04 21:45 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チェルシーは4日、スペイン代表DFセサール・アスピリクエタ(29)との契約を2022年まで延長したことを発表した。

▽先日のイギリス『テレグラフ』の報道によると、推定週給はこれまでの12万ポンド(約1740万円)から15万ポンド(約2170万円)にアップ。マウリツィオ・サッリ新監督を迎えた今季もリーグ戦全試合に出場し、今冬の退団が見込まれる元イングランド代表DFガリー・ケイヒルに代わって正式なキャプテンに就任することが濃厚な重要選手の確保に成功した。

▽アスピリクエタは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「チェルシーに滞在する時間を延長することができて、とても嬉しい」

「入団してから、このクラブとファンの方々の為にプレーすることの喜びと責任を感じてきた。ピッチに上がる度に全力を尽くしているよ」

「多くのものを得て、チェルシーの(タイトルに手が届く)場所を維持できるといいな」

▽2012年にマルセイユからチェルシーに加入したアスピリクエタは本職の右サイドバックに加え、左サイドバックやアントニオ・コンテ前体制では3バックの右として活躍。ここまで公式戦298試合に出場しており、300試合出場達成が間近に迫っている。
コメント
関連ニュース
thumb

アトレティコ、補強急務左SBにM・アロンソか

アトレティコ・マドリーが、チェルシーに所属するスペイン代表DFマルコス・アロンソ(28)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じた。 左サイドバックを務めてきたフランス代表DFリュカ・エルナンデスのバイエルン移籍が決まり、さらにブラジル代表DFフェリペ・ルイスの退団も濃厚となっているアトレティコ。同ポジションの補強が急務となるなか、ディエゴ・シメオネ監督は、昨夏にも獲得に動いたM・アロンソの獲得に興味を示しているようだ。 今回伝えられるところによれば、アトレティコとチェルシーの関係はスペイン代表FWアルバロ・モラタを筆頭に数々の交渉を行った間柄ということもあり、良好。そうした状況から、アトレティコはM・アロンソ獲得の見込みがあると踏んでいる模様だ。 2016年にフィオレンティーナからチェルシーに加入したM・アロンソ。加入初年度から攻撃的サイドバックとして活躍し、今シーズンも公式戦39試合4ゴール7アシストを記録している。 2019.05.17 21:20 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎Fvsチェルシーは7月19日の19時キックオフに決定! フジテレビ系列&DAZNでも放送・配信《明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ》

Jリーグは17日、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジの川崎フロンターレvsチェルシーのキックオフ時間及び放送・配信が決定したことを発表した。 Jリーグ王者の川崎フロンターレがチェルシーと対戦する今シーズンの「Jリーグワールドチャレンジ」は7月19日(金)に日産スタジアムで開催。キックオフ時間は19時に決定した。 なお、今回の試合は、フジテレビ系列の全国生放送、DAZNでライブ配信がされる。 2019.05.17 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

モラタがアトレティコ残留希望表明! チェルシー復帰なしか

アトレティコ・マドリーに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ(26)が残留希望を公言した。スペイン『マルカ』が報じた。 今冬にチェルシーからレンタル加入したモラタは、ここまで公式戦17試合6得点1アシストを記録。1年半のレンタル契約でのアトレティコ入りだが、補強禁止処分で戦力アップが望めないチェルシーが連れ戻しを画策しているとの見方が取り沙汰されており、今後の動向に注目が集まっている。 だが、今のモラタにチェルシー復帰のプランはない様子。16日に出席したイベント先で応じたメディアのインタビューで来シーズンの去就について問われると、次のように自身の意向を明確にした。 「僕の希望は明らかだ。ここにいたい」 「このクラブでプレーし続けるためなら、何だってしたい。どこか他の場所に行くことなんて考えていないし、ここですごく幸せなんだ」 「この先、何年もトップレベルでプレーし続けたい。ローン契約の状況だけど、すごく順調に進んでいて、うまくいけば最適解が見つかるはずさ」 「このクラブに加入して以来、僕は全てを捧げてきた。そして、今、ここに残るために全力を尽くしている。頭のなかにあることはそれだけだ」 2019.05.17 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ロフタス=チークがアキレス腱断裂 EL決勝欠場へ

チェルシーは16日、イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークの戦線離脱を発表した。 ロフタス=チークは15日、遠征先のアメリカでニューイングランドとのチャリティマッチに後半から出場したが、69分に左足首を痛めてピッチを後に。試合後に松葉杖姿が確認されており、負傷離脱の可能性が浮上している状況だった。 チェルシーの報告によれば、ロフタス=チークはアキレス腱断裂の診断結果を受け、手術へ。全治などの詳細について明らかにされていないが、一部現地メディアによれば、最長1年間の長期離脱もあり得る重傷だという。 なお、このケガにより、ロフタス=チークは29日に行われるアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)決勝の欠場が確実。今シーズンのELで4得点3アシストを記録していただけに、チェルシーにとって、大きな痛手であることは間違いない。 2019.05.17 08:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン、チェルシー解任報道のサッリと面談へ

ミランがチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)を来季指揮官に据えるべく、面談を行うようだ。イタリア『メディアセット』が伝えている。 同メディアによればミランのCEOを務めるイバン・ガジディス最高経営責任者(CEO)がサッリ監督と面談するため、数時間以内にロンドンに向かうとのことだ。 今季、ナポリからチェルシーの指揮官に就任したサッリ監督はプレミアリーグで3位、ヨーロッパリーグで決勝に進出させるなど一定の結果を残したが、ロマン・アブラモビッチオーナーが同監督とファンや上層部との関係を問題視し、解任の準備を進めていると報じられていた。 一方のミランはシーズン開幕前や1月の移籍市場で巨額投資をしたものの、2試合を残すセリエAで5位と来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場が微妙な状況で、ジェンナーロ・ガットゥーゾ監督の来季続投が不透明な状況となっている。 2019.05.17 06:01 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース