久保先発のニュルンベルクがホームで引き分けリーグ7戦未勝利《ブンデスリーガ》2018.12.04 08:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽久保裕也の所属するニュルンベルクは3日、ブンデスリーガ第13節でレバークーゼンと対戦し、1-1の引き分けに終わった。久保は58分までプレー。

▽前節のシャルケ戦で大敗を喫しリーグ戦6戦未勝利中のニュルンベルクは、前節からスタメンを4人変更。出場停止のバウアーやパラシオス、GKマゼニアらに代えてケルクやミシジャン、GKブレドウらをスタメンに起用した。

▽久保を2トップの一角に起用した[4-4-2]で試合に臨んだニュルンベルクは、立ち上がりからレバークーゼンにボールを保持されると10分にピンチ。ブラントの右CKをボックス中央左で拾ったS・ベンダーが、雨で濡れたピッチでバランスを崩しながらもシュート。しかし、これはクロスバーに弾かれた。

▽難を逃れたニュルンベルクだが、レバークーゼンに主導権を握られると、30分に失点を許す。ブラントのパスをボックス右深くで受けたフォラントがクロスを供給すると、GKブレドウがパンチングしたセカンドボールをゴール前でハフェルツに拾われると、冷静にゴール右隅へシュートを流し込まれた。

▽迎えた後半、先に試合を動かしたのはニュルンベルク。57分、左CKのセカンドボールを再び拾ったケルクが左クロスを供給。一度は相手DFにクリアされたが、こぼれ球をボックス中央のマルグリッターが流し込んだ。

▽同点とされたニュルンベルクは、58分に久保を下げてズレリャクを投入。さらに77分にはケルクを下げてパラシオスをピッチに送り出した。しかし、その後もスコアは動かず1-1で試合終了。ニュルンベルクは、リーグ戦7試合未勝利となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

久保所属の降格ニュルンベルク、ショマース暫定監督の今季限りでの退任を発表

日本代表のFW久保裕也が所属するニュルンベルクは14日、ボリス・ショマース暫定監督(40)の今シーズン限りでの退任を発表した。 今シーズン、アシスタントコーチを務めていたボリス・ショマース氏は今年2月、クラブの成績不振によりミヒャエル・ケルナー前監督に代わって暫定監督に就任。ブンデスリーガ第21節終了時点で2勝6分13敗と最下位だったチームの立て直しに期待されたが、その後も挙げた勝利はわずか「1」に留まり、チームは最終節を残して2部降格が決定している。 2019.05.15 11:40 Wed
twitterfacebook
thumb

久保不出場のニュルンベルク、ボルシアMGに大敗で1年での2部降格が決定…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第33節、ニュルンべルクvsボルシアMGが11日に行われ、4-0でボルシアMGが勝利した。久保はベンチ入りも出場しなかった。 降格崖っぷちの17位ニュルンベルク(勝ち点19)は残り2試合の連勝は絶対条件。さらに16位シュツットガルト(勝ち点24)が最低でも1分け1敗という成績でなけらば降格という状況だ。前節2試合ぶりに出場した久保は今節もベンチスタートとなった。 一方の6位ボルシアMG(勝ち点52)は、残り一枠となったチャンピオンズリーグ出場圏の4位フランクフルトは勝ち点差2。ライバルが5チームひしめく中でこちらも勝利は絶対条件。スタメンは前節から4人変更となった。 試合はアウェイのボルシアMGペースで進む。3分にノイハウスが初シュートを放ったボルシアMGは7分にザカリア、9分にはドルミッチと次々にゴールに迫る。 ニュルンベルクも徐々に持ち直し、サイド攻撃を中心に相手ゴールを脅かす。すると34分、ボックス手前右でFKを獲得。ケルクが直接狙ったシュートはGKゾンマーにキャッチされたがこれが初シュートとなった。45分には、右サイドからのグラウンダーのクロスをイシャクがワンタッチで落としたところをベーレンスがダイレクトシュート。しかし、相手のブロックに阻まれ枠には飛ばなかった。 試合は後半に動きを見せる。56分、ボルシアMGは右サイドの突破から途中出場のJ・ホフマンにボールが渡り、ボックス手前からゴール前の無人のスペースにスルーパス。ここに相手GKマゼニアが飛び出してきたが、一足先にボールに触ったドルミッチがゴールに流し込んで先制点を挙げた。 さらに63分には、トラオレのクロスが相手DFミュールのオウンゴールを誘って追加点。その2分後にも、左のトラオレのクロスをT・アザールが押し込んで3点目。ボルシアMGが一気に試合を決定付けた。 80分までに両チームは3枚の交代カードを使い切ったが、久保の出番はなかった。 そしてボルシアMGは80分に、右サイドからのクロスを収めたT・アザールの丁寧な落としをザカリアが右足インサイドステップでゴール右に流し込んで4点目をもたらす。 ニュルンベルクに反撃の力も残されておらず、試合はここで終了。敗れたニュルンベルクは2部降格が決定した。勝利したボルシアMGは来季のチャンピオンズリーグ出場に望みをつないだ。 2019.05.12 00:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ブンデス昇格・降格プレーオフの日程が確定! 日本人対決の可能性も…

ドイツサッカー連盟(DFB)は8日、今季行われるブンデス昇格・降格プレーオフの日程が確定したことを発表した。 ブンデス昇格・降格プレーオフでは、ブンデスリーガ16位のクラブとブンデス2部で3位のクラブと対戦する。DFBの発表によれば、第1戦は5月23日(木)20:30(日本時間27:30)から、第2戦は同27日(月)20:30(日本時間27:30)よりキックオフ。 なお、ブンデスリーガでプレーオフ進出の可能性を残しているのは、シュツットガルト(勝ち点24)、ニュルンベルク(勝ち点19)、ハノーファー(勝ち点18)の3クラブのみ。現在16位のシュツットガルトは、残り2試合で1勝すればプレーオフ進出が確定。17位ニュルンベルクと最下位ハノーファーは、共に2連勝が必須であり、シュツットガルトが1分1敗ならば得失点差により、ニュルンベルクが逆転でプレーオフ進出となる。 一方、ブンデス2部では現在2位のパダーボルン(勝ち点54)含め、3位のウニオン・ベルリン(勝ち点53)、4位のハンブルガーSV(勝ち点53)、5位のハイデンハイム(勝ち点49)、6位のザンクトパウリ(勝ち点48)まで、プレーオフ出場の可能性が残されている。 2019.05.09 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のニュルンベルク、ヴォルフスブルクに敗戦で残留険し《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは4日、ブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は75分から出場している。 前節バイエルン戦を引き分けた17位ニュルンベルク(勝ち点19)だったが、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトが勝利したため、5ポイント差を付けられた。勝利を逃せば今節にも降格が決まる中、バイエルン戦で出場機会のなかった久保は引き続きベンチスタートとなった。 ヨーロッパリーグ出場を目指す8位ヴォルフスブルク(勝ち点49)に対し、互角の攻防で立ち上がっていったニュルンベルクは、膠着状態に持ち込んでいく。 互いにシュートシーンがなかった中、38分にニュルンベルクはミスから失点した。DFのGKへのバックパスミスをメーメディにカットされ、ルーズボールをクラウスに押し込まれた。 迎えた後半もゴールに迫れずにいたニュルンベルクは、65分に同点弾に近づいた。ボックス手前中央からイシャクの放ったミドルシュートが枠を捉えた。だが、GKペルヴァンの守備範囲だった。 この試合初のオンターゲットを記録したニュルンベルクは75分に久保を右MFに投入した。 しかし78分、ヴォルフスブルクに決定的な2点目が生まれる。FKからティセランにヘディングシュートを決められた。 結局、終盤にかけても反撃の糸口を掴めなかったニュルンベルクは成す術なく敗戦。同時刻に試合を行っていたシュツットガルトが敗戦したため、今節での降格は避けられたが、残留が非常に厳しくなっている。 2019.05.05 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

残留目指すニュルンベルクと優勝目指すバイエルンの一戦は痛み分け!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第31節、ニュルンベルクvsバイエルンが28日に行われ、1-1で引き分けた。ニュルンベルクのFW久保裕也はベンチ入りも出場しなかった。 前節レバークーゼン戦を敗戦した17位ニュルンベルク(勝ち点18)は、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトに暫定6ポイント差とされた中、久保がベンチスタートとなった。 一方、前節ブレーメン戦を10人となった相手に苦戦しながらもジューレ弾で辛勝した首位バイエルン(勝ち点70)は、4日前に行われたブレーメンとのDFBポカールでは3-2と競り勝って決勝進出を決めた。そして、前日の試合でドルトムントがシャルケとのダービーに惨敗したことで勝利すれば4ポイント差となる中、ニャブリがベンチスタートとなってゴレツカを起用した。そして、5カ月戦列を離れていたロッベンがベンチ入りした。 積極的な入りを見せてきたニュルンベルクに対し、徐々にポゼッションを高めて流れを引き寄せていったバイエルンは、23分に最初の決定機。ボックス手前右で得たFKをアラバが直接狙うと、シュートはバーを直撃した。 その後もバイエルンが押し込む流れが続いたが、ニュルンベルクは35分にマテウス・ペレイラが際どいシュートを放つと、40分にもイシャクがボックス内からGKウルライヒを強襲するシュートを浴びせ牽制する。 結局、前半のうちにゴールをこじ開けられなかったバイエルンは迎えた後半、ミュラーに代えてニャブリを投入。 しかし後半開始3分にニュルンベルクが先制する。ルーズボールを拾ったボックス手前右のマテウス・ペレイラが左足でゴール左へミドルシュートを流し込んだ。 まさかの失点を喫したバイエルンは60分に同点のチャンス。ゴレツカがスルーパスを受けてボックス右からシュート。だが、GKマゼニアの好守に阻まれた。 続く69分にはボックス手前右で得たFKをハメス・ロドリゲスが直接狙うと、シュートはバーを直撃した。それでも75分、バイエルンが同点に持ち込む、右サイドからカットインしたコマンの浮き球パスを、ゴールエリア左に侵入したニャブリがボレーで押し込んだ。 しかし、終盤にかけてはバイエルンの攻勢が強まることなく時間が経過すると、89分にニュルンベルクにPKが与えられる。ボックス内でマルグリッターがアルフォンソ・デイビスのヒジ打ちに遭った。しかし、キッカーのリーボルドはシュートを右ポストに直撃させてしまった。 助かったバイエルンはラストプレーに逆転のチャンス。カウンターからコマンがGKとの一対一となったが、シュートはマゼニアに止められてしまった。直後にタイムアップとなり、両者にとって痛い引き分けとなっている。 2019.04.29 03:16 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース